あさが来た 17話 新選組が金の工面に来る

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年10月16日(金)放送
第3週 第17話 「新選組参上!」

『あさが来た』第3週 第17話 「新選組参上!」あらすじ

外泊を繰り返す新次郎に、あさの堪忍袋の緒が切れました。ある夜、あさは夜な夜な出かける新次郎の尾行を開始。新次郎が足を運んだ先は、妙齢の女性が一人で暮らしている家でした。衝撃の現場を目撃したあさは言葉を失います。

しかし、その女性は新次郎の三味線の師匠でした。新次郎は美和のもとに三味線の稽古に通い続けており、その日は新次郎の演奏のお披露目会だったのです。新次郎の三味線の音色に感激したあさは新次郎と肩を並べて家路に就くのでした。

その日の夜中に騒動が起こりました。土方歳三と新選組の面々が軍資金の工面をしに加野屋にやって来たのです。父や五代才助から時代の変化を暗示されていたあさは土方を問い詰めます。幕府に何かあった時、貸したお金は返してもらえるのかと。

あさの言葉に肝を冷やした正吉と新次郎は土方に平身低頭して詫びました。しかし、土方はあさの度胸に感心し、自分が生きていれば金は必ず返すと約束し去って行きました。新撰組の騒動は、新次郎にあさを大人として見直すきっかけを与えるのでした。

<<前回16話 | 次回18話>>

『あさが来た』第3週 第17話 「新選組参上!」
 事前発表あらすじのレビューと解説

外泊を繰り返す新次郎を不審に思い続けてきたあさがついに行動に出ます。新次郎を尾行し外泊先を突き止めようとするのです。

そして、外泊先は女性の住む家でした。その女性は三味線の師匠であることがすぐに判明し、今回はこれであさの怒りは収まるようです。

しかし、三味線の師匠だから安心と結論するのは早急かと。まだこの先に一波乱あるかも知れません。

さて、前回に引き続き五代才助が予言した「世の中の変化」が今回も描かれます。

世の中の変化は経済だけでなく社会の治安にも現れ始めていました。治安維持を目的に結成された新選組が台頭し、ついに加野屋にもやってきます。

加野屋の実在モデル・加島屋が新選組に軍資金を貸し付けた史実をもとにしたこのエピソードが、世の中の変化を表現する二つめの出来事です。

ところで、加野屋に押しかけた新選組とあさが金を貸す貸さないで押し問答を繰り広げ、このあさの度胸に新次郎は感心し、あさを見直す契機になります。

新選組の件のごとく、歴史的事件を物語を展開させる上での小道具として用いる。これが『あさが来た』の歴史へのアプローチの仕方になってゆくのかも知れません。

『あさが来た』第3週 第17話 「新選組参上!」
 朝ドラ観賞後の感想

見応えのある回でした。意表を突き続ける会話のキャッチボール。それらの会話を支える確かな人物造形。そしてしっかり設計されたキャラを消化しきった俳優さんたちのプロの技。いいものを見せてもらいました。

脚本家の職人技、役者さんたちの名人芸

「浮気」の現場に踏み込んだあさちゃんが目撃したのは三味線の没頭する新次郎さまの姿。あさちゃんの突然の登場を柳に風と受け流す新次郎さまの大人の反応。

その新次郎さまにあさちゃんがご立腹なのは、夫が夜遊びしていたからではなく立派な趣味を自分にだけ隠していたことへの妻としての腹立ち。

そのあさちゃんの怒りの原因に粋を感じる新次郎さまの表情がまたすぐれもの。

「浮気」の現場を押さえた前回終了間際の場面からは予想も出来ない展開でありながら、奇をてらったところがいささかもない。

夫婦の修羅場となる場面への期待は実に痛快に裏切られました。

こんな会話の展開が出来るのもキャラクター一人ひとりの人物造形がしっかりと作り込まれているからなのでしょう。

脚本家の職人技。それに応える役者さんたちの名人芸。本当にいいものを見せてもらいました。

時期尚早かと思い次の一言はこれまで言わずに来ましたが、もう言ってしまってもいい頃かと・・・『あさが来た』は朝ドラ史にその名を残す傑作の一つになるかも知れません。

<<前回16話 | 次回18話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

19 Responses to “あさが来た 17話 新選組が金の工面に来る”

  1. koji より:

    前作では朝ドラ史上初とも言えるような大胆なキスシーンが少なくとも2回ありました。

    しかし本作の幕末の時代背景で

    まさかのキスシーン。

    まんでビックリポンどす(笑)。

    しかし今回は、あさちゃんと新次郎さまが、しっかしと「契り」を交わされたようですね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      斬新な試みが続くものの、奇をてらった感じがまったくないところがいつもすごいと思います。

  2. 殿まいも より:

    山本耕史x土方歳三にしびれました。
    大河ドラマファンにとってはたまりませんね。特に新選組!!は一番ハマった大河でしたから。

    今回の朝ドラはストーリーといい、キャストといい、大河ドラマ見てるみたいです。
    幕末の大河を演じた篤姫、山内容堂、
    龍馬のお姉さん、八重のお母さん、八重の幼少期とそうそうたるキャストですね。
    極めつけは土方歳三!
    副長の出演機会が今後あるのかどうか分かりませんが、今後の展開が楽しみです♪

  3. 殿まいも より:

    山本耕史x土方歳三にしびれました。
    大河ドラマファンにとってはたまりませんね。特に新選組!!は一番ハマった大河でしたから。

    今回の朝ドラはストーリーやキャストから大河ドラマのようです。
    幕末の大河に出てた、篤姫、山内容堂、乙女姉さん、八重のお母さん、八重の幼少期等そうそうたる顔ぶれですね。極めつけは土方歳三!
    副長の出演機会は今後あるのかどうか分かりませんが、今後の展開が楽しみです♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      こうして名前が並ぶと大河ドラマファンを狙い撃ちしているとしか思えない顔ぶれですね。大河と朝ドラが交錯して本当に楽しめます。

  4. 若葉かえで より:

    3週目にしてすでに神回登場でしたね。
    本当に朝から楽しみ(いや、終わった瞬間から次回が待ち遠しい)ドラマで、朝ドラ史上に残る傑作になる予感、私もしております。

    あさちゃんの真っ直ぐな強さが男前すぎて惚れました(笑)新次郎さんの言葉通りで、子どもだと思っていたあさが、土方も新次郎も押さえて今日は輝きまくっていましたね。こういう人ついていきたいとすら思えました。

    そんなあさに感激の涙を流させたという日本女子大の創設者・成瀬先生の女子教育への熱意がどのように描かれるのか、先の話ですが楽しみすぎます。どなたが役を演じるのか家族で想像大会です(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 神回

      まさに神回でした。

      次週はいよいよあさちゃんが頭角を現し始めます。
      また神回を期待せずにはいられません。

      後半の展開も本当に楽しみですね!

  5. のよ より:

    二日続けて、コメントさせていただきます。
    コメントせずにはおれません。
    昨日は、惣兵衛株が急上昇で”惣兵衛様”に昇格、一方新次郎様は、遊び人の”新次郎はん”に格下げしましたが、
    今日の新次郎様は、もう、なにがなにやら、艶っぽすぎて、悩殺されまくりでした。
    遊び人だろうと、綺麗なお師匠はんともしかすると…?だろうと、商売に興味がなかろうと、どうでもいいです。優しくて三味線がものすごくうまくて、べらぼうに色っぽい新次郎様に、腰砕けの朝でした。(われながらアホ)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      新次郎さまはいつまでも今のままでいて欲しいと思う反面、史実に近い展開をすれば後半には事業にも乗り出すことになるかと思います。大阪財界を牽引する凛々しい洋装の新次郎さまもまた楽しみです。

  6. はつちゃん応援団 より:

    3週間たらずですっかりはまってしまいました。
    毎朝、あさが来るのが楽しみです。
    今週は、すっかり加野屋さんに受け入れられたあさちゃんでしたね。
    あさちゃんのこれからの活躍が楽しみであるとともに、はつちゃんと白蛇はんの幸せを応援したいです。

    と言いつつ、朝蔵さんのあらすじをだいぶ読んでしまいましたが、正吉お父さんが「小吉」さんになっているところがいくつかありました。細かい突っ込みをごめんなさい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > すっかり加野屋さんに受け入れられたあさちゃん

      かいらしいネコちゃんと新選組。硬軟の両面で受け入れられたあさちゃん、さすがでしたね。この先予想される試練の数々を巧みに乗り切るあさちゃんの活躍が楽しみでなりません。

      > 正吉お父さんが「小吉」さん

      ご指摘ありがとうございます。途中で気が付いて直したつもりでいたのですが、まだ残っていたようです。早速訂正させて頂きました。

  7. 里のたぬき より:

    いつもにも増してびっくりぽんのスピーディーな展開。艶っぽいお師匠さんとの対決かと思ったら、旦那様の本気の三味線演奏を聴けたり、ニヒルな土方と渡り合った後、本物の夫婦になれたり、しっとりした朝かと思ったら、もうご商売の話・・・普通のドラマの何回分かが、ぎゅうっと圧縮されていて、脚本家さんの技量の高さを感じます。緊張と弛緩、真剣と脱力、役者さん達も楽しんで演じているのでは、と想像しています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 緊張と弛緩、真剣と脱力、役者さん達も楽しんで演じているのでは

      今回の登場人物たちの絶妙な呼吸を実に的確に言い表したコメントで、繰り返し読み返してしまいました。里のたぬきさんのような鑑賞眼を持った視聴者に恵まれ、作り手の方々も幸福だと思います。

  8. より:

    朝蔵さま、皆さまおはようございます。

    今日の話、期待してました。

    新次郎様、あさちゃんがまだ子供と考えていて、美和さんの所へ行ってました。
    けど、上手く誤魔化していましたが、恐らく焼きもちを焼いて欲しかったのでは。
    それが見えるようで、見えない演出。
    で、本当はあさちゃんが大好きな新次郎様。

    けど、やはりあさちゃんはあさちゃんですね(笑)。それがまた良いんですけど。
    新撰組に立ち向かう姿、まさに素敵でした。

    で、新撰組が帰った後のやり取り。あさちゃんの言い過ぎた後のやり取り。あーもう、新次郎様~~です。朝から新次郎様に鷲掴みされました~☆。
    ますます、明日から楽しみです。

    追伸:びっくりポン。何か流行語になりそうです。結構口癖になりつつあります(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 新撰組が帰った後のやり取り

      新撰組が帰った後、腰を抜かしてひっくり返るあさちゃんの肩を抱く新次郎さま。同性ながらになんていい男なんだろうと改めて惚れました。今回はいいものをたくさん見せてもらいました。

    • より:

      朝蔵さま

      私もあさがきたは朝ドラの歴史に刻む作品になりそうな気がします。
      キャスティングがお見事ですね。

      途中に追加キャスト恐らくあるかと思うので楽しみです。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        コメントありがとうございます。

        > 追加キャスト

        僕も後半(来年放送分)の追加キャストが楽しみです。
        あさちゃんの娘、あさちゃんに心酔し日の出女子大学校の学長になる女性、そして何と言っても日の出女子大学校の創立者。その頃には伊藤博文など明治の重鎮も登場するはずです。半年といわずに一年くらい続けてほしいところです。

  9. アーモンド より:

    この度堀北真希さんと結婚した山本耕史さんの新撰組、土方歳三。以前NHK大河ドラマでも同じ役。当たり役なんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > この度堀北真希さんと結婚した山本耕史さんの新撰組、土方歳三

      同じ役で再登場と言えば、あさちゃん実在モデルの広岡浅子さんは晩年に村岡花子さんとも交流があったので、吉高由里子さん演じる花ちゃんが再登場しないかなと期待しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ