とと姉ちゃん 第21週 常子、子供たちの面倒をみる

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月22日 〜 8月27日放送
第21週「常子、子供たちの面倒をみる」

『とと姉ちゃん』第21週「常子、子供たちの面倒をみる」あらすじ

雑誌『あなたの暮し』の企画で石けんからはじまった商品テストは、鉛筆や電球からトースターにまで及んでいました。読者の生活の質を高めたい一心で徹底した商品テストを重ねるその一方で、鞠子と美子には気になることがありました。

それは常子と星野のことでした。常子の心の中に星野を想う気持ちが残っているのなら、二人が一緒になって幸せになってほしい。鞠子と美子はそう願っていたのです。しかし常子には星野のことを考えている余裕はありませんでした。

膨大な量をこなさねばならぬ商品試験。次々にふりかかる仕事上のトラブル。常子はそれらに追われていたのです。そんなある日、星野の娘・青葉が「あなたの暮し出版」に電話をかけてきました。兄の大樹が高熱を出して倒れてしまったというのです。

青葉からの電話を受けた常子は大急ぎで星野の家に駆けつけました。やって来た常子に大樹は言いました。仕事で忙しい父を心配させぬよう具合が悪いことを黙っていたのだと。それを聞いた常子は星野に申し出ました。週に一日だけ子供の面倒を見させてくれないかと。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

『とと姉ちゃん』第21週「常子、子供たちの面倒をみる」各回あらすじとレビュー

第121話 8月22日(月) 大樹が熱を出して寝込む
第122話 8月23日(火) 星野の家を訪問する常子
第123話 8月24日(水) 花山の苦悩、美子の迷い
第124話 8月25日(木) 酷評で売上激減した工場
第125話 8月26日(金) 星野が悩む常子を励ます
第126話 8月27日(土) 星野家への訪問が終わる

『とと姉ちゃん』第21週「常子、子供たちの面倒をみる」
 事前発表あらすじレビューと歴史・時代背景の解説

恐らくは前週の終わり近くで常子は星野との再会を果たすのでしょうか。

今週は二人の再会を受けてのエピソードが語られます。そして、常子と別れた後に星野が歩んだ人生も劇中で語られるようです。

第21週のレビューと見どころ

さて、今週の最大の見どころは常子の心の奥深く、はたして星野への想いは残っているのかどうかという点でしょうか。

また、前週の冒頭と終わりに登場し常子と出会った二人の子供、すなわち星野の息子と娘のエピソードが今週語られます。

尚、星野が先立たれた妻との間にもうけた二人の子供の詳細は以下の通りです。

長男:大樹(8歳)【演:荒井雄斗】
長女:青葉(5歳)【演:白鳥玉季】

星野の長男・大樹を演じるのは荒井雄斗くん。彼は昨年に放送された朝ドラ『まれ』第8週「危機的クリスマスケーキ」に出演したとのことですが、どの役を演じたのかは不明。

ちなみに『まれ』第8週は、ヒロイン・希が横浜の洋菓子店「マ・シェリ・シュシュ」での修行を希望するものの不採用を告げられた週です。

長女・青葉を演じるのは白鳥玉季ちゃん。ベネッセ社のCM『こどもちゃれんじ/いろんな、できた!篇』で「しまじろう」と共演しています。

歴史・時代背景

昭和30年(1955年)
昭和25年(1950年)に朝鮮戦争が勃発。同戦争に出兵している米軍の物資調達や、戦闘により破損した戦車・戦闘機類の修理を日本が請け負った特需により、神武景気(じんむけいき)と呼ばれる空前の好景気が発生。

日本経済は戦前の景気絶頂期を超える水準にまで回復し、経済白書で「もはや戦後ではない」と宣言されたのは昭和31年(1956年)のことでした。

昭和30年(1955年)。大橋鎮子氏は35歳。花森安治氏は44歳。

日本初の自動炊飯器(当時は自動式電気釜)が発売されたのもこの年です。

尚、日本初の自動炊飯器(自動式電気釜)は東芝が昭和30年(1955年)12月10日に700台から販売を開始。

発売当初は販売店が取り扱いに対して難色を示したものの、販売開始から四年後には日本の全家庭の半分近くにまで普及しました。

『とと姉ちゃん』第21週「常子、子供たちの面倒をみる」一週間のエピソード観賞後の感想

今週は、試験室を設置した中での商品試験の新展開の物語。常子ちゃんと星野くんの再会後の物語。二つのエピソードが並行して語られる週でした。

しかし僕の中では、星野くんと過ごす日々の描写のインパクトが強すぎて、商品試験がかすんでしまったような気がします。

今週の中盤に、『とと姉ちゃん』結末近くまでのストーリーを編集していた影響もあるのかも知れません。

常子ちゃんと星野くんの、大人の恋の物語のおおよその落着点を知ってしまったことで、今週描かれた常子ちゃんと星野くんが一緒に過ごす時間が、たまらなく愛おしく感じました。

二人が幸せに過ごせる残された時間はあとわずか。

次週には、常子ちゃんと星野くんの大人の恋の物語はピークを迎えるようです。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ