あさが来た 144話 日の出女子大学校が開校

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年3月19日(土)放送
第24週 第144話 「おばあちゃんの大仕事」

『あさが来た』第24週 第144話 「おばあちゃんの大仕事」あらすじと見どころ解説

千代と啓介が婚約しました。啓介は大学院卒業後に千代と結婚するつもりでいました。そしてそれまでの間、啓介は加野銀行に顔を出しては銀行業務について学ぶことになりました。同じ頃、日の出女子大学校が学生の募集を開始します。

三学部で100人の入学者を募るその一方で、宜の女子大学校入学を宜の母・フナは猛反対していました。あさがフナの説得にあたる中、女子大学校には200人を超える応募が集まりフナも宜の入学を迎えました。そしてついに日の出女子大学校開校の日を迎えました。

その頃、和歌山では養之助が兵役より帰還しました。一方、藍之助が試みに使用したボルドー液は効力を発揮し、その年のミカン畑は害虫の被害を免れて豊作に恵まれます。眉山家は窮地を乗り越え、藍之助は家族に見送られながら再び大阪に旅立つのでした。

日の出女子大学校の授業も始まり、あさは月に一度の上京の際には学生たちと机を並べて授業を受けることになりました。そんな中、加野銀行に激震が走ります。大阪恐慌が発生し大阪の一部の銀行は支払い停止に。大阪経済は明治維新以来となる危機に陥るのでした。

<<前回143話 | 次回145話>>

midokoro

新次郎が語って聞かせた五代友厚の話しが功を奏したのか、啓介は縁談キャンセルを撤回。

ついに千代と啓介の結婚が決まります。

『あさが来た』第24週 第144話 「おばあちゃんの大仕事」
 事前発表あらすじのレビューと解説

一時は停滞していたかに見えた千代の人生が一気に動き始めました。啓介との婚約です。

一方で女子大学校への入学オファーという順風に吹かれた宜は、案の定逆風にさらされます。その逆風の説得に当たるのはあさ。

あさがフナを説得する場面は見どころの一つになるかも知れません。

そして何度も困難に直面したあさと成澤の悲願の女子大学校も設立の準備期間はとうに終え、今回は生徒募集の段階を経て、記念すべき開校の瞬間が描かれます。

その記念すべき瞬間はまた『あさが来た』第1回のトップシークエンスです。

本作冒頭場面に戻って来た物語はここからクライマックスに突入です。

『あさが来た』第24週 第144話 「おばあちゃんの大仕事」
 朝ドラ観賞後の感想

かのさんが去って行きました(寂)かのさん、さようなら。最後にとびっきりの「ほんに、ほんに」を聞かせてくれてありがとう。(かのさんとうめさんの友情が泣かせます)

第1回のトップシークエンス

『あさが来た』第1回のトップシークエンスの場面に戻って来ました。

今回も、開校式の朝に空を舞うトンビを見せてくれましたが、思えばあの空を舞うトンビの映像に凧を背負って羽ばたこうと試みるチビあさちゃんの映像がオーバーラップし、あさちゃんの物語が始まりました。

純白のドレスで桜の花びらが舞う廊下を颯爽と歩き、講堂では新入生たちからの憧れの眼差しが注がれるあさちゃん。しかしその立派な女性は、木から転落しおいどを割れるほどに痛めるヤンチャ過ぎる女の子だった!

そんなギャップで視聴者の心を一瞬にして鷲掴みに、そのギャップがいかに埋められてきたのかが今日まで丹念に描かれ、ついにそのギャップは埋まりました。

ギャップは埋まったけれど、まだ完結ではない。

その先にまだあさちゃんの人生が続き、さらなる高みをあさちゃんは目指す。新しい朝はこれからもやってくる。物語を開校式で完結させず、その先に続く未来を感じさせてくれるストーリーテリングがとても心地よい。

心地よいけれど、残り2週間になってしまいました。

大阪恐慌

『あさが来た』第1回のトップシークエンスの直後にこんな騒動が発生していたとは!

かつての騒動を目撃はしたけれど実務の中で修羅場を経験したことのない榮三郎くんとへえさんが動揺する中、騒動の現場で修羅場をくぐり抜けて来た「格別のおなご」のあさちゃんがどう仕切ってくれるのか。

加野屋の騒動を収めるあさちゃんの姿は今だに忘れられません。

加野屋の暖簾をかき分けて颯爽とその姿をあらわし、パニック状態に陥る人々を睨みまわして一喝する。あの凛々しい姿に鳥肌が立ったのを今もはっきりと覚えています。

次週予告映像では、維新直後の加野屋を思い出さずにはいられないような騒動が描かれていましたが、その騒動に反応するあさちゃんの言葉の調子はいたって冷静。

恐慌の騒動は気の毒ですが、加野屋以来、と言うより加野屋以上の貫禄を見せてくれそうなあさちゃんの姿が楽しみでなりません。

養之助くん帰還

養之助くんが兵役を終え無事に帰還。坊主頭になって帰って来たので『ごちそうさん』の活っちゃんと姿がかぶりました。

来週には藍之助くんも加野銀行に復帰。へえさんの喜ぶ姿は涙を誘うかもです。

<<前回143話 | 次回145話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かえる より:

    宜ちゃん、入学式でインナーに少しおしゃれしてましたね。一昨日、NHKのメモリアルブックを買ったのですが、そこに、最終週の宜ちゃんのスナップ写真が載ってました。留学から帰った宜ちゃんは、おしゃれな洋服着てましたよ。朝蔵さんのおっしゃる通り、宜ちゃんの進化形が楽しめそうですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      洋装宜ちゃん!洋行帰りでさらにパワーアップした宜ちゃんが楽しみですが、宜ちゃんが進化するほどに終わりが近づく・・・つらいところです。

  2. 朝吉 より:

    かのさんの退職シーン。涙が止まりませんでした。
    なんと貴重なスパイスのような存在だったことか。

    恥ずかしながら、今気が付きました。
    かのさんの名前。加野屋、かのさん。よのさんやうめさんのように、時には物語の中心に来る人たちとは違い、ある意味、加野屋を陰で支える存在の象徴として、この名前をあの役につけていたのかもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > かの=加野屋

      頂戴したコメントで僕も初めて気が付きました。かのさんが去り、そしてこの名前に込められた意味を知り、今更ながらかのさんの存在の大きさを痛感しました。

  3. まゆ より:

    最後の「ほんに、ほんに」にやられました(泣)
    もう聞けないのかと昨日皆さんと話していたのに、スタッフさんの心憎い演出!
    本当に素晴らしい!

    あさちゃんが成澤先生に新しいスーツの購入を勧めた時の、「僕はこれがいいんです!」と言った成澤先生の晴れ晴れしい顔。
    自分の夢を精神的、経済的にずっと支えてくれたあさから贈られたあのスーツが、成澤先生にとっては「晴れ着」なんですね!
    五代様とはまた違ったバタバタコンビでしたが、見ていて心地いい2人でした。
    (五代様相手だといつあさちゃんが惚れないか心配でした(笑))

    3歳の娘がインフルエンザになったのですが、365日の紙飛行機が聞こえると大急ぎで起き出し、意地でも朝ドラを見ようとします(笑)
    歌詞まで暗記し、最近では質問するとき「なんでどす?」と言うように!
    彼女にとっても忘れられない作品になったようです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      あさちゃんにとって新次郎さんからもらったパチパチはんが宝物のように、成澤先生にとってもあのスーツは宝物なんでしょうね。登場人物たちがそれぞれの思い出を大切にするところ、本当にいいですね。

      > 意地でも朝ドラを見ようとします

      お嬢さんネタ、待ってました!作り手の方々がこのことを知ったら泣いて喜ぶんじゃないでしょうか。

  4. よるは去った より:

    ここで書くのも何ですけど次週予告見たら早くも楽しみになってしまいました。あさちゃんの話を「イケ好かないオバサン。」と冷やかな眼差しで聞いている女子大生は?戦前・戦後の偉大なる思想家・作家らしいけど。演じる女優さんも私はあのグループの中ではどちらかというと辛口のイメージがあるし、かなり適役のような気がして。来週の話だから敢えて「誰」と言うのはやめましょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      偉大な思想家を演じる女優さんのことを僕はあまり詳しく知らなかったので、コメントを拝読し楽しみになってきました。ただでさえ辛口キャラは大好物なので期待大です。

  5. たこやき より:

    かのさんの笑顔の「ほんに、ほんに!」が聞かれて幸せな朝でした。かのさんは、「ごちそうさん」の諸岡君のお母さんではないですか?いい役者さんですね。

    今でこそ全国的に短大が減ってきていますが、少し前までも「女の子が四大出ても仕方ない、短大で充分」と、差別がありました。「何を勉強するか」ではなく、何を基準に四大か短大か考えると、ため息が出ます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      かのさん、どこかで見覚えが!と、ずっと思ってたのですが諸岡くんのお母ちゃんだったんですね!諸岡くんが登場した頃は厳しい時代だったので、彼の名を聞いただけで「ほんに、ほんに」との相乗効果で泣けてきます(涙)

  6. もんすけ より:

    かのさんのラスト「ほんに、ほんに」に、はからずも涙が…
    声を掛けたのがうめさんだったのが、心に効いてしまいました。

    通常の朝ドラなら、女子大学校設立の祝辞シーンで最終回となるのでしょうが、
    さらなる展開があるところに、「めでたし、めでたし」の御伽話でなく、
    人生はこれからも続く…と、あさちゃん達に一層感情移入できるのでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      うめさんとかのさんが二人で会話をする場面はほとんどありませんでしたが、同業者にして自らの職業に誇りと愛情を持っている者どうし、言葉を交わさずとも友情で結ばれていたんですね。そんな心のつながりを最後にしっかりと描いてくれて、とても美しいかのさんの最後の場面となりました。

  7. tonton より:

    第一話の冒頭で流れた、白いドレスを着て大股でコツコツと歩く
    あさの足元アップシーン。
    既に見ている場面なのに、今日のリプレイが流れた時、思わず
    涙を流してしまいました(苦笑)。
    マッサンの時も同じ手法が使われていたのに、なんでどす?
    と考えてみた所、

    初回放送の時は「これからどんな物語を見せてくれるのだろう?」
    という期待感ワクワク感をもたらしていましたが、紆余屈折・
    ジェットコースター的展開を、あさだけでなく他の登場人物達と
    一緒に笑ったり泣いたり凹んだり、奈落の底に落とされたり(爆)
    なんとかロスにさせられたり・・・と
    単なる傍観者・視聴者ではなく「参加者」にいつの間にか
    なっていたのかな?
    随分制作サイドに振り回された分(笑)、思い入れも
    強くなってるんですよね。

    来週は惣兵衛が旅立って新次郎にフラグが立ち、終わりにまた
    一歩近づくのが寂しいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      第1回と全く同じ映像なのに、そこから受ける印象がこれほどまでに変わるのかと驚きました。僕的には『マッサン』の時以上でした。

      次週予告、白蛇はんの寝込む姿がショックでした(涙)

  8. koji より:

    僕の曾祖母(父方の祖父の母)は

    1882年(明治15年)生まれで1975年(昭和50年)に93歳で亡くなりました。

    ちょうど今回、日の出女子大学校に入学した女子たちと同じ位の年代ですが当時の田舎では女子が大学どころか小学校にさえ通えなかったようですね。

    そのため曾祖母は文字の読み書きが出来なかったそうです。

    でも戦後、女子にも選挙権が与えられ投票の際は祖父や父たちに代筆してもらっていたそうです。

    そう思うと、広岡浅子氏や村岡花子氏の功績やご苦労は計り知れないものだったと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      女子大開校の時代、一方で小学校すら通えない女子がいたんですか!そういえば『花子とアン』のハナちゃんも、子守で小学校どころではありませんでしたね。どれほどの逆風の中を走り抜けたのか。想像も及びません。

  9. tonton より:

    今Wiki見て知ったのですが、初代学長の成澤泉を演じる
    瀬戸康史は何と!潤野炭鉱の跡地に建てられた福岡県立嘉穂高校に
    進学してたんですね(芸能界に進むために中退しましたけど)。
    朝蔵さんもアナザーストーリーをご覧になったと思いますけど。
    そうです、あの跡地の学校です。
    19日(土)の11時に再々放送がありますが、26日(土)にも
    地上波で短縮版ですがオンエアされますので、
    BS設備の無い家庭にも見て欲しいですね。じわ~と来ます。
    http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/

    彼が「あさが来た」にキャスティングされたのは
    神の導き意外に無いでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『アナザーストーリー』観てませんでした。
      これはすごい話しですね!

  10. かえる より:

    入学式にのぶちゃん、どんな服きてくるんだろ。いつもの格好かな。楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      入学し、留学し、そして教職を得る。宜ちゃんの進化系が楽しみです。

  11. 新次郎さまファン より:

    「一時は停滞していたかに見えた千代ん人生」→「千代の人生」だと思います。

    お忙しい中、一気に書き上げられたのですね・・・