アカバネ電器の社長来訪 / とと姉ちゃん 第131話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年9月2日(金)放送
第22週 第131話「常子、星野に夢を語る」

『とと姉ちゃん』第22週 第131話 「常子、星野に夢を語る」あらすじと見どころ解説

アカバネ電器の二人の社員が「あなたの暮し出版」の編集部に再び姿を現しました。二人は札束で常子と花山の買収をこころみます。しかし、常子は激怒し二人を追い返しました。このままでは後悔することになると捨てゼリフを残して二人は去って行きました。

その数日後、常子は星野一家を自宅に招待。水田一家の三人、美子と恋人の大昭も集まり皆がにぎやかに食卓を囲んでいるその時に事件は起こりました。何者かが小橋家に投石し窓ガラスが割られたのです。

こうした嫌がらせは花山はじめ「あなたの暮し出版」の他の社員の自宅にも広がりを見せる事態となりました。しかし、警察に通報してもアカバネ電器のしわざであるという証拠はなく、常子たちは嫌がらせに警戒しながら日々をおくることになりました。

一方、アカバネ電器の社長・赤羽根は家電販売店で自社のアイロンの売り上げが激減している現場を視察。「あなたの暮し出版」に恨みをつのらせる赤羽根は、常子たちに対する徹底した嫌がらせを命じるのでした。

<<前回130話 | 次回132話>>

midokoro
電気釜の商品テストでは高い評価を付けてほしい。泣き落としや買収を試みたアカバネ電気製造の社員を常子と花山は一蹴。

しかし、アカバネ電気製造がその報復を開始します。

『とと姉ちゃん』第22週 第131話 「常子、星野に夢を語る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

アイロンの商品テストでは最低ランクの評価で酷評されたにも関わらず、製品を改善するどころか平然と泣き落としや買収で自社製品に良評価を得ようとたくらむ、問題があり過ぎなメーカー・アカバネ電気製造。

泣き落としと買収の作戦に失敗した彼らが次に試みたのは脅迫でした。

第一撃は小橋家へ。その後もアカバネ電気製造は攻撃の手を緩めず、第二、第三の攻撃を花山の自宅や他の社員たちの家に相次いで仕掛けます。

社員たちが恐怖のどん底に落ちたタイミングを見計らい、ついに黒幕が登場です。

アカバネ電気製造社長・赤羽根憲宗の登場です。

クセのある「黒幕」を演じるは、古田新太さん。星野による常子抱擁場面とならぶ、今週の最大の見どころ確定です。

『とと姉ちゃん』第22週 第131話 「常子、星野に夢を語る」
 朝ドラ観賞後の感想

星野くんたちを自宅に招いた小橋一家の明。「あなたの暮し出版」への執拗な攻撃の手をゆるめようとしない赤羽根社長の暗。明暗が際立つ回となりました。

【暗】常子ちゃんたちへの嫌がらせ

常子ちゃんの泣き落しに失敗したアカバネ電器の二人の社員が、今度は大量の札束をちらつかせて買収を試みる。

しかし、常子ちゃんの買収をこころみたアカバネ電器の二人の社員も、買収を命じた赤羽根社長もそれほどバカではないかと。

泣き落としが通じない常子ちゃんたちに対して買収の試みも失敗することくらい読めていたはずです。

それでもなお買収をこころみたのは、「あなたの暮し出版」に宣戦布告するための口実をつくるためのダメモトの作戦だったのかも知れません。

アカバネ電器による「穏便な圧力」がすべて徒労に終わったその時、これまで社長室に引きこもる姿しか描かれなかった赤羽根社長が外に出て来ました。

いよいよ実力行使のはじまりです(怖)

【明】常子ちゃんと星野くん

星野くんを自宅に招いたということは、常子ちゃんの中では心が固まりつつあることを意味しているのでしょうか。

固まりつつあるとはもちろん星野くんとの結婚です。

一方で、常子ちゃんからの自宅への招待をよろこんで受け入れた星野くんもまた、再婚に心が固まったとみていいのかも知れません。。

戦前も小橋家(性格には森田屋)に幾度か訪れていた星野くんのこと、小橋一家に囲まれていても違和感がまったくない。というかすっかり馴染んでいる。

小橋一家と星野くんが共有している思い出から仲間はずれの格好となった水田くんがひがむのも無理はないほどの馴染みっぷり。

星野くん一家を迎える食事の献立を考えながら張り切り過ぎていつもの暴走しかける君子さんも、この先で星野くん一家を客としてでなく家族として迎える心づもりでいるのかも知れません。

そして一同を黙らせた鞠ちゃんの長女・たまきちゃんの爆弾発言。

「きっと星野おじちゃんと、とと姉おばちゃんの仲がいいからだね」

常子ちゃんと星野くんの照れながらもお互いに視線を交わす時のはにかんだ表情がかわいらしい。

仲の良い大家族にしか見えない小橋家の【明】。

いつまでもこの【明】が続いてほしいです・・・

追記:水田くんと花山さん

ここ数週間、他の社員たちのかげにかくれてすっかりセリフが少なくなった水田くん。今回は久しぶりに水田くんらしさを見せてくれてちょっと感激です。

一方で、アカバネ電器の二人の社員を一喝した常子ちゃんの姿を見て喜びを隠せない花山さん。花山さんの花山さんらしい表情を見たのも久しぶりのような気がします。

<<前回130話 | 次回132話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


6 Responses to “アカバネ電器の社長来訪 / とと姉ちゃん 第131話”

  1. Morningstar より:

    誠実な気遣いはできるけど、どこか不器用な星野さんと水田さんのやりとり、かいらしかったです。そのために、南タイショウは外で子供たちと遊んでいる設定になっていたりして・・・?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > どこか不器用な星野さんと水田さんのやりとり

      本当に面白い組み合わせでしたね。水田くんが裸踊りを見たがっていると勘違いするあたり、いかにも星野くんらしく笑わせてもらいました。

  2. ともとも より:

    常子さんと星野さんの恋の行方に、毎日ドキドキ(≧∇≦)
    でも怪しい連中の多さにも、毎日ドキドキします(怖)
    赤羽根の部下は泣き落としといい、買収といい、下手すぎて小物感たっぷり。でも社長自身が動くと今までのようにはいかなそう。
    そして国実記者の不気味さは、まるでマッサンや花子とアンの特高警察のスパイのようです。

    子供たちと遊んでいるとダイショウくんの背の高さが際立ちますね! 
    うちの母が「誰?あのでっかいの」って・・・コック帽かぶってないと分からないらしいです(笑)
    それを柱の陰でそっと見守るよっちゃんが、子供好きなのね、二人の間に子供ができたらこんな感じかしら?、なーんて思ってるように見えました。

    ごちそうと言えばお寿司!ですか(笑)君子かか、可愛いです。
    最近は一人で夕食を済ますことも多くなったでしょうから、
    賑やかな食卓が一番嬉しいのは、かかかもしれませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 特高警察のスパイのよう

      国実さんの姿に既視感を感じていたのですが思い出せずにいました。言われて思い出しました。そっくりな特高がいましたね!これでやっとスッキリしました。

      > 最近は一人で夕食を済ます

      常子ちゃんは多忙。よっちゃんはデート。たしかに君子かか、一人ぼっちの夕食が多いかもです。少なくとも昼食は必ず一人。みんな集まったら興奮するのは当たり前ですね。

  3. よるは去った より:

    赤羽根「『あなたの暮らし』はいつ俺の前から消え失せる?徹底的にやれと伝えろ。」正面から映るとマフィアの首領のような悪の風格ですな。しかし国実という謎の男は敵か?味方か?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 謎の男は敵か?味方か?

      素性をまったく明かさない描き方が秀逸です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ