あさが来た 119話 加野銀行の悪い噂流れる

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年2月19日(金)放送
第20週 第119話 「今、話したい事」

『あさが来た』第20週 第119話 「今、話したい事」あらすじと見どころ解説

大隈重信が協力を表明したことで東京の財産家たちへの理解も進み、女子大学校の設立資金の寄付は順調に集まりはじめていました。成澤はあさの活躍に心から感嘆します。しかし、その一方で不穏な噂が大阪の街に拡散していました。

加野銀行は事業から得た利益を女子大学校に注ぎ込んでいる。そんな噂が顧客の間に流れ始めていたのです。その噂によって加野銀行には預金を引き出す客が殺到。あさはほとぼりが冷めるまでの間、銀行への出入りを禁じられてしまいます。

そんな中、帰省していた千代が自分の卒業後の進路についてあさに相談するものの、娘の相談に耳を傾ける余裕を失った母の様子に千代は激怒。そんな中、萬屋が再び加野銀行にやって来て騒ぎを起こし始めました。

銀行の外で騒ぎから身を隠していたあさは千代に語りかけました。しかし、もっと話をしたいというあさの願いを千代は一蹴。その時、突然あさが路上に倒れこみました。銀行を追い出された萬屋に刺されてしまったのです。

<<前回118話 | 次回120話>>

midokoro
あさのピンチです。

加野銀行は風評被害に遭い、帰省した千代との対立が再燃。そんな中、クレーマーと化した馴染み客が騒動を起こす。

三重苦をあさが如何に乗り切るのか。次回以降の見どころです。

『あさが来た』第20週 第119話 「今、話したい事」
 事前発表あらすじのレビューと解説

悪いことの後には良いことがあり、良いことの後には悪いことがある。

ドラマの展開方法の鉄板通り、大隈重信の協力を取り付けることに成功する。そして、寄付金が順調に集まり始める。

これらの、とても良いことがあった直後の今回、あさは窮地に立たされます。

しかも今回の窮地は三重苦です。

とりわけ、三つ目の窮地・クレーマー騒動は、有働アナのまつ毛が落ちた時以上にショッキングな場面に発展します。

『あさが来た』第20週 第119話 「今、話したい事」
 朝ドラ観賞後の感想

奥さんの道楽

極め付けの始末屋で必要最低限のことした口にしないへいさんだけに、女子大学校設立に奔走するあさちゃんを「奥さんの道楽」と一刀両断するへいさんの言葉が重い!

東京から戻ったあさちゃんを迎える新次郎さんのあれほど陰鬱な表情にも驚きました。あさちゃんの眼の前であんな表情をするのは幼馴染の一件以来でしょうか。

この二人の反応を見ただけで加野銀行がどれほど窮地に立たされているかがわかる演出が見事。あさちゃんが娘の言葉を聞く余裕を失ってしまうのも納得の状況説明でした。

母娘関係の皮肉な展開

珍しく千代ちゃんが自分からお母ちゃんに話しかける。それも、出来たらお母ちゃんにだけは関わって欲しくなかったであろう自分の卒業後の進路のことを。

平常時のあさちゃんであれば、心を開き始めた娘の相談に喜んで応じたに違いない。しかし皮肉にもあさちゃんにその余裕はなかった。

「このひねくれ者が!」

ついに親として言ってはいけないことを言ってしまったあさちゃんですが、その時のあさちゃんを責める気にはなれない。

そして親として言ってはいけない一言に続くあさちゃんの言葉は正論ですが、あの口調では千代ちゃんの心には届かない。否、あの口調でなくてもあの時の千代ちゃんの胸には響かない。

千代ちゃんの母親への気持ちが少しづつ変わってきた矢先の今回の正面衝突。

修復しかけていた母娘の関係が一転、傷口がさらに深くなってしまうあまりにも皮肉な展開に胸が痛む・・・と言いたいところですが、胸を痛ませているゆとりすらなくなる事態となりました。

追記:宜ちゃんの怪しい登場の仕方が場を和ませてくれました。あれがなければ辛く苦しいばかりの回になっていたかも。宜ちゃん、いいキャラしてます。

有事の際の新次郎さん、やっぱりあなたは男だ!

ふゆちゃんのお父ちゃんが当時の加野屋で騒ぎを起こした日のことが忘れられません。

大声で怒鳴り暴れるふゆちゃんのお父ちゃんに立ち向かって行ったのは亀助さんだけ。騒ぎの当事者である新次郎さんは、騒ぎの途中に帰宅して、その騒ぎを止める気配もない。

その当時の自称「阿呆ボン」の頃の新次郎さんとは完全な別人のような萬屋のおじさんに立ち向かう新次郎さんの姿。『帰っておくれやす!』という一喝。

しびれました。

ポジションが人を育てると言いますが、加野銀行相談役の名に恥じない活躍でした。

追記:新次郎さんが怒りを懸命に抑えながら「嫁さんの的外れの悪口を言われること」が許せないと言い放った直後だけに今回の惨劇は胸を引き裂かれるようです。

あさちゃんの事故は衝撃が強すぎて頭の中が真っ白です。言葉が出てきません。というわけで以上で失礼します。(冷静さを取り戻せたら追記するかも知れませんが、ちょっと無理そうです)

加野銀行の預金引き出し騒動で思い出す豊川信用金庫事件

今回描かれた、風評が発端の加野銀行の預金引き出し騒動を見て私はリアルだなと思っていたのですが違和感を感じる方も少なくないようです。

今回に限らず、維新直後の頃にも加野屋に銀目手形の現金への引き換え依頼が殺到。銀目手形は新通貨と交換出来ると加野屋の面々がいくら説明したところで、パニック状態に陥った人々は聞く耳を持ちませんでした。

実は今回の加野銀行や加野屋時代と同様の風評に基づくパニックは現代にも発生しています。今回の騒動を観て真っ先に思い出したのはその事件でした。以下にその事件をご紹介します。

事件の名は「豊川信用金庫事件」です。

事件が発生したのは1973年12月。愛知県の豊川信用金庫への就職が内定した女子高生に対して友人が「信用金庫は強盗が入ることがあるので危険だ」と揶揄しました。

友人がからかうつもりで言った言葉でしたが、その言葉を真に受けた女子高生は「豊川信用金庫は危ないのか」と家族や親戚に相談。

翌日、その親戚は知り合いにその話をし、そこから「豊川信用金庫は危ない」という噂の伝播が始まり、女子高生が親戚に相談した4日後には「豊川信用金庫は危ない」という噂が街中に拡散。「危ない」はやがて「つぶれる」に。

事態を重く見た豊川信用金庫は、根拠のない噂であると声明を出したところがその声明はさらに誤解されて拡散し、ついにパニック状態となり様々なデマが飛び交う。

そんな事件が実際に発生しています。

お金が絡み集団パニックが起こると、多くの人はまともな判断が出来なくなるようです。

<<前回118話 | 次回120話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


32 Responses to “あさが来た 119話 加野銀行の悪い噂流れる”

  1. こ太郎 より:

    初のコメントです。
    他愛もない事に気が付きました!
    119話は、あさが刺されてしまいますが、今の時代なら救急車を呼ぶために電話で119番に連絡します。
    そう!この刺された回は119話。
    もしかして?
    狙ってました?
    NHKさん(^o^)?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 119

      鋭いですね!面白い小ネタの発見です(笑)

  2. ※※サチヨ より:

    初めてコメントさせて頂きます。

    シリアスな感想が多い中、このような事を言うのは大変恐縮なのですが…

    萬屋さん、女子行員の「おいど」をタッチしています。
    あっ! おいどが危ない!と私が心の中で悲鳴をあげた次の瞬間、新次郎様の大立ち回り… 惚れ直しました。

    新次郎様は立派に「おいど」を守りました。すっかり「おいど」に持っていかれてしまった私です。

    すみません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      重苦しい回だったので「おいど」コメントに心癒されました。
      新次郎さんが女子たちの「おいど」を心配していたのは冗談でなく本気だったとよく分かる瞬間でした(笑)

  3. たぬきんぐ より:

    群衆がパニックに陥って、預金解約に加野銀行に押し掛けたとしても、あさちゃんなら正々堂々と啖呵切って、群衆の話を聞きつつ、落ち着かせることが出来ただろうなぁと思うと、栄三郎はまだまだなんでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あさちゃんの腹の座り具合は嫁入り直後から極め付けでしたからね。
      榮三郎くんは一生かかっても追いつけないかも知れません。

  4. よるは去った より:

    あさ「話したいことがいっぱいあるんや。」千代「そんなもんあれしまへん。」母娘のこういうやり取りはドラマの何かのシーンでよくあるなと思いましたね。片方が「こうなるとわかってたなら、もっと話をするべきだった。」と後悔するような。案に違わず••••••。新次郎君があれだけマジ切れするのもドラマの中では初めて見るような気がします。萬屋与左衛門氏にしてみれば、新次郎君に愛想尽かし同然の事を言われたことで頼みの綱が切れたような想いになり、あの凶行にいたったのでしょうか。天王寺屋の一家はみかん農家として立ち直れたものの、萬屋与左衛門氏は時代の波に乗り遅れて落ちるところまで落ちてしまった悲劇の人間の一人ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      萬屋氏が新次郎さんに追い出されてからあさちゃんを刺すまでにどれくらいの時間が経過したのかが定かではないのですが、仮に店を追い出された直後だとすれば刃物を携帯していたことになる。新次郎さんとは無関係の計画的犯行ということも考えられます。

  5. だんきち より:

    刺されたのは原案小説の中の創作で、実際には刺された事実はない、
    とのツイートが、主婦と生活社公式アカウントで出ていますが、
    それはともかくとして(笑)。
    https://twitter.com/hirooka_asako/status/700526589260378112

    個人的には、「あさの道楽」と決めつけられたストーリーに若干の
    違和感を覚えました。
    そういう展開にでもしないと、刺されるに至るところの説得力が
    欠けるであろうことは分かるのですが、いくら風評を立てられていると
    いっても、女子大設立の活動に対して銀行の資金は一切使っていない
    わけですし、ここまで数々の事業を成功させ、加野屋立て直しから
    名高い銀行にまで導いたあさの手腕は誰もが知るところのはず。
    であれば、仮に銀行の金を注ぎ込んでいたとしても、「今度はおなごの
    大学などと突拍子もないことをしているが、きっと儲かる算段があるに
    違いない」くらいの評価が勝るように思います。

    だったら、例えば
    (1)なんの保証もない成澤に対して融資をし、女子大設立を支援
    (2)加野銀行経営不振の噂が流れる
    (3)女子大のために金は貸せて、こっちには貸せないのか!の声多数
    (4)あさ、責任を問われる
    (5)分かりました、でしたら私のポケットマネーで支援します!
    といった流れの方が自然ではないかと。
    これだと、刺されるところへどう繋げるかが難しい気もしますが(笑)。

    ドラマとはいえ、ここまで積み上げてきたストーリーと何となく
    乖離している、刺されるがための筋書きの印象を強く受けました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      広岡浅子関連書籍を何冊も読んだのですが暴漢に襲撃される事件は原案小説以外にはいずれにも紹介されていないので、創作の可能性もあるなとは思っていました。しかし事件が創作であるという根拠もまたなく判断しかねていました。

      預金引き出し騒動ですが、私はこのパニックは実にリアルだなと思ったのですが、その根拠となる事件を記事中に追記しました。ご笑覧ください。

  6. たぬきんぐ より:

    栄三郎さん。最近頭取らしくあさにお説教等したり、貫禄ついてきたなーと私はお母さんのように栄三郎の成長を見ていました。
    しかし、今日はいただけない。
    銀行が出来たのもあさが銀行設立のレールを引いてくれたおかげ。
    女子大設立の資金と加野銀行は全く関係無い。あさのお小遣いを寄付をしただけだと頭取として顧客に説明してほしい。顧客の為にもするべきでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      記事に追記しますが、お金が絡んで群衆がパニックになるととんでもないことが起こるようです。おそらく預金引き出しに来た顧客を藍之助くんら説明したものと思われますが、こうした状況下では説明が全く通じなくなるみたいです。

  7. koji より:

    けさは、あさが来た放送開始以来ほぼ全編緊迫したシーンでしたね。

    そんな中、のぶちゃんの

    あわわわわわ、あわわわわわ、の台詞が和みになりました。

    それにしても、凶刃のシーンですが、よくありがちな跡をつけるシーンも見張るシーンもなかったのが印象的でした。

    先を読んでる視聴者でさえ絶句させる演出が素晴らしいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      こんな緊迫場面ばかりの回でも(宜ちゃんで)しっかり笑いを取って行くあたり、気が利いています。

  8. もんすけ より:

    「続きがあるのだから、(あさちゃんが)死ぬわけではないのでしょうが…」との有働さんの言葉。
    モチーフになった史実や朝蔵さんのサイトで先を知ってはいても、
    刻一刻と暴漢に襲われる【その時】が近づくと、ドラマとわかってはいても
    指先までチリチリし、胸詰まってしまいました。
    (話をしよう)と頬被りをして娘を待ち続けていたあさちゃんの姿が、
    「おかぁちゃん!!」との千代ちゃんの悲痛な叫びが痛々しく…。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      僕も先の展開を知っているくせに、辛くて苦しくてたまりませんでした。特に千代ちゃんの叫び声が耳について離れません。

      千代ちゃん、やっぱりお母ちゃんのことが大好きなんですね。

  9. 新次郎さまファン より:

    ラストが衝撃的だったため、他のものがすべて吹っ飛びそうな回でしたが、それでもちょこちょこ笑えるシーンがあって救われました。

    新次郎さま!素敵!わたしは関西人ですが、あんなに凄味のある「帰っておくれやす」は聞いたことがありません。(でも羽交い絞めしている最後はぜえぜえ言っていましたけどwww)

    今日の有働アナ、顔面が蒼白になり茫然としているように見えましたが、まつ毛は大丈夫でしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > まつ毛

      衝撃が強すぎてこのことをすっかり忘れてました。なんとか無事でしたね。

      > わたしは関西人ですが、あんなに凄味のある・・・

      関東人の僕は大阪の言葉というだけで十分過ぎる凄味を感じてしまうので、新鮮な視点を提供してくれるコメントでした。

  10. しむ より:

    いやあ「リアル」でしたねえ。あさたちの「痛み」が。理想と裏腹に家業にダメージを与えてしまった現実。愛してるのに口を開けば相手を傷つけてしまう母娘。あるある。落ちぶれた男を一喝して追い込んだら、それが凶刃になって妻に返ってくる新ちゃん。ダメ押しで本当に刺されてしまうあさ。痛い痛い。友達のカニ歩きだけが救い。朝からドーンとやられました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ほんにほんに!人生のリアリズムを直視させられる痛すぎる回でした。

      > 友達のカニ歩きだけが救い

      この絶妙な表現が僕には救いになりました(笑)

  11. tonton より:

    いつも「へぃ」しか言わない平十郎が理詰めで厳しくあさを非難。
    ラサール石井の20~30年前なら道で暴言吐かれたり
    石を投げられたりする程の迫真の演技。
    そしていつも飄々として他人の事などお構いなし、に見えた新次郎が
    堪忍袋の緒が切れ、言う時は言う。

    MVPが沢山出てきた回でした。

    萬屋さんの凶行にしても、朝吉さんの書き込みでも触れられていた
    思い込みでインターネット上で相手を非難したり、
    私が感じるには、話の展開が自分の思い通りにならないとか
    嫌いなキャラやキャストが持ち上げられるからといって
    HNが名無しであるのをいい事に、誹謗中傷したり、
    しかも自分の偏った偏見があたかも世間の常識であるかのように
    執拗に同じような内容の書き込みを定期的にしつこく洗脳しようとする。

    こういう意見交換の場所というのは解釈は何百通りもあって、
    そこで様々な価値観を目にする事で学ばせてもらう事だと思うのですが、
    現実には、そういった独り善がりの折り合いのつかない人達との
    扱いに頭を悩ませる。
    これは永遠の課題なのだなと、今日の回を見て感じた事です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ネット上にビックリポンなコメントが溢れる昨今ですが、いつもこの人たちは普段はどんな暮らしをしてるのかなってよく想像します。周りの人に慕われながら穏やかな生活をしているのかもしれません。そう想像すると、ビックリポンなコメントも「ま、いいか」とそんな気がする今日この頃です。(そうやって捉えてないとストレスが溜まりますからね)

  12. サンダーバード999 より:

    学問が道楽というのは、ある一面では正しいのかもしれませんが、ただ、へぇさんの口からそれを言わせるのはちょっと…と思ったのも確かです。
    へぇさんのモデルは中川小十郎氏、だとすればへぇさんもこの後大学を作るのでしょうか。
    心配になってしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今は道楽だと言ってますが、どこかのタイミングで学問の価値に気がつくのかなと期待しています。へいさんほどの頭脳の持ち主なら本質を見抜いてくれるのではないかと。

  13. 朝吉 より:

    ふと思ったのですが、
    サトシの一件のときに、あさが「こんなことするなら、ウチを包丁で刺してでもくれた方がどんだけましだったか」と言っていたことがありましたね・・・そこからすでに伏線を張っていたかと思うと・・・いや、思いすぎ?

    あと、関係ないのですが、ツイッターのタイムラインを見ていると、刺されたことについて、脚本の批判が多く、こういう安っぽい展開とか要らない展開とかつぶやいている人が多くて驚きました。刺されたのが史実だということを知らないで見ている人も多いのでしょうが、実在の人物がモデルになっているのだから、さすがに自分で興味を持って調べるとかしないんでしょうかね・・・。まあ人それぞれだからいいんですけど、自分の無知を棚に上げて堂々とツイッターで他人の批判にすりかえる人が
    多いのには辟易しました。そういう世の中なのかもしれないですが。

    すみません、愚痴でした。お目汚し失礼しました。でもあまりに腹が立ったので・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ツイッターは滅多に見ないのでそんな批判があることを初めて知りました。千代ちゃんの言葉を借りれば「本に書いていることを鵜呑みにする」タイプの人の典型的な反応なのかも知れません。情報の裏や根拠を知ろうとせず、入ってきた情報にそのまま反応する。これがドラマだから人畜無害ですが、そうでない場合困りますね。

  14. atsu より:

    まさかの展開。あさの女子大学校を作ろうとする活動のため、加野銀行が窮地に陥っているとは。大阪は商人の町。女子に学問をというのは時期尚早だったのでしょうか。「道楽(で商売の邪魔をするな)」「店に出るな」と言っても、銀行を作ったのはあさでしょう!!栄三郎もへぇさんもそれはわかっていて言わざるをえないくらい銀行は打撃を受けていたのでしょうが。
    あさが女子の大学校を考えたのは間違いなく娘の存在も理由の一つだと思います。母親が珍しく憔悴しているのに千代には全く労わろうという気持ちがない。甘ったれのお嬢さんです。お母さんはスーパーマンじゃないんですよ!
    新次郎が萬屋を一喝したのは本当に腹を立てたからで、格好よかったですが、これが萬屋を凶行に駆り立ててしまった。顔面蒼白目が血走った萬屋が自分のしたことに怯えながら、なお他人のせいにしようとする様がリアルで怖かったです。
    今日は私が喉がカラカラ、心臓バクバクでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      女子大学校の寄付金の増加に成澤先生たちが沸くその一方で、銀行は窮地に追いやられる。千代ちゃんが少しだけ心を開き始めたその時、あさちゃんは心の余裕を失う。そして新次郎さんが「嫁の悪口」に激怒したその直後・・・

      まさか続きで疲れきってしまいました。

  15. えむ より:

    今日は目をみはる場面が沢山でした。
    あさの行動をズバッと「道楽」と言えるのは平さんならでは。
    小さい頃からためていた気持ちをついに吐き出した千代ちゃんに涙。
    怪しい登場のしかたをした宣ちゃんにほっと一息。
    ビシッと荒れた場をキメた新次郎さんに惚れなおしました。
    そして萬屋さん…。
    ラサール石井さんの演技が素晴らしい!
    彼の出演場面は苦々しく思いながらも見いってしまいます。
    あさのことはもちろんですが、その後の萬屋さんが気になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      本当に目をみはる場面の連続で、わずか15分のドラマとは思えないほどでしたね。
      仮に演技力がない役者さんが演じてもそれなりのものが出来上がるであろう場面の数々。力量のある役者さんたちの名演熱演に支えら忘れられない場面ばかりとなりました。

  16. ※※英継 より:

    家族で「あさが来た」をみています。
    第119話でのコメント、有働アナウンサーの「つけまつげが落ちた時」のショッキングはよく知りませんが、つけまつげをつけなくても美人アナウンサーでファンですので、想像すると思わず笑えるのは何でしょうか。
    あさのドラマだけでなく、有働アナウンサーの眼の周辺にも注目してみます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      山王寺屋の倒産直後、白蛇はんが母の菊さんに刃物を振りかざした衝撃の場面。その場面に驚き過ぎた有働アナのまつ毛が取れ、衝撃の場面が一転、笑いの場面になるということがありました。またそれに近いことがあるかも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ