花山に内緒で広告を掲載 / とと姉ちゃん 第101話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年7月29日(金)放送
第17週 第101話「常子、花山と断絶する」

『とと姉ちゃん』第17週 第101話 「常子、花山と断絶する」あらすじと見どころ解説

出版社「あなたの暮らし」の資金繰りはますます厳しくなり、常子はやむを得ず花山には内緒で広告を入れる決断を下しました。広告主はすぐに見つかりました。その頃、人気のあった料理学校が常子たちの雑誌に広告を載せることを承諾したのです。

雑誌の内容には一切口を出さないという約束のもと、料理学校の広告を雑誌に載せる決断を下した常子。しかし、美子が常子のそんなやり方に猛反発します。美子は花山の仕事ぶりや考え方に心酔していたのです。

自分の決断は果たして正しいのか。迷いが消えない常子は谷に相談しました。谷は言いました。常子の決断は経営者として正しい。しかし、花山の気持ちもわかる。花山は直線裁ちに匹敵する企画を練り上げようと焦っているはずだと。

常子と美子が対立する中、花山は美子を伴い闇市に足を運びます。小麦粉を持って行くとその場でパンを焼いてくれるという話題の店を見学するためです。大繁盛しているその店を見学した花山は、最新号の目玉企画を思いつくのでした。

<<前回100話 | 次回102話>>

midokoro
前回、触れられた出版社「あなたの暮らし」の売上不振のその後が描かれます。

広告を雑誌に入れることには断固反対の花山には黙って、常子は雑誌に広告を入れてしまおうとたくらむのですが・・・

『とと姉ちゃん』第17週 第101話 「常子、花山と断絶する」
 事前発表あらすじのレビューと解説

内緒で雑誌に広告を入れようとする常子の行動に意外な人物が猛反発します。

美子です。

この頃、美子は花山の独創的な仕事ぶり、妥協を許さない考え方に心酔しきっていました。だから、花山が反対しているにも関わらず花山には内緒で行動する常子が美子には許せなかったのです。

花山にバレないように広告を入れようとする常子。そのやり方が勘弁ならない美子。姉妹は大ゲンカとなるものの、今回の段階では花山は常子の動きに気がついてはいないようです。

ところで今回描かれるエピソードの背景となる時代は昭和23年。

この頃には、庶民の暮らしにも若干のゆとりが生まれはじめ、扇風機や掃除機などの家電製品の広告が新聞などに掲載されるようになってきたとのことです。

生活雑貨の需要が急増している時代、『暮しの手帖』のようなコンテンツを持った雑誌であれば広告主などいくらでも見つかったものと思います。

にも関わらず敢えて広告を拒否する。なかなか出来ない決断です。

『とと姉ちゃん』第17週 第101話 「常子、花山と断絶する」
 朝ドラ観賞後の感想

谷社長

甲東出版最後の日の谷社長が泣かせてくれます。

『とと姉ちゃん』戦前篇の終わり近く。看板を下ろすことを余儀なくされた青柳商店の最後の日の悲しさはまだ記憶に新しいところです。

今回の甲東出版引っ越しは、谷社長にとっては青柳商店の最後の日と同じくらいつらいものであったかと思います。

劇中で今回の谷社長の胸の中の描写はありませんでした。

だから、常子ちゃんの相談に乗る谷社長を毎度おなじみの姿のように思いがちですが、よくよく考えてみれば谷社長にそんな余裕はなかったのではないか。

言い換えるなら、青柳商店がその看板を下ろしたあの悲しかった日に、どこからともなく知人がやって来て滝子さんに経営の相談に乗ってもらうようなものです。

創業から今日に至るまで半生を賭けて育ててきた甲東出版の看板を下ろす谷社長は、筆舌に尽くしがたいつらい思いをしていたはず。

もしかすると谷社長の人生の中で一番つらい日に、そのつらさを隠して常子ちゃんの相談に快く乗る谷社長が男前すぎて泣かされてしまったのです。

そして、谷社長の口から出てきた言葉の一つが一つがあたかも自分に言い聞かせているようで、そこがまたつらさを増幅させました。

雑誌に広告を載せるという苦渋の決断をした常子ちゃんに対してその判断は経営者として正しいと告げる谷社長はまた、これまで積み重ねて来た自分の経営者としての判断の数々に間違いはなかったか、思い出していたのかも知れません。

そして谷社長は編集長としての立場から花山さんにまで理解を示す。理解を示すと言うよりは編集長として理想の雑誌を追求する花山さんの姿と、同じく理想を追求しながらその理想に届くことが出来なかった自分の姿を重ね合わせていたのでしょうか。

続けて谷社長は言いました。花山さんは直線裁ちに匹敵する企画を見つけようと焦っているはずだと。そこまで花山さんの気持ちがわかるのは、甲東出版が行き詰まる直前まで谷社長が焦りに焦っていたからこそなのだと思います。

今回描かれた数々のエピソードの中では、谷社長のそれはマイナーな部類に入るものではありますが、今回、他のどのエピソードよりも谷社長のことが強く印象に残りました。

小麦粉料理のフラグ

事前発表の情報で紹介されていた「小麦粉を持って行くとその場でパンを焼いてくれるという話題の店」が何を意味するものなかやっとスッキリしました。

配給食糧は小麦粉ばかり。

しかし、今ほどには小麦粉レシピも充実せず、しかも設備もない当時の庶民の家庭ではうどんかすいとんしか作れない。

だからパン焼きを代行する。なるほどいいところに目をつけた商売です。

また、そんな背景があって小橋家の食卓や出版社での昼食、そして今回の花山家の食卓でうどんやすいとんばかりが繰り返し登場。

そして、それは花山さんの次の大ヒット企画にして常子ちゃんの窮地を救うことにつながってゆくフラグでもあったようです。

しかし、その大ヒット企画の前にはひと騒動ありそうです。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


8 Responses to “花山に内緒で広告を掲載 / とと姉ちゃん 第101話”

  1. いも姉ちゃん より:

    私は出版の世界はわからないのですが、編集長が雑誌の発売まで広告が入っていることがわからないということがありえるのでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      僕も出版の業務フローはまったく知らないので、お答えすることが出来ません。申し訳ないです。

  2. よるは去った より:

    今日仕事が終わって今日の録画をチェックしていたらテータソングのテロップにメッチャ懐かしい名前が・・・・・。常子ちゃんたちが広告依頼に行く料理学校の校長(『うんそーね。』ばかり)役!!なんと「おしん」のヒロイン(田中裕子)の夫君役の並樹史朗さんではありませんか!!!!!。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あの「お父様」はそんな方だったんですか?「うんそーね」しか言わないのに圧倒的な存在感。この人は何者かと思って観てました。

  3. カッチ より:

    常子も社長として苦しい決断ですね。
    美子にはもう少し大人になって欲しいですね。
    いくら花山に心酔してるからといって、今まで面倒みてくれた常子に逆らってはいけないと思います。
    その点では鞠子は大人ですね。
    でも来週は美子が活躍するようですので、まあいいか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回のよっちゃんの反発が次週の活躍へのフラグみたいです。次週のよっちゃん、楽しみにですね。

  4. よるは去った より:

    美子ちゃんの花山氏への心酔ぶりは並じゃないですね。実際の大橋芳子さんも結構花森安治氏の取材にはよく同行したそうですし、机上の物の配置に細かい花森氏の机の整理も芳子さんでないと出来なかったようですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      よっちゃんが花山さんに初めて怒鳴られた時は危うく泣き出すところでしたが、今回再び怒鳴られても素直に受け止めるよっちゃん。この変化にも心酔ぶりがよくあらわれていたと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ