あさが来た 90話 家業に意欲見せる新次郎

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年1月16日(土)放送
第15週 第90話 「大阪の大恩人」

『あさが来た』第15週 第90話 「大阪の大恩人」あらすじ

あさが新たに買収した炭鉱から大量の石炭が採掘されたという朗報が、九州にいる亀助から加野屋にもたらされました。炭鉱の買収が成功に終わったあさを祝福する新次郎は、その知らせを五代にも報告しました。

その席で新次郎は、その頃抱えていた小さな悩みを五代に打ち明けました。新次郎はショックを受けていたのです。千代から何故働かないのかと尋ねられたことを。同じ問いかけを誰からされても何とも思わない新次郎でしたが、娘の言葉はこたえました。

月日は流れ、再び七夕の季節がめぐってきました。ある日、あさはさちから見せられました。一年前の七夕で千代がさちと一緒に作った七夕飾りを。その七夕の短冊に記された千代の願いにあさはショックを受けました。

そこにはこう記されていました。「おかあちゃんといっぱいあそべますように」と。外で働いてばかりいることを誰に咎められても気にしないあさでしたが、母親が不在がちなことに寂しさを募らせる千代の気持ちを知り、あさは涙を流すのでした。

<<前回89話 | 次回91話>>

『あさが来た』第15週 第90話 「大阪の大恩人」
 事前発表あらすじのレビューと解説

五代友厚の騒動によって引き起こされた、あさ・新次郎一家の次週以降の暗いストーリー展開と明るいストーリー展開が暗示されて第15週が幕を閉じます。

暗いストーリー展開とは、第15週冒頭であさが感じ始めた実業と母親業の両立への苦悩を意味します。この苦悩が、第15週の最後に再びあさの頭を悩ませ始めます。

とりわけ、今回登場する七夕の短冊。千代がどのような願いを短冊に記したのか。恐らくは普通のお母さんが欲しいといったところでしょうか。

子を持つ母親として、千代の願いはこれ以上ないほどに厳しいもののはずです。

『あさが来た』公式サイトによれば、千代は母親が不在の日々を寂しく感じながら育つとありますので、幼い千代の悩みも成長につれて深く大きくなってゆくことが予想されます。

母子の確執も生じるかも知れません。

一方で明るいストーリー展開とは、ついに家業に前向きな気持ちになった新次郎の仕事への意欲です。家業へのトラウマ解消は確定のようです。

『あさが来た』第15週 第90話 「大阪の大恩人」
 朝ドラ観賞後の感想

千代ちゃんの破壊力

働いていないことを誰から突っ込まれても気に留めなかったあの新次郎さんが、千代ちゃんからの同じような突っ込みには激しく動揺する。

ヒゲの生えた四男坊と皮肉られ、外に働きに出てばかりのことを揶揄されてもひるむことのなかったあさちゃんが、千代ちゃんから「雄雛」と言われてうろたえ、不在がちだった自分のあり方を省み、千代ちゃんの孤独に涙する。

変わった夫婦の、その変わりっぷりに娘が激しく揺さぶりをかける。

千代ちゃんの破壊力は、新ちゃんとあさちゃんをどこに連れて行くのか。目が離せなくなってきました。

一方で、そんな変わった夫婦をありのままに受け入れるよのさんの視線が優しい。正吉さん亡き後のよのさんが日に日に輝きを増す描写が大好きです。

運のええお人や

炭鉱の買い広げを心から反対しているわけではない。

雁助さんの本心への榮三郎くんの推察は当たっているのか。実は僕は半信半疑でいました。尻拭いはもうしないとあさちゃんを見限るようなことまで言ってのけた雁助さんのこと。反対する気も失せるほどだったのではないかと。

しかし「運のええお人や」とあさちゃんの成功を素直に喜ぶ雁助さんの一言で僕の杞憂は吹き飛びました。

榮三郎くんは正しかった!

心から安心しました。

森の熊さん一家を撮ったカメラマン

懐かしい方の登場です。

『マッサン』で、一馬くんが出征する直前に森の熊さん一家の記念写真を撮ったカメラマンが再びカメラマン役で登場です。

ところで『マッサン』で、記念写真を撮影したその日、北海道余市には突風が吹き荒れていました。

その突風がやや寂しげなカメラマン氏の髪の毛を撫で上げる。有働アナがその髪の毛ヒラリに突っ込みを入れてましたが、カメラマンの再起用だけでなく「髪の毛ヒラリ」まで再現してくれるとは!

この遊び心に感激です。

追記:森の熊さんの家族写真を撮影する場面は、僕にとって『マッサン』の中で一番印象に残っている場面でした。それ故に感動もひとしおです。

五代さまの悲劇のフラグ

五代さまの悲劇のフラグがいよいよ本格的に立ちました。

次週はヘビーな一週間になりそうです。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. koji より:

    森の熊さんの家族写真ですが恥ずかしながら記憶が無いです(^_^;)。

    ですが

    俊ニイから一馬への不器用ながらも想いのこもった「だから、おまえは死んでも帰って来い」と言うシーンや

    熊さんがエリーちゃんにこぼした「大事なのは勝つこどだ、誰かがそう言ってやらなきゃ腹を括れねえべぇ、あいつが可哀想だべぇ、何のために戦地に行くのかわかんなくなっぺ」と言うシーンや

    一馬の出征前日オ壮行会でのールドラングザインの合唱シーンは強く印象に残っています。

    いまでも思い出すと涙腺が緩みそうになります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      一馬くん出征までのエピソード、僕も思い出すだけで泣けます。
      映写機で一馬くんの幼い頃の映像を上映した場面も忘れられません。

  2. さーや より:

    五代さま…あさちゃんより、新ちゃんに夢中になっちゃってますね!まさか、こんな日が来ようとは。火花バチバチも楽しかったですが、男同士の友情を見るのも乙なものです。それと、今日も新ちゃんのブロークンハートな効果音が聞けて良かったです(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      友ちゃん・新ちゃんの仲良しコンビ、
      盟友だった友ちゃん・利ちゃんよりも仲良さげに見えるのは僕だけでしょうか(笑)

  3. より:

    こんばんは^^

    亀助さんから届いた文、バッチリ画面にうつしてたので、思わず録画してあったのを一時停止して、読んでしまいました(笑)

    ふゆちゃんの事も書いてましたね~ (^w^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      さすが亀助さんだと思います。
      もう一回、ふゆちゃんに会いたい・・・

  4. tonton より:

    11月中旬から一昨日の木曜までは「五代さん退場しないで~」という気持ちで
    番組を見てました。が、昨日今日になって近藤正臣氏のような安定した演技のできる大黒柱のようなベテラン俳優の演技が恋しくなっていたのと
    年末13週の終わりに五代があさに抱き付いて、彼女が明確な線引きをビシッと引いて以来
    あさの五代に対するガードが固くなり、二人の間に距離感が出来た様に見えた。

    昨日の会議所シーンで彼があさを愛おしい目で見る時も彼女との
    距離が近いようで物凄く遠く感じるような視線だった。

    と思い始めた時に超大物高橋英樹・松坂慶子が大隈夫妻として登場する事が発表されたのと、
    今日の放送であさの同意の上、五代があさの事について聞きたい時は新次郎がスポークスマン兼護衛になって代りに情報を提供しているのではないか?と
    見受けられるようになった事。

    あさを追いかける五代が面白くて好きだったんですけど、彼は
    それもできなくなってしまった(寿命が無い以上そういう描写もできないですし)。

    このドラマに於いての彼の役割も終わって、この時期がベストな
    退場のタイミングかな?と心境が変化しました。

    NHKもあぐりの時に多くの視聴者をエイスケロスで悲しみの底に
    突き落とした経験があるので、
    ひょっとしたらそこの所を密かに考えて制作しているのかな?と。

    来週は「ありがとう」の気持ちで彼を見送りたいです

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      五代さま逝去を発表した直後のタイミングで超大物二人の登場を報道したのは絶妙なタイミングでしたね。友ちゃんロスによる視聴者離反を防ぐ効果があったのではないでしょうか。

      気になるのは雁助さんの今後。そして、史実通りに展開すれば新ちゃんが先に鬼籍に入るのでその時のロスの衝撃の大きさでしょうか。

  5. うみがめ より:

    新次郎さん、亀助さんにこぼしていた愚痴を五代さまにこぼしています。こんな日が来るなんて!でもあまり女子トークぽくならないですね。五代さまもあさちゃんと話すときは紳士ですが、新次郎さんと話すときは男っぽくなります。これまで見てきた五代さまはあさちゃん目線の五代さまで、最近は新次郎さん目線が多いいので、五代さまの違う面が描かれているような気がします。

    あさちゃんが子どもの頃押し入れに閉じ籠った時、新次郎さんが明るいところに出してくれました。今回はずっと夕日が細く差し込んだまま。切ないです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 新次郎さんと話すときは男っぽく

      新ちゃんと話している時の友ちゃんはいつもと違うなと思っていたんですが、なるほど、そういう違いがあったんですね!

      > 押し入れに閉じ籠った

      素敵な観察だと思います。押し入れの対比、全く気が付きませんでした。

  6. たける より:

    おはようございます。去年の短冊の下りは涙が止まりませんでした。さちさんの心遣いが素敵だな、と。直接千代ちゃんの気持ちを代弁するのは簡単だけど、でしゃばりだし、何より加野屋の為に働く義姉に失礼。だけど千代ちゃんの寂しい気持ちも分かって貰いたい。それで去年の短冊を出してきたのではないか?、と勝手に推測してみました。    写真屋の海原はるか師匠。やはり髪芸決まってました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      千代ちゃんの願いが記された短冊飾りが今年のものでなく去年のものというところが泣かせますね。娘の寂しさに一年も気づかなかったのかというあさちゃんの愕然とした思いを想像すると胸が痛みます。

  7. キヨコ より:

    「晴花亭」での新次郎さんと美和さんのしっとり美しい三味線の後に、あさの算盤を弾く音が静かな音楽のように響き、新次郎さんとあさがほんの一瞬、ふたりで奏でているようでした。

    そして、まさかの海原はるか師匠、「マッサン」と同じカメラマンとしての登場にびっくりぽん!
    思わぬ隠し球でしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 三味線の後に、あさの算盤を弾く音

      これまでも『あさが来た』にはセリフを排したこうした場面がいく度が描かれましたが、映画的で大好きです。

      > ふたりで奏でているよう

      なるほど!夫婦で奏でる音色を狙っていたんですね。そこまで気がつきませんでした。

      > 海原はるか師匠

      『マッサン』の突風を身をよじって再現して下さるサービス精神に感激しました!

      • キヨコ より:

        「髪の毛ヒラリ」は、はるか師匠曰く、「あの技を一発で決めるのは私しかいない」くらい、難しいそうですよ。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。

          > あの技を一発で決める

          はるか師匠の髪芸。今回のショットもNGなしで一発で決まったのでしょうか(笑)