あさが来た 42話 新次郎が家業を嫌う理由

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年11月14日(土)放送
第7週 第42話 「だんな様の秘密」

『あさが来た』第7週 第42話 「だんな様の秘密」あらすじ

あさは炭坑夫たちに相撲を挑み、治郎作の指名によって支配人の宮部があさと対戦することになりました。本気で勝負するあさの姿に心を打たれた炭坑夫たちはあさに心酔。心を入れ替え真剣に仕事に取り組むことをあさに約束します。

人を動かす難しさを知ったあさは新次郎にも事業への協力を求めました。しかし、新次郎は相変わらず事業に対して逃げ腰です。そんな新次郎がついに口を開き始めます。何故、自分が家業に関わることをこれまでずっと拒み続けてきたのかを。

その昔、加野屋で働いていた大番頭がいました。大番頭はその実直な働きぶりが正吉に認められ暖簾分けを許されたものの倒産。その大番頭の息子は新次郎の幼馴染でした。家が倒産し辛酸をなめた幼馴染の姿を見た新次郎は、それ以来家業を嫌うようになったのです。

一方、治郎作が率いる炭坑夫たちが働き始めることで加野屋の炭坑事業はようやく動き出すことが出来ました。その頃、京都のあさの実家ではある異変が起こっていました。あさの祖父・忠政が倒れてしまったのです。

<<前回41話 | 次回43話>>

『あさが来た』第7週 第42話 「だんな様の秘密」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ついに新次郎の秘密が本人の口から明かされます。

新次郎の秘密とは、新次郎が家業への関わりを拒む理由です。新次郎が家業に対してこれまで頑なな態度を示してきたのには訳がありました。

新次郎の幼馴染の家が破産し、お金の失敗によって不幸になったその幼馴染の思い出が忘れられない新次郎は、それ以来お金を扱う家業を嫌悪するようになっていたのです。

第7週の最後の回で明かされた新次郎のトラウマは次週回収されます。

ちなみに新次郎の実在モデル・広岡信五郎は若い頃、劇中の新次郎同様に茶の湯にうつつをぬかす趣味人として家業に関心を払ってはいませんでした。

しかし、後に広岡家が創業した尼崎紡績(現ユニチカ株式会社)の初代社長に就任。

この史実に則ったストーリー展開をするならば、新次郎は少年時代のトラウマを克服し家業に従事。あさと手を携え加野屋を盛り立ててゆくものと思われます。

『あさが来た』第7週 第42話 「だんな様の秘密」
 朝ドラ観賞後の感想

フラグ

今回の最後の数分間で、今後の展開を暗示するかの様ないつになく沢山のフラグが立ちました。それらフラグを以下にまとめてみました。

炭坑を発つ新次郎を睨みつける暗い眼をした男
初めて明らかになった新次郎さんが家業を嫌う理由。新次郎さんがあさちゃんに、雁助さんがうめさんにそれぞれ語った新次郎さんの幼馴染みの悲しい過去。

幼馴染みの話しに続いて初めて登場する暗い目をした男の存在。その男が睨みつけているのは炭坑を去る新次郎さんの後ろ姿。

新次郎さんのトラウマと、暗い目をした男。回収されるのはまだしばらく先のようです。

雁助さんとうめさん
前回の雁助さんとうめさんの衝突に引き続き、雁助さんとうめさんが再び接近。この二人だけで話し込むのはこれが初めてでしょうか。

雁助さんも自分の店を持つことが望みなのかと、うめさんが一歩踏み込んだ質問を雁助さんに投げかけたのは驚きでした。

ふゆちゃんと新次郎さん、そして亀助さん
新次郎さんみたいな男性にあんな褒め方をされたら、ふゆちゃんぐらいの年頃の女の子ならのぼせ上がるのも無理はない。

その直後の、ふゆちゃんを想う亀助さんのコミカルな演技がすべて持って行ってしまう話術の巧みさがみごとです。

忠政おじいちゃん
フラグと呼ぶにはダイレクト過ぎる表現ですが、久しぶりにあさちゃんが忠政おじいちゃんのことを思い出したその時、忠政おじいちゃんが倒れました。

あさちゃんがおじいちゃんを思い出しているその時、忠政おじいちゃんが童歌『うさぎ うさぎ』を歌っていたのは最愛の孫娘を想っていたのでしょうか。泣かせます。

<<前回41話 | 次回43話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


14 Responses to “あさが来た 42話 新次郎が家業を嫌う理由”

  1. なつ より:

    初めて書き込みをさせていただきます。
    ドラマ本編と同じ程、朝蔵さんの鑑賞後の感想をいつも楽しみにしております。

    うめさんが雁助さんに独立したいのか尋ねたシーンで、猫の鳴き声がしていましたね。
    猫の鳴き声がする会話の時は本心の答えではないと、どなたかが考察されてましたが…
    今回の雁助さん、今の時点では本当に全く独立の意思はないんですかねぇ
    これから雁助さんの心情がどの様に描かれるのかも楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      猫の鳴き声と本心の結びつきの考察、面白いですね。

      > 今の時点では本当に全く独立の意思はないんですかねぇ

      雁助さんが「ダンさんの下でずっと働きたい」とは言っているものの「加野屋でずっと働きたい」とは言ってないところが気になります。

      正吉さんが引退し新次郎さんの弟が当主を襲名した後に騒動があるかも知れません。タイミングとしては年明けを予想しています。

  2. koji より:

    いよいよ炭坑業も軌道に乗り始めましたね。

    炭坑業と言えば、やはり炭坑王の伊藤伝右衛門氏を語らずにはいられません。

    炭坑業に関しては広岡浅子氏の方が先に営んでいたそうですが両者には面識はあるんですかね?。

    もちろんお互いの存在と偉業は分かり合っていたとは思いますが。。。

    それと村岡花子氏も広岡浅子氏の講義で執筆業に目覚めたとのこと。。。

    朝蔵さんも仰っていましたが本作でも吉高由里子ちゃんと吉田剛太郎さんが出演されたら本当に嬉しいことですね(^_^)。

  3. えむ より:

    はじめまして。
    ごちそうさんの頃からこちらのサイトを楽しく読ませていただいています。

    いつの話だったか、木箱一杯につめられた銀貨を新次郎さんが険しい(嫌そうな)顔をして見ていた場面がありました。
    今日の話でやっとそのわけが解りました。

    それにしても、冒頭の相撲は面白かったですね。
    支配人の梶原さんの表情がたまらなくイイ!炭鉱編で注目しているキャラです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『ごちそうさん』の頃からご覧下さっていたのですか!ありがとうございます。

      > 銀貨を新次郎さんが険しい(嫌そうな)顔をして見ていた場面

      そういえばそんな画面がありましたね。
      よく見ていないと気づかないような微妙な表情の変化にも深い意味が隠されているようなので、これからもっと注意深く観なければと思います。

  4. もんすけ より:

    ついつい感想の分かち合いをしたくなってしまい、恐縮です。

    炭鉱夫の誰が相撲の相手になっても遺恨残る事態になるところ、
    今後の成り行きや炭鉱夫達の集結をも含めた治郎作さんの指名は“上に立つ者”の本領発揮、さすがです!
    未来の“上に立つ者”あさちゃんの、誠実で実力のある味方を引き寄せる才能が垣間見られ、
    今後の展開にますます期待が高まりますね。
    でも…、新次郎様、忠政じぃじ…、心配です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りと思います。治郎作さんの采配は親分の風格。
      ますます治郎作さんファンになりました。

  5. こきあ より:

    20年以上前の、日本女子大学の卒業生です。私が在学中は、広岡浅子さんのことは全く知りませんでした。

    創設者の成瀬仁蔵先生については、学長から度々お話がありましたが、実業家の広岡浅子さんが母校の創設にかかわっていたとは!そして朝ドラでブレイクしているとは、びっくりポンです!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      最近、日本女子大学の卒業生たちの対談記事を読みましたが、やはり皆さん、広岡浅子さんの名前は初めて知ったと一様に驚かれていました。
      今後は成瀬仁蔵先生と並んでその名が出て来ることになるのでしょうね。

  6. よるは去った より:

    仲の良かった友達の家が破綻して、行方知れずになり•••••••そりゃ大きなトラウマになるよね。だからこそ、破綻して夜逃げした天王寺屋にも自分なりに手を差し伸べたかったのかな?新次郎君が駕籠で去って行くのを複雑な面持ちで見送っていた男はもしや••••••••••?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      新次郎さんの過去の清算がこれから始まりますが、トラウマ克服後の新次郎さんがどんな活躍を見せてくれるのかが今から楽しみです。

  7. ※※睦子 より:

    毎日楽しくテレビ見ています。なんでどす。びっくりぽんやぁが流行語大賞のなると嬉しいです(*^^*)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      流行語もそうですが、日本女子大の競争率が上がってしまうかも知れないですね。
      受験生には気の毒ですが。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ