あさが来た 117話 女子大学校設立活動開始

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年2月17日(水)放送
第20週 第117話 「今、話したい事」

『あさが来た』第20週 第117話 「今、話したい事」あらすじと見どころ解説

あさが財産家たちに寄付金協力を説得するため、成澤は大学校設立意見書を起草。女子大学校創立事務所も設置され、いよいよ開校に向けた活動が始まりました。しかし、あさが期待していたようには、女子大学校設立への理解を得ることはできませんでした。

あさは加野銀行の大得意客・工藤にも説得に当たりました。しかし、工藤は女子大学校に理解を示すどころか娘のサカエを加野銀行に入れたことを後悔していました。サカエは縁談を断られた上に、サカエ自身も結婚を拒み始めていたのです。

加野銀行にとって大事な顧客である工藤を怒らせてしまったあさは、榮三郎からそのことをきつく詰られてしまいます。自分の行き過ぎを深く反省するあさでしたが、学問への憧れを新次郎に語り、新次郎もまたそんなあさを応援すると宣言。

そんな中、成澤が他の大学校の寄付金集めの方法を聞いて回りました。成澤は門前払いされたもののその話を聞いたあさはあることを閃きました。東京専門学校を設立した大隈重信に直接手紙を書いてみようと思いついたのです。

<<前回116話 | 次回118話>>

midokoro
あさと成澤による女子大学校設立に向けた活動の本格的なスタートです。

しかしのっけから強烈な逆風に見舞われます。とりわけあさにはこたえそうなのが、榮三郎による叱責です。

当主としての貫禄が増しているであろう榮三郎が、あさに対してどのような叱りつけ方をするのか。今回の見どころです。

『あさが来た』第20週 第117話 「今、話したい事」
 事前発表あらすじのレビューと解説

今回、登場する資産家の工藤氏を演じるのは喜劇俳優の曾我廼家八十吉さん。そして、工藤氏の娘・サカエを演じるのは横田美紀さん。

第106話では娘のサカエの女学校卒業後のキャリアを心配したり、一方で今回は女子教育に没頭するあさを面白く思わなかったり、あさの背中を押したり引いたりの役どころです。

不況に陥った際には要注意顧客としてマークされたりもします。

あさの女子教育プロジェクトに何かと関わりを持ってくるこの人物ですが、キャラクターとしての重要度がどれほどのものなのか現時点では不明です。

詳細がわかりましたら追記したいと思います。

『あさが来た』第20週 第117話 「今、話したい事」
 朝ドラ観賞後の感想

和歌山の山王寺屋一家

お母ちゃんとは色々あったけど、藍之助くんの親孝行ぶりがぐっときます。

キレイな文字で書かれた藍之助くんからの手紙を見つめる白蛇はんとはつちゃんの心から嬉しそうな笑顔が心に沁みます。

しかし、その横で憂いを帯びた表情を見せる倉掛さんが心配です。

白蛇はんとはつちゃんの前で口に出せないものの、将来を期待していた藍之助くんが銀行で嬉々として働いている事実を知り深く落胆しているはず。

ただ、気になるのは藍之助くんの手紙が届いたタイミングです。

手紙が届いたのは、倉掛さんが東京でのみかんの卸の不調を白蛇はんに相談していたまさにその時。

もしかすると、商人として一人前になった藍之助くんが和歌山のみかんのために一肌脱ぎ、故郷に恩返し・・・そんな展開を期待してしまう和歌山場面でした。

追記:「せっちゃんや!」・・・養之助くんはおなごにモテる!彼にも優秀なお兄ちゃんに負けないところがありました。

話し聞かせてもらいましょか

ますます貫禄のついた榮三郎くんの、前のめり気味のあさちゃんを見る眼が厳しい。

虎の威を借るナントカではありませんが、かつてあさちゃんに言い負かされそうになるといつも雁助さん頼みだった榮三郎くんとはまるで別人。

右腕のへいさんを脇に従えていても、へいさんを頼ることなく「話し聞かせてもらいましょか」とあさちゃんに迫るその静かな語り口が怖すぎる!

この怖すぎる榮三郎くんのカットを経て、榮三郎くんがあさちゃんを締め上げる場面は大胆に省略し、次に見せるのはあさちゃんが落ち込む姿。

この省略が、榮三郎くんの迫力を増幅して見事。

ところで昨日のレビューで「あさちゃんが正吉さんの役割を担うようになる」と記しましたが、正吉さんの役割はあさちゃんにはまだまだ無理のようです。

昨日のスタパにちょっとだけ登場した「あさちゃん」は白髪まじりになり落ち着いた色合いの和装が年齢を感じさせていましたが、その頃にはあさちゃんも正吉さんの役割を担うことが出来るようになっているのでしょうか。

肝心要を抑えればあとが楽

明日はいよいよ大隈重信公の登場でしょうか。

師匠がいないと危なっかしくて見ていられないあさちゃんですが、重厚な師匠の登場により再び安心してあさちゃんの暴走を見ることが出来るようになりそうです。

<<前回116話 | 次回118話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

10 Responses to “あさが来た 117話 女子大学校設立活動開始”

  1. 若葉かえで より:

    成澤さんが出てきて、また楽しさが一気に加速です。
    日本女子大に通う学生や付属の生徒は皆昨日のオーロードコレクトミーに感激していると思います、
    そして一緒に歌ったことでしょう。成瀬先生に関わる行事では必ず在校生はこれを歌うのでしっかり身についています。
    成瀬先生を語るにはオーロードがないと片手落ち、と言うほど絶対に必要、BGMでもいいから使ってほしいな~と言っていたので、こうして本当にドラマで取り上げてもらったことを喜んでいます。
    とても詳しく調べて下さり作り手側の方たちの先生への敬意を感じます。
    瀬戸さんも日本女子大に足を運んで先生を徹底的に研究されたそうですね。応援しています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      オーロードコレクトミーにどれほど感激したかが伝わって来る熱いメッセージでした。読んでいて第三者であるにもかかわらず嬉しくなって来ました。

  2. atsu より:

    逆境の時にこそ闘志を燃やし、あらゆる手立てを尽くし、これはと思ったら即実行!!あさの面目躍如です。「千代と一緒に女子の大学校で学びたい」とあさいう夢は、千代にはまだ理解できないでしょうが、新次郎の心を打つものはあったようですね。貫録のついてきた栄三郎や工藤氏はあさを見ていても、まだ女子の教育の重要性が理解できないようです。今後のあさの動きを見て、考えが変わっていくのでしょうか。よのが正吉のあさに対する態度を見てあさへの見方を変えていったように。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      少なくとも榮三郎くんは女子教育へ理解を示すようになると思うのですが、そのきっかけがどう描かれるのかが楽しみでなりません。一方、工藤パパはこれからさらに一悶着あるみたいなのでちょっと心配です。

  3. 新次郎さまファン より:

    あさちゃんが学問をしたかった幼いころの経験を、他人事の昔話のように語りだしたのは、直接いうのが恥ずかしかったからでしょうか。それとも常に何でも他人事のように話してしまう関西人気質からでしょうか。

    新次郎さまが光源氏だなんて!言いえて妙、です。(劇中の新次郎さまはあさちゃん一筋ですけどね)

    「あさが来た」の公式HP、スタッフブログのタイトルが「ぱちぱちはんの~」となっている意味が今日やっとわかりました。赤いそろばんはあさちゃんにとって生き生きと生きていくための原点だったんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あさちゃんが他人事のように語る昔話を他人事として聞いている新次郎さんの気遣いもまた大人でした。光源氏とまで言われてしまったら他人事として聞くしかなかったのかもしれませんが(笑)本当にいい夫婦です。

  4. tonton より:

    五代存命中は彼の事は全く師匠に見えませんでしたけど、
    彼の生前の言動が あさを通して成澤に伝えられ、ようやくそれが実感できた私でが
    ひょっとしたら制作サイドが意図的に作ったプロットなのかもと
    思い始めました。
    五代が死んでも彼のスピリットは生きている。と再登場を前にオマージュ。

    そしていよいよ待たせすぎた(感涙)正吉の退場から余りに長すぎた
    後継キャラの大隈氏がやっと明日登場します\(^o^)/

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      新次郎さんに「英語を喋る怪しい男」と言わせたり、エレキギターで登場させたり。五代さまを相当意識していることは間違いなさそうですね、成澤氏というキャラの存在は。

  5. korowaso より:

    工藤徳右衛門のモデルは奈良吉野の山林家 土倉庄三郎かと思われます。
     庄三郎の長女富子は梅花女学校から同志社に進み、横浜正金銀行頭取 原六郎に嫁ぎます。
     明治17年同志社設立のさい原は1000円、庄三郎は5000円の寄付をしています。八重の桜に芳名録が出ていました。
     明治29年日本女子大学校の創立準備に庄三郎は5000円の寄付をしています。《土倉祥子著 評伝土倉庄三郎 より》
     史実は史実として、ドラマは面白い。俳優の方々の力を十二分に引きだし、ハラハラ ドキドキ アハハ シクシクの毎日です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      貴重な情報提供ありがとうございます!
      今回はご機嫌を損ねてしまった工藤氏ですが、いつの日かあさちゃんを応援する日が来ることを楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ