あさが来た 第21週 夢見る人

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年2月22日 〜 2月27日放送
第21週「夢見る人」

『あさが来た』第21週「夢見る人」あらすじ

暴漢に襲撃され瀕死の重傷を負ったあさは一命を取り留めることが出来ました。あさ入院の知らせを受けた亀助やはつが見舞いに駆けつける中、一日も早く仕事を再開したいと言い出すあさを周囲の面々が一喝します。

あさが入院する病室で久しぶりに家族三人が顔を揃える中、あさは千代と心を通い合わせる事が出来ました。一方、あさを見舞うために駆けつけて来たはつも、初めて目にする藍之助が仕事に没頭する姿に眼を細めるのでした。

あさの入院は、千代にとって運命の出会いの場ともなりました。病院で言葉を交わした翠山啓介という名の帝大生に千代は一目惚れしたのです。しかし、ほどなくして啓介は東京に戻ってしまいます。

気力、体力ともに回復しつつあるあさは成澤と再会。女子大学校設立への不退転の決意を確かめ合いました。年が明けて1895年(明治28年)春。あさは退院しました。帰宅後、千代に相談を持ちかけられたあさは娘の悩み事に真剣に耳を傾けるのでした。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

『あさが来た』第21週「夢見る人」各回あらすじとレビュー

第121話 2月22日(月) 忠政、正吉、五代と再会
第122話 2月23日(火) 亀助が見舞いのため戻る
第123話 2月24日(水) あさの家族、はつの家族
第124話 2月25日(木) はつと千代があさを諭す
第125話 2月26日(金) 千代と翠山啓介の出会い
第126話 2月27日(土) 啓介は東京へ/あさ退院 

『あさが来た』第21週「夢見る人」
 事前発表あらすじレビューと歴史・時代背景の解説

瀕死の重傷を負ったあさの身体の回復と並行して、あさと千代との絆の回復。はつと藍之助の絆の回復が描かれる情感豊かなエピソードに加え、千代の初恋も登場です。

第21週のレビューと見どころ

暴漢に襲われ意識を失ったあさが八日間もの昏睡状態から目を覚ますきっかけとなったのは忠政、正吉、そして五代友厚らとの「再会」です。

この場面は今週の最大の見どころの一つになるかと思います。

さらに今週は、意識の回復したあさに再び反発する姿勢を示しながらも、あさの見えないところであさの回復を喜び嬉し涙が止まらない千代の姿が涙を誘いそうです。

その千代はまた、初恋に胸をときめかします。

病院で遭遇した翠山啓介という名の好青年に千代は一目惚れ。しかし、ほどなくして啓介は大阪を去り、淡い初恋は切ない「結末」を迎えます。ただし、その「結末」の切なさは今週限定となる見通しです。

第21週のサブタイトルは「花も恥らう」。このサブタイトルは千代の甘酸っぱい初恋を表しているのでしょうか。(サブタイトルはその後「夢見る人」に変更されました)

歴史・時代背景

1895年(明治28年)

『あさが来た』劇中で、あさが退院する1895年(明治28年)春。ちょうどその頃、日清戦争が終結しました。

1895年(明治28年)3月30日に日清休戦条約調印。同年4月17日には日清講和条約調印。戦後景気に沸く時代を背景に第21週「夢見る人」が週の幕を閉じます。

『あさが来た』第21週「夢見る人」一週間のエピソード観賞後の感想

大きくジャンプするには一度しゃがむ必要があるという喩えにある「しゃがむ」に当たる週だったのか、常にこちらの目が回るほどに走り続けているあさちゃんが、寝たきりの一週間となりました。

しかし寝たきりの状態でありながらも、次週からはじまりそうな大きなジャンプのフラグがたくさん立つ、今後の展開を期待せずにはいられない静かな躍動感あふれる一週間でもありました。

生命保険、千代ちゃんの恋バナと縁談、宜ちゃんと成澤先生の出会い、そして雁助さんからの手紙等々、クライマックスに向けてのエピソードの芽がさりげなく仕込まれていて、結末まで目が離せなくなりました。

また、あさちゃんと千代ちゃんは少しだけ心を通い合わせる。千代ちゃんは相変わらず毒舌ですがその毒舌には母親を大事に思う気持ちが込められていて、これまでと異なり千代ちゃんの毒舌も安心して聞いていられるようになりました。

一方、怪我の功名と言ってはあさちゃんにあまりに気の毒かも知れませんが、事件をきっかけに女子大学設立の理解者、賛同者をたくさん得ることができる。ヒロインが寝たきりながらも(それとも寝たきりだった故に?)事態の大きな進展が描かれ観る者を飽きさせない手腕はさすがです。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    忠政おじいちゃんは三角巾を頭に付けての登場になりますが、
    彼は大阪在住なのと、事切れるシーンの撮影がの序盤だった事もあって
    再登場シーンは1月の撮影になり、そこでオールアップした様です
    (当然大阪拠点の方はスケジュールが付きやすいですしね)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      三角巾ですか!忠政おじいちゃんらしい再登場の仕方かも知れませんね。