KT歯みがきの量産開始 / とと姉ちゃん 第42話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年5月21日(土)放送
第7週 第42話「常子、ビジネスに挑戦する」

『とと姉ちゃん』第7週 第42話 「常子、ビジネスに挑戦する」あらすじと見どころ解説

ある日、常子は担任の東堂から鞠子の悩みを聞かされました。鞠子は『青鞜』に感動してからというもの、平塚らいてふのような女流作家になることを夢見ていました。しかし、その夢を叶えるための大学進学の希望を家族に言い出せずにいたのです。

鞠子の望みを知った常子は決意します。練り歯磨きの事業を成功させ、鉄郎の借金も肩代わりし、鞠子の望みも叶えてあげようと。常子は自分の名前のイニシャルに由来した「KT歯みがき」という名の練り歯磨きを売り始めるべく量産の準備をすすめます。

常子の「KT歯みがき」の事業には鉄郎も全面的に協力しました。大量生産するための資金を調達しつつ露天では商品をまたたく間に完売。常子は鉄郎のことを生まれて初めて尊敬するものの、鉄郎を尊敬したことはたちまち後悔に変わりました。

鉄郎を追ってきた借金取りに「KT歯みがき」は安く買い叩かれることになってしまったのです。借金取りの恫喝に恐れおののいた鉄郎は書き置きを残して逃亡。順調にはじまるかに見えた常子の事業は一転、窮地に陥ってしまうのでした。

<<前回41話 | 次回43話>>

midokoro
叔父の鉄郎の窮地に加えて、鞠子がひそかに胸にいだいた夢が常子の背中を押します。

練り歯磨きビジネスが本格稼働です。

『とと姉ちゃん』第7週 第42話 「常子、ビジネスに挑戦する」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ohashi suneko(小橋常子)のイニシャルに由来する「KT歯みがき」というネーミング。史実ではhashi izuko(大橋鎮子)にちなんで「OC歯みがき」と名付けられました。

大橋鎮子さんは後にこのOC歯みがきを振り返り「これを売り出したら、お金のいらない世界に漕ぎ出せる(大橋鎮子著『「暮しの手帖」とわたし』より引用)」という言葉を残していますが、劇中で描かれる常子の商売の目的もまさにそこにあるようです。

叔父の借金。妹の進学。

大きな夢、自己実現のための商売ではなく、普通の暮らしを守るための商売。極めて現実的な事柄が動機となっているのは、亡き竹蔵が遺した言葉の影響によるものでしょうか。

ついに始まった練り歯磨きプロジェクト、次週に続きます。

『とと姉ちゃん』第7週 第42話 「常子、ビジネスに挑戦する」
 朝ドラ観賞後の感想

人物の小ささが可愛い東堂先生

早とちりから鞠子ちゃんの問題は解決したものと思い込み、それが勘違いだったとわかるや否やその場から逃げ出そうとする東堂先生の人物の小さいところが可愛くておかしい!

女性の生きる道を熱く説き、繊細な気遣いが出来るその一方で怪しい一面を持つ。そんな豪放な性格でありながら実は小さい。

これほどまでに矛盾に満ちた性格を一人の人物の中に落とし込んで演じきってしまう片桐さん、この方はやっぱり最強です。

叔父さんはやっぱり叔父さんだった

森田屋の弁当に試供品を添えて宣伝するという発想力。先回りして事業資金を調達する行動力。露天で披露した故スティーブ・ジョブズなみのプレゼンスキル(笑)

鉄郎叔父さんの商才は確かなものかも知れません。

どこぞで資金調達をしてきた鉄郎おじさんにナレーションは「まずお金を返すのが先決」と待ったをかけましたが、僕はこの鉄郎おじさんのやや前のめり気味の行動力に前作ヒロインあさちゃんに通じるものを感じました。

維新前後、加野屋の蔵に山と積まれていたはずの千両箱が姿を消している。そんな中での新政府からの軍資金調達の要請。

まさかの要請に腰を抜かしてしまった正吉お父ちゃんにあさちゃんが言いました。ここは借金してでもお金を出す時だと。

鉄郎叔父さんも同じ考えだったのかも知れません。

目先の借金15円にとらわれず、ここは借金してでも事業への投資を先行させるべきだと。ただし借金取りの怖そうな方がやって来る早さが想定外だったというか、読みがあまかったのかも知れません。

叔父さんはやっぱり叔父さんだったんでしょうか(笑)

でも、『とと姉ちゃん』後半で常子ちゃんが出版事業を始めて以降、何かのタイミングでこの鉄郎叔父さんの商才が活かされ、いい仕事をしてくれるかも知れません。

そんな日がやってくるのを楽しみに待っていたいと思います。

OL常子ちゃん

昭和10年代にOLなんていう言葉があったかどうかは定かではありませんが、次週の予告映像でちょっとだけ披露された常子ちゃんのOL姿がとても可愛らしい。

次週が待ちきれません。

<<前回41話 | 次回43話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


12 Responses to “KT歯みがきの量産開始 / とと姉ちゃん 第42話”

  1. えびすこ より:

    女学校の場面を見て感じたのですが、学校のセットはわざと寸法を小さく作っているのでは?ドアの高さが低めに見えます。
    男性の先生もいますが現代の学校(女子高)のドアの高さと比べると10cmほど短いように見えます。
    昔と今とでは学校の建物は「高さ」に関しての寸法が違うと思いますが、女子高でも昔よりは寸法がいくぶん高いと思います。
    あさが来たの時は和室の寸法が小さく見えなかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      青柳商店や森田屋のセットも心なしか小さい気がしていました。清くんや鉄ちゃんの頭がよく鴨居にぶつかりそうでいつもヒヤヒヤしてます。

  2. えびすこ より:

    歯磨き粉は今だと薬事法で一般人が製造・販売できないですね。
    ビールも似たような物で案外簡単に作れるようです。
    とと姉ちゃんは梅ちゃん先生と似ていると言われるようです。両方とも東京の下町を舞台にしていますね。ただ、番組の開始時期が戦前と終戦の日で違いがあり、主人公の家族構成も丸々同じではないですね。次作のべっぴんさんはカーネーションに似てるとの意見も。

    ところで朝ドラで全部の回で視聴率が20%以上だったのは、たぶん平成の初めの頃にもあったと思います。ただ、1989年以降とそれ以前とでは調査方式が違うようです。
    平成の初頭までは朝ドラは平均視聴率30%台であったようです。もし、とと姉ちゃんが快挙を達成すれば「199何年の~以来」と出ますね。大河ドラマでは篤姫がやっています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『とと姉ちゃん』と『梅ちゃん先生』、時代はややずれてますが、共通するところが多いのは確かですね。ヒロインの叔父はちょっと残念な男性だったり、理系男子といつの間にか恋をしたり。そして鶴ちゃんもいる。次回作は『カーネーション』のヒロインが「ドレム!」に目覚めた土地が舞台ですね。

  3. Morningstar より:

    もしかしたら東堂先生の懐がとても深いから、あのような行動を撮ったのでは、と私は思いました。

    鞠子ちゃんから、歯磨き事業の報告はあったのに、進学の報告はなかった。だから、状況は聞くまでもなくわかる。だから、あえて鞠子ちゃんに状況を聞かずに、足取り軽く歩いていた常子ちゃんを見つけると事業のことを聞くついでに、鞠子ちゃんのことをさりげなく伝えたのでは、と思いました。

    「鞠子さん、ご家族にも言えず悩んでいたから」
    「口止めされていたから」
    という言葉が、常子ちゃんへの説明っぽいようにも聞こえます。

    解決されたと思った、という前提なら、鞠子ちゃんに対して嘘をついたことにもならない。
    勘違いしてうっかり話してしまったと知ったことになった瞬間からの行動が、ちょっとしらじらしくて可愛いと思いました。

    でも、朝蔵さんの解説を読んで映像を回想してみると、そのような感じもします。

    だから、小説もドラマも面白いんですね。

    いずれにしても、東堂先生は可愛いというところは共通ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鞠子ちゃんとの約束は守ったというアリバイをつくった上での常子ちゃんへの報告。深い読みですね!たしかに身内に知らせるべきことですからね、鞠子ちゃんの悩みは。次週には鞠子ちゃんの悩みも解決されるのでしょうか。

  4. よるは去った より:

    壇ふみさんN「お金を返した方が・・・・・。」と心配してた事態が。でもあまり重く感じさせないところがこのドラマ演出の上手いところかな。あのヤーさん役はプロレスラーの村上和成氏とな。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鉄郎叔父さんは生命力が強そうなので、どんな事態に陥っても生き抜くかなという不思議な安心感があります。それも重く感じさせない要因の一つなのかも知れません。

  5. ととまるこちゃん より:

    歯磨きの話やっちゃうんですね。歯磨きエピソード面白い!!と思っていたので、映像化うれしいです。ただ、このドラマ、史実を改悪しがちなので、変にしないでほしいですね・・

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      歯磨きエピソードの史実の資金調達がらみのエピソードはそのまま描くと生々し過ぎるのでそこは割愛されるかも知れませんね。

  6. 竹芝 より:

    事故実現→自己実現ですね!

    「まれ」→「あさがきた」→「とと姉ちゃん」といつも楽しく読ませていいただいています。これからもよきネタバレお願いいたします

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      誤変換のご指摘ありがとうございます。
      早速、訂正させて頂きました。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ