まれ 145話 大悟が能登にやって来る

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月14日(月)放送
第25週 第145話「秒読みコンクールケーキ」

『まれ』第25週 第145話「秒読みコンクールケーキ」あらすじ

希のフランス菓子店「プチ・ソルシエール」に思いがけない客が希を訪ねて来ました。大悟が横浜からやって来たのです。大悟が希を訪ねた目的は、希がコンクールで惜しくも優勝を逃したケーキの味を確かめることでした。

希がコンクールに出したケーキの発想のヒントが子供たちの合言葉にあると聞かされた大悟は、そのことを自分の眼で確かめるため桶作家に足を運びました。大悟はケーキのヒントを聞きだぞうと匠と歩実を質問責めにします。

一方、その日はマキが東京に旅立つ日でした。美容室を継がなかったことを詫びるマキに浩一とはるは言いました。マキは我々の家族だ。外浦村の皆がマキの故郷なのだと。マキは浩一とはるに涙ながらに別れを告げるのでした。

その頃、大悟は桶作家で出された夕食に舌鼓を打ち、その夜は早速、能登の食材を使ってケーキの試作に没頭。希の家族や元治と文に会った大悟は言いました。能登での家族との暮らしが希のケーキを豊かにし味わい深いものにしたのだと。

<<前回144話 | 次回146話>>

『まれ』第25週 第145話「秒読みコンクールケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前週は横浜編で注目を集めたキャラの一人、陶子が久しぶりに画面に登場し希のパティシエ道の軌道修正に力を貸しました。前週に引き続き、今週も横浜編のキャラの登場です。まずはのっけから大悟が登場。希の師匠として希の軌道修正の仕上げをします。

大悟がやって来たのは、希がコンクールで勝負を挑んだものの惜しくも優勝出来ずに終わった希のチョコレートを試食するためです。

大悟は希の店を訪問した後、桶作家で希を育んだ人々と初の対面。そして希が自分の店にいた頃、こよなく愛していた能登の食材をふんだんに使った料理に舌鼓を打った大悟は、希の菓子の味わいを豊かにしているのが他ならぬ能登の人々と食材であることを洞察。

希というパティシエを育て上げた希の原点がどこにあるのかを悟った大悟はまた、自分のパティシエとしての原点を思い出していました。そして、愛弟子の希に初めて語って聞かせます。自分が「世界一のパティシエ」を目指しはじめた頃の思い出を。

ところで横浜編の折、漆器展開催で横浜にやって来た弥太郎と大悟は意気投合。ものづくりを極めた巨匠同士、敬意を払い合う姿が強い印象を残しました。今回、大悟は塩づくりの巨匠、元治と初めて顔を合わせます。

道を極めた二人の男の新たな対面場面がどのように描かれるのか、今回の見どころの一つとなりそうです。

『まれ』第25週 第145話「秒読みコンクールケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

大悟シェフ再登場

先週の陶子さん再登場に引き続いての大悟シェフのまさかの登場に、画面に心地よい緊張感が走りました。

朝ドラ『まれ』第二能登編となり名優さんたちの競演を堪能出来る楽しみがある一方で、言い知れぬ寂しさをずっと感じ続けていました。今日、寂しさの原因が大悟シェフの不在だったことがわかりました。

巨匠と呼ばれるまでにパティシエの道を極めたストイックな生き方。その一方で、大人気なさを炸裂させて恥じないチャーミングさ。ここまで振れ幅が大きいキャラクター、ひらたく言えば変人は幸か不幸か能登にはいません。

カオスと化した桶作家に突如姿を現し、そのカオスに巻き込まれないどころが桶作家の面々を振り回す傍若無人さは最強レベルです。そんな大悟シェフとも間もなくお別れです。

追記:かつて文さんと弥太郎さん(かおるさん)が「マ・シェリ・シュ・シュ」にやって来て店の中を引っ掻き回したことがありましたが、今回はその時のリベンジでしょうか。

歩実ちゃんと匠ちゃんは大悟シェフを超えたか

小さな子供への接し方を全く知らない大悟シェフは、かつて自分の店に集めた子供たちにケーキの感想を言えと強要。大悟シェフの高圧的な態度に震え上がって子供たちが泣いているのも意に介さず、感想を求め続けたことがありました。

今回、歩実ちゃんと匠ちゃんに同様のことをしたものの、歩実ちゃんは反撃。匠ちゃんも物怖じしない。文さんと並んで大悟シェフを恐れない歩実ちゃんと匠ちゃんは大悟シェフ超えの最強キャラになれるかもです。将来が楽しみですが、もうすぐ結末なのが残念です。

大悟シェフは文さんに母の面影を見ている?

文さんが横浜にやって来た時も感じましたが、大悟シェフは文さんの前にいる時だけ大人しく見えるから不思議です。文さんの大悟シェフのあしらいが上手なのか。それとも文さんの母のオーラに大悟シェフが心を許しているのか。

今回も珍しい野菜を見せに来た文さんに「ありがとえ」と肩を強く叩かれた時の心から嬉しそうな大悟シェフの表情が強く印象に残りました。

<<前回144話 | 次回146話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


21 Responses to “まれ 145話 大悟が能登にやって来る”

  1. キヨコ より:

    「せかい」のTシャツ、スッキリしました!
    皆さま ありがとうございました。
    そっかぁ 藍子さんが 大悟さんに貸してあげたのですね。納得。

  2. たろー より:

    横浜編の時、さすがの大悟も文さんの前では、
    ただの駄々っ子にしか見えませんでした。
    同様に、今回も巨匠大悟が能登に降臨しても、
    神レベルの「まれ」最強キャラ文さんの前では、やはり何故か子供に見えてしまいます。
    その文さんを師と仰ぐ歩実の行く末が怖くもあり楽しみでもありますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 文さんを師と仰ぐ歩実の行く末が

      「文さんを師と仰ぐ」という歩実ちゃんへの洞察の深さがすごいです。
      確かにおっしゃる通り、歩ちゃんにとって文さんは「師匠」以外の何物でもないですね。幼くして老成した徹志くんより大物になりそうです。

  3. koji より:

    『ありがとえ』

    文さんは余程嬉しかったようですね。

    大悟シェフもまた文さんにそう言われて余程って感じでしたね(笑)。


    さて、方言あれこれのコーナーです!。

    『ありがとえ』は、おそらく今の能登では年輩者しか使われなくなった方言だと思います。間違ってたらゴメンナサイですが。。。

    因みに僕の所の小松あたりでは「ありがとう」は「あんやと」と僕の祖父母の年代者はよく言ってました。僕らの年代者も今でも目上に対して使う事があります。

    僕の記憶では「あんやと」を更に感謝の気持ちを込めた場合は

    「あんやとえや」と言うフレーズになっていました。

    本作で『ありがとえ』を最初に聞いた瞬間に『あんやとえや』を思い出してしまいました(^_^)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      詳しい解説ありがとうございます。
      語尾に「え」が一つ付くだけで言葉の表情がずいぶん変わるものですね。
      広島の「行ってかえり」に通じる優しさを感じます。

  4. 悩めるワーママ より:

    「せかい」のTシャツも黒いカーディガンも徹さんが着ていましたね。
    藍子さんが風呂上りの着替えにと、お貸したんじゃないでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      なるほど!するどいですね。
      徹さんと同じTシャツを着ていた謎がすべて解けました。

  5. スピカ より:

    “せかい”Tシャツは8月5日に徹さんが着ていて
    あさイチで突っ込まれていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      やっぱり徹さんでしたか。
      でも「謝謝パンダ」の赤いTシャツでなかったのが救いです。

  6. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    久しぶりに大吾シェフが登場してうれしかったです。
    変人ぶりもツンデレぶりも健在。
    やっぱり大吾シェフはこうじゃなきゃ(笑)

    昔の朝ドラでは、棋士を続けるために離婚する話や、映画のプロデューサの道を究めるためにプロポーズを断る話とかあったような気がしますが、時代は変わりましたね。
    女性が家庭と仕事どちらかを選ばなければならない時代が終わりつつあるんだなと感じます。

    現実はドラマのようにうまく行く人はまだまだ少ないんだろうなとは思いますが…。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      過去の朝ドラには詳しくないため、頂戴したコメントがとても参考になりました。
      『まれ』は何かの道を極める際の、二兎NGから二兎OKへの分岐点になるかも知れませんね。

  7. ひー より:

    アイデアのもとが「失敗おっぱい」と聞いて、母乳の成分に着目したのか、ではなくて、子供に詰めより何かを探すシェフ、さすがですね。やっぱり凡人とは違います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 凡人とは違います

      大悟シェフのなにげない言動に凡人との違いを見出すひーさんの鑑賞眼も凡人離れしてると思います。深い味方に真剣に感心してしまいました。

  8. キヨコ より:

    大悟シェフの「せかい」のTシャツ
    見覚えがあるんですが、他に誰か着ていませんでしたか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      「せかい」同じく見覚えがあるんですが、どうしても思い出せません。
      もしかして透さん?

  9. koji より:

    藍子さんの「輪子さんはお元気ですか?」の問い掛けに大悟シェフはスルー。

    まさか離婚した?。

    とし一瞬思いましたが余程に希の現状と能登の食材が気になり過ぎてそれどころではなかったようですね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そもそもが、社交辞令や時候の挨拶が一切通じない相手ですからね(笑)

      • koji より:

        そう言えば朝蔵さんもいつぞや仰られてましたが藍子さんは自分が尊敬してやまない師匠の娘なんですけどね

        って本当に思いますよね(笑)。

        もしかして照れ隠し?。

        高志くんみたいに恋心を抱いてたりして。。。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。

          > 高志くんみたいに恋心を抱いてたりして。。。

          輪子さんの水晶玉がすべてお見通しなので、それはおとろしくて出来ないかもです(笑)

  10. ゆっこ より:

    大悟は、希がコンクールを欠席した経緯を聞いて、
    叱らないのでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      叱る代わりに、本人の意向を無視して別のコンクールに参加させる展開になるようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ