常子たちが創刊準備開始 / とと姉ちゃん 第91話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年7月18日(月)放送
第16週 第91話「“あなたの暮し”誕生す」

『とと姉ちゃん』第16週 第91話 「“あなたの暮し”誕生す」あらすじと見どころ解説

昭和21年(1946年)12月。終戦から一年以上の月日が経過したにも関わらず、復興は遅々として進まず人々の暮らしも一向に改善されないままでいました。そんな中、常子と花山は闇市で庶民の暮らしぶりを観察しました。

常子と花山はまずはじめに戦うべきことを決めました。それは女性が着るものの不足の解消でした。身だしなみを整えることを忘れた女性たちがキレイなものを着ることが出来れば心も豊かになるはずだ。常子と花山はそう考えたのです。

一方で鞠子と美子は出版社の事務所として入居する物件探しをしていました。無名の出版社でも銀座に事務所を構えていれば読者からの信頼を得られる。そんな花山の意見に従い、鞠子と美子は銀座の一角に事務所を探し出します。

銀座の事務所への入居も完了しました。雑誌づくりがはじまるものの、仕事をしているようには見えない花山の行動が鞠子と美子を不安にさせていました。そんな中、綾が常子を訪問してきました。綾の訪問目的は常子を驚かせます。綾はお金の無心に来たのです。

<<前回90話 | 次回92話>>
midokoro
常子と花山による雑誌づくりがはじまります。

並行してこれから物語の主要舞台となってゆくはずの銀座事務所の物件さがしも鞠子と美子によってスタート。躍動感あふれる回になりそうです。

『とと姉ちゃん』第16週 第91話 「“あなたの暮し”誕生す」
 事前発表あらすじのレビューと解説

事前発表によれば、前回で常子が新雑誌の着想を得てその実現には花山の力が必要だと思ったその時、花山はすでに他の事業の準備に取りかかっているというところまでで終わっています。

一方、今回はすでに常子と花山の協業がはじまったところから物語がスタート。

前週の最後か、または今回の冒頭で、花山が編集長を引き受ける場面が描かれるものと思われます。

その場面がどのタイミングで描かれるのかは本記事投稿時点では不明。タイミングが判明次第、加筆いたします。

さて、雑誌の誌面づくりと同時に事務所となる物件探しもはじまります。

史実によれば、大橋女史と花森氏がはじめて入居した事務所は劇中と同じ銀座でした。現在、JR新橋駅から徒歩数分のところに建っているリクルートビルの場所に、入居したビルがあったのだそうです。

『とと姉ちゃん』第16週 第91話 「“あなたの暮し”誕生す」
 朝ドラ観賞後の感想

花森安治の出版への想い

常子ちゃんと花山さんが出版を決めた「ファッション誌」と現代の「ファッション誌」。

同じ「ファッション誌」であっても、出版の動機は現代の「ファッション誌」と常子ちゃんの時代のそれとではずいぶんと差があるものです。その違いさにビックリしました。

今回、闇市の中で転倒させられたおばちゃんが悔しそうに言いました。

「戦争に負けたことが日本の女を変えてしまった。日本の女は昔はこんなではなかった。身なりへの気づかいもない、女であることを捨てちまったのかね?」

身なりへの気づかいを忘れてしまったから心が貧しくなったのか。それとも身も心も貧しくて身なりへの気づかいを持つ余裕を失ってしまったのか。

どちらが先でどちらが後、ということではないのでしょう。

そんな状況を変える雑誌をつくりたい。言葉の力で救いたい。現代の「ファッション誌」あるいは「生活誌」からは想像もつかないような創刊動機です。

ところで、花山伊佐次の実在モデル・花森安治の生前の仕事の数々を紹介した7月17日放送の『日曜美術館』はご覧になりましたか?

雑誌『暮しの手帖』の表紙や誌面の挿絵や写真の紹介にはじまり、花森安治が『暮しの手帖』の創刊を決めた熱い想いや編集へのこだわりには心打たれました。

とりわけ忘れられないのは生前に収録されていた花森安治の肉声です。

戦後の混乱の中を必死になって生き抜く人々を追う取材記事では、人々を自分の胸に抱き寄せるようにして記事を書け、写真を撮れ。他人事のような記事は断じて許さない。

花森安治のそんなストイックな編集姿勢は書籍などで繰り返し紹介されていたので、すでに知っていることではありましたが、それが本人の口から語られたものを聞くと鳥肌が立つほどの感動を覚えました。

唐沢さん演じる花山伊佐次も大好きですが、その実在モデル・花森安治氏に最近すっかりハマってしまっています。

鞠ちゃんの算段

戦時中、家に踏み込んで来た組長を鞠ちゃんがものの見事に論破して撃退したことを覚えておいででしょうか。

あの時、有事の際に思いがけない活躍を見せてくれた鞠ちゃん。

あれ以来、僕は期待してました。戦後の出版社創業後も、窮地を救う鞠ちゃんのまさかの活躍を見せてほしいと。

早くも鞠ちゃんがその期待に応えてくれました。

鞠ちゃんによる家賃の値引きの算段がいかにも彼女らしい。

空襲で建物がほとんど消失し、なかなか見つからない銀座の事務所物件。事務所は銀座に開きたいという花山さんのこだわりが鞠ちゃんには不服でした。

しかし、花山さんの意見に従うとキッパリ言い切る常子ちゃんとよっちゃん。

花山さんの意向に不服。それ以上に花山さんという人物そのものが苦手。にも関わらず姉と妹の反応を見て腹をくくるやしっかりと成果を出す鞠ちゃんの心意気が立派!

一日も早く空き部屋を貸し出してお金を得たいという家主(または不動産屋?)の本心を見透かして、その心のスキをたくみに突く鞠ちゃんの心の操作術。

このスキルを鞠ちゃんはどこで習得したんでしょうか。鞠ちゃん、今回もみごとでした。

追伸:その鞠ちゃんと、鞠ちゃんに惚れている水田くんの二人の会話を背後から嬉しそうにながめているよっちゃんが可愛い!

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


10 Responses to “常子たちが創刊準備開始 / とと姉ちゃん 第91話”

  1. 1013 より:

    >このスキルを鞠ちゃんはどこで習得したんでしょうか。
    どこも何も小橋三姉妹共通のスキルだと思います。
    何しろ姉は父親の会社の社長に母の実家に現われた理由を白状させるわ、仕事しないと言い張る偏屈な挿絵画家(笑)を上手く乗せて絵を描かせるわだし、妹に至っては幼い頃から老舗の女将二人を手玉にとってオヤツをゲットしてましたから。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      なるほど、血は争えないってやつですね。次女だけ勉強が良く出来たりと三姉妹の中で異彩を放ってましたがやっぱりそこは姉妹のようです。

  2. もんすけ より:

    月曜日の少し長いオープニング、
    常子ちゃんが手を広げながらくるっと振り向くシーンに、今日は今までにはなかった感慨を覚えました。
    さまざまな形の、ささやかで愛おしい日々の暮らし、生活の風景の数々。
    いよいよ、本当にいよいよ人々と生活を応援する常子ちゃん達。
    一歩を踏み出し、グーッと動きが出る週は、どの朝ドラでもいつもワクワクしてしまいます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      これまで常子ちゃんが経験してきたすべてのことが、たくさんの人たちに役に立つ価値ある経験になってくるんですね。本当に一歩踏み出した感いっぱいの今週です。

  3. よるは去った より:

    今回は相楽樹ちゃんと杉咲花ちゃんの息ぴったりのところを楽しませてもらいました。特にあのビルのオーナーとの駆け引きが圧巻。鞠子ちゃんも美子ちゃんもひょっとして舞鶴でチャンスをつかもうと旅立ったあの叔父さんに似てきたかな?でもそのほか背景ではまだ日本人は喰うや喰わずの生活を余儀なくされている現実が・・・・・。闇市のおばさんたち、綾ちゃん・・・・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      杉咲花ちゃん版よっちゃん初登場時、鉄郎叔父さんに似たところが出てきたみたいなナレーションが出てきたので、よっちゃんに関してはその特徴がこれから濃厚に出てくるのかも知れませんね。鞠ちゃんがその性質を受け継いだら、もとより頭脳明晰なので最強キャラの誕生です。

  4. たこやき より:

    今日の最後と、先週ラストでの次週予告の派手なお化粧の綾さんに心が痛みましたが、予告映像をよくよく観ると、華やかな直線裁ちドレスの女性たちの中に、綾さんもいましたね。少し…いえ、大分安心しながら明日以降を観られそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      綾ちゃん、しばらくはつらい日々が続きそうですが綾ちゃん再生の物語で感動をもらえそうですね。

  5. まいもん より:

    こんにちは。
    昨日はEテレの日曜美術館で花森安治氏の特集を組んでいましたし、今日は総合の本放送の後に暮しの手帳の特集を放送していましたね。
    当時の事を知らない身としては、とと姉ちゃんの世界をさらに深く知る事が出来て、非常に興味深い番組でありました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『日曜美術館』観ました!世田谷美術館では花森安治展を開催するそうで、こちらも楽しみです!

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ