あさが来た 65話 加野炭鉱で爆発事故発生

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2015年12月11日(金)放送
第11週 第65話 「九転び十起き」

『あさが来た』第11週 第65話 「九転び十起き」あらすじ

九州の炭鉱で爆発事故が発生しました。治郎作は坑道の中に足を踏み入れたまま、中に閉じ込められてしまいます。爆発事故の知らせは加野屋にも伝わりました。事故の知らせを受けたあさは、早速、炭鉱に向かう準備を整えました。

しかし、女が一人で九州まで旅をするのはあまりにも危険なことだと雁助はあさの旅立ちを制止します。そこに意外な助っ人が表れました。加野炭鉱の事故を聞きつけた五代友厚が、あさの同行を買って出たのです。

新次郎は友厚の同行の申し出を受け入れあさを託しました。あさは友厚に伴われ九州に向けて出発。あさを見送る新次郎が思い出していたのは炭鉱で見かけたサトシの姿でした。新次郎は正吉に尋ねます。昔、加野屋にいた大番頭の家族は今どうしているのかと。

あさと友厚は九州の炭鉱に到着しました。炭鉱に到着早々、あさはサトシらに詰め寄られました。この事故の責任の一切は加野屋にあるとサトシは言うのです。しかし友厚が坑道で火薬の破片を発見。この落盤は事故ではなく事件だと推測する友厚でした。

<<前回64話 | 次回66話>>

『あさが来た』第11週 第65話 「九転び十起き」
 事前発表あらすじのレビューと解説

初登場場面から怪しさオーラを全身から放っていたサトシとあさの激突が、今回あたりからついに本格的にはじまります。

サトシはどうやら新次郎の幼馴染でした。新次郎が家業を敬遠する元凶となった幼馴染の松造がサトシと名を変え炭鉱で働いていたらしいことが判明します。

松造は父の経営する両替屋の倒産の憂き目に遭っていました。そして父の両替屋の救済を新次郎を通して加野屋に求めるものの、松造の頼みは正吉によって一蹴。

松造には加野屋に恨みを持つ理由があるのです。だからこそ、炭鉱の落盤は事故でなく事件である。しかもサトシが関わっているのではないかという疑いの視線が注がれます。

そして、自分に負い目のある者ほど他者を激しく責め立て正義を主張するという人の心のはたらきの定石通りにサトシはあさの、或いは加野屋の経営責任を厳しく追及。

そんな中、五代友厚が加野炭鉱の落盤が事故でなく事件であることの物的証拠を発見。炭鉱事情に精通した友厚があさに同行したことがここで生かされきます。

サトシに王手がかかりました。

『あさが来た』第11週 第65話 「九転び十起き」
 朝ドラ観賞後の感想

前回までの祝祭ムードは一転して緊迫モードに突入。加野屋が九州の炭鉱を買収した頃よりずっと怪しいオーラを発散し続けていたサトシの物語の始まりです。

新次郎さんとあさちゃんの「まさか」

妊娠がわかったあさちゃんを新次郎さんが九州の炭鉱まで迎えに行った際、遭遇したサトシを見て新次郎さんが顔色を失った場面が今回につながってきました。

炭鉱でサトシを見かけた段階では、新次郎さんはまだ確信が持てなかったようです。サトシが実は幼馴染の松造であると。

一方で、「新次郎さんは元気ですか?」とサトシに尋ねられたあさちゃんもまた、サトシの言葉を聞き違いと考えたようです。

サトシから「新次郎さんは元気ですか?」と尋ねられたと、もしあの時あさちゃんが新次郎さんに告げていたら、新次郎さんはサトシが幼馴染の松造だと確信したに違いない。

そして新次郎さんが、自分の苦い過去とサトシのつながりをあさちゃんに告げていれば、あさちゃんもサトシに一歩踏み込むことで今回の惨事を防げていたかも知れない。

新次郎さんとあさちゃん、それぞれが心の中に抱いた「まさか」から生じたすれ違いが招いた大惨事。

今さら「もし、あの時・・・」はありえないですが、小さなすれ違いを積み重ねた挙句の事故だけに、ドラマの中の話とは言え残念です。

正吉さん

新次郎さんから、かつて加野屋で働いていた大番頭とその家族の消息について尋ねられた正吉さんの目が一瞬泳いだのを僕は見逃しませんでした。

正吉さんは、その大番頭の家族の悲劇が新次郎さんのトラウマの原因になっていることを承知しているはずです。

その正吉さんにとっても、実は直視するのが辛すぎる過去だったのでしょうか。

悲願の孫に恵まれて幸福の絶頂にいた正吉さんでしたが、一方で過去と向き合い未清算の過去に白黒つける時が来たようです。

サトシの物語はまた、新次郎さんのトラウマ克服の物語であり、正吉さんが掛け値のない状態で生涯を終えるための物語。

三者の過去が回収される『あさが来た』前篇のクライマックスが始まりました。

追記

亀助さん
ふゆちゃんからの手紙を、身をよじって喜ぶ亀助さんが可愛すぎる。しかし、その直後に雁助さんの字と気づく。気の毒な方です。

新次郎さん
あさちゃんを五代さまに託した新次郎さんの胸中は複雑だったはず。

心配ないのかとの榮三郎くんの問いかけに、新次郎さんらしからぬ強がりで答えるあたり。不安が見え隠れします。

しかし、頼れるのは五代さましかいないのも事実。苦しい新次郎さまでした。

<<前回64話 | 次回66話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


8 Responses to “あさが来た 65話 加野炭鉱で爆発事故発生”

  1. るんるん より:

    新次郎さん、ちょっと不安げな表情もありましたね。強がりもあるんでしょうかね?私は、父親にもなり、いろいろ覚悟を決めたのかな?なんて見てました。はつちゃんの「自信もって!」「洋行帰りに負けないで」にも背中を押されたんじゃないかなとか。
    みなさん、いろんな背景を想像しながら見てるんでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「洋行帰りに負けないで」

      五代さまの申し出をもし断ってしまったら、それは新次郎さんの負けを意味することになりますからね。はつちゃんの「洋行帰りに負けないで」という言葉は大きかったと思います。

  2. うみがめ より:

    昨日は衝撃的なラストだったので、少し身構えて画面を見ていたのですが、亀助さんのデレた顔に気がぬけてしまいました(笑)
    「千代も炭鉱も同じくらい大事」と言うあさちゃんを受け止める新次郎さん、山で働く覚悟を語るカズさん等々見どころ満載でした。

    五代さまの突然の登場には慣れてしまったというか、慣らされてしまったというか…。これまでエピソードを積み重ねた賜物ですが、普通は批判されるご都合主義を逆手にとった手法に唸らされています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 普通は批判されるご都合主義を逆手にとった手法

      思わず納得の鋭い観察です!
      ご都合主義も繰り返せばご都合主義と感じなくなる。
      錯覚を上手に利用していたとは・・・

  3. こきあ より:

    亀助さん、おふゆちゃんからの文が代筆だと気づくのが遅すぎるところが、かわいすぎます☆

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 代筆だと気づくのが遅すぎ

      亀助さんが可愛いく感じるツボはまさにそこでした!

  4. よるは去った より:

    え~よく昔からあ~「ガスと火事は元から騒ぐ。」と言いまして~、ああいう場所で真っ先に例えば加野屋の非難し始める方が一番怪しいという事がよく世の中にはあるようでして~。五代君が見つけて来た火薬を見て明日の回で真っ先に青くなったり、ドラマ画面に後ろ姿ばっかりやたらドアップで映る方は更に怪しかったりなんかして~。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ガスと火事は元から騒ぐ

      ことわざ通りの展開が妙にリアルでした(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ