鉄郎が借金を残して失踪 / とと姉ちゃん 第43話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年5月23日(月)放送
第8週 第43話「常子、職業婦人になる」

『とと姉ちゃん』第8週 第43話 「常子、職業婦人になる」あらすじと見どころ解説

常子に借金を残したまま鉄郎がこつ然と姿をくらましました。借金取りからは練り歯磨きを借金のカタに取ると脅され、途方に暮れる常子のもとに星野がやって来ました。練り歯磨きのことで、星野は常子にアドバイスしに来たのです。

練り歯磨きが紙包みだと必要以上に使ってしまう。紙包みの練り歯磨きを、使う分だけ取り出せる容器に入れてはどうかと星野は提案します。常子は、星野が植物の絵を描く時に用いる絵の具からヒントを得て、チューブ入りの練り歯磨きにすることを発案。

借金取りには、借金のカタとして紙包みの練り歯磨きを差し出し、自分はチューブ入りで使い勝手の良い練り歯磨きを売る算段をする常子でした。しかし、森田屋にやって来た借金取りは常子の算段を見破ってしまいました。

チューブ入りの練り歯磨きが大量に隠されていることを知った借金取りは激怒。常子たちが窮地に立たされる中、思いがけない助っ人が現れました。滝子と青柳商店の男衆です。滝子たちに凄まれ借金取りは退散。しかしその直後、チューブが破裂しはじめるのでした。

<<前回42話 | 次回44話>>

midokoro
鉄郎が書き置きを残して失踪します。

しかし鉄郎が残したのは書き置きだけではありませんでした。借金も常子に残して姿をくらましてしまったのです。

『とと姉ちゃん』第8週 第43話 「常子、職業婦人になる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

書き置きとともに借金まで残されてしまった常子のもとに借金取りがやって来ます。

常子がつくった練り歯磨きに人気があることに目をつけた借金取りは、練り歯磨きを常子から安く買い叩き、それを客に高く売ることで利益を得ようと悪だくみをします。

しかし、借金取りに負けじと常子も策を弄します。

星野からもらったヒントをもとにつくった練り歯磨きの改良品を自分で売り、改良前のものを借金取りに差し出そうと算段したのです。

しかし、その算段はすぐにバレてしまい・・・

この後にはスリリングな展開が待っていますが、この後のことは観てのお楽しみにしようと思います。

ちなみにブログ主は滝子さんと青柳商店の男衆が活躍する姿を見せてくれるこの後の思いがけない展開にかなり期待しています。

『とと姉ちゃん』第8週 第43話 「常子、職業婦人になる」
 朝ドラ観賞後の感想

滝子さんの凄み

「深川と喧嘩する覚悟があるなら受けて立つ!」

今回は滝子さんの凄みにすべてを持ってゆかれました。

そして滝子さん役に大地真央さんを起用した理由に改めて納得の回ともなりました。チンピラを震え上がらせるだけの凄みを持った女優さん、他にはなかなかいないかも。

自然体であの凄み。さすがです。

鶴ちゃん演じる隈じいの啖呵の切り方も堂に入っている。屈強な男たちの威を借りて凄む清くんの嬉しそうな顔も忘れられません。さらに青柳商店の男衆の迫力と心意気。

二百年の老舗の風格を思い知らされる見事な青柳商店のチームワークでした。

さらに「深川と喧嘩する覚悟」という啖呵の切り方。「深川と喧嘩」なんていう粋なセリフをつくってくれた脚本家の先生の言葉のセンスも大好きです。

深川の材木商で誇り高く働く面々への敬意と愛情がたっぷりこもっている「深川と喧嘩」という言葉の気持ちの良い響き。

忘れられない名セリフの一つとなりました。

一方、青柳商店の四掛け(八十年)の老舗・森田屋。

「いい子の宗ちゃん」の普段の威勢の良さはどこへやら。常子ちゃんに協力を申し出たまでは良かったのですが、借金取りが乗り込んできた時に宗吉大将にはもうひと踏ん張りして欲しかった。

まつさんも意外なほど弱かったですが、後ろ盾となる男たちがあの体たらくではやむなしかも知れません。

長谷川くんも、借金取りの矢面に立つという宣言を瞬時に忘却。

でも、卵焼きを差し出す時に必死に平静を保つその姿がなかなかけなげだったと思います。彼なりに怖さに耐えたのでしょう。

た腹巻きバカの鉄ちゃん

ちょっとネタバレになりますが、もう二度と戻って来ないのではと散々言われていた腹巻きバカこと鉄ちゃん。次回には戻ってくるようです。

果たしてどんな顔をして戻って来るんでしょうね。

前回に披露された商才の片鱗。鉄郎叔父さん、単なる残念な叔父さんでもなさそうなので、ひどく気になり始めています。

見た目はあんなですが、鉄郎叔父さんは竹蔵ととと血の繋がった兄弟。将来大化けするかも知れません。

<<前回42話 | 次回44話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


10 Responses to “鉄郎が借金を残して失踪 / とと姉ちゃん 第43話”

  1. うつ より:

    まるで「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」に出てくる
    主人公の叔父みたいな人ですね、
    この小橋健一という人は。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      叔父というのは「ホンダラ」という名のキャラのことでしょうか。WIKIで調べた限りでは、独身、まともに働かない、いつも変な商売をしている、しかし愛嬌がある等々、たしかによく似てますね。

  2. アーモンド より:

    結果として、借金取りに歯磨きチューブを持って帰ってもらった方がよかったかな?
    あのあと借金取りの前で破裂して、借金取りがあわてふためくところ見たかったかな

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      同じこと考えてました(笑)借金取りに一泡吹かせていれば失敗もただの失敗にならずに済んだかもですね。

  3. よるは去った より:

    あのチューブの破裂がヤーさんたちの顔面目掛けておきたならどんなことになっていたかな⁉滝子おばあさまに凄まれて足元震わさせた挙げ句に尻尾巻いて退散するような奴らだから、かなりパニくるでしょうね。滝子おばあさまは女将というより、女親分って感じでしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 女将というより、女親分

      深川の男衆たちを統べるには「親分」でなければつとまらないのかも知れませんね。

  4. えびすこ より:

    「商品が破裂する」場面。マッサンを思い出しました。両方とも技術的にそうなってますが粗悪品のために破裂してますね。チューブ型歯磨き粉は「ライオン」が国内では先にやっているのでは?

    先日投稿した後にビールで思い出しましたが、八重の桜の序盤の回で西島さんふんする山本覚馬が、長崎で科学実験の一環でビールを作る場面がありました。150年ほど前の技術でもビールが作れました。

    ところで今期は民放ドラマで朝ドラヒロインOGが主役級でかなり出ていますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      商品破裂、そう言えば『マッサン』でもありましたね!あの時は鴨居の大将が頭が爆発しそうだとかなり動揺してました。
      ビールと言えば『あさが来た』で繰り返し登場したビールはすべて黒ビールでしたね。美和さんの店でも寄り合い所でもいつも黒。当時は黒がメジャーだったのでしょうか。現代は黒はかなりマイナーですが。

  5. みや より:

    朝蔵さん、おはようございます。
    今週の帝大生の星野さんの話は、来週の滝子と君子の感動の話に向けての準備期間だったような気がします。
    しかし、そのあと、管理人さんのこの常子の展開を見て、職業婦人を考えてからの飛躍ぶりに驚きと同時に、実に面白そうと思いました。
    ヤフーでは、「とと姉ちゃん」の視聴率は上がる一方と書いてありますが、コメントではけっこう、「つまらない」「あさが来たの方が断然、面白い」という結構、低い扱いがなされているのですが、私は、「あさが来た」よりも、「とと姉ちゃん」の方が好きですね。
    常子の家族に対する強い意志が感じられ、また、森田屋のキャラクターもよく出来てると思いますし、
    明日から二週間(母と祖母、常子の職業婦人への目覚め)は、かなり面白くなりそうですね。
    では。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      春スタートの朝ドラはゴールデンウィーク明けから物語が本格的に動き始めることが多いようですが、本作も「はじまった感」が出てきましたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ