星野の家を訪問する常子 / とと姉ちゃん 第122話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月23日(火)放送
第21週 第122話「常子、子供たちの面倒をみる」

『とと姉ちゃん』第21週 第122話 「常子、子供たちの面倒をみる」あらすじと見どころ解説

星野からの商品提供の申し出を断ったことを詫びに、常子は星野の家に足を運びました。常子が星野の家に到着すると青葉がたった一人で困り果てているところでした。大樹が熱を出してしまったものの、幼い青葉にはどうすることも出来なかったのです。

常子が大樹の看病をする中、星野が帰宅しました。星野は常子に告げました。これから二ヶ月間ほど会社は繁忙期に入ることになる。特に毎週木曜日は帰宅が遅くなるので子供たちのことが心配なのだと。

子どもたちを案じる星野に常子が提案します。星野の帰りが遅くなる木曜日だけ、子供たちの面倒をみさせてもらえないかと。星野は、常子の申し出を遠慮します。しかし星野の遠慮を常子は押し切り、常子は週に一回だけ星野家に通うことにします。

そんな中、「あなたの暮し出版」ではトースターの商品試験が完了。試験の結果、合格点をつけられるトースターは一台もありませんでした。すべてのトースターを酷評せざるを得ない花山は、慎重な姿勢で原稿執筆に取り掛かるのでした。

<<前回121話 | 次回123話>>

midokoro
星野から商品提供の申し出がきっかけとなって星野の家を訪ねることになった常子。常子を待っていたのは二人だけで父の帰りを待つ幼い兄妹でした。

常子は大樹と青葉の面倒を自分で見ることを提案。常子と星野が頻繁に会う機会が準備されました。

『とと姉ちゃん』第21週 第122話 「常子、子供たちの面倒をみる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

商品テストをする際に企業から商品提供は一切受け付けない。花山の方針に賛同する常子は星野からの申し出と言えども商品提供を断らざるを得ませんでした。

しかし、星野の申し出に他意がないことを承知している常子は星野からの申し出を断ったことに後ろめたさを感じるのでしょうか。

そんな状況が常子を星野の家に足を運ばせることにつながり、結果として常子と星野が会う機会を増やします。

星野の繁忙期は二ヶ月間。

その繁忙期のうち、特に星野の帰宅が遅くなる木曜日だけ大樹と青葉の面倒を見ることになる常子。二ヶ月間、毎週のように顔を合わせることになったら、赤の他人でも情が移りかねない状況です。

まして常子と星野は「赤の他人」ではありません。

これから何がはじまるのでしょうか。

『とと姉ちゃん』第21週 第122話 「常子、子供たちの面倒をみる」
 朝ドラ観賞後の感想

昔のままで嬉しかった

星野くんの家の玄関先に飾ってあった花、桔梗の花言葉は「永遠の愛」なのだそうです。

桔梗の花を通して常子ちゃんは、植物に没頭していた頃の星野くんの姿を思い出し、星野くんもまたその頃の気持ちを思い出したのでしょうか。

思えば、常子ちゃんと星野くんが出会ったきっかけも植物でした。

お寺の境内で植物観察に没頭するあまり倒れているように見えた星野くんの姿を見て、心配になった常子ちゃんが星野くんに駆け寄る。

これが最初の出会いでした。

そして、常子ちゃんと星野くんの距離を縮める役割を果たしたのも植物でした。

当時、トラブル続きだった常子ちゃんを星野くんはいつも励ましていました。その時の星野くんの励ましの言葉はいつも植物のたとえ話ばかり。

植物がきっかけで出会い、植物を通して距離を縮め、再会後も植物の話題で青春時代の気持ちを取り戻す。

青春時代の気持ちを取り戻したことで、かつて二人の間で通い合わせていた気持ちまでも取り戻してしまったかも知れません。

「昔のままで嬉しかった」

二人が口にした「昔のまま」という言葉。もしかすると、かつて通い合わせた「気持ち」も「昔のまま」であってほしいという期待の現れなのでしょうか。

よっちゃんの前のめりと君子かかの優しさ

よっちゃんが前のめり。

常子ちゃんと星野くんの過去を鞠ちゃんに聞かされてから、よっちゃんの「前のめり」がはじまりました。

姉の幸福を思う気持ちと、よっちゃんのお年ごろならではの好奇心が合わさって、よっちゃんをこうまで前のめりにしてしまうんでしょうか。

そして、そんなよっちゃんの行動を見て、常子ちゃんが悲しい過去を思い出さないかとハラハラしている君子かか。

よっちゃんの言動への反応という形をとりながら、君子かかの優しさを際立たせる演出も秀逸です。

花山さんの二人の理解者

自らの覚悟に対してストイックなあまりペンが進まない花山さん。

その花山さんの気持ちを代弁するかのようなよっちゃんの言葉のすみずみに、花山さんへの心からの尊敬の念がこめられていました。

「簡単には書けませんよ」
「毎号毎号、一行一行、全身全霊」
「相当な覚悟が必要」

よっちゃんの花山さんの苦悩に対する洞察もさすがですが、やっぱり花山さんの最大の理解者は常子ちゃんなのでしょうか。

ペンが思うように進まない花山さんの苦悩を察しつつも、そのことは決して口には出さず、しかし深夜まで花山さんの苦悩に寄り添うように原稿の仕上がりを静かに待つ。

事務所の明かりすらつけず、花山さんにストレスを与えぬよう気遣う常子ちゃんの心配りもなかなかのものです。

花山さんにもそんな常子ちゃんの気持ちが通じたのか、ようやくペンが動き出す。

セリフは一つもないのに、二人の信頼関係がどれほど深いものかが伝わってくる、地味で静かながらも忘れがたい名場面でした。

<<前回121話 | 次回123話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


8 Responses to “星野の家を訪問する常子 / とと姉ちゃん 第122話”

  1. ア※ラッキー より:

    連投失礼します。 
    先程の私が繁茂期は、もしかして、棚卸し?って書きましたが、それだけでは2か月もかかりませんよね。う~ん!わからない。 
    朝蔵さん、このサイトのファンの皆様、惑わして・・・ごめんなさい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 2か月

      2か月かかる繁忙期であり得るのは決算。仮に星野くんが経理でないとしても、決算なら他部署も巻き込まれるはず。でも、2か月も巻き込まれるかなとも思います。

  2. ア※ラッキー より:

    星野さんが言っている会社の繁茂期って、私会社勤めしたことがないのでわかりませんが、現在接客業している私が思うに、品物の棚卸しとか・・・と思うのですが、、うまく説明できなくてごめんなさい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 繁茂期

      星野くんが職種が何なのか不明なのでまったく想像つかないです。星野くんが勤務している会社特有のものと勝手に解釈しています(笑)

  3. もんすけ より:

    玄関先に生けられた桔梗。
    桔梗の花言葉って、確か「永遠の愛」とか「変わらぬ愛」だったかと思います。また、恋人を一途に想い続け、ひたすら待っていた女性から由来したのだと聞いた覚えが。
    深読みし過ぎかもしれませんが、胸がギューッとしてしまいました。

    また、作り手の信念や生活のかかった商品を、いくら誠意をもって試験を重ねた結果だとしても、酷評しなければならない…。あまりのさんざんな結果も残念極まりないでしょう。また、筆のもつ威力の恐ろしさを全身全霊で知っている花山さん。戦時中の痛恨を乗り越える意味も合わせ、その苦悩はいかばかりだったのでしょうか。
    「常子はおそくまで寄り添うように…」の最後のナレーションが、かかの何も言わず裁縫をするシーンとも重なり、優しく響きました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      桔梗の花言葉、調べてみたところ「永遠の愛」でした。そんな意味を持つ花を話題にしながら昔を思い出し気持ちを通い合わせる。粋な演出ですね。

  4. よるは去った より:

    緑「本当大丈夫かしら?花山さんまだ原稿白紙だったし。」,自分が文章を苦心して書いているのと同じようかそれ以上にトースターの製造業者は苦心に苦心を重ねているに違いない。でも心を鬼にして真実は書かなくてはならない。そんな花山氏の苦悩をわかっていたのは美子ちゃんだけ?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      花山さんに心酔しているだけあって、よっちゃんの師への洞察はさすがです。花山さんの、一見「遊び」に見える行動の効能もよっちゃんはよく知り尽くしているんでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ