あさが来た 154話 雁助とうめが再会果たす

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年3月31日(木)放送
第26週 第154話 「柔らかい心」

『あさが来た』第26週 第154話 「柔らかい心」あらすじと見どころ解説

新次郎の病気とあさの隠居を亀助から聞きつけた雁助が白岡家にやって来ました。その頃、雁助もすでに隠居し前妻を亡くしていました。雁助はうめとも再会。お互い生きている間は文のやり取りをしよう。雁助はうめにそう語りかけるのでした。

数日後、大隈重信夫人・綾子と成澤があさを訪ねにやって来ました。日の出女子大学校が財団法人になれたこと。宣を欧米に留学させ帰国後は女子大学校の教授にさせるつもりであることを成澤はあさに報告します。

あさは綾子に打ち明けました。これまで仕事に明け暮れ、千代ばかりか新次郎までほったらかしにしていたことに気づかされたと。そんなあさを綾子が励まします。後悔してはいけない。これまでの働きがあるから今の加野屋があるのだと。

その日の夜、あさは新次郎に報告しました。成澤と綾子から聞かされた話や元行員のサカエが女子大学校進学を考えていることなどを。その知らせを聞かされ、新次郎はあさを祝福。その時、異変が生じました。新次郎が倒れたのです。

<<前回154話 | 次回155話>>

midokoro
最終週も後半を迎え、これまで描かれ続けてきた二つの恋の物語がついに回収されます。

恋の一つは、雁助とうめです!そして、もう一つはまさかの・・・

『あさが来た』第26週 第154話 「柔らかい心」
 事前発表あらすじのレビューと解説

美和が新次郎の見舞いにやってきます。頻繁に見舞いに来る美和に、あさは久しぶりに嫉妬を感じるものの、美和の本当の目当ては新次郎ではありませんでした。

新次郎は美和の来訪の目的で鋭く察します。美和は平十郎の顔を見たさにやって来るのだろうと。晴花亭で美和に一目惚れしたらしい平十郎の恋が、まさかの結実!

そして、雁助とうめも再び心と心を通い合わせます。

雁助はすでに口の悪い妻を亡くし、隠居の身の上です。お互い生きてる間、文のやり取りをして元気であることを確かめ合おう。

雁助とうめに、心と心で結ばれるこの上なく幸福な結末を用意してくれてこれ以上の喜びはありません。

最後の最後に二つの恋が美しく回収されました。

『あさが来た』第26週 第154話 「柔らかい心」
 朝ドラ観賞後の感想

気持ちよさそうに三味線を演奏する新次郎さん。こんな姿もこれが見納めかなと思いながら観ていたら・・・

雁助さん再び

今月いっぱいでの隠居を宣言した亀助さんに新次郎さんが懇願します。啓介くんを助けてあげてほしいと。新次郎さんに頼られたことに喜びを隠し切れない亀助さんに、久しぶりの雁助さんのツッコミが炸裂。

「引き留めてほしかったんやな、お前」

雁助さんらしい鋭いツッコミを再び見せてもらって感激もひとしおですが、劇中で雁助さんと会えるのは今回が最後でしょうか。

うめさんとの関係も希望を持たせてくれるような締め方をしてくれるのが嬉しい。雁助さんについてはこれで心残りがなくなりました。

雁助さんに関してたったひとつ残念な点があるとすれば、もう会えなくなってしまうことくらいでしょうか。

追記:雁助さんと談笑中にうめさんが!さっと席を立つ千代ちゃん、よく気が利きます。

人生の戦場における勇者

「後悔なんてなさらないで」

綾子さんのこのタイミングでの励ましはどれだけあさちゃんの救いになったことか。

もし「何十年も夫婦だったのに、娘ばかりか夫もほったらかしにした」と悔いを残したまま新次郎さんに先立たれたら、あさちゃんはこの先、前に進むことが出来なくなっていたかも知れません。

「加野屋での商売の苦労があなたを勇敢な女性に育てた」
「あなたは人生の戦場における勇者」

綾子さんの力強い言葉、こんな言葉が自然に出てくるような私になりたい。

楽しいご夫婦

多くの視聴者の気持ちをうめさんが代弁してくれました。

「どんなに時代が変わっても、あの楽しいご夫婦だけはずっと変わらないと思っていた」

明日あたりに悲しい場面が描かれることは覚悟していました。しかし、その別れの場面が今回からはじまるとは意外過ぎて言うべき言葉がありません。

『あさが来た』残り2回です。

<<前回154話 | 次回155話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


32 Responses to “あさが来た 154話 雁助とうめが再会果たす”

  1. 里のたぬき より:

    綾子さんとあさちゃんとのシーン、松坂慶子と並んでも違和感ない演技、波瑠さんの成長を感じた瞬間でした。『篤姫』の宮崎あおいも松坂慶子にしごかれていました。大女優の胸を借りて、また一人の若手が今後も大きく飛躍しそうです。

    なかなかコメントまではできませんでしたが、朝ドラ愛に満ちたこちらに伺うのが楽しみです。今後ともよろしくお願い致します。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ちょうど一年くらい前のこと。偶然、波瑠さんが出演した映画を観たのですが、これほど立派な女優さんになるとは、その時は夢にも思いませんでした。本当に今後が楽しみです。

      こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。

  2. Yayoi より:

    あーア、終わっちゃいますね。こんなに毎回が楽しみなアサドラは久しぶりでした。良い俳優さん達ばかりで、脚本もみごとでした。
    皆さんポジティブで、気持ちの良いドラマでした。
    朝蔵さんもご苦労様でした!ありがとう!!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      最終回を残すのみとなってしまいましたね。
      本当に楽しい半年でした。

  3. まかろん。 より:

    連日のコメント失礼します。

    朝からお三味線~染入りました!
    妄想(予想)!?が当たって嬉しい反面これが最後かなと思うと・・・
    涙がもう出てしまいました。。

    でもそんなしんみりの中で雁助さんのツッコミ
    「なんやちょっと引き止めて欲しかったかお前」と
    平さんの「わかめの4番がな~」(そうだった!)
    と小笑を挟んでくるあたりさすがだな~と思います!

    明日はタオル用意ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > わかめの4番

      ここ、かなり笑えました!ついに本人に言ってしまったかと!
      (本人は当然わかりませんがw)

  4. オカンT より:

    あさちゃんと新次郎さん夫婦のことや雁助さんとうめさんのことなど、いろいろ皆さま書かれていますし、私も思うところはあるのですが、今回は敢えて地味な部分の感想を。
    元・銀行員のサカエさんが今回再登場されましたが、私はすごく彼女の生き方に惹かれました。
    彼女もあさと同じように大阪の豪商のお嬢様として生まれ、父親から花嫁修業のつもりで女学校に行かされたんだと思いますが、それから「古き良き妻」ではなく「職業婦人」を目指してあさの一番近くで(宜ちゃんよりも先に!)その精神や行動を学び、結婚出産を経ても再び学問に意欲を見せる。
    あまり番組中でクローズアップされることはありませんでしたが、まさに時代の最先端を行く人だったよな~と思いながら見ておりました。
    奇しくもサカエ役の横田美紀さんは日本女子大卒だそうで、何かとご縁のある方なんですね。
    こういった脇役のエピソードももっと見たかったとつくづく思います。
    スピンオフ、10本くらい作ってくれないかな(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      地味な脇キャラへの深い観察と洞察が素敵です。お父ちゃんに理路整然と反論したりして、たしかに進取の気性に富んだ女性でしたね、サカエさん。

  5. hiro より:

    こんばんは。
    今日は、あさと綾子の和やかしい雰囲気での会話がとても良かったですね。
    「四十年も夫婦をやっていて旦那様や千代の相手をしてあげられへんかった。」というあさに対し、綾子は「だから、今の加野銀行があるんですよ。」と励ますシーンが印象的でした。
    今の女性が社会進出出来る様になったのも、こういう方達が道を付けてくれたお陰なのですね。
    最後は、新次郎が!・・・有働由美子さんもビックリしていましたね。
    明日は、放送修了後に朝イチプレミアムトークに波瑠さんが出演されるそうですね。
    放送修了後のトークを早く聞いてみたいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      道を照らしてくれた五大さまは既に亡く、いつも頼りにしていた新次郎さんは衰弱しきっている。いつになく心細い表情をあさちゃんが浮かべる中、綾子さんがいてくれることの安心感は本当に心地よかったですね。明日の試練を乗り越え、明後日にはあさちゃんも綾子さんのようなオーラを放つ女性になるのでしょうか。

      > 有働由美子さんもビックリ

      明日の有働アナの反応も楽しみです。でも、もしかすると有働アナの反応を観察する余裕を失ってしまっているかも知れませんね。

  6. ア※ラッキー より:

    千代ちゃんもわかる雁助さんとうめさんの恋。びっくりぽんや!!!と、書きたいところですが、・・・・・・

    今日も大丈夫と思っていたラスト数秒。まさかの新次郎さんのあの倒れかた。う~決壊かもと思ったら、あさイチと実の母親からの電話。母様(普段はそう呼んでません(笑))GJ。


    いよいよ明日皆様バスタオル用意してテレビ観戦しましょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      油断させておいて最後の最後に倒れるあの描写はまったくもって反則です(泣・笑)。今朝はスキを突かれました。

  7. まゆ より:

    新次郎さんが倒れた瞬間、娘が「新次郎さん死んじゃった!」と叫び、「まだ死んでないよ!」と叫び返した朝の親子の会話でした。

    いよいよなんですね。
    今週は毎回覚悟してみてましたが、いざとなるとやはり涙腺は崩壊しました。

    「来年はもっと梅の花咲きますやろか?」

    あさちゃんの問いかけに無言で微笑む新次郎さんが辛すぎました。
    来年の春はきっと一緒に過ごせないことを悟ってる微笑みでした。

    雁助さん、お暇なら大阪に居を構えて亀助さんやうめさんの傍に来てくれたらいいのになーなんて思ってしまいました。
    そこは私達の想像力で補うしかないですね。(笑)

    さかえさんの洋装可愛らしかったですね!
    若い方の洋装の普段着も見たかったので眼福でした!
    (千代ちゃん第二子懐妊なら千代ちゃんの洋装は見れないだろうなと思っていたので)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回はお嬢さんに「死んでない」と説明が出来ましたが、いよいよ明日は説明に苦しむところですね。お嬢さんが落胆するのを想像すると胸が痛みます。

      > 雁助さん、お暇なら大阪に

      賛成です。でも近くに来たら店頭で暇つぶしする困った客としてへえさんの「閻魔紙」に載せられるかも知れませんね(笑)

  8. かすみ草 より:

    朝蔵さん。
    お久しぶりです。コメントはしていませんでしたが、ずっと読ませていただいていました。
    私ももうすぐ終わる『朝が来た』に寄せて、お礼を言いたいと思いまして書き込みます。
    素敵なドラマと朝蔵さんや、皆さんの優しい書き込みにホッコリさせて頂いていました。
    近頃のネットは非難や中傷ばかりで嫌気がさしていましたが、ここは良心の集まりでしたね。
    先週ぐらいから、人生のそしてドラマの終焉へのカウントダウンでトーンは悲しみが流れていて辛い思いでした。
    でも、人生の終わりとはそんなもの。。。。

    私の好きなキャラは新次郎さんと亀助さんでした。新次郎さんの優しい口調と顔にとても癒されました。
    亀助さんのスピンオフは楽しみです。
    結婚騒動をどう収拾するのか。(^_^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。お久しぶりです!
      このブログには大人の楽しみを共有出来る方々ばかりに集まって頂き、いつもみなさんに感謝でいっぱいです。『あさが来た』も残すところ2回となってしまいましたが、皆さんと最後まで感動を共有することが出来れば幸いです。

  9. まーちゃん より:

    最終週に入り次にコメントするのは最終回かなと予定しておりましたが今日は雁助さんの姿が見れて嬉しかったのでイレギュラーに一言。

    雁助さんが嫁を亡くしたことに反応したうめさんの表情が味わい深かったですね。友近さんの終始やり過ぎない演技には好感が持てました。
    それとなんといっても雁助さん。。。山内圭哉さんという俳優さんは今まで存じ上げなかったのですが藤山直美さんに似た資質を持った方だなという印象を持ちました。直美さんは朝のテレビ小説では「芋たこなんきん」で堂々の主演女優でしたが実はその前に泉ピン子さん主演「おんなは度胸」のいけずな長女役がはまり役だったと私は思っています。無表情で絶妙のつっこみを見せるところや相手が絡んできたときのしゃらんとしたあしらい方は男女の違いはあれど雁助さん(山内さん)と直美さんに共通した根っからの大阪の喜劇人のDNAを感じさせて秀逸でした。
    うめさんと雁助さん、いまさら文通て奥ゆかしいやらまだるっこしいやら大人の恋の結末は最後まで顔に似合わず乙女チックな味わいでしたね。

    どれだけ泣いてもあと2回、次こそ最終回に集大成のコメントをする予定です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 藤山直美さんに似た資質

      『芋たこなんきん』は残念ながら観ていないのですが、その数年前に藤山直美さんが主演した映画『顔(FACE)』でのインパクトの強さはいまだに忘れられません。山内圭哉さんに通じる資質、深く納得のご指摘です。

      > 最終回に集大成のコメント

      楽しみにしています!

  10. よるは去った より:

    今日の初めの部分なんかようやく「夫婦」としての時を過ごしているという感じでしたね。そう思えた日々の中に訪れた新次郎君の急変。明日はどんな始まりになるのでしょうか。複雑な心境です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      最後の数十秒まで何事も怒らないよう視聴者を油断させておいて、まさかの急変でしたね。明日、観るのが怖いです。

  11. 新次郎さまファン より:

    新次郎さま、あれだけバタッと倒れはったということは、最後の最後まで力入れて生きてはったということだと思います。それもあさちゃんのため、あさちゃんがそばで見てくれているから、しんどくても精一杯身を起こしていたってことじゃないでしょうか。(すみません、関西弁丸出しで)


    今朝のBS放送分では、「あさが来た」のすぐあとに大阪経済の父五代友厚を取り上げた番組をやっていました。最初の1分ほどは朝ドラの五代さまの主要なシーンを流していたので、それを見られてかなり得した気持ちでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 最後の最後まで力入れて生きてはった

      たしかに仰るとおりですね。三味線の演奏の時は少しだけ元気でしたが、花を咲かせた梅を眺めた時も、雁助さんと談笑する時も、かなりしんどそうでした。残された最後の力を振り絞ってたんですね、きっと。

  12. ねこ より:

    あと、2回の放送となってしまいましたね。
    いつも、放送とともにこちらのサイトを訪れるのを楽しみに過ごしておりました。ありがとうございます。朝蔵さんへお礼を伝えたく、初めてコメントいたします。
    「あさが来た」は「あまちゃん」の次に好きな朝ドラとなりました。「あまちゃん」が終わったときは相当寂しかったので、今回もロスとなることは必然です笑
    明日の、あさちゃんのあさイチと4月23日のスピンオフ期待ですね♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      初コメント頂戴致しましてありがとうございます。
      終了後のロスを克服するためにも、次回作にも全力でぶつかってゆきます。引き続きお付き合い頂ければ幸いです。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  13. koji より:

    新次郎さんが、あんなにもバタッと倒れるとは思いもしませんでした。

    素晴らしい演技力です。

    見終わったあと胸が苦しくなりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      新次郎さんが倒れた時、正吉お父ちゃんが倒れた姿とオーバーラップしました。あの場面もショックだったので辛さ倍増です(涙)

  14. VEGA より:

    千代ちゃんとうめさんの会話。「子を持って知る親心」。千代ちゃんもあさお母さんのいままで歩んできた人生が少しわかったのかな。
    残り少ない放送ですがあさが新次郎を旦那様とたてるように啓介さんと
    加野屋を守っていってください。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      千代ちゃんは第二子も妊娠しているので、ゆくゆくは「お母ちゃん」としてはあさちゃんよりも格上になるかも知れないですね。実際、すっかりお母ちゃんらしくなってきました。

  15. アゲハ より:

    朝蔵さま

    いつもいつもこちらを拝見するのを楽しみにしていました。
    あさが来たも残すところあと2回・・・
    素敵な朝ドラでしたね。
    私は雁助さんとうめさんが特に好きでした。

    朝蔵さまのおかげで、より一層深く楽しめました。
    最後にお礼が言いたくて・・・ありがとうございました!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      うめさんの言葉ではありませんが、この楽しい物語はいつまでもずっと続くような気さえしていました。しかし残り2回。別れが悲しいです。

  16. ゆきりさ より:

    朝蔵さま、おはようございます。

    冒頭の新次郎さまの三味線。
    力強さがなくなりましたが、雅さが増した三味線。
    素敵な演出ですね。

    だからこそ、最後のシーンが、涙腺崩壊寸前でした。

    最後に、トトねえちゃんのリンク、ありがとうございました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      やや猫背気味で一心に三味線を奏でる新次郎さんの姿。音色に魂を込めているようで忘れられない姿となりました。本当に素敵な演出でしたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ