あさが来た 143話 愛孫に尽くすよのの最期

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年3月18日(金)放送
第24週 第143話 「おばあちゃんの大仕事」

『あさが来た』第24週 第143話 「おばあちゃんの大仕事」あらすじと見どころ解説

惣兵衛の最大の悩みはみかん畑の害虫駆除の手間がかかることでした。そんな惣兵衛に藍之助が提案します。ボルドー液を吹きかければ害虫駆除の手間を省くことが出来ると。はつは藍之助の提案を受け入れ、惣兵衛は山を売り払うことを見送ることにします。

同じ頃大阪の白岡家では、千代には幾多の縁談が持ちかけられるものの、千代はいずれの縁談にも乗り気にはなれず、女子大学校への進学を考え始めていました。そんな千代を宜が叱りつけます。いい加減な気持ちで進学することは許さないと。

一方、宜は成澤から思いがけない提案を受けていました。大学校の一期生にならないかと声をかけられたのです。宜が大学校に入り大阪を離れてしまうことを寂しく思う千代の目の前に、思いがけない人物が姿をあらわすのでした。

思いがけない人物とは啓介でした。啓介はよのの必死の懇願に心を動かされ、千代との結婚を心に決めて再び大阪にやって来たのです。その報せを聞かされたよのは何も思い残すことなく、加野屋の面々に見守られながら静かに息を引き取るのでした。

<<前回142話 | 次回143話>>

midokoro

和歌山の山王寺屋一家がみかん畑の危機を乗り越えます。

みかん畑の危機を克服するのは、かつてみかん畑を継ぐのを頑なに拒んでいた藍之助です。

『あさが来た』第24週 第143話 「おばあちゃんの大仕事」
 事前発表あらすじのレビューと解説

養之助が兵役に就いたことで、不本意ながら和歌山の実家に戻りみかん畑の作業を手伝っていた藍之助ですが、その後も不平を言わず誠実に働き続けていたことが今回の危機克服から読み取れます。

これが藍之助の人生の転機となるのか。商人の夢を二度までも断念することになった藍之助の将来が本格的に気になり始めてきました。

一方、千代の親友・宜の人生も動き始めます。

これから開校する女子大学校の一期生にならないかと成澤からオファーを受けるまでは順風が吹いているように見える宜ですが、宜は大きな逆風リスクを抱えています。

宜に嫁入りさせたい一心の母親の存在です。

そして、啓介に「フラれた」千代の人生もここに来てにわかに動き出すようです。

【追記】千代は啓介と再会を果たすものの、その直後によのが逝去。愛する孫の幸福のために残された最後の力を振り絞ったよの働きを表現したのが今週のサブタイトル 「おばあちゃんの大仕事」です。

また、この悲しい別れと前後して和歌山の山王寺屋では養之助が無事に帰還。養之助が再びみかん畑の仕事に従事するようになり、藍之助は加野銀行に復帰します。

『あさが来た』第24週 第143話 「おばあちゃんの大仕事」
 朝ドラ観賞後の感想

ベッピンなリンゴの物語

千代ちゃんと啓介くんの出会いのキッカケとなったベッピンなリンゴ。よのさんと啓介くんの初めてのブッキングもリンゴが取り持つものでした。

最期にそのリンゴしか口に出来なくなったよのさんの、人生最後の大仕事にして心からの願いは千代ちゃんと啓介くんが結ばれることでした。

そして、おばあちゃんのために買ってきたリンゴが千代ちゃんと啓介くんの再会を演出する脚本の巧みなこと。

その脚本を彩る役者さんたちの名演の数々。

千代ちゃんの喜びに輝く表情。そして愛する孫娘の幸せな将来を心から信じることが出来たよのさんの安心しきってやわらいだ表情。

朝から本当にいいものを見せてもらいました。

僕のつたない言葉では、この感動を汚しかねない。だからこの感動を語るのはこのへんでやめておきます。

と言いながら、もう一言。

本作『あさが来た』は、あさちゃんとはつちゃんのダブルヒロインでなく、あさちゃんとはつちゃん、そしてうめさんのトリプルヒロインとの指摘があります。

でも、そのトリプルに千代ちゃんを加えたクワトロヒロインかも知れないと、今回までの千代ちゃんの一連の名場面を観て思いました。

二人の女子の友情

日の出女子大学校への進学オファーに感極まって号泣する宜ちゃんの喜びっぷりが可愛い。そんな宜ちゃんを心から祝福する千代ちゃんの親友への優しさが心に沁みます。

また、やや投げやりになって女子大学校への進学を口にする千代ちゃんを、宜ちゃんは咎めるもののその時の強い口調をすぐに詫びる宜ちゃんの気遣い。

宜ちゃんに叱責され、親友が大切にしている価値を軽んじてしまった自分の発言を素直に詫びる千代ちゃんの思いやり。

この二人の女子の友情。いくら観ても見飽きることがありません。でも、『あさが来た』の放送期間も残すところ二週間と一日。

この美しい物語が終わってしまうことが信じられません。

よのさん、ありがとう

よのさんが亡くなりました。

物語前半の頃は天然キャラがかいらしく、それでいて新次郎さんに目掛けを囲わせようと一人で暴走し、でも正吉さんなしでは生きてゆかれないような頼りなげなところがいつも心配なよのさんでした。

しかし、正吉さんが亡くなって以降、意気消沈するどころか大奥様としての貫禄がつき、加野屋の真ん中にいることで、家族や働き手が安心して働ける存在にまでなる過程のエピソードの一つ一つが大好きでした。

最後は孫娘への愛情で神々しいまでの姿を見せてくれました。よのさん、ありがとう。あなたのことは忘れません。

また、よのさんが息を引き取った直後のかのさんの表情に、これまでよのさんに仕え続けてきたかのさんのこれまでの人生のすべてが見えたような気がします。

劇中ではかのさんは、よのさんの黒子のような存在で「ほんに、ほんに」くらいのセリフしかありませんでした。

しかし、そんな脇キャラにも関わらず、よのさんに一生を捧げた職業人としての誇りを最後にしっかりと描いてくれる脚本家の登場人物たちに注ぐ深い愛情にも感激しました。

千代ちゃんのまさかの初恋相手に納得出来る理由

あさちゃんと新次郎さん、そして視聴者の意表をついた千代ちゃんの初恋相手はまさかの五代さまだった!

しかし、やっぱりそうかと僕は深くうなずいてしまいました(笑)

まだ千代ちゃんがお母ちゃんの背中におんぶされている頃のこと。千代ちゃんをおんぶしたあさちゃんが大阪商法会議所に足を運んだ場面の千代ちゃんの表情が、今も僕の瞼の裏にくっきりと焼きついています。

商法会議所の中であさちゃんが、山屋与平さんはじめちょっとコワモテの大阪の商売人のおじさんたちに囲まれた折。チビ千代ちゃんは眉間にシワを寄せ、ありありと恐怖の表情を浮かべながらおじさんたちの顔を凝視しついに泣き出す。

同じ頃、同じ場所。山屋与平さんらとは正反対のさわやかで美しい笑顔であさちゃんと千代ちゃんに声をかける五代さまに千代ちゃんの目は釘付け。

あの時、このすご過ぎるギャップに笑わずにはいられませんでした。美しい五代さまに見とれていたチビ千代ちゃん。あれが千代ちゃんが五代さまへの恋におちた瞬間だったと僕はそう信じています(笑)

それにしても涙腺決壊場面が続く中での上手な肩透かしでした。前回の五代さまの偉業を讃える場面では「友ちゃん」の一言で済まし、千代ちゃんの初恋で五代さまの回想映像リバイバル。この演出も悶絶するほど粋でした。

そして、死してなお新次郎さんをいらだたせる五代さまの影響力。エレキギターによる五代さまのテーマはその影響力の象徴。「友ちゃんめ!(怒)」と苦虫を噛み潰したような表情を浮かべる新次郎さんの耳にもあの曲が響いていたに違いありません(笑)

<<前回142話 | 次回143話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Yayoi より:

    当時はそれこそ全てオーガニックだったのだと思うと、農薬を何だか分らないで使う怖さを感じました。
    よのさんの死、ジーンときました。幸せな死に方でしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      藍之助くんが使ったボルドー液というのは1880年にフランスで発明されたとか。農薬でなく盗難よけとして用いられたのが始まりだそうです。

      よのさんは、劇中登場人物の中で最も幸福な生涯を送った女性でしたね。愛孫の婚約も確認することができ、最後の最後まで幸せでした。

  2. よるは去った より:

    藍之助「そやからお父ちゃん、まだ山を売らんといておくなはれ!」はつ「旦那様!やってみまひょ。」惣兵衛君にとってこれほど「現在の嫁はんと結婚して良かった。」と思える瞬間があったでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「旦那様!やってみまひょ。」

      この決断力。あさちゃんや忠興お父はんに通じるものを感じました。やっぱり血は争えないですね。

  3. つるびっち より:

    昨日の今日でよのさん見送れて本当によかった。
    かのさんの「ほんに、ほんに」がきけなくなるのが淋しいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      かのさんは自分を一切主張しないキャラだったのに、いつの間にかすごい存在感放ってましたね。「ほんに、ほんに」が耳について離れません。

  4. ゆったんぴ より:

    最終回が近づいて毎回感動の涙の毎日です
    かのさんのほんにほんには、平さんのへぇと同じ位インパクトありますね
    もうどのキャラをとっても素晴らしい‼
    五代ロスを引きずりながら、あさロスになる4月が永遠に来なきゃいいなぁ(泣)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ロス、僕も怖いです。この素敵な面々と別れるのは悲しすぎます(涙)

  5. kaorin より:

    今週は”よの””かの”コンピの週でしたね。
    “よの”さんは表舞台で大活躍なさいましたが、
    “かの”さんの活躍も派手さはなかったですが、
    しっかり描かれていたと感じました。
    これまでなら、新次郎さんご夫婦に大隈さまからの東柳さんからのお手紙を届けるお役目は”うめ”さんでしたが、今週は”かの”さんになっていました。そして今週は”うめ”さんの登場場面が極端に少なかったような気がします。

    それと、”よの”さんは千代ちゃんの結婚を本当に楽しみにしていたのですね。千代ちゃんが足をさすっているシーンに、作りかけの『犬のおはりこさん』がありました。千代ちゃん夫婦の床の間にも飾られるのでしょう。

    それにしても、千代ちゃんは一途なんですね。
    初恋の五代さんの志を引き継ぐような東柳くんに惚れるなんて・・・

    とにかく、このドラマは隠しアイテム?がちりばめられていて、それを見つける楽しみもありますね♬

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      隠しアイテムといえば、先日のヒロイン・バトンタッチ・セレモニーで波瑠さんから高畑充希さんに贈られたのが張子の猫=正吉お父ちゃんでした。『とと姉ちゃん』にこの正吉お父ちゃんが出てこないかなと密かに期待してます。

  6. まーちゃん より:

    今までずっと読み逃げしてきましたが今朝の余りに完璧で美しい流れに思わずコメしたくなりました。かのさんの表情にはかのさんの献身の全てが込められていてウルウルでした;;今の世ではありえないことと思いますがうめさんやかのさんはこの生き方に満足し誇りを持っていたのですね。

    千代ちゃんの初恋相手が五代様だという事は私も気づいておりました。美少女でおませさんだったチビ千代ちゃんを五代様がさっと抱き上げた瞬間、何かイケナイものを見てしまったようにドキドキした事を覚えています^^;当時一緒に見ていた娘(20代)も同じような感想をもらしていました。幼女キラーでもあった友ちゃんは罪な男ですな。

    それにしても回想シーンの五代様は美しかった。時を越えて私もチビ千代ちゃんになりたいと叫んだ女性ファン続出だったのではないでしょうか*^^*

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      うめさんとかのさんの生き方、本当に凛々しく美しいと思います。かのさんも間もなく退場されるようですが寂しくなります。

      > チビ千代ちゃんを五代様がさっと抱き上げた瞬間

      僕もあの瞬間はかなりドキリとしました。それにしても、千代ちゃんの初恋の相手が五代さまというのはニクい設定ですね!

  7. カッチ より:

    すみません。最初に加野屋の前で会った時のシーンと同じでしたね。
    その時は手毬を落としたんでしたよね。
    初めて会ったのは病院でしたね。
    うっかりしてました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      病院(リンゴ) → 加野屋前(手毬) → 加野屋前(リンゴ)
      こんな順番でしたね。無駄のない構成です。

  8. ヤジウマン157号 より:

    昨日、そして今日の、よのが孫を思う気持ちを痛いほど感じるお話は、切なくもあり、またよのの頼もしさを感じるものでした。
    まさに「おばあちゃんの大仕事」をやりきった感じでしょうか。

    あさが来たの中では、ドラマの尺や朝ドラの雰囲気の事もあるんでしょうが、人の死に際が描かれることはほとんどなかったように思います。
    そんな中でよのの最期のシーンを見ると、まさに大往生と言っていいのかと感じますね。

    (今日は朝からお客と会う予定がなくて、本当によかった)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      正吉さんに始まり、これまで大勢の主要登場人物たちが亡くなりましたが、それぞれの最期の描き分けが綺麗でした。

  9. まゆ より:

    買い物帰りの千代ちゃんと、お仕事帰りのあさちゃんのやりとりが普通の親子で本当に安心しました。
    その直後の千代ちゃんの買い物好きの話。
    そんなところもよのさんに似てたんですね(笑)

    あさが来たで楽しいのが娘時代のあさちゃん達、千代ちゃんの着物姿でもありました。
    時代に合わせた着物の変化も見事でした!
    今日の千代ちゃんの水色の帯とても綺麗だなぁと見てました。
    あさちゃんの明治の洋装も素敵だし、本当に衣装班の方達のお仕事素晴らしかったです!

    千代ちゃんの花嫁衣装さぞ気合いを入れてくださるだろうなと楽しみです!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      着物と言えば、美和さんがいつになっても華やかで明るい色の着物を着ていて、それがとても気に入っています。小さなお嬢さんたちの着物の日本人形みたいで目にも楽しい作品でしたね。

  10. つまぴょん より:

    啓介さんとの再会で、
    リンゴを受け取り、
    「はい」と返事するまでの千代ちゃんの表情の移り変わりがとてもよかったです。
    そして「はい」と答えたときの素晴らしい笑顔。
    べっぴんなリンゴよりもべっぴんでしたね。

    成沢先生に呼ばれて、
    慌てて寝押ししていた袴を身に着けようとする宜ちゃんの姿、
    かわいらしかった。
    その直後、大学の一期生にと言われたときの驚きから喜びへと移る表情がまたよかった。

    そして長年使えた主を喪う瞬間のかのさんの表情・・・
    素晴らしかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回は登場人物たちの素敵な表情、すなわち役者さん方の演技が光り輝いた回でした。この人たちとも間もなく会えなくなってしまう現実を受け入れられそうもありません。

  11. よるは去った より:

    よのさん・・・・風吹ジュンさん、ご苦労様でした。幸せな人生の終わり方の見本でしたね。それとは別に宜ちゃんの千代ちゃんへの叱責のセリフは現代の日本人特に学生くんたちにどう響くでしょう。学生くんと言えば、啓介くん!「奇跡・・・・・。」なんて遠回しな物言いはどこで覚えてくるの?彼のオリジナルか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      「奇跡」はじめ、啓介くんの言葉の選び方がいちいちかっこいいのにキザにならないところが素晴らしいです。彼の人徳でしょうか。

  12. もんすけ より:

    (まだ、その気になれない…)というのが一番の理由なのでしょうが、
    千代ちゃん、心の奥底で無意識の内に啓介さんを「待って」いたのでしょうか。
    場違いですが、「あ~よかったな、一人でいて~」との昭和歌謡が耳に蘇り。
    千代ちゃんの、新次郎さんの、あさちゃんの、そして、よのさんの想い。
    我儘ではなく、「希望」にも似た願いの結実、美しかったです。

    よのさんの最期、ずっと寄り添い続けてきたかのさんの、台詞なきワンシーン。
    言葉には出さないからこそ、ぐっときてしまいました。
    相槌の「ほんに、ほんに」も、もう聞くことができないのですね。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「ほんに、ほんに」も、もう聞くことができない

      そうですね!よのさんがいなければもうないかも。いつの間にか僕の口癖の一つになっていてびっくりした「ほんに、ほんに」がもうおしまい。寂しいです。

  13. カッチ より:

    千代と啓介の再会シーンは実にドラマチックでしたね。
    最初に会った時を再現するようなカットで、今度はりんごを使うとは。
    啓介が千代に「まさか、まだ独身という奇跡はないよね?」と言った時の千代の嬉しそうな顔は最高でした。
    最初は嫌がってた新次郎の喜ぶ顔も良かったです。
    よのの願いが通じたのですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      千代ちゃんと啓介くんの、過去二度の出会いの要素を入れた再会場面の演出は本当に粋でしたね。忘れられない名場面の一つになりました。

  14. atsu より:

    藍之助がくさらず、前向きに頑張っているのがわかってよかったし、宜が女子大学校に入学して欲しいと言われ泣くほど喜ぶのにも涙を誘われました。千代に言い加減な気持ちでいく場所ではないと叱ったのは、自分は進学を諦めながらその分よりよい学校にするため必死に働いていたからだったんですね。
    そして千代&啓介。そういえば出会いの場で啓介がりんごをむくのに使っていた刃物をそっと千代の目から隠したのはよのでした。病人によく勧められる果物でもあり、男女の愛にもふさわしい。そろばん、ペンギン、りんご、心憎いほどうまく使われていると感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回もわずか15分の間によくぞここまで登場人物たちの喜怒哀楽を詰め込んだものだと感心しながら観ていました。その中でリンゴを小道具にして、よのさんの寝室から加野銀行前での啓介くんとの再会までの流れが流麗な音楽のようでした。

  15. tonton より:

    この当時に農薬が無かったなんて驚きでした。

    しかし、制作側は視聴者を振り回すの好きですね(笑)
    今日の回は「道を照らす人 千代編」、千代ちゃんの初恋の相手は
    てっきりままごとの男の子だと思ってたのに、まさかの五代。回想を昨日出さないで、今日フェイントで出し、見る側を呆気に
    取らせて腹筋を崩壊させる筋書きに拍手です。
    さちさんは、あさより千代の事を観察していたんですね。
    一番複雑な気持ちになるのは新次郎なのは解ります。
    あさを追いかけ回していた上に(当のあさは一笑して終わりでしたが)
    娘まで虜にさせてたのですからね。
    顔の表情でそれを表す玉木氏は上手いです。
    啓介至る道のりがよ~く解った今日の回でした

    そして、よのさんは新聞死、位牌死、写真死、電報死ではなく
    きちんと臨終シーンがありました。
    このドラマは加野屋が軸だという事を知らせる回でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 新聞死、位牌死、写真死、電報死

      最期の描き分けがキレイですね。よのさんも正吉さん同様、家族に見守られながら逝きましたが息を引き取るその瞬間を省略したところが素敵でした。

  16. koji より:

    よのさんも、とうとう最期を迎えましたね。

    番組をヒロインを影や裏で支えてきたベテラン役者さんの功績というのは本当に大きいですね。

    しかし、千代ちゃんの初恋の相手が、ともちゃんだったとは(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      千代ちゃんはよのさんの隔世遺伝で面食いなんでしょうね(笑)

  17. koji より:

    藍之助の起死回生の秘策傑作とは。。。

    おそらく害虫がまだ寄り付かないミカンが完熟する前の青い段階で収穫するのではないかと。。。

    勘ぐり過ぎかもですが藍之助が後に加野屋の銀行部門ではなく商店部門で活躍するとなると

    この害虫対策がフラグになるのではないでしょうか?。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      おばあちゃんの夢を追っていた藍之助くんですが、自分の生きる道を自分で見つけるエピソードという意味合いもあるのかも知れません。藍之助くんの活躍する姿が楽しみです。