大樹と青葉に出会う常子 / とと姉ちゃん 第115話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月15日(月)放送
第20週 第115話「常子、商品試験を始める」

『とと姉ちゃん』第20週 第115話 「常子、商品試験を始める」あらすじと見どころ解説

昭和30年(1955年)8月。終戦より10年の歳月が経過し、日本は神武景気に突入。物資も豊かなになり洗濯機、冷蔵庫、そしてテレビの「三種の神器」が庶民の憧れでした。しかし一方で消費者に深刻な被害をもたらす粗悪品も増えていました。

世の中が豊かになる中『あなたの暮し』は順調に販売部数を伸ばし、社員が増えた銀座の事務所は拡大。一方、鞠子と水田の間に生まれた長女たまきは4歳。幼いころの常子にそっくりな少女に育っていました。

その頃、花山は模索していました。豊かな暮らしを取り戻すことを理念に掲げて創刊した『あなたの暮し』が、豊かな時代の中でどのような役割を果たすべきかを。そんなある日、花山は常子に提案しました。主婦が一日の大半を過ごす台所を特集してみてはどうかと。

花山の提案に賛同した常子は早速、戦後になって新しく建てられた家の台所の取材をはじめました。新興住宅地での台所の取材が順調に進んでいったある日、常子は大樹と青葉という名の幼い兄妹と出会うのでした。

<<前回114話 | 次回116話>>

midokoro

前週の鞠子と水田の結婚より6年ほどが経過。終戦からちょうど十年たった昭和30年から今週の物語がはじまります。

今回、常子が取材先で出会う大樹と青葉という名の幼い兄妹が、まさかの再会のきっかけを生み出します。

『とと姉ちゃん』第20週 第115話 「常子、商品試験を始める」
 事前発表あらすじのレビューと解説

経済企画庁が経済白書の中で「もはや戦後ではない」と宣言したのは昭和31年。

そんな好景気にわく時代にいよいよ突入する昭和30年。常子たちの雑誌「あなたの暮し」の売れ行きは順調です。

出版社の規模も大きくなり、三名の男性と一名の女性、計四名の社員がこの週に初登場。

また鞠子と水田の長女・たまきも初登場。

今週の初登場キャラを誰が演じるのか本記事投稿時点では不明です。

鞠子と水田の長女・たまきは、後々に吉本美優さんが演じることが発表されていますが、今週のたまきはまだ4歳。

子役が誰になるのかは今のところわかりかねます。

『とと姉ちゃん』第20週 第115話 「常子、商品試験を始める」
 朝ドラ観賞後の感想

『とと姉ちゃん』の後半・戦後編も前週までに約半分が終わり、「あなたの暮し」が目指してきた豊かな暮しを人々が取り戻し始めた頃からの物語の始まりです。

ちっちゃくなった常子みたい

鞠ちゃんの長女・たまきちゃんの登場です。

君子かかが「ちっちゃくなった常子みたい」と口にし、鞠ちゃんも「本当にそっくりね」と同意する。好奇心おう盛なところがリトル常子ちゃんにそっくりなキャラクターとして初登場を飾ったたまきちゃん。

君子かかと鞠ちゃんにこんなセリフを言わせてまで常子ちゃん似を強調するのは、たまきちゃんの将来のフラグでしょうか。

史実では大橋鎮子さんの妹(大橋家の次女)横山晴子さんは男児をもうけました。そして、その息子が長じて結婚した相手・泰子さんが出版社の経営を承継。経営の一線から身を引いた大橋鎮子さんは社主に就任しました。

この経営承継は2004年。『とと姉ちゃん』がここまで描かれるか不明ですが、たまきちゃんはもしかすると出版社の経営を引き継いだ横山泰子さんをモチーフにしたキャラで、成長後に常子ちゃんの片腕になるのかも知れません。

ちなみに成長後のたまきちゃんを演じるのは吉本美優さん。常子ちゃんの右腕となるのか、それ以上の存在か、それなりの役どころが用意されているキャスティングに思えてなりません。

五反田さんが『蒼い葡萄』で直川賞を受賞し人気作家に

五反田さんの実在モデルは作家の柴田錬三郎氏との由。いつぞやミッチーの口からこの事実が語られたことや、女性週刊誌で紹介されたことを当ブログのコメントで教えてもらいました。

『真田十勇士』などの剣豪小説で知られる柴田錬三郎氏は、昭和26年(1951年)に発表した『イエスの裔』が同年の芥川賞と直木賞の両方で同時に候補に上がったのち、最終的に直木賞受賞が確定。

五反田さんが受賞した「直川賞」は木賞と芥賞との折衷でしょうか。

ところで、五反田さんの劇中小説『蒼い葡萄』はテレビインタビューで話した内容から推測するに恋愛小説。五反田さんのキャラから考えてもこの推測には間違いはないかと(笑)

一方『イエスの裔』は、明治から昭和の時代を生きたある老人の犯した罪とその半生を描いた作品。実在モデルの小説は、五反田さんのそれとは似ても似つかぬ作品のようです。

まん丸メガネと「星野」の表札

可愛らしい兄妹、大樹くんと青葉ちゃん。大樹くんのどこかで見覚えのあるまん丸メガネ。そして兄妹が暮らしている家に掲げられている表札の名は「星野」。

思わせぶりな演出によって、新たな物語のはじまりです。

<<前回114話 | 次回116話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. エイスケの後輩 より:

    連投失礼致します。

    次女の子世代のたまきちゃんが史実に合わせて会社を受け継ぐのでは?との考察でふと気になったことが。
    史実では、三姉妹のうち次女しか子供を残さなかったので、若い代の親族に譲った形になっていますが、今回のドラマでは星野くんと常子はゴールインしそうなので、それなのにたまきちゃんが継ぐとなるのは、星野くんと常子の間に子供が出来ないか、やはり何らかの理由で二人は結ばれない事のフラグなのか…
    青葉ちゃんもよっちゃんタイプみたいですからね。
    ↑そういう意味では、よっちゃんの立場の跡継ぎになるかもですけど。

    ますます今後が気になります!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > たまきちゃんが継ぐ

      たまきちゃんは就職だけして事業承継までは描かれないのかなという気もしています。『あさが来た』や『マッサン』と同様、ヒロインのパートナーが死去した次の回が最終回。事業承継はそれから数十年先のことなのでそこは触れない。こんなパターンも考えられます。

  2. もんすけ より:

    愛読者カード。
    今ではごく当たり前の営業ツールかも知れませんが、お客様廻りをしながら顧客の様子を伺ったり、その希望を読み取る「滝子イズム」をみるようで、常子ちゃんの筋のよさを感じました。
    きっと雲の上から滝子さん、「常子、しっかりお客さんをみるんだよ」なんて言っていたりして。

    また、「男性社員の補佐的な仕事ではなく、自分の興味ある仕事をすることができるのは、先を見る目のある花山さんと仕事を一緒にできるお蔭」と、素直な言葉で率直に伝えるシーン。
    若干照れながらも、素直に嬉しそうな雰囲気を醸し出す花山さんと常子ちゃんとの仕事上でのパートナーシップの強さが表現されているということは…。この先、大きな難題がやってくるのですね(汗

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 愛読者カード

      僕もこれは滝子さん伝来の老舗の教えが活かされてるんだなと嬉しく思っていました。老舗の教えを今どきの形に応用する常子ちゃん、本当に筋がいいですね。

  3. ア※ラッキー より:

    編集部人数増えましたね。でも、綾ちゃんの姿が観えませんでしたね(泣)よっぽど就職先良かったのかも。

    気分取り直して、新入社員の中で、ミシンが壊れちゃった時にいた女子。役名忘れてしましたが、役者さんの名前は趣里さん。あの水谷豊さんと伊藤蘭さんのご両親をもつ彼女がどんな演技をするか楽しみですね。

    ところで最後のシーンで、二人の子供たち。もしかして、あのお方の・・・ですか?大樹くんと青葉ちゃんって、いかにもあのお方が付けそうな名前ですね。そういえば、先週土曜日の際、今週の予告編で星野さん(あっ書いちゃいました)がチラッと出たら、我が家の旦那様「又出るんだ。」って興奮してましたよ。めったに観ない人なのに・・・。恐るべし星野さん。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ミシンが壊れちゃった時にいた女子

      寿美子さんでしょうか。水谷豊さんと伊藤蘭さんのお嬢さんということ初めて知りました。要注目キャラですね。

      追伸、綾ちゃんは一体どうしたんでしょうかね。

  4. エイスケの後輩 より:

    浜松からずっと使ってきたミシンが遂に壊れ、時代も「もはや戦後ではない」の直前。
    戦前戦中戦後を見守ってきたミシンが壊れたことに、時代の切り替わりを感じます。

    鞠ちゃんの出番激減と聞いたので、いきなり冒頭から出てきて嬉しかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 戦前戦中戦後を見守ってきたミシンが壊れた

      本当に感慨深いものがありましたね。そして古い時代のミシンを買い換えたことから新しい企画が始まる。上手なストーリーテリングです。

  5. よるは去った より:

    五反田氏のモデルが柴田錬三郎先生だと某女性週刊誌に記してありました。でも「直川賞」というのはねえ。(失笑) 柴田先生の「イエスの裔」は「芥川賞」「直木賞」の両方に上がったといいますから、そのへんの意図もあるのかな。(最終的に『直木賞』受賞したらしいけど) でも、今日の最終場面の子供たち可愛いなと思って視てたら、その子たちの家の表札の名前が・・・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「直川賞」

      「梅ちゃん先生」の堀北真希さんがヒロインを演じた映画の劇中では「茶川賞」となっていたような。
      確かに「茶」と「芥」の字面は似てますが・・・

  6. よるは去った より:

    子役が誰かねえ。「にほんごであそぼ」の子役ちゃんが出てきたら面白そうだな。「まれ」では小山春朋君がヒロインの息子役で出演してたし。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      小山春朋くん、かわいかったです。
      人の良さそうな笑顔が忘れられません。