あさが来た 26話 借金取りに追われるはつ

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年10月27日(火) 放送
第5週 第26話 「お姉ちゃんに笑顔を」

『あさが来た』第5週 第26話 「お姉ちゃんに笑顔を」あらすじ

はつの行方を探し回っていたあさはついにはつと再会しました。その時、はつは貧民窟の長屋で極貧生活を強いられていました。はつはあさと会おうとしませんでした。しかも顔を見たくないとまではつに言われたあさは深く落ち込んでしまいます。

明くる日、あさは再びはつの元に足を運ぶものの一家はすでに姿を消していました。借金取りに居場所を突き止められてしまったのです。あさが更に深く落ち込んでいる頃、五代才助が加野屋にやって来ました。

五代才助は正吉に「カンパニー」への協力を求めました。大坂の商人たちが力を合わせ、大坂の西洋諸国に対抗しうる商工業都市にすべし才助が力説するものの、加野屋は苦境を乗り越えるのが精一杯。はつのことで胸が一杯のあさも才助の話しに関心を示しません。

その頃、山王寺屋一家は宿を探して農村をさまよい歩いていました。行く先々で門前払いに会い悲嘆にくれる菊がはつに八つ当たりを始めたその時、惣兵衛がついに切れました。惣兵衛が刃物で菊に斬りつけようとしたその時、菊を咄嗟にかばったのははつでした。

<<前回25話 | 次回27話>>

『あさが来た』第5週 第26話 「お姉ちゃんに笑顔を」
 事前発表あらすじのレビューと解説

婚家の山王寺屋が倒産し一家とともに夜逃げしたはつの居場所を、あさはようやく突き止めました。しかし、そこは貧民窟でした。

しかも、はつの口から出るとは想像もつかないような言葉があさを深く傷つけます。

「あさの顔など見たくもない」

あさの心痛は続きます。あさがはつを訪ねたことで起きた騒動で、借金取りが一家の居所を察知。はつたち一家は、再び借金取りから逃れるため夜逃げを余儀なくされるのです。

週の前半から悲しく重たい出来事が重なります。

一方、五代才助が「カンパニー構想」を引っさげあさのもとに来訪。「カンパニー構想」とは恐らく後の大阪商工会議所のことと思われます。

この「カンパニー構想」によって、いよいよ五代才助が『あさが来た』の物語の中心近くに入ってきます。

『あさが来た』第5週 第26話 「お姉ちゃんに笑顔を」
 朝ドラ観賞後の感想

今回も語り尽くせないほど印象に強く残る場面の連続でしたが、最後の白蛇はんの逆上のインパクトがあまりにも強かった。それまでの記憶が飛んでしまいました。

白蛇はんが逆上

白蛇はんがついに決起。白蛇はんの今回の行動を僕は当然のことながら事前に知っていました。それでもなお、インパクトが強かった。

白蛇はんが、形相を変えて絶叫した時はあまりの怖さに思わず飛び跳ねたほどです。未遂に終わりましたがお母ちゃん襲撃の瞬間は呼吸をするのも忘れるほどです。

事前に展開を知っていたにも関わらず、朝からこんな恐ろしい思いをするとは想像もしませんでした。白蛇はん、さすがです。

有働アナのまつ毛が取れるのも無理もない激烈な白蛇はん逆上場面でした。

「すん!」

深く落ち込むあさちゃんを慰めるのではなく、少々突き放して我に帰らせようとする新次郎さまの気遣いが本日も大人です。

あそこまで深く嘆くあさちゃんに同情を寄せでもしたら、きっとより深く嘆くだけ。場違いなほど陽気な「すん!」は、下手な慰めや励ましよりもその効果は絶大でした。

新次郎さまの「すん!」の連発であさちゃんは泣くのを忘れる。泣くのを忘れるほどにあさちゃんはあっけにとられた。

こんなに粋な涙を止め方は初めて見ました。

正吉お父ちゃん

一方で、あさちゃんを慰める正吉お父ちゃんの優しく静かな語り口が心に沁みます。お父さんを恨むな。自分を責めるな。この言葉がどれほどあさちゃんの救いになったことか。

暖かな言葉で励ましながらも、実はあさちゃんとなかなか視線を合わせられない正吉お父ちゃん。あさちゃんが痛々しくて直視出来なかったのでしょう。

終始うつむき加減で、あさちゃんと視線が合うのを恐れるような、目のやり場に困っているような正吉お父ちゃんの動揺する視線の動きが、情感たっぷりで涙腺を刺激します。

<<前回25話 | 次回27話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 1013 より:

    いつも楽しく拝読させて頂いております。
    今回は朝も見たので、有働アナに少し救われました(笑)
    お母ちゃんの嫁イビラーっぷり、白蛇はんのブチギレっぷりは息をのむ演技でしたね。
    しかしお父ちゃんは空気に同化しすぎ(笑)
    今回咄嗟にはつちゃんがお母ちゃんを庇った事で、嫁姑問題だけでも収束することを願っています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 白蛇はんのブチギレっぷりは息をのむ演技でしたね。

      あそこまで激しくブチギレするとは想定外でした。あのタイミングでキレることはわかっていたのに、真剣に飛び上がるほど驚きました。白蛇はん、ただ者じゃないですね。

  2. atsu より:

    いつもTVとこの記事で何倍もドラマを楽しませていただいています。私も今日の白蛇さんの叫び声と菊の驚きと恐怖で凍りついた表情に背筋が寒くなりました。また、よくあそこではつが動けたものだと思います。金を貸すのを断わった実父に「私たちの誇りを守ってくれた」と言い、義理の両親のために一夜の宿を乞う、刃物を振りかざした夫を止める、お嬢さんだとばかり思っていたはつの地味だが強いこと。露芝の地味だが美しく鋭いというのはまさにはつのこと。あさも偉いがはつもすごい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 露芝の地味だが美しく鋭いというのはまさにはつのこと。

      鋭い観察ですね!白蛇はんは、着物の柄を通して実ははつちゃんの本質を語っていた!着物の柄の場面は二人が心を通い合わせるフラグだったのだと納得のコメント、ありがとうございました!

  3. ちぃちぃ より:

    こんにちは。

    惣兵衛さんが逆上したシーンの迫力はすごかったですね。
    『疫病神はおまえの方や』
    いままで溜まりに溜まっていた鬱憤が一気に爆発した感じなのでしょう。

    有働さんのつけまつげが取れてしまったのには笑ってしまいましたが(笑)

    はつさんが再び笑えるようになる日をただただ祈るばかりです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      白蛇はん、今までが大人しかっただけにキレた時とこれまでとのギャップがすごかった。こんな恐ろしい演技、滅多に見れるものじゃないですね。

  4. もんすけ より:

    あさちゃん、はつさんの目から流れる涙、
    労わりの正吉お父ちゃん、気遣いの新次郎さまの眼差し、
    期待とガッカリ、奮起を促す五代さんの視線。
    どれも見逃せませんでしたが、やっぱり白蛇はんの「かっ!」と見開いた目、
    本当の自分を取り戻すには、あまりにも心痛くせつないシーンは鮮烈でした。

    そのショックを【まつ毛外し】の技で応対する有働さん、さすがです(笑)
    (正直、このハプニングで少し気持ちが和らぎました)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > そのショックを【まつ毛外し】の技で応対する有働さん、さすがです(笑)

      言われてみれば僕も有働さんのまつ毛騒動で救われたことに気がつきました。さすがエンターテイナーです(笑)

  5. VEGA より:

    「あさが来た」の正吉さんを見ていると、「ごちそうさん」の正蔵さんと重なって見えます。近藤正臣さんの上方の物言いといい、演技といいまさに適役です。これからもやさしい口調であさを応援してください。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『ごちそうさん』の正蔵さんの家出前。名実ともに西門家の家長のときは、きっと正吉さんみたいに柔らかさの中にほどよい厳しさのある父親だったのかも知れませんね。