あさが来た 96話 山崎平十郎加野屋に現る

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年1月23日(土)放送
第16週 第96話 「道を照らす人」

『あさが来た』第16週 第96話 「道を照らす人」あらすじ

大勢の参列者が集まった五代友厚の葬儀も終わったある日。あさは美和に会いに「晴花亭」に足を運びました。美和を訪ねたあさは、美和からそれまで知らなかった五代の意外な一面を初めて聞かされました。

大きな事業をいくつも創業した五代でしたが、五代に残されていたのは負債だけでした。お金を残しても墓場に持って行けない。後世に何を残せるかが大切だ。生前の五代の言葉を思い出したあさは、将来の日本に自分は何が残せるのか自問自答します。

その頃、毎週月曜日に決まって加野屋に顔を出す男がいました。山崎平十郎と名乗るその男は元大蔵省の官僚でした。加野屋の経営が健全であることを見抜いた平十郎は加野屋で働くことを希望。あさは平十郎の採用を即決しました。

そんな中、思いがけない客が加野屋にやって来ました。はつと菊が藍之助を連れて和歌山からやって来たのです。十年ぶりの再会を喜び合うあさとはつ。大阪を発つ時にはまだ幼かった藍之助も見違えるように成長しているのでした。

<<前回95話 | 次回97話>>

midokoro

五代友厚との永遠の別れを嘆き悲しんだあさちゃんに、新しい朝がやってきました。

新しい朝を迎えたあさちゃんは、明日の加野屋と日本のために再び力強く前に向かって歩み始めます。

悲壮な回の後の明るく爽やかな再出発。この明るさが大好きです。

そして、今回から新キャラが登場です。

『あさが来た』第16週 第96話 「道を照らす人」
 事前発表あらすじのレビューと解説

五代友厚の早すぎる死を機に、あさは未来の日本のために自分は一体何を残せるのかを自問自答し始めます。恐らくこの時の自分自身への問いかけが後の女子大学校創立につなっがて行くものと思われます。

五代友厚が亡くなり、雁助が加野屋を去るフラグがはっきりと立ち始めるその一方で新キャラクターの登場です。

辻本茂雄さん演じる山崎平十郎という名の男。何を尋ねられても「へぇ」としか答えないために「へぇさん」と呼ばれるこのキャラ、実は元大蔵官僚で有能な実務家です。

日本に登場したばかりの銀行という未知の業態の将来性と可能性に魅せられ、銀行で働くことを志して加野屋にやってきたベンチャースピリットあふれる逸材「へぇさん」。

雁助は間もなく劇中から退場しますが、雁助に代わる銀行の番頭として活躍してくれることになりそうです。

『あさが来た』第16週 第96話 「道を照らす人」
 朝ドラ観賞後の感想

五代さまの遺影で初めて感じる五代ロス

前回、五代さまの最期を直接的に描かなかったせいか、五代ロスを想定していた以上には感じませんでした。

無事に乗り越えることが出来るかも知れない。

そんな風に考え油断していたせいか、今日になって五代さまロスに襲われました。五代さまの遺影が胸に刺さりました。

前回まで熱く日本の将来を語っていたあの方が、今回は遺影になっている。このギャプがあまりにも辛すぎました。

そんな中、今頃は大久保卿と酒を飲んでいると言う美和さんの言葉に救われました。

月曜日のへいさんの鮮烈デビュー

数回前からさりげなく登場し続けていましたが、月曜日のへいさんがついに鮮烈なデビューを飾りました。

雁助さんと新次郎さんの二方向からの驚きや、短気を起こしたあさちゃんの反応にフォローされ十分過ぎるほどインパクトある「初」登場でした。

再来週以降に予想される雁ロスを癒してくれることを期待しています。

追記:「月曜日のへいさん」というポエジーなネーミングを聞いて、スウェーデンの巨匠が残した『日曜日のピュ』という映画を思い出しました。

新次郎さん、驚いたのはそこか!

月曜日のへいさんの素性が明らかになり真剣に驚く雁助さんと新次郎さん。

月曜日のへいさんが元大蔵官僚であることにビックリポンの雁助さんの驚きはごもっとも。しかし、新次郎さん。あなたの驚くポイントはそこか!?

平十郎という本名で正真正銘のへいさん。

しかも、この偶然の一致に無邪気に喜びまくる。

五代さま逝去の悲しみを瞬時に吹っ飛ばす新次郎さんの破壊力。これ以上、形容する言葉が見つかりません。

お父ちゃん!

そんな新次郎さんを陥れる謎の少年。

上には上がいるものです。

「お父ちゃん!」

相手が新次郎さんだけに狙ったとしか思えないリアル過ぎる冗談。かつて、別れ際に「もういっぺんお父ちゃんと呼んでくれ」と言った願いがこんな形で叶うとは。

上記のへいさんに引き続き笑わせてもらいました。

悲しみの後には明るくてちょっとばかり毒の効いた笑いがある。本作のこの間の取り方が大好きです。

鈴木梨央ちゃんはやっぱり天才だ

チビあさちゃんとはアゴのほくろ以外全く同じ顔をしていながら(笑)、チビあさちゃんと全くの別人に見えてしまうから流石です。

将来の、母親との深い確執を暗示する演技も秀逸。

あさちゃんの何気ない言葉の一つ一つが、千代ちゃんの胸にはトゲのように刺さる。そんな痛みが観ているこちらにまで伝わってくる名演に度肝を抜かされました。

鈴木梨央ちゃんはやっぱり天才です。

<<前回95話 | 次回97話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. MCK より:

    あさ、しんじろう、がんすけさん、へいじゅうろう。
    4人で話してるとき、名前もへいさんやんか。とビックリぽんな後、あさはへいさんの名前を間違えてます。

    採用を決意したとき!あさは
    へいざぶろうさん。
    と言ってます。

    初対面ですから相手の名前を間違えることもありますが、そのままお芝居も続きへいさんも訂正することなく進み。
    その後も、毎日みてますが、
    あの時、名前を間違えてたとのあさの謝罪もなく。

    あれはあさがセリフを間違い、スタッフも気がつかず放送してしまったのかなぁ。と未だに気になっています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      へいさんをへいざぶろう。僕も気がつきませんでした。
      キャストもスタッフも、誰も気がつかないままなのかも知れません。

  2. よるは去った より:

    千代ちゃん10歳(鈴木莉央ちゃん)。「なんとなくあさに似ているような気がします。」のナレーションはウケ狙い?最初のキャストのテロップよく見てなかったので山崎平十郎役はどこかでよく見る顔だなぁと思ったら、「生活笑百科」でもお馴染みの辻本茂雄君。たまにでいいから山田花子ちゃんが何かのツッコミ役で出てこないかな?これから出来る「加野銀行」に苦情を言いに来る客の役とか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ナレーションはウケ狙いだったかと思います。狙いをちょっとばかり外したかなって感じもなきにしもあらずでしたが、そのゆるさもまた素敵でした。

  3. SOX より:

    美和さん武家出自説について。
    以前お話しした「吉原裏同心」で、美和さんの中の人の演ずる花魁が確かやはり武家出身の人でした。
    もちろん直接関係のない話ですが、もしかしたら演ずる人のキャラで共通してしまう不思議があるのかもしれません。

    今日(あ、昨日か)の感想としては、五代さんのあれこれはともかく、最後の初さん(あおいさん)の再登場でなんだかちょっとじ〜んと来てしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      美和さん演じる野々すみ花さんの訳あり感はただものではないので、ついつい詮索してみたくなってしまいます。想像力がいくらでも広がるお芝居が出来るなんて凄い女優さんですね。

  4. atsu より:

    うみがめ様の鋭い指摘にはっとしました。今井家に生まれ、加野屋の奥様になったあさには儲けを考えない商売というのはあり得なかったんですね。あさは武士によってつくられた時代を支え、活気づけてきた側の人間でした。もしかしたら、美和の方が元は武家の出だったのかも知れません。「花子とアン」の蓮子のモデル白蓮の実母は幕臣の娘だったのが維新で家が没落し花柳界に入ったとか。美和は三味線の腕で自活しているようですが、あの時代、頼りになる身内を失くした(特に武家の)若い女性が一人で生きていくのは相当困難だったはず。大久保と五代の話も黙ってそばにいるだけで、美和はちゃんと理解していたような気がします。美和のレースを使った半襟などのおしゃれにばかり気を取られないで、彼女の内面も考えてみるべきでした。感謝。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      美和さんは武家の出かもしれないという洞察が鋭いです。
      おっしゃる通り、五代さまと大久保卿の酒席で二人の元士族を前に臆することなく、出しゃばることもない。そして劇中で美和さんの過去が一切語られないことも、出自を暗示しているような気がします。

  5. まさこ より:

    いつも、楽しみに読ませていただいています。あさぞう様が視聴後の感想まで書かれたら、うわっと皆さんのコメントが増えるっていう流れも好きです笑初めてコメントいたします。 子役の梨央ちゃんが、金曜日ドラマでも難しい役をしていたので、本当にすごいなと思います。難しい年頃になってきたところでの起用ですものね。あと従来一週間のまとめというか山場は土曜日でしたが、あさがきた では金曜日な気がします。有働さんが目一杯泣けるわけです。そして、次週に繋がる話が土曜日にはからっと始まる、あさぞうさんの言われる明るさってこの事だなと、私も思います。これからも頑張ってください‼

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      当ブログを楽しんで頂き光栄です。

      おっしゃる通り『あさが来た』は金曜日が山場。
      土曜日は明るく終わって次週への期待を持たせる。
      そんな流れが心地よいですね。
      おかげで週末を楽しく過ごせます。

      よろしければまたコメントしてください。
      今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

  6. ミナナ より:

    どなたかが書いておられた五代さまレターの自転車の伏線も回収。相変わらずの細やかな脚本ですねえ…なにより朝蔵さまはじめ皆さまの鑑識眼がいつも本当に素晴らしい⁂長年朝ドラみてますが、ごちそうさん以来より朝ドラの輝きが増したように思います∞

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      お寄せ頂いた深い洞察と確かな鑑賞眼によるコメントでこのブログは支えられています。これからもお楽しみいただければ幸いです。

  7. tonton より:

    山崎平十郎のモデルは、立命館の創立者である中川小十郎みたいですね

    史実では文部官僚だったのを大蔵官僚に変更してますが。

    辻本さんが「セリフが官僚用語連発で大変」と言っていたので
    私はこれからの視聴時、五代大久保の時同様に字幕が必要かもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あのアクの強いお顔で官僚用語連発ですか!
      そのギャップが楽しみです。

  8. もんすけ より:

    「月曜日のへいさん」は、正真正銘の「へいさん」だった!
    「信用一番」の雁助さんにとっては、元大蔵省という肩書きが、
    銀行設立を目指すあさちゃんには、銀行の知識を持っていること、
    そして、新次郎は「名前=その人そのもの」が一番の関心事だったところが興味深く、
    温かみのある、深いキャラクター設定に本当に毎回唸らされます。

    千代ちゃんがあさちゃんに根にもった事件(?)は、なんだったのでしょうか。
    こちらも気になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      千代ちゃんを怒らせた事件、本当に気になりますね。
      来週あたり回収してほしいものです。

  9. うみがめ より:

    「五代さまは根っこが武士で、死に場所を探していた」この言葉がヒロインのあさちゃんではなく、美和さんから出たところが「あさが来た」らしい。あさちゃんは商いの師としての五代さまは見ていても、人間としての五代さまにはあまり関心がなかったように思っていました。結局最後まで五代様の内面はあまり分かっていなかったようですね。

    寄合所には五代様の姿はありません。でも大阪商人たちは変わらず商売の話をしている。五代さまがつくりたかった大阪の姿なのでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あさちゃんと美和さんの五代さま観の相違点への洞察が深いです!
      なるほどそうかと深く納得のレビューでした。

  10. tonton より:

    こちらは五代の遺影に対しては何も感じませんでした。
    平十郎の面接シーンがスタートして「よし!トピックは次に移ったぞ」と
    思わせておなじみの軽快な音楽が流れて油断した時に、

    放送終盤の商法会議所で山屋与平さんに見せられた自転車の写真と
    第2週で流れた五代がイギリスからあさへ向けて手紙を書く回想シーンが
    しんみりとしたBGMと共に流れてロスが蘇る。
    彼が亡くなったばかりで残ってた伏線をの回収にかかる。
    あさが現物を手にして爽快に乗り回す時に流して欲しかったのに。

    NHKは視聴者をいじめないで欲しいです(泣)。

    ところで朝蔵さんがおっしゃるように、死亡退場者はこれからも出てきて
    予想される所ではよのさん、新次郎なんですよね。

    よのさんは正吉の予告通りに長寿を全うする形で大往生が予想ですが、
    皆がマッサンエリーの男版とみなして最終週の金曜で亡くなると
    思ってる新次郎の死亡時期について、佐野Pが意味深なコメントを出したのは意外でした。
    しかし新ちゃんの事だから、予想より早く亡くなっても
    ドリフのコントみたいにコミカルな幽霊役として最終回まで出て来そうな印象なので
    不安には思ってません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      山屋のおじさんの自転車は、五代さまの思い出の回収だった!
      うっかり見過ごしていました。もう一度じっくりと観てみます。

      > ドリフのコントみたいにコミカルな幽霊役

      あるかも知れませんね。2月の下旬にはこれまで亡くなった3人の方があさちゃんの夢に出てくるみたいですし。

  11. 安茶子 より:

    加野屋で働き違っている、になっちゃってますよ

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      誤記のご指摘ありがとうございます!
      早速、訂正させていただきました。