東京に戻った宗吉を訪問 / とと姉ちゃん 第103話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月1日(月)放送
第18週 第103話「常子、ホットケーキを作る」

『とと姉ちゃん』第18週 第103話 「常子、ホットケーキを作る」あらすじと見どころ解説

常子と花山が雑誌に載せた広告をめぐって対立した末、花山は「あなたの暮し出版」を辞めてしまいました。花山不在の中、次号の企画として美子は小麦粉料理のつくり方を紹介する企画を提案します。美子の提案は花山があたためていた企画でもありました。

美子の提案が採用されることになり、常子たちは早速、協力を求めて専門家のもとを訪問。常子が足を運んだ専門家とは宗吉でした。その頃、宗吉は迷っていました。仕出し弁当屋を再開するべきか。それとも、儲けが見込める洋食屋をはじめるべきかを。

しかし宗吉は常子たちの頼みを快諾。宗吉は常子の雑誌の次号づくりに協力することになりました。常子は、綾たちカフェー浪漫の女給たちにも協力を求めます。常子に呼ばれた綾たちは宗吉のつくる小麦粉料理の試食会に立ち会うことになりました。

一方、常子と決別した花山は出版社をまわって職探しを続けていました。しかし、花山が納得出来るような働き口はそう簡単には見つかりません。そんな中、花山は常子たちの雑誌の次号企画としてあたためていた新しい小麦粉料理のことを忘れられずにいるのでした。

<<前回102話 | 次回104話>>

midokoro

花山が常子たちのもとを立ち去り、小橋家三姉妹だけでの雑誌づくりを余儀なくされたところから今週の物語がはじまります。

さて、今週は花山が去ったその一方で懐かしい顔が劇中に戻って来ます。

『とと姉ちゃん』第18週 第103話 「常子、ホットケーキを作る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

常子たち小橋一家が浜松から東京に移り住んでから、戦争が激化するまでの日々をともに過ごした森田屋の面々が今週から再登場します。

戦時中、東京での商売が立ち行かなくなり軍需にわく高崎の地に移り住んで洋食屋の手伝いをしていた森田屋の面々が東京に帰還。

しかし、約百年続く森田屋の伝統を復活させ仕出し弁当屋を再開させるべきか、仕出し弁当屋よりも稼ぐことが出来そうな洋食屋に商売替えするべきか、宗吉は迷っています。

そんな嬉しいエピソードがある一方で、花山は常子たちのもとを立ち去ったままです。

花山不在の編集会議。美子が提案した次号の特集はもともとは花山の企画でした。なぜ、美子は花山の企画をあえて提案したのか。

したたかな面を持つ美子のこと、何か狙いがありそうです。

『とと姉ちゃん』第18週 第103話 「常子、ホットケーキを作る」
 朝ドラ観賞後の感想

ここ数週間、静かな始まり方を続けていた月曜日の放送回ですが、今週の月曜日は波乱含みのスタートです。

宗吉大将と照代さんの対立

東京に戻って洋食屋を開業すると意気込む宗吉大将に、身内から思いがけない反対者が登場しました。奥様の照代さんです。

前週、宗吉大将が画面に復帰した回でのこと。東京で洋食屋をはじめるつもりだと今後の抱負を語る宗吉大将のその横で、照代さんは夫とはまったく別のことを考えているようだと指摘するコメントが当ブログに相次いでいました。

その照代さんの本心が今回明かされました。

守るべきは店の利益か伝統か。

宗吉大将と照代さんの対立の原因は、常子ちゃんと花山さんのそれと通じるところがなきにしもあらずです。

これから開業する宗吉大将と、すでに経営危機に陥っている常子ちゃんを比べるのは無理がありますが、それでも守るべきは店の利益か、利益とは別のところにある価値なのか。

常子ちゃんと花山さんの対立と対を成すかのような森田屋夫婦の対立。

この二つの対立を対比させながら描いたのは、何か意図があってのことなのでしょうか。今週中には回収されるはずのこれら二つの回収。

どんな手を使ってきれいにまとめてくれるのか。このあたりが今週の最大の見どころとなるのでしょうか。

追記:カフェー浪漫のお姉さんたちに鼻の下を伸ばす宗吉大将。そんな夫を目だけ笑っていない笑顔でにらみつける照代さんの怖い顔の復活に感激です。

水田くんが鞠ちゃんに想定外の告白

何の前触れもないまさかの展開。水田くんが鞠ちゃんに告白しました。それにしても水田くん、空気が読めないにも程というものがある(笑)

鞠ちゃんが口にした、常子ちゃんと花山さんの間がらを表現した「夫婦」という言葉に心が震えてしまった気持ちはわかります。

鞠ちゃんが珍しく不安を口にしたことで、鞠ちゃんは自分に心を許したのではないかと舞い上がってしまった水田くんの気持ちもわかります。

頼りにしてますとまで言われて、鞠ちゃんを守る使命感に火がつき感極まってしまった水田くんの気持ちも理解出来ます。

しかし、いくら気分が盛り上がってしまったとは言えこんなタイミングでの告白とは。

水田くんの空気の読めなさぶり、ここまで極めるとむしろ面白すぎです。

それはさておき、水田くんの告白に鞠ちゃんがどのタイミングでどんな答え方をするのか、詳細は不明ですが、楽しみが増えました。

夫婦みたいな常子ちゃんと花山さん

今回描かれた「波乱」のうち、やはり最大のものは前週から引き続いての常子ちゃんと花山さんの対立です。

鞠ちゃんがこの二人のことをまるで「夫婦」みたいだと表現しましたが、対立し決別しても尚、お互いのことを忘れられずにいるところはまさに「夫婦」そのもの。

皆の前では気丈に振る舞うものの花山さんに去られたつらさを一人で耐える常子ちゃん。

一方で、職探しをしても納得のゆく仕事を出来る職場を見つけることが出来ない花山さんもまた、常子ちゃんと意気投合して仕事していた幸福な日々が失われたことを寂しく思っているに違いない。

一日も早くこの「夫婦」の関係が修復されますように。

<<前回102話 | 次回104話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yas より:

    いつも楽しく拝見しています。

    宗吉さんの「二人でやるには(店の)広さも丁度良い」という台詞が気になりました。

    長谷川君、富江ちゃん夫妻は東京に戻ってこない予定なのですかね。
    長谷川君がどんな職に就いているのか気になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      二人でって確かに言ってましたね!ということは富江ちゃんと長谷川くんの再登板(そして松吉の初登場)はないかもですね。娘一家が何をしているのかは説明くらいは入るとは思うのですが・・・

  2. 実穂 より:

    前作朝ドラからこのブログを拝見させて頂いていて、今回初めてコメント書かせて頂きます^^
    とと姉ちゃんは毎日楽しみで、印象に残った回は日に何度も見ることもあるくらいです。
    さて、今回は常子さんが果たして広告を掲載して良かったのか、今後も掲載してくかどうするか、よっちゃんとお話ししているときや、一人の時、お料理学校の方とお話ししているときなどにいろいろと葛藤や迷いの気持ちがあるのかな、と感じる場面がいくつかありました。
    対する花山さんのほうは今日は登場が短かったですが、花山さんもまたご自身の決断に対して葛藤や迷いがあるのかな、そのせいもあってなかなか次の勤め先も「決まらない」というか「決められない」のかなと思って見ていました。

    先日よりここを拝見させて頂いて、いつの間にか水田さんと鞠子は交際していることになっていたので、どのあたりで気持ちを打ち明けるのかと思っていたら今日だったのでびっくりしました。
    タイミングが悪かったですが、鞠子も憎からず思っていることは間違いないと思ったので、今後交際に発展していく場面を楽しみにしていこうと思います。

    ここ最近は出版社を興してその話にフォーカスしているので、
    ほんの数週間前まで戦争やなんやかんやでずっとかかを含めた小橋家を見慣れていたからか、かかの登場シーンが少なくなってきて個人的には寂しいです。^^;

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      初コメント頂戴しありがとうございます。
      花山さんの心の中への洞察が深くて何度も読み返してしまいました。花山さん、きっと他の出版社に足を運ぶ度に常子ちゃんと仕事した楽しかった日々を思い出しているんでしょうね。

  3. ともとも より:

    読者代表の「お嬢さん方」にデレる大将と、静か~に妬く照代さん。
    目が笑ってない怖い笑顔、本当に懐かしいですね♪

    空気読めない水田さんにスイッチ入っちゃった感じのBGMの盛り上がり方がすごくて、何を言い出すのかワクワクしました。
    「何で今」という鞠ちゃん、「今」でなければいいのかな?
    意外と後で振り返ると、とりあえず「今」言っといて正解だったのかもしれませんね。

    小麦粉料理については、花森安治や暮しの手帖特番で先に見ちゃったので、今から粉を用意して待ってるんです。
    できれば朝ドラマでレシピを見てから作りたいので、
    明日か、明後日のお昼に作って食べるのが楽しみです(^^♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      水田くんの告白のタイミング。たしかに今回で良かったのかも知れません。花山さんが戻ってきた後だと仕事が忙しくなって鞠ちゃんもそれどころじゃなかったかもですね。

      小麦粉料理、明日あたり宗吉大将が凝りに凝った料理をつくるみたいですね。花山レシピはその後の登場でしょうか。

  4. エイスケの後輩 より:

    照代さんの目が笑っていない笑顔、久しぶりで、ウケました(笑)
    しばらく綾ちゃんはカフェー浪漫の店員さんとして協力するようですが、出版の仕事に関わるようになるのはいつ頃でしょうね。

    しかし、仕出し弁当屋の復活を言い出すのが宗吉さんではなく照代さんとは。
    やはり宗吉さんは、職人であると共に経営者であるという事なんでしょうかね。
    そして、生まれながらの森田屋関係者の宗吉さんではなく、ある意味途中から加わった照代さんが言い出す所に、価値がある商売である事を暗に示しているのかなと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみれば嫁のほうが暖簾と伝統にこだわり持ってますね。前作の姉妹のように嫁いだお家を守るプライドがあるのでしょうか。

  5. カッチ より:

    美子は平然と常子達をだましてますね。
    これは先週常子達が花山をだましたことへの仕返しなのか。
    でも、常子と花山が話す機会を作るためだからいいですよね。
    照代さんの怖い笑顔久しぶりですね。
    宗吉さんもすぐ気付いてびびってたけど。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      よっちゃんが二人のお姉ちゃんをだましたことが発覚したらひと騒動あるかも知れませんが、その先にハッピーな結末が待っているのでよしとしましょう(笑)

  6. うつ より:

    ナレーション「『あなたの暮らし出版』を辞めても、小麦粉を使った料理のことをわすれられない花山でした。」

    ああ、解るわ。わたしも若いころ、ひとつの職場を辞めた際、
    数日間はその職場での義務感の名残から
    そういう思いになった事があります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      小麦粉料理企画は、花山さんにとっても久しぶりのヒット企画になる予感がしているはず。それだからこそ余計に忘れられないんでしょうね。でも、その企画を実現出来るのは常子ちゃんのところだけ。小麦粉料理企画への未練が花山さんの背中を押すのでしょうか。

  7. よるは去った より:

    どうも方針の行き違いは「あなたの暮らし出版社」だけの問題ではないようですな。森田屋夫妻にも・・・・・。洋食屋で落ち着くのかな?もっと先の時代に「弁当屋」もスポット浴びるようになるわけだし。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ご高察の通り今はケータリングの需要もあるので、仮に仕出し弁当屋を続けたとしても森田屋は安泰だったかも知れませんね。