あさが来た 今井家と白岡家の実在モデル・三井家と広岡家の歴史

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』のヒロイン・あさの生家「今井家」と婚家「白岡家」の実在モデル・三井家と広岡家の歴史についてまとめました。

このページの関連記事


このページの目次

朝ドラ『あさが来た』ヒロイン・あさの生家、今井家の実在モデル・三井家の歴史

朝ドラ『あさが来た』ヒロイン・あさの嫁ぎ先、白岡家「加島屋」の実在モデル・広岡家の歴史

三井家と広岡家の関係/重縁と表千家


『あさが来た』ヒロイン・あさの生家、今井家の実在モデル・三井家の歴史

朝ドラ『あさが来た』ヒロイン・あさの生家、今井家の実在モデル・三井家の歴史について以下にまとめました。

商家・三井家の創業
三菱、住友と並んで日本三大財閥のひとつと呼ばれる三井財閥の当主一族が三井家です。平安時代の公卿、藤原道長の子孫が近江国で武士になったのが三井家の始まりと伝えられ、慶長年間に武士を廃業し商人となった三井高俊の代で商家・三井家が創業されました。

松坂の地で屋号の「越後屋」を名乗り質屋と酒屋を開業した商家・三井家を発展させたのは三井高俊の妻で豪商の家に生まれた殊宝でした。秀でた商才に恵まれた殊宝は顧客の信頼を得るための経営の工夫を重ね、その母の姿に感化を受けたのが四男の高利でした。

両親の店で手代のように働きながら経営を学んだ高利は、江戸本町に小間物店「越後屋」を開業。商人への大量ロットの卸売りや現金決済による割引など商取引に新機軸を打ち出しました。後に呉服屋となる「越後屋」は現在の三越百貨店の前身に当たります。

「三井十一家」と「三井大元方」
高利はまた、商売の拠点を京都に移し両替商を開業。一方、10人の嫡子と1人の庶子の「三井十一家」を創設。高利の死後、高利の遺言により「三井大元方」を設立し「三井十一家」の家業を統括。「三井大元方」は現代のホールディング・カンパニーに近い存在です。

高利の死後、高利の遺産は「三井十一家」が共有。高利の遺産や「三井十一家」それぞれの家業。さらに「三井十一家」の家政までをも「三井大元方」が統括。三井家の財産の散逸を防ぐとともに「三井十一家」が互いを守り合う仕組みが構築されました。

朝ドラ『あさが来た』ヒロイン・あさの生家、今井家の実在モデルの家は、この「三井十一家」の一家で、高利の九男・高春に連なる京都油小路三井家(後に小石川三井家)。ヒロイン・あさの実在モデル・三井浅子の生家に当たります。

幕末と明治維新前後の三井家
1868年(慶応4年)の鳥羽伏見の戦いで敗戦を喫した徳川幕府は倒壊。しかし、同戦いで勝利を収めた新政府も順風満帆とは言えない状況にありました。新政府に圧倒的に不足していたもの。それはキャッシュ(軍資金)でした。

新政府は鳥羽伏見の戦いの前年には金穀出納所と呼ばれる役所を設置。金穀出納所はその後大蔵省となり現在の財務省の前身となる役所です。この金穀出納所に巨額の献金をし、鳥羽伏見の戦い前から新政府を財力で支えた大両替商のひとつが三井家でした。

鳥羽伏見の戦い以前より新政府の財政を援助をしていた三井家は、その後の戊辰戦争でも献金を継続。新政府が組織した東征軍は江戸に向かう道中、度々資金ショートを起こし進軍は停滞。その度に三井家の手代が資金を充填していたと記録に残されています。

戊辰戦争は三井家の支えがなければ勝利を収める以前に、東征軍が江戸にたどり着くこともままならない状況にあったようです。

日本最大の財閥へ
朝ドラ『あさが来た』ヒロイン・あさの実在モデルである広岡浅子が嫁ぎ先の家業を窮地から救うべく奔走し、実業家としてその頭角をあらわし始めていた明治初期、三井家は新政府からの様々な御用任命により政商として地歩を固めつつありました。

三井家はその後、1876年(明治9年)に三井銀行、三井物産会社を設立。その後も、紡績、鉱山、鉄道など多岐にわたる事業を展開。1909年(明治42年)には三井合名会社を親会社とするコンツェルン体制を敷き、日本最大の財閥に王手をかけました。

ところで、1876年(明治9年)に設立された三井銀行は、国との合資式の国立銀行ではなく独立した私銀行でした。実家の私銀行設立に大いに触発された広岡浅子は、1878年(明治11年)に夫の信五郎らとともに銀行設立準備の会合を開いています。

『あさが来た』ヒロイン・あさの嫁ぎ先、白岡家の実在モデル・広岡家「加島屋」の歴史

朝ドラ『あさが来た』ヒロイン・あさの嫁ぎ先、白岡家の実在モデル・広岡家の歴史について以下にまとめました。

加島屋の創業と両替商としての発展
広岡浅子の嫁ぎ先となった加島屋は、鴻池と並ぶ豪商と言われるのはその莫大な幕府􏰀御用金􏰀請負額にありました。幕府􏰀御用金とは幕府の財政上の欠損を補うために命じられた臨時の上納金です。その請負額において、加島屋は鴻池と常に競い合う関係にあったのです。

徳川家光が第3代将軍に就いた2年後の1625年(寛永2年)。源氏の一流・村上源氏を祖とすると伝えられる初代・広岡久右衛門正教が大坂御堂前で精米業と両替商を開業。加島屋と号したのが広岡浅子の嫁ぎ先・加島屋のはじまりです。

加島屋はその後、両替商そして諸国取引米問屋として発展。鴻池や、広岡浅子の姉・はつの嫁ぎ先である天王寺屋などが名を連ねる十人両替に次ぐ大両替商にまで上り詰めました。また諸藩の蔵屋敷への貸付を機に長州、越前、加賀などへの大名貸も行っていました。

事業の軸足を「大名貸し」に移したことがアダに
諸藩の蔵屋敷が蔵米の所有者に発行する米切手(米の保管証明書)を担保に投資資金を融通する「入替両替」。諸藩(大名)の財政の欠損に対して融資する「大名貸し」。この二つの商いが加島屋の主たる収入源でした。

しかし18世紀頃より、加島屋は事業の軸足を後者の「大名貸し」に移し諸藩との関係強化につとめるようになります。幕府御用金の請負額で鴻池とトップを競い合うようになったのはその頃からのことです。

この主要事業の変更がその後の加島屋に大きなダメージを与えます。明治維新による諸藩への「大名貸し」が不良債権化してしまったのです。巨額の「大名貸し」が焦付きキャッシュフローに行き詰まる加島屋の窮地を救ったのが広岡浅子でした。

明治維新前後の混乱を乗り切る
明治維新による加島屋の経営危機は「大名貸し」の不良債権化だけではありませんでした。明治維新前後、加島屋などの豪商は旧幕府と新政府の双方から返済の当てのない出資を強制的に求められていたのです。

さらに新政府の金融政策が追い打ちをかけます。金、銀、銭の三種類の貨幣が流通する複雑さを極めた江戸時代の通貨制度を新政府は刷新。大阪で流通していた銀目が廃止されたことにより大阪の両替商は軒並みパニック状態に陥るのでした。

この大混乱の中、大阪の両替商の最老舗にして広岡浅子の姉・はつの嫁ぎ先である天王寺屋は倒産。一方で加島屋は、加島屋が借り入れていた債務の返済猶予のハードな交渉を広岡浅子が引き受けるなどし辛くも窮地を脱することが出来るのでした。

炭鉱経営と事業の多角化
その後、広岡浅子は加島屋の米蔵を売却。諸藩への大名貸しの貸し倒れに対する明治政府の補償。さらには持参金までも注ぎ込み筑豊(福岡県飯塚市)の潤野炭鉱を買収。広岡浅子が拳銃を懐に炭鉱に乗り込んだエピソードはこの頃のことです。

広岡浅子が持ち前の慧眼で将来性を見出した炭鉱経営も順風満帆とは言い難いものでした。炭鉱の爆発事故への損害賠償などによる経営へのダメージは決して小さくなかったものの、それら試練も広岡浅子は九転十起の信念で乗り越えてゆきます。

やがて往年の勢いを取り戻した加島屋は、紡績業や銀行業、さらに生命保険業にも進出。銀行業は廃業したものの、紡績業はユニチカ。生命保険業は大同生命として、現代もなお営業を続けています。

三井家と広岡家の関係/重縁と表千家

三井家と広岡家は、三代続いて三井家の女子を広岡家に嫁がせる重婚の関係を結び、浅子が広岡家に嫁いだのは三代目に当たります。本欄では、両家の重縁を中心に両家の関係についてまとめています。

浅子の結婚は三井家と広岡家の重縁三代目
重縁とは、親戚筋の家、または婚姻関係のある家と重ねて婚姻を行うことを意味する言葉で、浅子が結婚した当時は縁家どうしの重縁を喜ぶ風潮があったようです。

重縁の目的には諸説ありますが、三井家と広岡家の重縁の場合は、お互いに名うての豪商との関係を強化すること。また関係強化によって競合する豪商を牽制する狙いがあったと言われています。

三井家と広岡家の間では浅子が広岡家に嫁ぐ以前に、新町家4代当主・三井高典の娘の三井あつが広岡家の別家・広岡正謙(初代加島屋五兵衛)のもとへ。小石川家5代当主で浅子の祖父に当たる三井高経の娘の三井ふきが先に記した正謙・あつの子息に嫁いでいます。

また、これは重縁ではありませんが、室町家10代当主・三井高保の長女の三井路子が鴻池善右衛門11代幸方に嫁いでいます。

茶の湯と表千家との関係が深かった三井家と広岡家
三井あつを広岡家に嫁がせた三井高典。
三井ふきを広岡家に嫁がせた三井高経。
三井浅子を広岡家に嫁がせた三井高益。

娘を広岡家に嫁がせた三井高典、三井高経、三井高益には共通点があります。それは三人とも茶の湯に造詣が極めて深く表千家とのつながりが深かったことです。特に高典は隠居後、表千家の家元に師事しています。

なお、三井各家はもとより茶の湯との関わりが深く、後に三井物産の社長として三井財閥を支えた大実業家・益田孝のような稀代の茶人も輩出しています。益田孝は鈍翁と号し千利休以来の大茶人であると評価されています。

一方、広岡家も表千家代々の家元と深く交流し茶道具の収集を熱心に行うなど、茶の湯との関わりを深めていました。三井家と広岡家の重縁関係は、商家としての関係強化の他、茶の湯や表千家を通した関係強化の狙いもあったのではないかと指摘されています。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


2 Responses to “あさが来た 今井家と白岡家の実在モデル・三井家と広岡家の歴史”

  1. tonden より:

    展開的に私は面白いと思いますが、政治とか経済とか詳しくない人が見るとパニック起こしそうな内容ですね。
    半沢直樹みたいに勧善懲悪みたいにできる話でもないですし。
    制作者側がそれをどう料理するかがカギかなと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      時代は大河の一部の作品と重なりますが、大河と異なり男性陣のチャーミングなキャラを強調したりオリジナルの恋バナで脚色したりと、難しい背景は気にならないつくりになっているかと思います。

      キャラ一人一人がとても個性的に描かれているので、時代背景を無視しても十分に楽しめそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ