宗吉と照代が東京に戻る / とと姉ちゃん 第100話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年7月28日(木)放送
第17週 第100話「常子、花山と断絶する」

『とと姉ちゃん』第17週 第100話 「常子、花山と断絶する」あらすじと見どころ解説

昭和23年(1948年)秋。常子が出版社を立ち上げてから一年半が経過した頃、創刊号が飛ぶように売れた『あなたの暮らし』も第3号以降の売り上げは下がり続けていました。その頃、出版社が乱立し中小の出版社は次々と淘汰されていたのです。

売り上げ減少で資金繰りに窮する中、常子は雑誌中に広告を入れることを提案。しかしその提案を花山は拒否します。雑誌に広告を入れることは、雑誌の一部を売り渡すものだと花山は自説を決して譲ろうとはしませんでした。

そんなある日、常子は思いがけない人物との再会を果たします。森田屋の宗吉と照代が小橋家を訪ねて来たのです。宗吉と照代は近日中に高崎から東京に戻り、洋食屋を開業するつもりだと常子たちに打ち明けます。

一方、水田は経理担当の立場から出版社の資金難を解決する策を模索し続けていました。水田は常子に詰め寄ります。この窮地を救う手段は二つしかない。自分が辞めて人件費を削減するか広告を載せるか。さもなければ倒産してしまうと。

<<前回99話 | 次回101話>>

midokoro
出版大手に吸収されてしまう甲東出版。売り上げ不振の『あなたの暮らし』。

つらい話題が続く中、常子は懐かしい宗吉と照代との再会を果たします。

『とと姉ちゃん』第17週 第100話 「常子、花山と断絶する」
 事前発表あらすじのレビューと解説

常子が一生の仕事「出版」と出会うきっかけとなった甲東出版の経営が立ちゆかなくなり、大手出版会社に吸収されることになりました。

谷や五反田がこの先どうなるのか。本記事投稿時点では残念ながら不明です。

一方、常子たちの出版社「あなたの暮らし」社も経営不振に陥っています。

創刊号は大ヒットしたものの、2号以降の売り上げは漸減。常子は少しでも収入を増やそうと広告を雑誌に入れることを提案するものの花山はそれを断固拒否。

常子がまたしても窮地に陥ります。

ちなみに『あなたの暮らし』の実在モデル『暮しの手帖』は創刊号から現在販売されている最新号に至るまで広告を載せていません。

さて、様々なピンチ続きの今回、明るいエピソードが登場します。

森田屋の宗吉と照代が再登場します。

戦時中、東京深川での商売が立ちゆかなくなり、洋食屋を営む照代の兄を頼って高崎に移り住んだ森田屋一家でしたが、再び東京に戻り今度は洋食屋を営むと宣言します。

まつや富江、そして長谷川。そして東京を去った時点では富江のお腹の中にいた子供も近いうちに登場するのでしょうか。

楽しみがまたひとつ増えました。

『とと姉ちゃん』第17週 第100話 「常子、花山と断絶する」
 朝ドラ観賞後の感想

あなたの暮し出版のピンチ

甲東出版の経営行き詰まりを劇中で見せたことで、常子ちゃんたちの出版社の「倒産」が現実味を帯びてきました。

この先『とと姉ちゃん』の中でも描かれる商品テスト。生活雑貨の耐久テストを行い、その品質によっては花山さんが歯に衣を着せないレビューで斬りまくる。

そんな記事を載せることが出来るのが広告をとらないことのメリットですが、今の段階では広告を載せて困ることなど一つもない。

宗吉さんから社長=とと姉ちゃんと言われた直後だけに、常子ちゃんは社員の暮らしを守り通さなければいけないという責任を痛感しているはず。

そして広告を載せれば社員の暮らしを守ることが出来る。しかし、花山さんはそれを決して許さない。社員の生活を心配し、支払いが滞った印刷屋のおじさんに頭を下げ、常子ちゃんつらいところです。

話がそれますが、フレンチレストランの「ヒラマツ」は店舗の備品などに広告を載せて広告収入を得ることでメニューの原価率を下げてお客さんに少しでも低い価格で商品を提供するようにしているとか。

こんな広告の活用の仕方もあるので、花山さんの天才を駆使して広告の画期的な有効活用方法を発明し常子ちゃんを助けてあげてほしいところです。(それはなさそうですが)

甲東出版の経営行き詰まりのフラグ?

甲東出版が大手出版社に吸収合併される!

常子ちゃんが三姉妹と手がけた最初の雑誌を見た谷さんは、その雑誌の持つ価値がまったく理解出来ませんでした。

五反田さんが硬派の文芸誌しか扱ったことのない自分たちには女性誌はわからないんだと説明していましたが、この時の場面は「吸収合併」のフラグだったのでしょうか。

常子ちゃんがそもそも女性誌を出版したのは、そのタイプの雑誌を世の中の多くの人が求めていることに気づいたからでした。

そして谷さんや五反田さんが理解出来なかったのは女性誌そのものではなく、世の中の人々求めていることだったのかも知れません。

世の中から求められていることがわからなかった。だから雑誌が売れなくなった。雑誌が売れなくなったので経営が行き詰まる。

ところでこの先、谷さんの登場場面がまだあることは確認がとれています。五反田さんは今のところ不明ですが、常子ちゃんと花山さんの緩衝材として今後も登場場面をつくってほしいものですね。

キッチン森田屋のフラグが立った

宗吉さんと照代さんが戻ってきました。

前回までは東堂先生。そして今回の森田屋夫婦。戦前編の登場人物たちが少しづつ戻って来ることで、世間が戦前までの暮らしを取り戻しつつあることを表現しているのでしょうか。

とりわけ、戦後の復興期で飛躍しそうなオーラを発散させながら帰って来た宗吉さんと照代さんの明るさが嬉しい。

戦前に長生きすると宣言していた松さんが亡くなってしまったのは寂しい限りですが、激戦地に出征しながら生還した長谷川くんの強運、孫の松吉くんの成長など明るく楽しいみやげ話をたくさん持って戻ってきた森田屋さん。

間もなく東京で「キッチン森田屋」を開業し、その「キッチン森田屋」ではよっちゃんの恋バナも用意されているようです。

戦前の深川時代が蘇ってくるのでしょうか。

<<前回99話 | 次回101話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

13 Responses to “宗吉と照代が東京に戻る / とと姉ちゃん 第100話”

  1. たこやき より:

    宗吉さんが洋食屋をすると言ったときの、照代さんの表情が気になりました。
    新しいとこへの不安なのでしょうか…。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      照代さんの表情には気が付きませんでした。洋食屋開業までに一波乱あるのかも知れないですね。

  2. カッチ より:

    宗吉と照代が出てきて雰囲気が変わりましたね。
    まつと滝子が亡くなったこともはっきりしましたね。
    せっかく常子と花山がいい感じになっていたのに暗雲がたちこめてきましたね。
    なぜ3号から売れなくなったのか不思議ですがドラマですもんね。
    水口が辞めるとまで言ったのは意外でした。
    経理だから一番よくわかっているのでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      水田くんは自分から入社させてくれって頼んだので働き続けることに負い目を感じてるのかも知れませんね。そんな水田くんにキッパリ辞めるな!と言い切った常子ちゃん、男前でした。

  3. エイスケの後輩 より:

    見て良かったと思える、戦前戦中に出会ったメンバーのその後が分かる回でした。

    まつさんはお悔やみ申し上げますが、初孫を見ることも出来、本当に幸せな人生だったのかなと思います。
    青柳の女将さんももうおらず、このドラマの戦前からの時代が終わっていくのを感じました。
    長谷川くんも生きて帰ってこれて本当に良かった。
    (清くんは最近夕方の天才てれび君では良く見かけるのですが…笑)

    甲東出版の皆さんは、きっとまた出演して下さると期待しています。

    経営不振からのこの後のドタバタは、こちらのサイトで結果が分かっているので、むしろワクワクしながら観れます。ありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      戦前の古き良き時代が遠のいた感じがしました。将棋を打つ宗吉さんと隈ジイののどかな姿が忘れられません。しかし一方で戦前の明るさが少しづつ戻って来てワクワクします。

      • エイスケの後輩 より:

        まつさんからしたら、まつ吉君はひ孫でしたね!
        訂正させて頂きますm(__)m

  4. うつ より:

    花山が広告を掲載するのを大反対するのも決して仕方ない。
    何故なら今でこそ雑誌に広告が載ってるのは一般的になってるけど
    当時の戦後の出版業界は黎明期で試行錯誤の段階にあったから
    それに広告主と出版社との間にある広告費用に関しての、
    契約関係もそれを保障する法律もまだ未整備か又は
    あったとしても現代の今ほど機能してなかったのか
    今日ほどハッキリしてなかったのも、
    花山が大反対するのも無理からぬ理由だと思ってます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      花山さんが広告を拒んだ理由がよくわかるエピソードがこの先で描かれるようですが、さりとて広告なしの経営もさぞかし大変だったろうと思います。

  5. よるは去った より:

    出版業界も群雄割拠の時代ですか。甲東出版もついに・・・・・・。「暮らしの手帖」は広告なしできてますよね。水田君の言う通り、広告載せるか人員削減するかしなければならない苦境をどうやって乗り切るかも見所でしょうね。(いろいろスッタモンダはありそうですけど)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      史実では創業初期の資金難は銀行からの融資で乗り切ったようですね。劇中ではそれは描かれなさそうです。

  6. エイスケの後輩 より:

    森田屋メンバーは、洋食屋のスタッフとして、帰京するのではと以前書き込ませて頂いたのですが、まさか当たるとは!
    今から再登場が楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      予想が大当たり。編集していて僕もビックリしました。さすがです。8月に入ったあたりで家族全員が揃うかもですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ