あさが来た 12話 あさとはつの嫁入りの日

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年10月10日(土)放送
第2週 第12話 「ふたつの花びら」

『あさが来た』第2週 第12話 「ふたつの花びら」あらすじ

白岡家の長男・正太郎の急逝を知らせ今井家にやって来た新次郎は、あさに告げました。あさから文を受け取ったこと。そして惣兵衛に会ったことを。新次郎は惣兵衛の本心はあさには伏せ、子供の頃の惣兵衛は楽しい性格だったことをあさに伝えました。

その翌日。はつが一足先に大坂に嫁入りする日を迎えました。はつを乗せた船が今井家の前を出発。涙を流しながら、一目散にはつの後を追い走るあさの気持ちを察し、その日だけは忠興もあさが走るのを止めようとはしませんでした。

その半年後。あさも大坂に嫁入りする日がついにやって来ました。花嫁姿のあさを見た忠興は感激で言葉を失います。帰って来るな。あさの嫁入りに感無量の忠興には、娘に対してそれだけ言うのが精一杯でした。

そして、あさと両親は大坂の加野屋に到着。白岡家の家族と加野屋の面々は、顔を揃えてあさたち一行を出迎えました。しかし肝心な新次郎の姿がそこにはありませんでした。新次郎はその日、自分の祝言の日取りを忘れて紅葉狩りに行ってしまっていたのです。

<<前回11話 | 次回13話>>

『あさが来た』第2週 第12話 「ふたつの花びら」
 事前発表あらすじのレビューと解説

嫁入りの日の直前に新次郎の兄・正太郎が亡くなりました。この事態を受けてあさと新次郎の祝言は延期が決定します。

しかし、はつの嫁入りは予定通りに運ばれます。嫁ぎ先の大坂に一緒に向かうはずだった姉妹でしたが、はつが一足先に故郷の京都を発つことで姉妹の涙の別れの場面が描かれます。

あさの嫁入りの延期によって、もう一つ意外な展開が用意されることになりました。

今週、一週間かけて新次郎の気遣いを忘れない優しい人柄が丹念に描かれ続けて来ました。許嫁のあさへの粋な気遣い。尊敬する兄への愛情と尊敬。そして兄の死による深い悲しみ。そんな新次郎のもう一つの一面が今週の最後に登場します。

祝言が延期になったことで新次郎は自分の祝言の日を完全に失念。あさが大坂の白岡家に到着したその時、新次郎は紅葉狩りに出かけて不在でした。今後の波乱と笑いに満ちた夫婦関係を予感させるエピソードにより第2週は終了です。

『あさが来た』第2週 第12話 「ふたつの花びら」
 朝ドラ観賞後の感想

はつちゃんの嫁入りと船に揺られる旅立ち、あさちゃんの絢爛豪華な花嫁姿、そして新次郎さまの紅葉狩りの風流。まるで絵巻物を見ているかのような美しい映像の編成に酔いっぱなしの『あさが来た』第12回でした。

忠興お父はん

あさちゃんの花嫁姿を見て声が上ずってしまう忠興お父はんの反応が愛おしい。

今回は感動のすべてを忠興お父はんに持って行かれた。そこまで言っても決して言い過ぎではないほどの忠興お父はんの熱演でした。

はつちゃんの嫁入りの時には、忠興お父はんは威厳と冷静さを保っていました。だから、あさちゃんの嫁入りの時にも忠興お父はんはきっと冷静だろう。視聴者の涙を誘う役回りは梨江お母はんと忠政おじいちゃんに違いない。

そう予想しながら見ていただけに、まさかの忠興お父はんの反応には隙を突かれた格好となりました。忠興お父はんがあさちゃんの嫁入りにあそこまで感極まってしまうとは。これがもしかすると出来が悪い子供ほど可愛いというやつなのでしょうか。

落涙をこらえ父の威厳を保とうと必死になる。そんな忠興お父はんの姿に心を鷲掴みにされてしまったものの、次週以降から忠興お父はんの登場場面が減ってしまうのが残念でなりません。

余談ですが、「帰って来るなよ」。それだけ言うのが精一杯の忠興お父はん、『梅ちゃん先生』の建造お父さんに似ているなと思いました。

新次郎さま

一筋縄ではいかなさそうな新次郎さま。

新次郎さまのこれまで語られなかった新たな一面が今回はじめて披露されました。これまで沢山の女性から手紙をもらったという過去の打明け話。自分の祝言の日取りの失念。そしてその日は美人のお師匠さんと紅葉狩り。

新次郎さまに恋い焦がれていたあさちゃんの青春の日々に終わりを告げるかのようなエピソードの積み重ね。あさちゃんは次週から大人のリアリズムに否が応でも引っ張り出されるようです。

<<前回11話 | 次回13話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


14 Responses to “あさが来た 12話 あさとはつの嫁入りの日”

  1. 里のたぬき より:

    廊下をどかどか歩く格好、襖をバッと開ける仕草、そして熱心に算盤を弾く様、実はあさちゃんはお父さんにそっくりなんですよね。
    お母さんの「筋金入りのあかんたれ」と「やらかい心」は、これからのあさちゃんを象徴する言葉になっていきそう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 実はあさちゃんはお父さんにそっくり

      それだからこそ、忠興お父はんはあさちゃんとの別れをあれほどまでに嘆いていたのかと、頂戴したコメントを拝読し納得しました。

  2. koji より:

    ○○してつかあさい。

    ○○して下さい。と言う意味のフレーズ。
     
    マッサンでよく使われたフレーズです。

    これが大河の花燃ゆでも度々でるフレーズでした。

    さらに、どなたかも言われてましたが

    花燃ゆの文と

    まれの文

    さらにさらに

    ここに来て

    花燃ゆの美和と

    あさが来たの美和

    今年は朝ドラと大河ドラマの共通点が多いですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      名前つながりで思い出しました。

      『ちりとてちん』第1週で亡くなった正太郎おじいちゃんと
      『あさが来た』第2週であかんようになった正太郎おにいちゃん

  3. koji より:

    第3週あたりから

    新次郎さまがただの「新次郎はん」に。。。

    逆に、白蛇はんが「惣兵衛さま」に。。。

    それこそ「様変わり」しそうな展開ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 新次郎さまがただの「新次郎はん」に。。。
      > 逆に、白蛇はんが「惣兵衛さま」に。。。

      この反転、大人のリアリズムですね。嫁ぐ前と嫁いだ後の逆転劇、人生は公平に出来ています。

  4. きみ より:

    こんばんは。

    あさとはつの別れのシーン、二人ともいじらしくて泣きながら観ていました。そしたら、あさの花嫁姿を前にした忠興お父はんが自分の父と重なってさらに泣いてしまいました。

    あさは梨江お母はんに「筋金入りのあかんたれ」と言われましたが、自分の祝言の日を忘れていた新次郎もなかなかのあかんたれですね・・・。あかんたれ同士これからどうなるのか楽しみです。

    もちろんはつの美しい花嫁姿を、見つめる惣兵衛の心の内も気になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あかんたれ同士これからどうなるのか楽しみです

      あさちゃんと新次郎さま。とても面白そうな夫婦になりそうです。楽しみでなりません。

      > はつの美しい花嫁姿を、見つめる惣兵衛の心の内

      かつて白蛇はんは、はつちゃんの琴の音色に心から関心していましたが、美しいものに感激出来る素直な心があるのかも知れません。今回、はつちゃんの花嫁姿にも心を奪われていた。そう信じたいです。

  5. koji より:

    忠興お父はんは、はつ姉ちゃんの時は「まだ、あと半年は、あさが居る」と心のどこかで思っていたのかもですね。

    半年経って、とうとう、あさちゃんまで嫁ぐと言うことで感極まったのかもしれません。

    もちろん、手のかかる子供ほど可愛いと言うのもあると思います。


    それにしても新次郎はんは本当に祝言に日取りを忘れていたのでしょうか?。

    どう考えてもそれはないと思います。

    もしかしたら確信犯?。

    すっぽかしたのかもですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 忠興お父はんは、はつ姉ちゃんの時は「まだ、あと半年は、あさが居る」と心のどこかで思っていたのかもですね。

      それはありそうですね。あさちゃんの嫁入りでついに娘が一人もいなくなり、寂しさも増したのかも知れません。

  6. もんすけ より:

    今日は、あさちゃんはもちろんのこと、
    はつさんの花嫁姿の後ろに写り込む(白蛇さん)まで、
    登場人物すべての気持ちや未来が濃密に描かれていて
    15分ではなく、1時間くらい観ていたような錯覚にとらわれました。

    「青春のプロローグ」編、完了。
    来週からの波乱の予想にドキドキします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 15分ではなく、1時間くらい観ていたような錯覚にとらわれました。

      本当にそうでしたね!
      観終わってからずいぶん長く見ていたようなが気がして驚いていました。

  7. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    あさちゃんの花嫁姿をみて、お姑さんのもらした『馬子にも衣装』の言葉…。
    「あんた、聞こえてるで!」と、突っ込みたくなったのは言うまでもありません。

    それにしても、新次郎さん…。
    自分の祝言の日も忘れて美人と紅葉狩りとは…。
    こんなことされたら、私なら大暴れですよ(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 自分の祝言の日も忘れて美人と紅葉狩りとは…。
      > こんなことされたら、私なら大暴れですよ(笑)

      ビックリポンの一言で済んでしまうあさちゃん、さすが大物ですね(笑)
      それとも次週、大暴れするのでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ