あさが来た 125話 千代と翠山啓介の出会い

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年2月26日(金)放送
第21週 第125話 「夢見る人」

『あさが来た』第21週 第125話 「夢見る人」あらすじと見どころ解説

あさが元気を取り戻したことを確認すると、はつと惣兵衛は家族が待つ和歌山へ帰って行きました。一方、京都の寄宿舎へ戻る支度をする千代には気になることが一つありました。病院で出会った帝大生・啓介のことを、千代は忘れることが出来ずにいたのです。

一方、加野銀行では亀助が大阪に戻ることが決まりました。亀助は役員秘書に任命されたのです。多忙を極める榮三郎やあさの仕事を助けるのがこれからの亀助の役割です。亀助を役員秘書に推したのは新次郎でした。新次郎はあさの安全を亀助に託します。

そんなある日、思いがけない客があさの見舞いにやって来ました。あさを訪ねて来たのは大隈重信の妻・綾子でした。綾子は政財界の重鎮とその妻たちから女子大学校設立への賛同を取り付けていました。綾子はその名簿をあさに贈ります。

同じ頃、和歌山に帰った惣兵衛は藍之助から託された言葉を菊に伝えました。大阪に山王寺屋を再興させる夢は諦めて欲しい。銀行に暖簾分けのしきたりはない。両替屋と銀行はまるで別物なのだと。藍之助の伝言を聞かされ菊は深く落胆するのでした。

<<前回124話 | 次回126話>>

midokoro
千代の恋バナが始まります。

お相手はあさが入院した病院で知り合った翠山啓介という名の帝大生の好青年。工藤阿須加さんが演じます。

将来の千代の夫になるという報道もある要チェックキャラの登場です。

『あさが来た』第21週 第125話 「夢見る人」
 事前発表あらすじのレビューと解説

千代の恋バナスタートに加え、今回はもう一つ大きなイベントがあります。

亀助の人事異動です。

加野屋が両替屋の看板を下ろした中、亀助の大番頭就任への夢は潰えました。しかし、役員秘書として榮三郎とあさの実務をフォローする重責を与えられ大阪に復帰。

恐らくは結末までレギュラーメンバーとして亀助の活躍を楽しめるのではないでしょうか。ただしふゆの再登場の有無については今のところ不明です。

また、あさの見舞いに大隈重信夫人・綾子も登場。演じるのは松坂慶子さんです。

当ブログで大隈綾子の名を出すのはここが初めてとなりますが、実際には2月18日(木)放送・第20週/118回。あさが大隈邸を訪問する際に初登場となるようです。

『あさが来た』第21週 第125話 「夢見る人」
 朝ドラ観賞後の感想

身辺警護SP

前回、成澤先生を取り囲んだ屈強な男たちは大隈夫人の身辺警護SPだった!

お話しの最後に視聴者の心をざわつかせ次回の冒頭でゆる〜く落とす。きっと笑いで回収されるのだろうと思いながらも気にせずにはいられない。

またやられました。

【祝!】亀助さん大阪転勤

五代さまはじめ往年の加野屋の主要キャラたちがいなくなる中、亀助さんの大阪復帰はここ最近の『あさが来た』で一番嬉しい知らせとなりました。

役員秘書。立場上、支店長や支配人より力があるということですがポジションの上下は別として、嫁入り直後のあさちゃんのお守りというあの頃の亀助さんの役割が再び戻って来ました。また、あさちゃんの暴走に翻弄されるのでしょうか。

ところで亀助さんにはすでに娘がいるとの由。まだ13歳の清原果耶ちゃんが、中年女性となったふゆちゃん役で再登場するのはつらいものがあるかなと悲観していた僕ですが、ふゆちゃんの娘役での再登場ならあり得るかなと期待せずにはいられません。

乱暴者のお父ちゃんに育てられ少し影のあったふゆちゃんでしたが、優しく明るい亀助パパに育てられた娘なら朗らかに育っているに違いない。亀助さんの家族と是非とも会わせてもらいたいものです。

追記:「どうかあさを守ってくれ」

あさちゃんの身辺警護を新次郎さんから託された亀助さんと、綾子夫人を警護するプロフェッショナルの身辺警護SPとの対比が楽しい。

かつてふゆちゃんのお父ちゃんの乱暴狼藉から、あさちゃんやふゆちゃんを身体を張って守り抜いた実績を持つ亀助さんですが、屈強な身辺警護SPと比べるといかにも頼りない。頼りなげだからこそ応援したくもなる亀助さんでした。

夢の山王寺屋

菊さんの険しい顔を見るのは実に久しぶりです。大阪の農家の納屋の片隅で、置物と化してチーンと座っていた時以来でしょうか。

同じ険しい顔でありながらも、置物時代の菊さんと異なり今の菊さんは同情は出来ても責めることは出来ません。一縷の望みが完全に絶たれたのですから。

大阪の街の変貌ぶり。商売の形態の大きな変化に、あの白蛇はんですら度肝を抜かれたほどです。まして菊さんが、そんな世の中の変化を想像出来るはずもない。

菊さんの心の中を思うと胸が痛みます。

<<前回124話 | 次回126話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

24 Responses to “あさが来た 125話 千代と翠山啓介の出会い”

  1. Morning Star より:

    史実の一柳(ひとつやなぎ)恵三役の東柳啓介と千代ちゃん、さわやかな雰囲気でよろしおすなぁ。

    私としては、恵三の妹夫妻(ヴォーリス夫妻)にも登場してほしいと思うところです。

    華族の令嬢の一柳満喜子は女学校(神戸女学院)卒業後留学(ブリン・マー大学)の
    経験もあり、華族の身分を捨ててまで外国人建築家のヴォーリス氏と結婚。
    その結婚を後押ししたのが広岡浅子。
    八重の桜の舞台同志社も大同生命本社ビルもヴォーリス氏の代表建築物に含まれていて、
    ブリン・マー大学は津田梅子が卒業した大学だし
    夫妻がメンタームの近江兄弟社の創立者であり、病院や学校も作っていますよね。

    まだまだ有名な話はありますが、ちょこっと登場するだけでもうれしいんやけどなぁ。
    もちろん八重さんも捨松さんも誰かが聞いた話の映像みたいな感じでもいいので、登場してくれるとうれしいんですけどね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      同感です。一柳満喜子さんも朝ドラヒロインになれるほどの人生を送った方ですからね。ちなみにヴォーリス氏が東京に建てた建物の一つは、次作『とと姉ちゃん』ヒロイン実在モデルの方の勤務地だったこともあるそうです。(しかもその方は日本女子大中退です)

  2. koji より:

    ストーリー上では語られていませんが、亀助さん、まさかの離婚ってことはないでしょうね。

    「ふゆや娘さんも、こっちに来たらよろしい」と言うような新次郎はんの台詞もなかったので。。。

    気になるところです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      この先で亀助さんが家族のことで悩む描写もあるそうで、本当に気になります。

  3. よるは去った より:

    女子大設立の話の前進、見舞い客との話から得る生命保険のヒント、娘の恋バナを含めて今週は濃いですな。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今週は大きな転機がいくつもありましたね。
      あさちゃんが寝たきりの一週間でしたが、次に飛び上がるためにしゃがむ一週間だったような気がします。

  4. VEGA より:

    亀助さん、あんたしかできへん。役員秘書とはいっても実際は白岡家の執事就任です。亀助さん。支配人とか支店長はだれでもできます。しかし、白岡家の人々をまもれるのは、あんたはんとウメさんしかおらへん。白岡家の人もきっとそう思っています。かわいい嫁はんと一緒にあささん。新次郎さん、栄三郎さんを盛り立てていってください。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      亀助さんへの愛情あふれたメッセージが素敵です。
      亀助さん、泣いて喜ぶのではないでしょうか。

  5. キヨコ より:

    時の流れを感じた事いくつか・・・

    啓介さんのセリフ回しが戦後の青春映画を彷彿し、一気に時が進んだ気持ちになりました。
    「リンゴちゃん」・・・セーラー服のほっぺ真っ赤にした吉永小百合さんがいてもおかしくないシチュエーション。

    そして、大隈夫人登場のBGM。
    荒井由実の「チャイニーズスープ」に似ていて、なんだかモダンだなぁ、と感じました。(わからない方ごめんなさい)

    でも、変わらないのが、亀助さん。
    せっかく大阪に戻ったのに、最後までおあさ様のお付きのようですね。
    不満そうだったけど、うめさん、新次郎さんのナイスフォロー!
    やはり、この役回りは亀助さんでなければ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 啓介さんのセリフ回しが戦後の青春映画

      同じことを考えてました!1960年代の日活青春映画みたいだなと思ってました。風貌の当時の男優さん方を彷彿させる古典的な爽やかさが嬉しい啓介くんです。

      亀助さんの大阪復帰も感激です。あさちゃんに振り回されてこそ亀助さんです(笑)

  6. えびすこ より:

    最終盤では女子のための学校を創設する運びになりますが、それと同時に現在の大同生命を設立することも並行しますね。
    明治時代に「長者番付」なる物があったかどうかはわかりませんが、この時代の女性ではあさは横綱級でしょう。

    いまあさイチに「あまちゃん」で勉さん役だった塩見三省さんが出ていますが、一昨年病気をしてその長らくドラマ等に出ていませんでした。
    以前週刊誌で大病になったとの記事が出ていたので気になっていました。
    明日放送の特集ドラマが俳優業再開作です。番組内でも大病をした人物との設定です。以前より痩せたようですが、再開できてよかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あさは横綱級

      さすがのご高察です!納税額の番付ではありませんが「大正評判女番附」という各界で活躍する女性のランキングの中で広岡浅子氏は「横綱」のポジションを得ていますよ。

  7. 我が輩 より:

    女子教育への賛同者に明治の重鎮の奥方の名前がありました。
    明治の重鎮も幕末には奥方の力に頼った事も多かったので、奥方が味方についたのは大きかったと思います。
    皇后陛下の命で学習院の女子教育を担った下田歌子さんか実践女子を作られたのが明治32年。
    海外にも赴き皇室との繋がりもあった下田歌子さんと広岡さんに接点があったのか分かりませんが、当時女子教育の必要性が感じられる時代背景があったのでは。
    ただそれでも一般的には女子大という発想と現実化はまだ殆ど理解されない時代でもあった訳で広岡さんの頭の良さと先見性に唸るばかりです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      詳しい解説をありがとうございます。
      当時、女子教育への理解が進まないどころか一部には猛烈な反発もあったと何かの本で読んだことがあります。その中をファーストペンギンとして突き進んだ広岡浅子氏の胆力には驚かされるばかりです。

  8. atsu より:

    前回の最後は一瞬特高のようなものを連想してドッキリでした。朝蔵さまの「『御免ください』と言っていた」という冷静なコメントがなかったら1日不安のまま過ごすところでした。ありがとうございます。(成澤には本人も忘れていた借金などありそうな気がしてしまって。)大隈は自分自身遭難した経験があるし、あさも刺されたと聞いて、大阪まで見舞いに行く夫人にボディガードをつけたのかも知れないですね。
    亀助を役員秘書として大阪に戻ってきてもらう、いいアイディアですね。亀助が来たとたん銀行の雰囲気が明るくなりましたし、見舞い客などのあしらいも上手です。成澤を怒鳴りつけてしまったへぇさんにはできない技ですよね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 見舞い客などのあしらいも上手

      元官僚と、手代から修行を積んだ生粋の商人の違いですね。

      亀助さん復帰で、加野屋に往年の明るさと賑わいが一挙に戻って来ました。あさちゃんの身辺警護も亀助さんの昔からの天職です。楽しみが増えました。

  9. よるは去った より:

    「家政学」なる学問が成立し始めたのもこの頃からだったんですね。話が飛び過ぎるかも知れませんが、次作のヒロインのライフワークもかなり「家政学」の領域になるんじゃないかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      次作も確かに家政学のジャンルですね。しかもヒロインが学んだ学校は、あさちゃんがこれから作ろうとしている学校です。

  10. 朝吉 より:

    野暮なことを書くようですが、
    ふゆを演じている清原さんはまだ13歳・・・・
    見かけは大人っぽくても、さすがに40台を演じるのは
    難しいと思われます。ブログを見ても、撮影を思わせる記事は
    出ていませんし・・・。
    また会いたいのですが、こればっかりは仕方ないと諦めることにします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      おしゃる通り現実的に考えると13歳の女の子が中年女性を演じたら、一歩間違えると学芸会の芝居になりかねません(笑)

  11. tom より:

    あさちゃんのお見舞いで会ったりして。とか思ってたんですけどねっ

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 篤姫と幾島

      このタイミングで再開ありえますね!
      気がつきませんでした。

  12. tom より:

    こんにちは。篤姫と幾島はギリギリ会えないですかね~?残念です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      和歌山みかんの卸トラブル収拾のために篤姫が白蛇はんと上京。
      そんなかなり無理な設定を強引に作れば再会出来るかもです(笑)
      でも、上京しても幾島の住むお屋敷を訪ねる理由が見当たらない・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ