二人三脚のレースに挑む / とと姉ちゃん 第10話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年4月14日(木)放送
第2週 第10話「常子、妹のために走る」

『とと姉ちゃん』第2週 第10話 「常子、妹のために走る」あらすじと見どころ解説

米一俵がかかった町内会の運動会当日を迎えました。しかし、競技直前になっても鞠子は乗り気になれません。そんな鞠子を常子が叱咤激励します。競技に参加するのは賞品のお米だけが目的ではない。一位になって美子に認められたいのだと。

そんな常子と鞠子を馬鹿にする者がいました。玉置家の兄弟、茂雄と正雄です。茂雄と正雄の二人に挑発された鞠子はようやくやる気を示し、美子に認めてもらえる姉になろうと常子と力を合わせ勝負に挑みます。

競技開始。大勢の観衆が声援を送る中、常子と鞠子は転倒する茂雄と正雄を追い抜かしました。その様子を固唾を飲んで美子も、いつしか二人の姉を心から応援するのでした。競技の結果は三位となり、小橋家は米を手に入れることが出来ました。

その夜、運動会で勝ち取ったお米を食べながら常子と美子は仲直りしました。しかし、小橋家に再び危機が訪れます。竹蔵が勤めていた会社の杉野社長が、小橋家への援助を打ち切らせてもらいたいと告げに来たのです。

<<前回9話 | 次回11話>>

midokoro

末っ子の美子からの失った信頼の回復。そして底をついてしまった小橋家のお米の蓄え。これら二つの窮地が運動会によって一挙に解決される痛快な回となりそうです。

『とと姉ちゃん』第2週 第10話 「常子、妹のために走る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

『ちりとてちん』でも、娘の喜代美に卒業祝いのハワイ旅行を贈ろうと特等賞の景品目指してカラオケ大会で熱唱するヒロインの母が描かれました。

しかし、家族の父親代わりのヒロインが狙う運動会の一等賞は、卒業旅行のような贅沢品ではなく日々の暮らしになくてはならない必需品。

それなくしては生きて行けないもの。食べ物=主食のお米でした。

ところが常子が欲していたものはお米だけではありませんでした。末っ子の美子から「とと(父)」であると認められることだったのです。

妹たちの「とと(父)」たろうと奮闘する常子でしたが、自他ともに認める「とと(父)」に一歩近づくことが出来るでしょうか。

『とと姉ちゃん』第2週 第10話 「常子、妹のために走る」
 朝ドラ観賞後の感想

鞠子ちゃんにスイッチが入る

「悔しいからこそ人前で大恥かかせてやりましょう。絶対に勝つわ!」

玉置家のおバカ兄弟に竹蔵ととを愚弄されたことでついにスイッチの入った鞠子ちゃん。ストイックな性格なだけに本気になった姿が凛々しい!

前回、競技に出たくないとあれほどごねていただけにそのギャップが笑えます。

いつも前のめり気味の常子ちゃんとは正反対の性格の、いつも物事を冷めた眼で見つめる鞠子ちゃんですが、怒らせると常子ちゃんと遜色ないかそれ以上の本気を見せる。

この鞠子ちゃんのスイッチに常子ちゃんは気づいたのでしょうか。

クールな鞠子ちゃんも面白いけれど、本気になった鞠子ちゃんもまた楽しい。再び、鞠子ちゃんのスイッチが入った凛々しい姿を見せてもらいたいものです。

頼れるようで頼れない君子かか

「ちょっと気張りすぎたんじゃない?」

運動会が終わり、美子ちゃんとの仲をちょっとばかりこじらせてしまった常子ちゃんに対する君子かかの言葉が的を得て、そして心優しい!

ととになろうと常子ちゃんの肩に力が入り過ぎていたことを君子かかはすべてお見通し。そして自分以外の何者かになろうとしてもがく常子ちゃんの胸中も理解している君子かか。おっとりして天然だけれどいざという時に頼もしい!

「ととはとと、とと姉ちゃんはとと姉ちゃん」

この一言に心をつかまれました。常子ちゃんもこの言葉に救われたはず。

・・・

しかしその夜の、玄関を激しく叩く音への狼狽ぶり。常子ちゃんまかせの頼りなさ。それまで見せていた頼りがいのあるかかの姿は一瞬で消去。さすが天然な君子かかです。

玉置家の長男・茂雄くんの恋?

競技中に転倒して出来た玉置家の長男・茂雄くんの膝の傷を常子ちゃんが優しくケア。その常子ちゃんに見せた茂雄くんの微妙な表情。もしかして恋?

放送終了直後のあさイチ受けでは、

イノッチ説:茂雄くんが常子ちゃんにチョッカイを出していたのは気があるわけではなかった。ということは、これまでのチョッカイはただのいじめ?

柳沢さん説:この出来事がきっかけとなり茂雄くんが常子ちゃんに恋心を抱く。

有働アナ説:茂雄くんは常子ちゃんが好きという自分の気持ちに自分で気がついていなかった。今回の一件で茂雄くんは初めて自分の気持ちに気が付き、そのことに自分で驚いたのが今回見せた表情。

さて、どれが当たるのでしょうか。

追記:イノッチが指摘した、呆然となる茂雄くんの背後を走り抜ける赤と白のダルマのような謎の物体。あのゆるキャラみたいなものが僕も気になりました。

<<前回9話 | 次回11話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tenten より:

    朝蔵様
    おはようございます。
    先週から映画の様な美しい映像に気持ちを持って行かれていましたが、
    鞠子ちゃんのキャラ設定、すごく共感が持てます。
    美子ちゃんは母がファンです。
    常子ちゃんはウーンって感じだけどいつか大ばけするんでしょうね。
    高幡さんは長女の力の入り過ぎで猪突猛進っぷりをよく表現していますね。
    ごちそうさんの時のことを思い出しながら安心して観ています。
    私は有働さんの観察眼すごいなあって思います。
    玉置家の次男の人、中部のローカルバン組でみていたんですが、何と26さい。後のお二人ももしかしたらベテランなのかも知れませんね。
    あさいちネタは観れないので、ひそかにここで保管させていただいてます。
    NHK も本当に良い意味で変わりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      美子ちゃんは役者さんのバトンタッチがもう一回あるはずですが、成長後の姿が楽しみでなりません。そしてレギュラーの役者さんが揃った時の三姉妹の姿が待ち遠しいですね。

  2. ケーキ大好き より:

    運動会の夜の晩御飯。
    白いご飯が美味しそうで、ご飯をお代わりしてしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      日常の暮らしを大切にするお話しだけに、登場人物たちがご飯を実に美味しそうに食べるとこが僕は気に入っています。そしてついつい食べ過ぎに(笑)

  3. VEGA より:

    賞品のお米で家族の夕飯。ほのぼのとした昔の家族の風景。
    姉妹の会話に思わず涙腺が緩んでしまいました。あの会話は理屈ではないですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      心からの礼儀正しい仲直りのしかたが心地よかったですね。

  4. カッチ より:

    1位と思ったら3位でしたね。
    でも、米が手に入って良かったですね。
    美子ちゃんも最後は応援してたし問題は一挙に解決ですね。
    しかし、茂雄くん常子に惚れましたね。
    僕は有働アナの意見に賛成です。
    でも、常子達は東京に引っ越すはずですし、
    その時茂雄くんがどのような対応をみせるか興味あります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      茂雄くんの出番は残りわずかですが、今回のあの表情がしっかり回収されますように。