あさが来た 85話 明治14年、榮三郎が結婚

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年1月11日(月)放送
第15週 第85話 「大阪の大恩人」

『あさが来た』第15週 第85話 「大阪の大恩人」あらすじ

1881年(明治14年)。榮三郎はさちと結婚し。加野屋の面々はさちの嫁入りを普通の奥さんが来たと喜んで迎えました。その頃より、加野屋の中ではさちが若奥さんと呼ばれるようになり、あさは「若」をはずされ奥さんと呼ばれるようになりました。

落盤事故からの再建を果たした九州の炭鉱も、亀助の働きによってようやく黒字転換しはじめていました。加野屋にも、炭鉱での事故前の活気が戻り、あさは再び加野屋の銀行業進出への夢を思い描いていました。

しかし、雁助は相変わらず加野屋の銀行開業には反対でした。そんな雁助とあさの銀行をめぐる口論が続きます。志がある者にお金を貸し日本を豊かにしたいと主張するあさに雁助は真っ向から反論。貸した相手が成功するか見極めがつかないと雁助は言うのです。

一方の新次郎は、五代友厚と親しく杯を交わす仲となっていました。その頃、友厚は商業を学ぶ学校を大阪に開校。さらに北海道の事業を手掛け始めるところでした。そんなある日、千代はあさに尋ねました。何故、お母さんは普通のお母さんではないのかと。

<<前回84話 | 次回86話>>

『あさが来た』第15週 第85話 「大阪の大恩人」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前週の時代背景は1879年(明治12年)の正月。それから二年以上経過したところから今週の物語がスタートします。

この二年の間で、落盤事故に見舞われた九州の炭鉱も再建に成功し、再び利益が出せるまでになっています。

また、加野屋の当主・榮三郎がようやく結婚。加野屋に家族が新たに加わります。

そして特筆すべきは、新次郎が五代友厚と友情で結ばれる点です。仕事もせず遊び惚けていた新次郎を、五代友厚は軽蔑していました。

しかし、軽蔑はいつの間にか友情に。五代友厚が一目置くほどの人物となった新次郎は、炭鉱の事故を引き起こしたサトシ=松造の騒動を経て、実業へのトラウマをついに克服出来たと考えて間違いなさそうです。

ところで榮三郎の妻・さちを演じるのは女優の柳生みゆさん。朝ドラ『カーネーション』でヒロイン糸子の妹で、小原家の次女・小原静子を演じました。

『あさが来た』第15週 第85話 「大阪の大恩人」
 朝ドラ観賞後の感想

ようよう普通の奥さんが来たというセリフに始まり、なんでお母ちゃんは普通のお母ちゃんと違うの?というセリフで終わる。

普通でない、そして最早若くはないあさちゃんの物語の始まりです。

そして、普通のお嫁さん・さちちゃんの登場で、ふゆロスを乗り越えることが出来そうな気がしてきました。

明るい対立

あさちゃんと雁助さんの銀行設立をめぐる明るい対立が再燃しました。

銀行を作って志を応援したいと熱弁を振るうあさちゃん。そのあさちゃんへのリアルな正論が素晴らしい。

とかく「志を応援するという」というキレイな大義が支持されがちです。あさちゃんと雁助さんのような口論になった場合、あさちゃんに軍配が上がりがちなキレイな大義がもてはやされる昨今。

キレイ・汚いという以前に、借りたお金を返すというリアルな責任に踏み込むところに、大人のドラマの風格を感じます。

あさちゃんを論破する雁助さんのリアルな正論はさすが実務家ならではのもの。幕末、大名貸しを次々に踏み倒された苦い経験も、雁助さんの正論をさらに強固なものにしているのかも知れません。

しかし、言いたいことがあっても、一旦は敗北を認めて引き下がるあさちゃんもまたさすがです。

雁助さんの正論で脇の甘さを痛いほど認識したのでしょうか。そもそも、大名貸し踏み倒しに一番初めに危機感を抱いたのはあさちゃんです。

いつか雁助さんを納得させてくれると期待しています。

追伸:志という曖昧なもので加野屋を危険にさらすわけには行かない。榮三郎くんも立派に主張できるようになりましたね。(雁助さんの受け売りかも知れませんが -笑)

新ちゃんと友ちゃん

新ちゃんと友ちゃん。

五代さまの、新次郎さんのからかい方がツボにはまりました。というか、こんな思いがけないところに新次郎さんを驚かすツボがあると見抜いた五代さまの人を見抜く眼力が鋭い。

さりげなく意趣返しする新次郎さんのノラリクラリぶりにもますます磨きがかかってきたかもです。果たして新ちゃんは友ちゃんの英語を理解したのか。理解出来ていないのか。

友ちゃんを煙に巻く新ちゃんのしたたかさは健在です。

ところで、五代さまは盟友・大久保卿と一緒にいるときよりも、新ちゃんと一緒にいるときのほうが楽しそうに見えるのは僕だけでしょうか。

<<前回84話 | 次回86話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


10 Responses to “あさが来た 85話 明治14年、榮三郎が結婚”

  1. koji より:

    あさちゃんと雁助さんの対峙で使用されていたタンゴテイストのBGMが印象的でした。

    日本の時代劇ドラマに

    これほどにも洋楽が似合うなんてホンマにビックリポンだす(^_^)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 時代劇ドラマに洋楽

      大河ドラマの音楽もこれくらい遊びがあってもいいかも知れませんね。大河の劇中挿入曲もいつも無難過ぎるのが残念です。

      そう言えば黒澤明監督の『羅生門』もボレロテイストの楽曲が今も斬新です。

  2. さや より:

    栄三郎さんが8代目らしく雁助さんとあさの争いを収めてましたが、あさが言った「このまま両替屋を続けていったら、加野屋は……」と言う言葉に栄三郎さんの表情が変わったような気がするので、銀行事業参入を少しずつ考えるのかなぁ、と思ってみたり。8代目や雁助さんを敵に回すのは得策ではないので、上手いこと説得する柔らかさが、あさには必要ではないでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      両替屋に明るい未来がないことは榮三郎くん、そして雁助さんも薄々感づいているのかもしれないですね。それにも関わらず雁助さんが銀行に頑なに反対する理由が気になります。

  3. よるは去った より:

    栄三郎君、さちちゃんおめでとう。でも、よの、あさ、さち=大奥様、奥様、若奥様と顔写真で表示されたのは笑えた。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 顔写真で表示

      わかりやすく笑いまで取ることに成功したあの説明は秀逸でした。

  4. 千秋様ファン より:

    志、志って、前の大河ドラマをディスってんのなしら?と思ってたら、折しも成人の日で、志という単語がテレビにあふれていました。
    ところで、新次郎さん、英語聞き取れてたら怖いですよね?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      友ちゃんが英語を使う時はあさちゃんのことについて言及している。英語はわからなくても新ちゃんは、友ちゃんのパターンを密かに把握しているのかもしれませんね。

  5. anne より:

    朝蔵さん、ご挨拶が遅れましたが今年もこちらを拝見するのを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いします。

    亀助さんとおふゆちゃんが九州に行って、今週から又新たな展開ですが大好きなみゆちゃん登場でワクワクします。カーネーションの静子ちゃんも可愛かったので♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      本年もどうぞよろしくお願い致します。

      > みゆちゃん登場でワクワク

      普通のお嫁さんの登場で、ふゆロスを克服出来そうな気がしてきました。彼女が一人いるだけで画面がバアッと明るくなるから不思議です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ