あさが来た 50話 坑夫サトシの働きが問題

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年11月24日(火)放送
第9週 第50話 「炭坑の光」

『あさが来た』第9週 第50話 「炭坑の光」あらすじ

炭鉱に到着したあさは早速トラブルの報告を受けました。サトシという名の納屋頭が取り仕切る組だけが際立って採掘量が少ないことが問題になっていたのです。しかも、サトシは部下の坑夫たちが道具類を購入する際、ピンハネしているという噂まで流れていました。

あさは坑夫たちの処遇改革を提案しました。しかしあさの提案は納屋頭の仕事を奪うものでした。治郎作や宮部らはあさの改革案を実行するのは容易でないこと難色を示します。カズもあさに説明しました。死と隣り合わせの仕事で坑夫たちは夢や希望は持てないと。

一方、はつと惣兵衛は和歌山で新しい暮らしをはじめることを望むものの、菊はあくまでも山王寺屋の再興にこだわり和歌山行きを拒絶。和歌山に行くなら親子の縁を切るとまで言う菊でしたが、惣兵衛も今回ばかりは母の言いなりにはならないと覚悟を固めます。

その頃、大阪では新次郎があさが不在の寂しさを募らせていました。九州の炭鉱で、あさもまた寂しさを募らせていました。疲労の色が濃くなってきたあさは、これまで誰にも語らなかった思いを亀助に告げるのでした。

<<前回49話 | 次回51話>>

『あさが来た』第9週 第50話 「炭坑の光」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前週の後半あたりから気になる存在になりはじめていた納屋頭のサトシが、意固地なまでにあさと対立する姿を通してその存在感を日に日に増してゆきます。

サトシは今週から第12週あたりまで重要なキャラとなって物語を運んでゆきますので、一挙手一投足要チェックです。

一方であさは困難に直面します。成果に応じて給金を坑夫たちに平等に分配したくとも、坑夫たちを仕切っているのはサトシたち納屋頭です。

納屋頭が反発すれば、納屋頭に従わざるを得ない坑夫たちを動かすことは出来ません。そんな炭鉱の現実にあさは直面するのです。

今週、炭鉱でのエピソードと同時進行で語られる山王寺屋一家もまた問題を抱えていました。問題はただ一点。あの菊です。

惣兵衛は和歌山に移住し人生の再生を図りたい。はつは未来に希望を持ち始めた惣兵衛に従いたい。栄達も、未来を信じる息子の成長が涙が出るほど嬉しい。しかし、菊だけが惣兵衛の描く未来に猛反発を続けるのです。

『あさが来た』第9週 第50話 「炭坑の光」
 朝ドラ観賞後の感想

治郎作親分が本日も男前

あさちゃんの改革プランの痛快さに大笑する治郎作親分が本日も男前です。

これは僕の憶測ですが、治郎作親分は納屋頭がいることで坑夫たちの暮らし向きが一向に良くならないことに胸を痛めていたに違いない。そして、治郎作親分なりに改善をしたかったものの現実を知り過ぎている治郎作親分の考えにはどうしても限界があった。

あさちゃんの大胆過ぎる改革プランは、さすがにその大胆さから治郎作親分といえども咄嗟に無理だと思った。しかし、その大胆さの中に何らかの光明を見出したのかも知れません。それが笑いにつながった。そんな気がしました。

あさちゃんのプランへの反応で対象的なのが宮部のおじさんのそれです。残念ながら宮部のおじさんは坑夫たちの暮らし向きを良くしようなどとはそれほど深く考えてはいないかと。だから、あさちゃんの改革プランに思考が緊急停止。即座に無理!

宮部のおじさんの即座に無理!という反応と対比させることで、治郎作親分が無理と言った後にも思考を続け、問題の突破口を見出し笑う。その笑いの中に坑夫たちへの愛情がたっぷりこもり、男前な治郎作親分でした。

白蛇はんの成長

お母ちゃんのごり押しに対する白蛇はんの反応が着実に成長していて頼もしい限りです。山王寺屋倒産前にいつも言いくるめられていたのは言うまでもないですが、倒産直後にお母ちゃんに刃物を向けたのも、お母ちゃんに何も言い返せなかった表れです。

今回も、和歌山行きをきっぱり拒絶し息子を詰るお母ちゃんに対して、白蛇はんは冷静さを失い激昂してしまいました。激昂した点は刃物事件の時と同様ですが、理路整然と説得を試みた白蛇はんの姿に家を守る当主の覚悟が見え始めて感激です。

しかも、今回ばかりは言いなりにはならないと覚悟を決める白蛇はんが凛々しい。登場当初は一番怪しいキャラクターでしたが、今はもしかすると一番男らしいキャラクターと言っても言い過ぎでないかも知れません。

そして一番怪しいキャラを一番男らしいキャラに変換させてしまう柄本佑さんの技には驚くばかりです。

美和さんと新次郎さんの大人の会話

久しぶりに登場の美和さんと新次郎さんの大人の会話が今日も小粋です。

新次郎さんの寂しさを三味線の音色で察する美和さんの粋。美和さんの鋭い指摘に対して、否定するわけでもなくさりげなく美和さんの意識を三味線にそらす。しかし美和さんもさすがです。三味線のせいにするなという返し方が粋なことこの上ない。

朝からいいものを見せてもらいました。

余談ながら、美和さんが何年ぶりかの座敷に上がってもてなす「大事なお客様」の登場で、新たな恋バナが展開されるかもしれません。

<<前回49話 | 次回51話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    この回で一番光ったのが、番組開始時と比較した惣兵衛さんの表情の変化です
    あの心の無い盤石フェイスから「情熱を持って」前に進もう、一瞬一瞬を生きようとする心の状態の変化・進歩は
    脚本には書いてないはずだと思うのですが、それを柄本のお兄ちゃんは
    自身の力で読み取ったのは凄い。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 柄本のお兄ちゃん

      お父上同様ただ者ではないです。本作ではこの先まだ驚かせてくれるのでしょうか。楽しみでなりません。

  2. atsu より:

    朝蔵さまご指摘の通り、3か所で問題が起き、其々が池の波紋のように広がって、しかもお互いの波が微妙にぶつかりあうような幕開けです。このドラマの面白さの一つは間違いなく複数の場面の問題がきちんと描かれ、しかもうまく干渉しあっているところにあると思います。
    はつが母からの助けをすんなり受け取れなかったのは、惣兵衛と菊がどう思うかが一番心配だったのではないでしょうか。はつは誇り高いけれど、家族の幸せのためなら飲み込める。ただ、今井家が一度助けを拒みその直後天王寺屋が倒産しており、惣兵衛や菊が今井からの話には反発する可能性も十分考えられたのでは。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      はつちゃんが土地の証文のことを言い出せなかったのは、僕も白蛇はんへの気遣いがかなりの部分を占めていると思います。
      山王寺屋の倒産直前、はつちゃんと白蛇はんが今井家にお金の無心に行った時のこと。あの時もはつちゃんは白蛇はんを立てるために自分一人で行こうとしました。あの時と同じ気持ちだったのでしょう。(この時、はつちゃん一人を行貸せるわけにゆかないと意を決して今井家に乗り込んだ白蛇はんの姿が今も忘れられません)