あさが来た 38話 あさと坑夫が激しく対立

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年11月10日(火)放送
第7週 第38話 「だんな様の秘密」

『あさが来た』第7週 第38話 「だんな様の秘密」あらすじ

あさは、働くことを拒む炭鉱夫たちの説得を試みるものの、あさが女であることを理由に炭鉱夫たちは説得に応じようとはしません。あさが言葉を尽くしても、あさの言葉はかえって炭坑夫たちの反発を招くばかりでした。

その頃、よのがはつのもとを訪ね藍之助とともに加野屋で暮らさないかと提案しました。孫が欲しいよのは藍之助を自分のもとに引き取って育てたいと考えていたのです。しかし、はつはよのの申し出を断りました。

一方であさは、こう着状態に陥った炭坑夫たちの談判が長引くをことを覚悟し始めていました。そんな中、治郎作の妻・カズがあさに話しかけてきます。カズはあさに本心を告げます。夫たちに働いてもらわないと自分も困るのだと。

そして迎えたあさの炭坑での二日目の朝。早朝に起き出したあさは、たった一人で坑道の中に入って行きました。そのあさの姿を見た治郎作は、血相を変えてあさを坑道の外にひきづり出すとあさの頬を激しく打つのでした。

<<前回37話 | 次回39話>>

『あさが来た』第7週 第38話 「だんな様の秘密」
 事前発表あらすじのレビューと解説

はつの長男・藍之助は一歳。新次郎の目掛騒動は収まったものの、新次郎の子供を諦めきれないよのが藍之助に執着心を見せる場面が描かれます。

惣兵衛は相変わらず失踪したままながらも幸せそうに暮らすはつ一家の様子を描きつつ、正吉を偽ってはつ一家のもとに足繁く通うよの。

あさが炭鉱経営に従事する一方で、収まらないよのの気持ちを忘れずに丁寧に拾い上げてゆく心配りに満ちたストーリーテリングが秀逸です。

さて、今回楽しみにしているのがはつの義母・菊が見せるおばあちゃんの顔。

ネガティブ思考に凝り固まり辛辣な毒舌を吐きまくる菊が、一歳にまで成長した可愛い盛りの孫に見せるおばあちゃんの顔が今回の見どころのひとつになるかも知れません。

一方、蔵野炭鉱ではあさと炭鉱夫たちの対立は一向に解決せず、こう着状態が続きます。

『あさが来た』第7週 第38話 「だんな様の秘密」
 朝ドラ観賞後の感想

菊さんのまさかの笑顔

藍之助ちゃんに見せた菊さんのまさかの笑顔。山王寺屋の頃も含めて菊さんのこれほどまでの屈託のない笑顔は劇中で初めてかも知れません。

そして、孫をかまいたくてならない菊さんが可愛らしいことこの上ない。菊さんの口をついて出てくる言葉は相変わらずの毒舌ですが、あれが菊さんの精一杯の愛情表現かと。

表情から険も消え失せ、はつちゃんへのイケズもないに等しい。憎まれ口からもトゲトゲしさが失われ、菊さんの変化が楽しいことこの上ない。

あとは白蛇はんの帰還と母子再会の号泣場面を待つばかりです。

「藍之助」を「新之助」と繰り返し間違えるよのさん

「藍之助」を「新之助」と繰り返し間違えるよのさんが可愛くて哀しい。

新次郎さんの子供が欲しい。その気持ちがあまりにも高じたが故の名前の言い間違い。次郎さんの名に通じる之助と名前を呼び間違えるよのさん。

もしかすると新次郎さんの子供が欲しいあまりに、藍之助ちゃんを新次郎さんの子供すなわち自分の孫と思い込んでいるのかも知れません。思い込みが強そうな方なので。

よのさんらしい天然の思い込みの強さは、可愛くもあるけれど哀しくもある。そこまで強く願っているにもかかわらず孫に恵まれぬよのさんが、可愛いながらも気の毒です。

治郎作さんの親分の風格

部下の炭坑夫たちが揃ってあさちゃんを茶化す中で、一人沈黙を貫く治郎作さんの親分の風格が凛々しい。

炭鉱が夜を迎え、部下の炭坑夫たちがあさちゃんは今頃泣いているに違いないと鼻で笑う中でも、ただ一人あさちゃんの胆力を察したらしい治郎作さんの慧眼は人の上に立つ者ならではのもの。

治郎作さんにあっという間に心を鷲掴みにされてしまいました。

余談ですが、前回に登場した番小屋で飼っている小鳥たちは、今回の治郎作さんのあさちゃん殴打のフラグだったのでしょうか。

あの小鳥はきっと炭坑でのガス漏れ探知用。ガス漏れの恐れがある場所に、提灯に火を灯して入って行ったから、治郎作さんは血相を変えてあさちゃんを追ったのでしょう。

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


10 Responses to “あさが来た 38話 あさと坑夫が激しく対立”

  1. koji より:

    今、何気に思い出したのですが

    ごちそうさんの関東大震災直後の炊き出し絡みのシーンで

    星野真里ちゃんが杏ちゃんに平手打ちをしていたような気がします。

    しかも妊娠中のヒロイン役に。。。

    平手打ちだったのか突き飛ばしたのか

    うろ覚えですが、杏ちゃんが倒れ込む程のシーンだったと思います。

    これもかなり衝撃的でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      白蛇はんがお母ちゃんに刃物を向けた時は驚きましたが
      深夜の厨房で、希ちゃんもシェフに刃物を突きつけられてましたね(笑)

  2. koji より:

    本作の今のところの時代背景は明治の初期。

    果たして当時の筑豊などの炭坑夫はどんな労働環境だったのかと想像してみると驚きます。

    現在のような電動の掘削器具などないですし鉄道も東京横浜間が開通するかという時期。当然、トロッコ輸送も無かったと思います。

    採掘や運搬は全て手作業だったと言う
    事になりますね。

    現代人には到底成し得ないような

    本当に重労働だったと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみて初めて気が付きました。
      トロッコ輸送なんてあるはずもないですね。
      実際の坑道も劇中に登場したそれよりもはるかに狭かったようです。

  3. koji より:

    前回の沢山の籠の中に小鳥を一羽ずつ飼われているらしきシーンを見て僕も朝蔵さんと同じように思いました。

    現実世界でも20年前に起きた毒ガス事件の製造元とされた施設への強制捜査の際に捜査員がカナリアを携えていたのが強く印象に残っていたので前回のシーンはピンと来ました。

    それにしても、ヒロイン役の家族とか身近な役の人が平手打ちをするのは前作の「まれ」などでもありましたが、

    出会って間もない役の人がヒロイン役に平手打ち

    しかも思い切りやるのは朝ドラ史上初なのかも知れませんね。

    僕的には、かなり衝撃的でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      やっぱり平手打ちは「初」レベルの画期的場面だったんですか。
      朝ドラ歴の浅い僕もびっくりしました。

      実在モデルの広岡浅子さんは、刃物で重症を負わされる体験もお持ちのようです。
      もしそのエピソードが劇中で再現されたら、それもやっぱり「初」でしょうか。

  4. キヨコ より:

    あんた、うちの可愛い孫の名前も覚えられないのに
    自分の家で一緒に暮らそうなんて、よく言えたこと!

    なんて、私がお菊さんだったらそう思っちゃうなぁ

    もし私の息子が結婚して孫ができても、私は よのさんのように
    「カワイイ!」をあんなに表せないと思う
    「嫁の産んだ子」と思うと、少し遠慮してしまいそうで
    お菊さんの気持ちがなんとなくわかるような・・・

    本当は一日も早く惣兵衛さんに可愛い子供を会わせてあげたいと思ってるはず
    惣兵衛さんが還って来てはじめて、「おばあちゃん」になれるのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      よのさんが藍之助ちゃんを可愛いがるのは、孫愛しさというよりもペットへの愛情に近いかも(笑)。ペットだから遠慮がない。ふとそんな気がしました。

  5. atsu より:

    菊さんナイス!むしろの陰でよのの話を聞いていた菊がどうするのかと思ったら、まさかのねず鳴きでよのを退散させました。「米のないところに鼠など出るはずがない」という一言もなるほど!お礼を言うはつも菊の孫可愛さをちゃんと見抜いている、いいコンビネーションでした。
    あさの九州に乗り込んでの奮闘を見ていると、よのに悪気はないとはいえちょっと腹立たしい。あさも子供を望んでいるのですから。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > お礼を言うはつも菊の孫可愛さをちゃんと見抜いている

      はつちゃんが菊さんに子守りを任せたのも、菊さんの気持ちを察してのことだったのでしょう。
      菊さんもはつちゃんの気遣いに気づいたに違いない。
      心を通い合わせた姑と嫁の姿が嬉しくてなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ