青柳商店のミシンで修繕 / とと姉ちゃん 第26話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年5月3日(火)放送
第5週 第26話「常子、新種を発見する」

『とと姉ちゃん』第5週 第26話 「常子、新種を発見する」あらすじと見どころ解説

富江が破いてしまった鞠子の制服の修繕を常子は引き受けました。しかし、君子のミシンは故障して動きません。咄嗟に常子は思い出します。青柳商店にミシンがあることを。早速、常子は富江を伴い滝子のもとに足を運びました。

しかし君子に気兼ねする常子は滝子にミシンを貸してくれと頼むことが出来ません。そんな常子は一計を案じました。清に頼んだのです。清を言葉巧みに説得し、ついに常子は青柳商店のミシンで鞠子の制服の修繕に取り掛かることが出来ました。

ところが、常子がミシンを使っている現場はすぐに滝子に見つかってしまいます。常子は事情を説明し滝子は快諾。制服の修繕を終えた常子に滝子が尋ねます。女学校を卒業後、青柳商店を継いでみる気はないかと。

鞠子の制服の修繕を仕上げた常子は富江とともに森田屋に帰宅。富江はすべてを皆に話し謝罪するつもりでしたが、ことの顛末を森田屋の面々はすでに知っていました。自慢の娘のやったことに宗吉は激怒するのでした。

<<前回25話 | 次回27話>>

midokoro
なくなった鞠子の制服のありかが発覚しました。

富江が隠していたのです。富江が鞠子の制服を隠した理由、そして富江の本心は少しばかり涙腺を攻撃してくるかも知れません。

『とと姉ちゃん』第5週 第26話 「常子、新種を発見する」
 事前発表あらすじのレビューと解説

富江は幼い頃から両親の仕事を手伝い働き詰めでした。

そんな中、森田屋に住み込みとして暮らし始めた小橋家の三姉妹が学校に通う姿が富江にはまぶし過ぎました。

これまで一度も体験したことがない、そして今後も体験することはまずないであろう女学校生活とはどんな感じがするのか。

そんな富江の憧れが騒動の発端でした。

一方、富江がうっかり破いてしまった制服を常子は青柳商店のミシンで修理しようと思いつきます。

青柳商店のミシンを使わせてもらうべく、常子が言葉たくみに清をまるこめむ場面が笑わせてくれそうです。

『とと姉ちゃん』第5週 第26話 「常子、新種を発見する」
 朝ドラ観賞後の感想

有能な若旦那

「青柳の若旦那は有能で今すぐにでも店を切り盛り出来る」

そうきましたか!

十代半ばのこの若さにして、清くんが一番舞い上がるツボを心得た常子ちゃん、恐るべし。いとも簡単に乗ってしまう清くんもどうかとは思いますが(笑)

しかしこうまで分かりやすい性格とわかると、ちょっとばかり鼻につく自慢話とその前振りの「参ったな〜」も可愛らしく見えてくるから不思議です。

ところで今回、富江ちゃんを呼びに店の外に出た清くんが店の前で鞠子ちゃんに遭遇。鞠子ちゃんを目撃した直後のリアクションはあの後「参ったな〜」に続いたのでしょうか。

清くんのリアクションは、今回またしても途中でカットされてしまっていましたが。

残念な姿を晒し続けるのに自分は素晴らしいと信じて疑わない清くん。ここまで根拠のない自信に満ち溢れていたらいずれ大成出来るかも知れません。

自慢の娘

宗吉大将も清くんに負けず劣らず分かりやすい。

富江ちゃんのことを君子さんから「自慢の娘」と言われ、喜びを隠そうともしない宗吉大将が可愛らしいことこの上ない。

その後、すっかり上機嫌になってしまうあたり、いかにも江戸の男です。

また、娘のことをここまで大事に思っていたのかということも、今回の「自慢の娘」へのリアクションが雄弁に語っていたかと思います。

宗吉大将がますます好きになりました。

それだからこそ、今回最後の怒り心頭の宗吉大将の姿が切な過ぎてつらい。

「自慢の娘」とまで持ち上げられた直後のまさかの「盗難」騒動。皮肉な展開に胸が痛みます。明日には、宗吉大将が取り戻した笑顔を再び見ることが出来るでしょうか。

娘を案じる滝子さん

「君子は元気にやってるかい」

滝子さんの娘への愛情には、ちょっとばかり涙腺を刺激されました。真っ先に君子さんの様子を尋ねるところがたまりません。

常子ちゃんのミシンづかいが上手なことに感心する滝子さん。そのミシンを教えたのは君子さんだった。恐らく、滝子さんも君子さんが幼い頃に家事を仕込んだに違いない。

それと同じことを君子さんが自分の娘にやっていた。

「あの君子がねえ」

この言葉、この顔。君子さんにも見せてあげたかった。

しかし、

「この青柳を継いでみたいとは思わないかい」

この言葉を常子ちゃんに告げたことを君子さんが知ったら修羅場再びです(怖)

<<前回25話 | 次回27話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


6 Responses to “青柳商店のミシンで修繕 / とと姉ちゃん 第26話”

  1. エイスケの後輩 より:

    お裁縫やミシンの腕を使って、母親と触れ合う時間の有無を暗示させる脚本が巧みだと思いました。
    (というか、そこまで考えが及ばなかったので、朝蔵さんの考察に感心しました)
    前作と比べてストーリーのテンポがゆっくりめと言われますが、伏線の細やかさや、各エピソードが示唆するものの深みは、本作の方が優れているように思います。

    ミシンはNHKで保管されているものを使い回しているのかな?と思いました。
    祖母が使っていた足踏みミシンを思い出して懐かしく感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      キャラクターの残念な性格を巧みに利用する展開も今回は際立っていました。ミシンを使えるようになったのも清くんの見栄っ張りな性格のおかげなら、最後の騒動を起こしたのも同じく清くんの性格。見事でした。

  2. よるは去った より:

    清君は操作しやすい点では「将棋」に釣られ易い宗吉さんといい勝負かなと思いきや、どうも秘密の約束事は出来ない人のようですな。常子ちゃんが何とかうまく誤魔化そうとしているのに全部白状しようと言う富江ちゃんも潔い。でも「馬鹿野郎!」と拳を振り上げて我が娘に詰め寄って行く宗吉さんもどこか悲しそうでした。まー無理のない話でしょうけどね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      清くんに大事なことを打ち明ける際は、若旦那は口が固くて信頼出来ると青柳の誰もが言っているとヨイショすれば、おしゃべりを踏みとどまらせることが出来るかも知れませんね(笑)

  3. オカンT より:

    本編で登場する足踏みミシンですが、私の実家では今だに現役で稼働中です。
    実家の母が昭和40年代に某服飾デザイナー(コシノ一族ではありません)の工房で働いておりまして、その時に大枚叩いて購入したらしく、母は今でも御近所さんに洋裁を教えるほどの腕前ですが、娘の私にはあまり遺伝せず(笑)孫たちの幼稚園グッズもそのミシンで作ってくれました。
    そんなわけで、昭和時代のドラマであの型のミシンを見るたびに母を誇らしく思います。
    とは言え相当の年代ものなので、脇の皮ベルトがだいぶ傷んでおり、これが切れると修理してもらえる場所がもうないため、母も「これが切れたら私の洋裁人生も終わりやわ」と話していました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      足踏みミシンがまだ健在で現役で動いているんですか!それを使って洋裁の教授まで出来るお母様も立派です。
      足踏みミシンのリズミカルな音を懐かしく思い出します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ