家訓再開に反発する美子 / とと姉ちゃん 第56話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年6月7日(火)放送
第10週 第56話「常子、プロボーズされる」

『とと姉ちゃん』第10週 第56話 「常子、プロボーズされる」あらすじと見どころ解説

乗り気でない美子を押し切り、常子は家訓の「月に一度のお出かけ」を再開しました。そして迎えたお出かけの当日。文学同好会の朗読会に参加する鞠子と、級友との勉強会に出る予定だと言う美子は少し遅れて常子と君子に合流することになりました。

しかし、待ち合わせ場所に美子は姿を表しませんでした。心配になった常子たちがお出かけをやめて森田屋に戻ってみると、ほどなくして美子も戻ってきました。美子の勉強会の予定は嘘でした。滝子を手伝い、青柳商店の働き手たちのお仕着せを縫っていたのです。

嘘をつかれたことに激怒する常子が美子に言いました。家訓よりも駄賃のほうが大切なのかと。しかし、美子も常子に言い返します。家訓のお出かけなどやめてほしい。常子と美子は対立したまま年が明け、昭和15年(1940年)正月を迎えました。

正月休みも終わったある日、常子の勤め先に見知らぬ女性が乗り込んできました。その女性は浄書室に入るなり、タイピストの諸橋につかみかかりました。その女性の夫と諸橋の不倫が発覚したのです。その騒動が原因で諸橋は解雇されてしまうのでした。

<<前回55話 | 次回57話>>

midokoro
鞠子も美子も、もう子供ではありません。家族とのお出かけよりも友達との時間を優先したい年頃です。

そんな本心を美子がついに爆発させます。

『とと姉ちゃん』第10週 第56話 「常子、プロボーズされる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

家訓である「月に一度のお出かけ」を再開させたものの、年頃の鞠子にしてみれば家族と過ごすよりも文学同好会の仲間たちと過ごしたいのが本音のはず。

すでに女学生の美子も同じ気持ちなのでしょうか。

しかし、それなりの年齢になっているため常子の気持ちもわかる鞠子はそんな本音を封印。しかし、幼少期からマイペースだった美子は本心を隠し通すことが出来ないようです。

ただし、美子がお出かけを拒んたのは友達と過ごすためではなく、滝子の仕事を手伝うためでした。

そして、滝子の仕事を手伝う美子の動機が泣かせてくれるようですが、その動機が明らかになるのはもう少し先のことのようです。

その美子の動機がわからない常子は、ついに美子と衝突します。

『とと姉ちゃん』第10週 第56話 「常子、プロボーズされる」
 朝ドラ観賞後の感想

姉妹ゲンカ

家族の中で自分だけが竹蔵ととと家訓を守る約束を交わした常子ちゃん。家族の中で竹蔵とととの思い出が一番少ないよっちゃん。

立場は正反対。そして二人ともまだまだ若い!

だからお互いの立場に想像力をめぐらす余裕がないのはしかたないですが、あれほど仲の良かった常子ちゃんとよっちゃんが本気でケンカをする姿を見るのはつらい。

「おやつ買うとか無駄遣いしかしないのに・・・」

言ってはいけないことを口にしてしまった常子ちゃん。この常子ちゃんの言葉に言い返しはせず、ただ寂しい表情を浮かべるだけのよっちゃんの秘めた本心を知ってしまっているだけに切ない。

見ていて苦しい姉妹ゲンカでした。

前回、小さな火花を散らし合う常子ちゃんとよっちゃんの間に入って、ケンカになりかねない二人を上手にフォローしていた鞠子ちゃん。

今回の本格的な対立の解決にも、鞠子ちゃんがひと働きしてくれるのでしょうか。

僕を作物と思ってください

星野くんが今日も優しい!

常子ちゃんの愚痴を聞かされて、妹の気持ちを考えなよなどと忠告するようなこともせず、さりとて常子ちゃんの肩を持つわけでもない。

ただ淡々と常子ちゃんの言葉を受け入れるのみ。

愚痴をこぼす相手の心を癒やすのに一番効果的なのはただひたすらに相手の話を聞いてあげるだけ。いつも植物ばかり観察している星野くんですが、そんな心の機敏に通じているようです。

常子ちゃんとよっちゃんの対立が激しいだけに癒やされる常子ちゃんと星野くんのしあわせなひととき。

ネタバレになりますが、この二人の穏やかな時間も間もなく終わりを迎えるのかと思うと、ほっこりするはずの瞬間が切なくてたまりません。

追伸:「日曜日の殿方」・・・かをるちゃんのこの表現が大好きです。

泥棒ネコ

前週末に放送された予告映像にチラッと登場した浄書室で大暴れする女性の姿。ひそかに気になっていたその女性の正体が描かれました。

ハラハラする場面ではありましたが、一方で安心している自分もいました。

諸橋さんの社内不倫が発覚することは事前に知っていました。しかし、どのように発覚するかは不明でした。

もし、社内の誰かの密告だったり、動かぬ証拠が会社の中で見つかったなんていう展開だと朝から生々し過ぎるかも。

そんなどうでもいいことを心配していたので、奥様が怒鳴りこみにやってきて大立ち回りを演じることで社内不倫発覚という、ある意味明るい展開に安堵しました。

でも、今も昔も叩かれるのは女性だけなんですね。

<<前回55話 | 次回57話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


6 Responses to “家訓再開に反発する美子 / とと姉ちゃん 第56話”

  1. よるは去った より:

    森田屋の不景気といい、鳥巣商事(で良かったっけ?)の不倫騒動といい、世相と共に話があちこち重くなり始めているけど、せめて常子ちゃんと美子ちゃんの問題から修復してほしいですな。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      常子ちゃんとよっちゃんの対立が激化した上に、あたらしい「問題」まで登場してしまいましたね。先週あたりから一話の情報量が急に増えてきた気がします。

  2. カッチ より:

    ついにやっちゃいましたね。
    常子と美子のバトル。
    とととの思い出が少ない美子にすれば家訓が理解できないのですかね。
    でもこれ反抗期の娘が父親に対するもののように思えて、常子はやっぱりととになったのかなと思います。
    鞠子の活躍に期待します。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 反抗期の娘が父親に対するもの
      > 常子はやっぱりとと

      なるほど!鋭い読みですね。
      ただの姉妹ゲンカではないというご意見、深くうなずける洞察です。

  3. うつ より:

    大河ドラマ「太平記」の終盤に起こった、
    佐々木道誉や高師直の素行の事で足利尊氏と弟の直義の
    仲が悪化した件を彷彿させるなw

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      足利兄弟喧嘩、よく知らなかったので改めて調べてみましたが、ずいぶんと激しいバトルだったんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ