あさが来た 108話 千代が京都の女学校進学

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年2月6日(土)放送
第18週 第108話 「ようこそ!銀行へ」

『あさが来た』第18週 第108話 「ようこそ!銀行へ」あらすじと見どころ解説

ある日、新次郎はあさに提案しました。千代を京都の女学校に通わせてみてはどうかと。続けて新次郎はあさに語りかけます。子供という船がいつでも振り返ることが出来る港のような存在が子供にとって良い親なのだと。新次郎の提案をあさは受け入れました。

しかし、当の千代は京都の女学校への進学に乗り気ではありませんでした。そんな千代を納得させようと、よのは千代を京都に連れ出します。千代はよのから幼い頃の自分がどれほど母親に愛されていたかを聞かされ心を動かされるのでした。

その頃、加野銀行の女子行員が非常に優秀だと世間の評判を集め始めていました。そんな中、維新前に加野屋と取引のあった萬屋与左衛門を名乗る男が泥酔して来店。借金を頼み込むものの担保がないことを理由にあさは萬屋の願いを一蹴しました。

月日は流れ数ヶ月後、京都白川高等女学校への進学を決めた千代は、家族らに見送られながら京都の寄宿舎・花霞寮に引っ越しします。一方、新次郎はあさを旅に出ないかと誘いました。行き先は惣兵衛やはつ一家の暮らす和歌山です。

<<前回107話 | 次回109話>>

midokoro
あさが、女性実業家として注目を集めるところから始まった第18週は、女性を育成する教育者としての一面を見せはじめたところで終了です。

女子大学校設立へのフラグが立つ一方で、あさと千代の母娘の確執は解消出来ず次週以降に持ち越しです。

『あさが来た』第18週 第108話 「ようこそ!銀行へ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

商売が繁盛し、あさの仕事が忙しくなるほどに千代との心の溝が深まるギャップで始まった第18週は、ますますその心の溝が広がるところで終わります。

女性が女学校で習得した知識や技能を生かす場を作りたい!

そんなあさの情熱は加野銀行の女子行員教育で結実し、立派に育った行員たちの秀でた接客や実務能力によって花を咲かせます。

しかし、女子教育に没頭する母親の姿が、千代を女子教育からますます遠ざけてしまうギャップが痛い。

あちらが立てばこちらが立たず。大人のリアリズムの描写が見事です。

『あさが来た』第18週 第108話 「ようこそ!銀行へ」
 朝ドラ観賞後の感想

新撰組のカラクリ人形

リトル千代ちゃんが興味を示さなかったあさちゃん手製の新撰組のカラクリ人形を、あさちゃんが捨てろと言ったこと。そして確かうめさんだったと思いますが、そのカラクリ人形を捨てるに捨てられなかったこと。

よく覚えています、この時のことを。

ここしばらく母娘の不仲が続いていたので、これまでずっとこの母娘は仲が悪いような気がしていましたが、捨てられずにいたカラクリ人形が母娘の過去を思い出させてくれました。あさちゃんが千代ちゃんにどれほど愛情を注いでくれていたかを。

観る人によってはあさちゃんに対して、観る人によっては千代ちゃんに対して。複雑な思いにさせられた加野屋母娘ですが、もともとは仲の良い母娘だったこと。旅立つ自分を追う千代ちゃんの不憫さにあさちゃんが涙を流したことなどを思い出せてくれたかと思います。

それ以上にこのカラクリ人形は千代ちゃんの心をかなり揺さぶりました。

よのさんが言いました。あさちゃんは女性実業家としては立派だけれど母親として不器用だと。カラクリ人形はまるで、そのよのさんの言葉がそのまま形になったかのようです。

よのさんの言葉とカラクリ人形で千代ちゃんの心に訴える演出が見事でした。

ところで、かつてカラクリ人形が登場した時、これはいつかきっと回収されるだろうと予想がついていました。しかし予想外だったのがカメラマンを演じたはるか師匠の髪芸が忘れられない記念写真です。

何故、このタイミングでわざわざ記念撮影?あの時は解せないものがありましたが、あの写真までがここで効いてくるとは。

今週はよのさん週?

今週はよのさんのためにあるのではないかと思うくらい、よのさんの静かな静かな活躍が目立ちました。

前回のはつちゃん・藍之助親子の仲裁に続いて、今回は千代ちゃんの説得。

女学校にかこつけて自分を追い出そうとしていると訴える千代ちゃんに対し、反論するどころかそんなにひどい両親なのかと千代ちゃんの言葉を丸ごと受け入れて、かえってそのことで千代ちゃんを我に返らせる巧みさが神対応。

自分の言葉が過ぎたことを自分で気付かせた上で「そないな親でないとわかってるくせに」と一言。

両親が自分を追い出そうとしていると千代ちゃんの訴えを、もしよのさんが真っ向から否定し「そないな親でない」と言ってしまったら、千代ちゃんは更に頑なになったに違いない。千代ちゃん自身の力で「そないな親でない」と気付かせるところがさすがです。

祖母と孫の京都旅行。京都の街は嫌いではないと千代ちゃんの心を前向きにするのに、よのさんがどんなマジックを使ったのが気になるところです。

追記:京都旅行のお土産にはびっくりしました。高価そうなものばかり、しかも大量に。さすがセレブ一家の小旅行です。

悪い予感のフラグ:萬屋与左衛門【ネタバレあり】

ここ数週にわたって、次週への明るい予感で終わらせる土曜日回でしたが、久しぶりに悪い予感をさせるフラグが立ちました。

萬屋与左衛門の存在です。

悪い予感のフラグは劇中最大の悲劇を呼びますが、その悲劇の収拾にあたり五代さまが特別出演されるそうです。

追記

和歌山旅行を決めた新次郎さん・あさちゃん夫妻。お土産を何にするかの二人の会話。あさちゃんが提案したのは「みかん」。何故?(笑)

<<前回107話 | 次回109話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

20 Responses to “あさが来た 108話 千代が京都の女学校進学”

  1. cotathu より:

    録画を見直していて思ったんですが、
    ラサール石井氏の萬屋どん、あさちゃんに「あんた誰や」てゆうてますね。
    栄三郎頭取とも加野屋の四男坊・髭の生えた奥様とも初対面で面識があるのは新次郎はんだけのよう。
    ということは萬屋が加野屋と取引があったのはあさちゃん嫁入り前かその直後、せいぜい土方歳三来店直前まで。萬屋は維新前に左前になって当時の店主・正吉おとうちゃんに取引を打ち切られた、ことになりますか。
    萬屋の素性・当時の様子といっても新次郎はんはまさにプラプラしてた時期だし…雁助はんなら…

    もしかして、萬屋事件時の亀助さん再登場と前後して雁助はんも一時再登場する?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      原案小説にも萬屋という名の困ったおじちゃんが登場しますが、維新直後の動乱で家業が倒産。山王寺屋と同じ憂き目にあったみたいです。ご高察の通り、あさちゃん嫁入り直後のタイミングでの倒産。それゆえにあさちゃんとは面識がないか、仮にあっても記憶に残っていないのかも知れないですね。

      亀助さんや雁助さんとは面識があるはずです。騒動にかこつけて雁助さんにも再登場願いたいものです。

  2. えびすこ より:

    栄三郎の陰に隠れた感がありますが、はつとあさの弟・忠嗣くんにも妻子がいると思いますが近況が不明ですね。番組が終わるまでには出るかな?
    母娘で性格・発想が正反対ですが、「なんでなんで?」の口癖だけは受け継いでいますね。18週目で1回だけ千代の口から出ています。

    ところで「大河ドラマPlus」はもう再開しないのでしょうか?
    項目の数が多くあると閲覧をする(画面の切り替えをする)のに時間がかかるという事で、以前に整理していましたが真田丸についての感想も見たいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみれば忠嗣くんもそんな年齢のはずですね。
      今月中に今井家の人々が再び出てくるようなので、奥様にお目にかかれるかも知れないですね。

      大河PLUS、とりわけ今の『真田丸』がかなり面白いので再開したいのですが、多忙な日々が続いております。

  3. まゆ より:

    藍之助君をあえて叱らず「おかえり」の一言で迎えた惣兵衛はんの対応凄いと思いました。
    意地を張りたくなる思春期の年頃、ここで叱られればますます意固地になっていたと思います。
    叱ってくれるお母ちゃんに、何も言わず迎え入れてくれるお父ちゃん。
    こちらも白岡夫妻のようにバランスが取れている夫婦になったんだと思いました!
    来週息子へ過去を語る惣兵衞さんがますます楽しみです!

    個人的に養之助君の声がやっと聞けた!と歓喜した回でもありました(笑)

    「お母ちゃんとしては不器用」
    このよのさんの言葉の使い方とても巧みでした。
    あくまで千代ちゃんの側にいながら、でもあさちゃんの愛情の深さを伝えられました。
    こんな風に言われたらいけず口も思わず閉じられますね。
    よのさんがいて良かった!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『あさが来た』は登場人物たちがそれぞれの思いを胸に抱きながらもいたずらに対立することもなく、良好な関係を保つ人間関係の奥義が詰め込まれてますね。これまで描かれた来た登場人物たちの神対応の数々を体系化したら、人間関係の教科書になるかも知れません。

  4. うみがめ より:

    よのさんのあさちゃん評、その通りですね。
    あさちゃんは仕事というフィルターを通せば、人を見る目はものすごくあります。でもそのフィルターを外した生身の人間に対しては、かなり鈍い。でもその鈍感力があるから前に前に進めるのでしょう。

    新次郎さんは逆に人の気持ちに敏感ですが、他人が自分の気持ちに敏感だと疲れてしまう人。だから新次郎さんにはあさちゃんの鈍感さが心地よく、それでうまくいっている夫婦なのだと思っています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      新次郎さん・あさちゃん夫妻のバランスの取り方への洞察が鋭く、なるほどと納得のレビューでした。鈍感力が夫にはプラスに働き娘にはマイナスに働く。諸刃の剣ですね。

  5. misty より:

    メガネ女子(腐女子風?)の吉岡里帆さん
    検索すると水着の写真ばかりですね(笑)
    もちろん美人です

    これは、乙女な友近さんに匹敵する配役なのでしょうか
    とても気になります

    ラサールさんはもっと悪役の演技しまくって欲しかった
    暴れまわるとか(笑)
    強烈な印象が欲しかった、個人的にはね
    すこしは、ざわざわ嫌な予感しました

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ラサールさんはいずれ、そこまで悪役に徹して欲しくなかったというくらいの暴れっぷりを見せてくれるみたいです(怖)
      メガネ女子。3月以降の彼女の活躍を僕はひそかに楽しみにしています。

  6. Alison より:

    今週の よのさんには、正吉さんがダブって見えました。

    そして、和歌山の眉山家。
    戻った藍之助くんを、裸足で土間にとび下りて迎える菊さん。
    微笑んで迎える惣兵衛さん。

    その昔、惣兵衛さんも 家業に前向きでは
    ありませんでしたよね。
    藍之助くんの気持ちが、惣兵衛さんには
    きっとよくわかるのでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      藍之助くんをハッと驚かせるほど息子を優しく迎えた白蛇はんの穏やかな眼差しが強く印象に残りました。来週には懐かしい山王寺屋さん一家と再会出来るので楽しみです!

  7. こきあ より:

    ラサール石井さん、ふゆのDVお父ちゃん&山本さま以上の悪者としての働きをしそうなのが怖いですが、それ以上に、来週早々にも眉山家の様子がばっちり描かれそうなのが楽しみです♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      同じく来週の眉山ファミリーのゴタゴタが楽しみでなりません。男を上げた白蛇はんの姿が特に楽しみです。

  8. cotathu より:

    藍之助君を迎えにきたはつちゃんを
    「藍之助お兄ちゃんとこのお母さんはええなぁ、こないな遠いとこまで迎えに来てくれはるなんて」という千代ちゃん、
    ここでも物事を己に都合がいいように見聞きする性質フラグが立ちまくりですね。リアリティバリバリですが結構難儀なキャラにしましたなぁ。
    この母子対立は千代ちゃんに運命の人が現れて自立の日を迎えるまで解決しなさそうですが、さてどう描くんでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > リアリティバリバリ

      僕は自分自身があまりにも残念な人間なので、このリアリティが快適です。出来すぎたキャラが多いと自分が恥ずかしくなります(恥)

  9. よるは去った より:

    よの「なあ千代、うちと一緒に京都遊びに行ってみいヘんか?」「(あさは)お母ちゃんとしてはほんま不器用な人だすわ•••••••。」やはりこういうことは「亀の甲より年の甲」ですね。千代ちゃんにはお母ちゃんの愛情がどれだけ伝わったことか。最終的に千代「うちは思ってたより京都の街が気に入りましたわ。」ですからね。よのお祖母ちゃんgood job! それにしても千代「なんや、愛想のない子••••••。」寮の中で黙々と読書をしていた少女は一体?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      正吉さん存命の頃のよのさんが最早想像できないほどの、よのさんの活躍。正吉さんを送った時に見せたあの神々しい表情が今につながっているんだなと思います。

  10. さや より:

    ラサール石井さんが、曲者として登場しましたな……。嫌な予感しかしません……(´・ω・`)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      残念ながらその嫌な予感は的中します・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ