ままごと道具と物々交換 / とと姉ちゃん 第74話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年6月28日(火)放送
第13週 第74話「常子、防空演習にいそしむ」

『とと姉ちゃん』第13週 第74話 「常子、防空演習にいそしむ」あらすじと見どころ解説

滝子の思い出が詰まったままごと道具を美子は泣く泣く物々交換に差し出しました。そのままごと道具と交換することによって、三姉妹は豊富な食べ物を農家から手に入れます。しかし、滝子の大切な思い出を失うことは美子には耐えがたいことでした。

美子のけなげな振る舞いに鞠子は心を動かされました。すでに小説家になる夢を捨て軍需工場で働いていた鞠子は、次女として家族を支えようと決意を固めます。しかし、思うように家族を守ることが出来ず自信を失ってしまう鞠子。

その頃、米軍機が続けざまに東京の街を爆撃しはじめていました。常子が原稿待ちのために遅くまで働いていた日にも空襲があり、帰宅出来なくなった常子は五反田と避難。離ればなれになってしまった家族の安否に不安を募らせます。

君子たち家族は無事でした。家族と再会を果たした常子は心を決め五反田に打ち明けます。戦争を賛美する雑誌をこれ以上つくりたくはないと。常子の願いに五反田は答えました。自分に赤紙が来た。もう雑誌はつくらない。

<<前回73話 | 次回75話>>

midokoro
美子は泣く泣く滝子の思い出が詰まった宝物を手放しました。

ちなみに、前週の最後に最愛の三人の孫たちと別れを告げた滝子は、その直後に亡くなるのだそうです。

三姉妹の祖母とともに、祖母の形見の品は完全に失われてしまいました。

『とと姉ちゃん』第13週 第74話 「常子、防空演習にいそしむ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

農家が物々交換に応じてくれたことで久しぶりにお腹いっぱいに食べることが出来た三姉妹でしたが、それと引き換えに失ったものも決して小さくはありませんでした。

浜松から東京に転居し小橋一家が青柳の家に暮らし始めたばかりの頃。滝子にもらったままごとでいつも遊んでいたリトル美子の姿を忘れることが出来ません。

その頃、滝子と君子の対立が勃発。

娘と孫たちが家を出て行ってしまい、残されたままごと道具を愛おしそうにながめる滝子の表情も強く印象に残っています。

滝子と三人の孫たちが心を通い合わせるシンボルとして用いられていたままごと道具。

三人の中でも一番のお婆ちゃん子だった美子にとってはこれ以上ないほどの宝物。それが失われる場面は観ていてつらいものになりそうです。

『とと姉ちゃん』第13週 第74話 「常子、防空演習にいそしむ」
 朝ドラ観賞後の感想

三姉妹の絆

家族の中に男性がいないため家族のうちの誰かが出征する心配がないことがどれほど恵まれていることなのかを実感し、思い出にしがみつく自分を恥じて大切なおもちゃを手放す決心を固めたよっちゃん。

本当は悲しくてならないのに、農家の女の子の前で気丈に振る舞うよっちゃんの姿に案の定涙腺を攻撃されました。

そんなよっちゃんの姿に心を動かされる鞠子ちゃんも、いつの間にかすっかり大人に成長していました。

自分だって家族を支えるために大学卒業後は作家の夢を諦め工場での勤務をはじめた鞠子ちゃん。十分に家族のためになっているはずにも関わらず、よっちゃんの姿を見て自分を省みる鞠子ちゃんの家族思いにも涙を誘われました。

そして、これまでは守る対象であったはずの鞠子ちゃんとよっちゃんが、家族のために自分の夢や思い出を手放す姿を見て、深く胸を痛めるとと姉ちゃん。

三姉妹の絆が太いから極限状況の中でさらにお互いを思いやるのか、それとも極限状況が三姉妹の絆をさらに太く強いものにしているのか。

困難な時代を背景とはしていますが、間もなくはじまる三姉妹が力を合わせる出版事業。姉妹の間で多少の衝突は何度もあるかも知れません。

しかし、大筋では三姉妹のことを安心して見ていられるかなと期待しています。

追伸:前作『あさが来た』で山王寺屋の倒産で売りに出されたはつちゃんの箏が、後々になって新次郎さんと亀助さんの尽力により取り戻されるという場面がありました。

願わくば、よっちゃんが今回手放してしまったおばあちゃまの思い出がいっぱい詰まったおままごと道具が、戦後、どこかの古道具屋で見つかりよっちゃんの手元に戻ることを願ってやみません。

五反田さんは戦死?復員?

前回の「後ろ姿がたまらない」に続いて今回は「そんな悲しい顔は美人に似合わないよ」

一歩間違えればセクハラまがいの言動の数々。五反田さんが言うと、セクハラ臭がまったくなくなり、それでいて夜のオーラがしっかり出ている。

ミッチーだから出来る技でしょうか。

さて、そんな五反田さんに赤紙が来ました。

以下、ネタバレです。

五反田さんは無事に復員します。戦死の心配はありません。

むしろ心配なのは、戦後に常子ちゃんが出版社を起業した後のこと。戦後、甲東出版は谷社長も復員し雑誌『新世界』を再刊行。

しかし、経営方針が時代の波に乗り遅れた甲東出版は大手出版社に吸収合併される展開となるようです。

そうなった時、五反田さんに再び出番は残されているのか。

戦時下に、そんなことを考えて不謹慎だ!と組合長の三宅さんに叱られそうですが、戦後の五反田さんが今から心配です。

<<前回73話 | 次回75話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


6 Responses to “ままごと道具と物々交換 / とと姉ちゃん 第74話”

  1. カッチ より:

    おもちゃを受け取って喜ぶ子供を見て一度は笑顔を見せたよっちゃんでしたが、やっぱり帰る途中泣いてしまいましたね。
    抱き合って泣く三姉妹を見て絆の強さを感じました。
    こういう姉妹だからこそ戦後協力して会社をやっていけるんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回は三姉妹の絆の深さが心に沁みる回でしたね。辛い時代でしたが、それだから余計に三姉妹の仲の良さが際立っていました。

  2. くまさん より:

    子橋家になってます。美子、お婆ちゃん子と子の字変換が続いたからでしょうか。
    辛い週になってますね。毎日視るのが耐えられそうにないので今週は録画貯めて視聴のつもりです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      誤変換のご指摘ありがとうございます。
      早速、訂正させて頂きました。

  3. よるは去った より:

    美子「いろんなものがなくなっちゃった・・・・・。」 鞠子「戦争っていつ終わるのかな・・・・・。」 常子「戦争を誉め称える雑誌はもう・・・。」この3つの台詞が今日のKey かな。五反田氏にもとうとう赤紙が・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 戦争を誉め称える雑誌はもう

      雑誌はわかりませんが、新聞については戦争を讃え読者をあおるほど販売部数が伸びたらしいですね。某新聞社などは食料事情が厳しい中でも高級料亭で連夜の宴会だったとか。罪深い話です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ