貴重な収入源失う小橋家 / とと姉ちゃん 第11話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年4月15日(金)放送
第2週 第11話「常子、妹のために走る」

『とと姉ちゃん』第2週 第11話 「常子、妹のために走る」あらすじと見どころ解説

運動会が終わったその夜、小橋家に衝撃が走りました。竹蔵が生前に勤務していた遠州浜松染工工場の社長・杉野が、小橋家の遺族への援助の打ち切りを言い出したのです。他にも結核で亡くなった社員がいる手前、小橋家だけを援助することが困難になったのでした。

そんな中、美子が高熱を出しながらそれを家族には黙っていました。実は美子は運動会の時から具合が良くなかったのです。しかし家族がお金に困っていることを幼いながらに気に病む美子は自分の不調を言い出すことが出来ずにいたのです。

美子が高熱を出した夜、鉄郎が小橋家にやって来ました。小橋家の家計が逼迫していることを初めて知った鉄郎は、小橋家の家主に掛け合います。家賃を安くしてもらえないかと。家主は鉄郎の願いを一蹴するものの、君子にあることを提案しました。

家主が君子に提案したそのあることとは、家主の知り合いのお金持ちの目掛けにならないかということでした。その家主の提案は鉄郎の耳にも入りました。鉄郎は常子と鞠子を家の外に呼び出すと、そのことを二人に告げるのでした。

<<前回10話 | 次回12話>>

midokoro

前回、二つの試練を一挙に克服した常子に、新たな試練が再び訪れます。

これまで辛うじて食いつなげてきたのは亡き竹蔵が勤務していた会社からの遺族への経済的援助でした。今回、それが打ち切りになります。

『とと姉ちゃん』第2週 第11話 「常子、妹のために走る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前回まで、苦しい家計のために奔走し続ける常子、鞠子、そして母の君子の姿が描かれてきました。

しかし、火の車の台所事情を察し負担をかけたくないと考えているのは末っ子の美子も同じことでした。

身体の具合がずっと悪かったのに家のことを考えるとそのことが言い出せない。

美子に認めてもらおうと必死になる常子と鞠子。そんな二人の姉の気持ちが痛いほどわかる美子もまた姉たちに負担をかけまいと精一杯の気遣いをする。

そしてついに美子は高熱を出しダウンしてしまいます。

『とと姉ちゃん』第2週 第11話 「常子、妹のために走る」
 朝ドラ観賞後の感想

熊本の地震にて被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈り申し上げます。

また、東京在住の当ブログ主にも若干の影響が及び、今回のレビュー更新が遅くなりましたことお詫び致します。

玉置三兄弟の足並みの乱れ

玉置家の長男・茂雄くんが実にわかりやすくて可愛い!

彼のキャラから考えて、女の子にあれほどまでに親切にされたのは茂雄くんにとって生まれて初めての経験だったに違いない。

この出来事がきっかけとなって茂雄くんは恋に落ちたのか。それとも朝イチ受けの有働アナの言う通り、自分でも気づいていなかった常子ちゃんへの恋心を自覚したのか。

この茂雄くんの分かりやす過ぎるほどの変化を、次男の正雄くんの相変わらずのチョッカイが際立たさせてくれて、茂雄くんの可愛らしさがさらに鮮明に。

長男の恋によって玉置三兄弟の長男と次男の間の足並みに乱れが発生。

長男と次男の二人三脚競争での転倒は、今回の足並み乱れのフラグだったのでしょうか。一方で美子ちゃんをからかい続けていた三男も、今では美子ちゃんに一目置いてる。

三兄弟の足並みの乱れの回収のされ方が気になってきました。

鉄郎叔父さん

鉄郎叔父さんが初めて役に立つ。

暗い夜道を歩く常子ちゃんと鞠子ちゃんをヘルプし、小橋家がお金に困っていることを察して、いつのまにか大家さんに家賃交渉をするところなど心憎い。

そして「目掛け」騒動が勃発。

美子ちゃんの問いかけで気づいたこの大家さんのおばちゃんの提案を受け、常子ちゃんと鞠子ちゃんだけを家から呼び出しその事実を告げるその「でりけし」も素敵です。

これまで残念な姿をさらし続けていた鉄郎叔父さんの意外な一面の数々。

今回を機に鉄郎叔父さんファンになった人も少なくないのではないでしょうか。

<<前回10話 | 次回12話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えびすこ より:

    玉置家・次男役の加藤諒くん。実は子役からのキャリアがあるんです。
    特徴的な風貌なので今作話題の人物になりそうですね。
    第11回の放送では登場人物は全員無事でした。

    >カッチさん
    やはり「男はつらいよ」の様に見えますか。
    私は以前、三女・美子が「ちびまる子ちゃん」のまる子に見えると書いてますが、外見だけ見ると次女・鞠子がまる子の姉・さき子に見えます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 玉置家・次男役の加藤諒くん

      そうなんですか!線が太く古風な顔立ちなので戦国時代劇向きかも知れないですね。鎧兜をかぶったらかなり似合いそうです。

  2. たこやき より:

    だんだんと楽しみになってきました。
    「あさ」ほどの展開の早さはないけれど、すみずみまで凝ったところは前作に近いのかな、と思っています。

    小橋家にいつも花が活けてあるのが気になっていました。これから東京に行くまでの間に、財政事情で変わってきてしまうのかな?

    ところで2歳7ヶ月の息子は、あさちゃんが好きだったみたいで、まだ常ちゃんには馴染んでいないみたいです。「とと観ようよ」って誘ってもらって「いや!」
    なんとか録画を観始めてもすぐに遊びはじめちゃって。でも美子ちゃんはチラチラとみたりして。

    こうした何気ない普段の生活を大切に思いながら過ごしたいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今週までは小橋家の家庭の中のまったりしたお話しの中心でしたが、次週からは登場人物が一挙に増えるのでその分だけ展開も早くなるのかも知れません。舞台も東京に移り本格的に様々なことが動き出すかと思います。

  3. mizutamari より:

    おはようございます。
    目が覚めました。
    茂雄君、男前ですよね。次男に比べて。
    3男も、可愛い顔しています。
    それから、雨合羽、立派でしたよね。
    美子ちゃんの部屋も、可愛いし色々楽しめました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      玉置三兄弟、長男と三男だけはなかなかの美形。そして、小橋三姉妹への態度も長男と三男だけが改める。次男だけ取り残されたこの状況の回収が楽しみです。

  4. カッチ より:

    三姉妹の結束すばらしいですね。
    美子ちゃんはみんなに迷惑をかけたくないと我慢するし。
    鞠子も二人三脚以来スイッチが入ったようで頼もしくなるし。
    常子と一緒にお医者さんを呼びに行くし。
    鉄郎おじさんも今日は役にたちましたね。
    なんか、自分の兄弟を考えるとうらやましいです。
    常子も一人でがんばろうとせずみんなに助けてもらえばいいと思います。
    意地悪兄弟の次男は最近よくバラエティに出てる人ですよね。
    ちょっとおネエっぽくてきゃりーぱみゅぱみゅのダンスをきれっきれっで踊るのを見ました。
    いいキャラクターなのでもっと出ていてほしいんですけど。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鉄郎叔父さんが今回から妙に素敵になりましたね。寅さんテイストは失わず、いざという時に痒い所に手が届く活躍を見せてくれる。鉄郎叔父さんの登場が楽しみの一つになってきました。