原稿破棄される事件発生 / とと姉ちゃん 第133話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年9月5日(月)放送
第23週 第133話「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

『とと姉ちゃん』第23週 第133話 「常子、仕事と家庭の両立に悩む」あらすじと見どころ解説

印刷所に持ち込まれていた『あなたの暮し』の商品試験の記事の原稿が捨てられるという事件が発生しました。記事を差し替えることになったので手元にある原稿を誰の目にも触れられぬよう捨ててくれと、花山の代理を名乗る何者かから印刷所に指示があったのです。

しかし「あなたの暮し出版」の面々は誰もそんな指示は出してはいませんでした。投石に次ぐ新たな嫌がらせではないか。編集部に動揺がはしる中、常子は星野と約束していた動物園行きを急きょキャンセルしました。

青葉に嘘つきとなじられ落ち込みながらも、常子は製本に間に合わせるべく夜を徹しての作業で原稿を作り直します。作業をしながら常子は考えます。今の自分には仕事と家庭を両立させることは出来ないと。そして徹夜明けの朝、見知らぬ男が常子を訪ねてきます。

大東京新聞の記者・国実を名乗るその男は、世間で「孤高の存在」と呼ばれる「あなたの暮し出版」の取材を願い出ました。しかし、廃棄された原稿の作り直しに追われる花山と常子は国実の申し出を一蹴するのでした。

<<前回132話 | 次回134話>>

midokoro

前週に描かれた投石騒動に引き続いて不穏な事件が発生します。

印刷所に持ち込まれていた『あなたの暮し』最新号の原稿を破棄するよう何者かが指示。しかし編集部には誰一人心当たりがありません。

『とと姉ちゃん』第23週 第133話 「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前週、古田新太さん演じるアカバネ電器社長・赤羽根氏が週の終わり頃に何やらたくらんだところで物語が終わりました。

そのたくらみが今回の原稿破棄騒動でしょうか。

騒動のあおりを受けて、常子はかねてより楽しみにしていた星野一家との動物園行きをキャンセル。

そんな中、前週に一瞬だけ姿を表した謎の男が本格的に登場します。

大東京新聞の記者、国実恒一です。石丸幹二さんが演じるその新聞記者、しばらくの間は常子たちとは敵対する形で登場します。

しかし、いつまでも敵対関係のままで終わるのか。常子たちの味方のポジションにつくのか。名前と職業は明らかになったものの、まだまだ謎を残したままです。

『とと姉ちゃん』第23週 第133話 「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
 朝ドラ観賞後の感想

常子、仕事と家庭の両立に悩む

今週のサブタイトル「常子、仕事と家庭の両立に悩む」の意味するところが月曜日からわかりやすく説明されました。

取材地で偶然に遭った男の子と女の子にすっかりなつかれてしまった常子ちゃん。しかもその男の子と女の子は星野くんの子供だった!

そんな思いがけない展開を経て、二人の子供たちからはますますなつかれ、それ以上に星野くんとの距離も縮める。

前週にはまるで家族みたいになった常子ちゃんと星野くん一家でした。

アカバネ電器とのバトルを抱えるまでは仕事上の大きなトラブルに見舞われることもなく、常子ちゃんは仕事と子育てを両立させられるかも知れないと思っていたに違いない。

星野くんと結婚して、家事や育児を上手に分担すれば自分も星野くんも仕事と家庭を両立させることが出来る。

そんな目算は粉々に壊されてしまいました。

一緒に動物園に行く。それだけと言えばそれだけのささやかな約束すら守りぬくことは出来ない。

再び約束したところでもしまた仕事が危急の事態に陥れば、その時も間違いなく仕事を優先し子どもたちとの約束を反故にしかねない。

もし常子ちゃんがどこかの出版社に雇われる一従業員ならば。もっと責任の軽い立場であるならば子供たちとの約束を優先することも不可能ではありません。

でも、残念ながら常子ちゃんはそんな立場にはない。

二つの幸せを同時に追い求めることがとても難しい立場にいる現実を、アカバネ電器とのトラブルが常子ちゃんに突きつける。

前週までは星野くんとの大人の恋を描いたエピソードの「明」。アカバネ電器との間にかかえたバトルを描いたエピソードの「暗」。

明暗を描き分けるストーリー展開でしたが、今週は「暗」の影が「明」をおびやかしはじめました。

「明」にさした「暗」の影は、「明」をどこに導いてゆくのでしょうか。

謎の人物が正体を明らかにする

赤羽根社長はじめアカバネ電器の社員の姿を本編には一切登場させずに、アカバネ電器の仕業と思われる嫌がらせ第二弾を描く演出が不気味さを際立たせます。

また、アカバネ電器の面々が表に姿を現さない中で嫌がらせが実行されたことで引き続き嫌がらせが続くことが予想され、それがまた気持ちの悪さを増幅させる。

一方、前週の段階では「謎の人物」として登場していた男が編集部に乗り込んで来ました。

赤羽根社長以上に噛み付いたら決して離さない粘着気質を感じさせるキャラが、常子ちゃんたちの新たな頭痛の種になることを暗示していました。

次から次へと厄介な人物にからみつかれ、仕事と家庭の両立どころではなくなる常子ちゃんでした。

<<前回132話 | 次回134話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もんすけ より:

    仕事の内容や立場の違いはあれど、ととも「月に1回、家族でお出かけをする」という小橋家の家訓を守るため、仕事のやりくりに苦心したでしょうにと、しみじみ思います(考えてみれば、あまりにも容易い決まり事なら「家訓」ではないのですよね)。

    普通に働く女性ではなく、「時代の寵児」となってしまった。
    (仕方がない…)
    そうかもしれません。でも、心に決め、やりがいのある仕事に恵まれたとしても、いつも家族を想い共に居たのに、誰も替わることのできない深い孤独を抱える立場になってしまったことがどうにも不憫に思えてしまいます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 月に1回、家族でお出かけ

      この家訓の存在をすっかり忘れていました。よっちゃんと喧嘩になるほどまでにこだわった家訓を実行にうつせないなんて、本当につらいところですね。

  2. よるは去った より:

    桑野印刷「差し替えの原稿どうなってんの?」 ん~敵も手段を選びませんな。そしてついに素性を明かした国実なる人物・・・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      原稿のコピーを簡単にはつくれない時代ならではの嫌がらせですね。