あさが来た 27話 才助があさを激怒させる

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年10月28日(水)放送
第5週 第27話 「お姉ちゃんに笑顔を」

『あさが来た』第5週 第27話 「お姉ちゃんに笑顔を」あらすじ

菊に対してついに怒りを爆発さた惣兵衛が刃物で菊に襲い掛かりました。しかし咄嗟に菊を庇ったはつが負傷してしまいました。怪我を負いながらもはつは惣兵衛を諭しました。家がなくなったのは新政府のせいだ。時代に負けてはならないと。

一方、「カンパニー」に関心を示そうとしないあさを五代才助が悪しざまに罵りました。才助の言葉にあさは激怒。大坂の商人たちの台所事情が苦しいのも山王寺屋がつぶれてしまったのもすべて新政府が求めた上納金のせいだと、あさは才助に猛反発しました。

怒りを爆発させたあさの姿に気を悪くするどころか才助は感激し、大坂商人たちの寄り合いにあさが出席することを要請。新次郎の強い勧めもあり、不承不承集まりに参加するあさでしたが、やがてあさは商人たちとの会合にのめり込んでゆきました。

あさが、商人たちの集まりや家業と家事、そして商売の勉強と慌ただしい日々を送る間、新次郎はあさには内緒で大坂中を歩き回りはつたち一家を探していました。そんなある日、新次郎は農道ではつと栄達に遭遇するのでした。

<<前回26話 | 次回28話>>

『あさが来た』第5週 第27話 「お姉ちゃんに笑顔を」
 事前発表あらすじのレビューと解説

あさとはつの嫁入り前。はつの嫁ぎ先と嫁ぐ相手に不安を感じたあさは、新次郎に頼んで惣兵衛の人と成りの調査をしたことがありました。

その時、新次郎は惣兵衛の本心に触れあっけにとられました。良く言えば母親に従順、悪く言えば母親の言いなりの惣兵衛が、実は胸の奥深くでは母親に対して激しい憎悪の念を燃やし続けていたのです。

今回、その憎悪がついに具体的な行動となって現れます。

一方、あさと五代才助が始めてお互いの感情を爆発させ正面衝突する場面が描かれることで、五代才助というキャラクターの劇中での重要度が一挙に上昇します。

さらに五代才助との激しい口論が契機となって、あさが表舞台に引っ張り出される道筋が見えてきます。

ヒロインの活躍が本格的になり『あさが来た』からいよいよ目が離せなくなってきました。

『あさが来た』第5週 第27話 「お姉ちゃんに笑顔を」
 朝ドラ観賞後の感想

前回、泣き通しだったあさちゃんがいつものあさちゃんに戻りました。悲しみを乗り越えパワーアップして・・・

はつ一家

白蛇はんの逆上した瞬間の顔が何度見ても怖い。そして、誤って切りつけたはつちゃんの名を叫ぶ白蛇はんの悲痛な声色が切なすぎます。

一方、落ちるところまで落ちても尚、自分を見失わないはつちゃんが凛々しすぎて眩しい。はつちゃんが家の中心になった瞬間を見たような気がしました。

はつちゃんの言葉で我に帰り、腰を抜かしたお母ちゃんに無言で背中を差し出す白蛇はんの孝行息子ぶりも頼もしい。

この一家はまだまだ苦労が続きますが、それでも再生された後の一家の姿のフラグを今回見たような気がします。

激怒するあさちゃん

あさちゃんの怒りっぷりが朝から心地よい。

しかしそれ以上のあさちゃんの怒りの中身が新鮮でした。

維新前後の時代はこれまで幾度となく描かれてきましたが、幕府と新政府それぞれの活動を支える資金調達については触れずに来たか、軽く触れる程度で済まされることが多かったかと思います。

お金がなければあれだけのことは出来ません。そのあたりの生々しいリアルを直視させてくれたあさちゃんの怒りは新鮮で目がさめる思いでした。

新次郎さま

一見ふらふらしているようで、実は細心の注意を払ってあさちゃんの心のケアをする新次郎さまが素晴らしい。

前回の「すん!」もふざけているようで、姉の悲劇から心をそむけるための巧妙なトリックなら、今回、商人のおじさんたちの寄り合いに必ず行けと釘を刺したのも、一つは役人から身を守るため。今一つは、やはり姉のことから目を背けさせるためだったかと。

はつちゃん一家を探し回っていることをあさちゃんには内緒にしているのも、きっとあさちゃんに姉のことを思い出させないための気遣いなのでしょう。

そこまで徹底した心配りをしながら、恩着せがましいところが微塵もなく、むしろ遊びまわっているように見せる大人の余裕と慎ましさ。間違いなく新次郎さまは朝ドラ史に残るキャラの一人になるかと思います。

<<前回26話 | 次回28話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


4 Responses to “あさが来た 27話 才助があさを激怒させる”

  1. エイケン より:

    感激した才助は感激し?

  2. もんすけ より:

    白蛇はんの逆上をいかに収めるのか、祈るように見ていました。
    我を取り戻し、そっとお母ちゃんに背中を差し出す白蛇はん、
    それに、答えて背に乗るお母ちゃん。じーんときました。

    さることながら、しっかりと自分の気持ちを述べ、家族をまとめるはつさん、
    怒りにまかせながらも、権威に臆することなく意見を述べるあさちゃん。
    自らの考えを言葉にし、進む道を切り開いていく二人には、
    タイトル通りの【あさがきた】を感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      あさちゃんとはつちゃん、仲の良い姉妹として育ちながら別々の運命を歩むことになりましたが、運命に翻弄されることなく自分を見失わず、遠く離れていても心を通い合わせる姿が心を打たれます。

      おっしゃる通り『あさが来た』のタイトルそのままの姉妹の生き様に心打たれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ