青葉から助け求める電話 / とと姉ちゃん 第128話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月30日(火)放送
第22週 第128話「常子、星野に夢を語る」

『とと姉ちゃん』第22週 第128話 「常子、星野に夢を語る」あらすじと見どころ解説

星野の家に思いがけない人物が訪ねて来ました。星野の義父・弓岡でした。三年ぶりに訪ねて来た弓岡が星野に告げました。そろそろ再婚を考えろと。弓岡は、死の間際の加奈子から託されていたのです。星野が独身のままでいたら再婚を促してほしいと。

一方、「あなたの暮し出版」ではアイロンの商品試験が完了しました。はじめて商品試験への協力を求めた主婦たちの生活の知恵に感心した常子は、商品テストを自宅で行ってくれる主婦のテスターを誌面で募集します。

アイロンの試験結果が掲載された『あなたの暮し』最新号は大ヒット。主婦からのテスターへの応募も殺到しましました。「あなたの暮し出版」の社員たちがテスターへの応募に対応する中、常子宛に電話が入ります。

電話の主は星野の娘・青葉でした。兄の大樹が熱を出して寝込んでしまったと、青葉が常子に助けてを求めて来たのです。同じ頃、自社製品を『あなたの暮し』誌面で酷評されたアカバネ電器製造の社長・赤羽根は怒りを募らせているのでした。

<<前回127話 | 次回129話>>

midokoro

主婦からの関心が高かったアイロンの記事は大盛況。その一方で、商品テストに協力した康恵(梢)たち主婦の生活の知恵が常子の心を捉えます。

主婦の知恵に着想を得た常子。商品テストは新展開をはじめます。

『とと姉ちゃん』第22週 第128話 「常子、星野に夢を語る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

主婦の身近な電気製品にして高熱になるため危険と隣合わせのアイロンをテストした企画は想定外の大ヒットとなります。

『あなたの暮し』最新号を30万部も売り上げたのには主婦の知恵も貢献しました。

常子が協力を求めた康恵たち主婦の、暮らしの知恵の豊かさに驚いた常子は読者の主婦の力を最大限に引き出そうと新企画を提案。

商品テストは新たな展開がはじまります。

そしてもう一つ、新たな展開のスタートです。

一度は失われた常子と星野の接点が復活。星野の義父の再婚の勧め発言と合わせて大人の恋の物語、第二章のはじまりです。

『とと姉ちゃん』第22週 第128話 「常子、星野に夢を語る」
 朝ドラ観賞後の感想

今回、弓岡さんの寂しそうな顔が僕にはインパクトが強すぎて、弓岡さん一色の感想となってしまいました。

弓岡さんの悲しみ

弓岡さんが星野くんのもとに足を運んだのは三年ぶりとのことでした。三年もの長きにわたって義理の息子とご無沙汰って、それは何故?

加奈子さんの父で星野くんの義父、弓岡さんのつらい心の内を想像してみました。

実の娘の加奈子さんが亡くなってしまえば、星野くんは義理の息子とはいえども限りなく他人に近い存在です。

だから星野家訪問を遠慮したことも考えられますが、大樹くんと青葉ちゃんは最愛の娘の子供です。弓岡さんにとっては孫です。

孫が可愛くないはずがありません。会いたかったに違いありません。

目の中に入れても痛くないほど可愛い孫がいるにもかかわらず三年間も会わずにいた。これはあくまでも憶測ですが、弓岡さんは今日のために孫に会いたい気持ちを耐え忍んできたのかも知れません。

「今日のため」とは星野くんに再婚をうながすためです。

弓岡さんは言いました。娘の加奈子さんの死に際に、数年経っても星野くんが独身のままでいるようなら再婚をすすめてほしいと言葉を遺されていたことを。

弓岡さんはいつの日か娘との約束を果たそうと心を決めていたのでしょう。

しかし、娘との約束を果たし星野くんが再婚すれば、その時、可愛い二人の孫は完全に他人になってしまう。

孫との別れはあまりにもつら過ぎる。

そんな悲しい別れを避けるため、三年もの間、孫の顔を見ないことで孫に情が移らぬようにつとめていたのかも知れません。

可愛い孫のことを思うがゆえに、孫になつかれないようにしていたことも考えられます。

星野くんが玄関先で弓岡さんを迎えた時、大樹くんと青葉ちゃんはおじいちゃんに全くなついてはいませんでした。

弓岡さんはこんな状態にしようと今日まで孫に会わずに来たのでしょうが、孫になつかれない現実を目の前にしてどれほど寂しかったことか。

本当だったら自分の来訪を歓迎してくれていたはずの孫たちが、自分を見知らぬ他人のように思っている。

これはこたえたに違いない。

ここまで孫にからめて弓岡さんの心の中を想像してみましたが、やはりそれ以上につらいのは娘が遺した言葉とは言え、娘が愛した男に再婚をすすめるその辛さはどれほどのものだったか。

弓岡さん来訪はサイドストーリーのはずですが、弓岡さんの寂しそうな表情があまりにもつら過ぎて、ここまでダラダラと書いてしまいました。

大変、失礼しました。

赤羽根社長登場

これから常子ちゃんたちにスッポンのように噛み付いて離れない。

そんな執念深さをわずか数秒のカットだけでこれでもかと言うくらいに表現した赤羽根社長の物騒すぎる顔が怖い!

悪役の本丸がついに登場です。

<<前回127話 | 次回129話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いも姉ちゃん より:

    弓岡の星野家訪問に関する朝蔵さんの深い考察、文章には感服いたしました。
    私にはこのような深い考察、そして文章は書けません。
    第109話で花山の原稿を見た鞠子が自分の文才の無さに愕然としたシーンがありましたが、それと同じ感じでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 鞠子が自分の文才の無さに愕然

      僕の文章も、もし花山さんに読まれたら冗長で退屈だ!と怒鳴られるレベルです(怖)

  2. ともとも より:

    弓岡さんの心の内をそこまで・・・(涙)
    「確かに伝えたからな」みたいに、言ってましたけど、
    本当は言いたくはなかったけど、娘さんの遺言だから、
    仕方なく約束を果たしに来た、という感じでしたね。
    娘さんが生きていたら、きっと孫にも懐かれ、優しいおじいちゃんになっていたでしょうに。

    赤羽根社長・・・怖いです。顔も態度も怖すぎます。
    特殊メイクとか、してないですよね?(^^;

    大樹くん、お熱を出しやすい子なのかな?
    元気そうなのに、体弱い設定? 火傷の痕も可哀想だし・・・

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 赤羽根社長・・・特殊メイク

      「太巻さん」とは全然違う顔してましたね。あまりの違いさに特殊メイクを疑いたくなります(笑)

  3. たこやき より:

    こんにちは。
    弓岡さんが家に上がられたシーンで、隣の部屋で大樹くんと青葉ちゃんが、それぞれお好みのおもちゃで楽しそうに遊んでいましたね。
    「これくらいの年だったらこんなおもちゃが好きかな」と、おじいちゃんが想像しながら選ばれたのでしょうね。

    正直、この後の展開が悲しくてドラマを観る気になりませんでしたが、弓岡さん登場の朝蔵さんのコメントで少しだけ納得出来るようになり…そう……。なるかもしれません。

    (やっぱり常子のハッピーエンドを望みます。)

    鞠ちゃんが常子を誉めたことで、常子は救われる気持ちになったのでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 常子は救われる気持ち

      最後の最後に竹蔵ととが救ってくれるのかも知れないですね。
      常子ちゃんに救いが準備されていますように。

  4. あじやま より:

    >>赤羽根社長

    本作 最大の悪玉 登場ですね。

    …もう少し かきましょうかね

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > もう少し かきましょうかね

      今日は勘弁して下さい。それほど加奈子パパの寂しそうな表情がこたえました。赤羽根氏は明日以降、たっぷりと書かせてもらいます。

  5. エイスケの後輩 より:

    放送だけでは、弓岡氏が3年も義息子や孫に会わなかった理由が理解できず、もやもやしていたので、朝蔵さんの深い考察に納得させられました。
    態度がぶっきらぼうだったのも気になっていたのですが、すとんときました。

    そして最後のシーン!
    これからの大事件を思い浮かべて、ワクワクしました(笑)
    ↑ドラマですから(^o^;)
    しかし最後のシーンだけで、その後何かが起こるぞっというのは、花山氏の登場とかぶりますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      孫に囲まれて過ごす幸せな老後を諦めたかのような弓岡さんの表情の淡々とした語り口。思い出すだけで胸が痛みます。

      > 花山氏の登場とかぶりますね

      本当に。常子ちゃんたちには気の毒ですが楽しみが増えました。

  6. よるは去った より:

    赤羽根社長役の古田新太君のあそこまで恐ろしい顔を見るのは初めてと言っているのは私だけでしょうか?田中社長の数十倍大変な相手であるのは間違いなさそう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あそこまで恐ろしい顔

      これから常子ちゃんたちにしつこくからんで行くぞ!と宣言するような鬼気迫る赤羽根社長の恐ろしい顔。夢に出てきそうです。