商品試験の偽装疑われる / とと姉ちゃん 第137話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年9月9日(金)放送
第23週 第137話「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

『とと姉ちゃん』第23週 第137話 「常子、仕事と家庭の両立に悩む」あらすじと見どころ解説

「あなたの暮し出版」に衝撃が走りました。『あなたの暮し』に掲載されている商品試験に偽装の疑いがあるという記事が週刊誌に掲載されたのです。根拠の無い記事だと怒り心頭になる花山の横で常子は顔色を失います。

その週刊誌の記事で偽装を証言している者たちは、すべて常子が家庭での商品試験を頼んだテスターだったのです。「あなたの暮し出版」の取材を重ねていた大東京新聞の国実もこの記事に強い関心を持っていました。

常子たちが動揺する中「あなたの暮し出版」では最新号のための洗濯機の商品試験がスタート。同じ頃、赤羽根率いるアカバネ電器は洗濯機の新商品を発売。そんな中「あなたの暮し出版」に追い打ちかけるような事態が発生します。

大東京新聞が商品試験の真偽を問うコラムを新聞に掲載したのです。そんな中、常子は大東京新聞の国実の取材に応じました。国実は常子に問いかけます。『あなたの暮し』が40万部も売れているということの重みがわかっているのかと。

<<前回136話 | 次回138話>>

midokoro

「あなたの暮し出版」周辺で発生しつづけていた不穏な動きが再燃します。

『あなたの暮し』の商品試験の結果は偽装である。そんな疑惑が週刊誌で報じられてしまったのです。

『とと姉ちゃん』第23週 第137話 「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
 事前発表あらすじのレビューと解説

投石騒動。原稿破棄騒動。何者か・・・恐らくはアカバネ電器の赤羽根社長によるものと思われる嫌がらせの延長線上にあるのでしょうか。

週刊誌で『あなたの暮し』の商品試験の偽装疑惑が大々的に報道。

しかも、その週刊誌の記事の元ネタは『あなたの暮し』のテスターの証言だった!

そして、その報道により「あなたの暮し出版」が大打撃をこうむったそのタイミングでの、アカバネ電器の新商品発売。

一連の騒動の主は赤羽根氏でほぼ確定でしょうか。

それにしても、常子が信じたテスターがまさかの虚偽証言をするとは!

このテスター、赤羽根に買収されたのか?それとも赤羽根が「あなたの暮し出版」に放った者だったのか。

「あなたの暮し出版」とアカバネ電器の戦いがいよいよ本格化してきました。

『とと姉ちゃん』第23週 第137話 「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
 朝ドラ観賞後の感想

衝動買いのし過ぎてお金に困っている松永くん

松永くんの裏切りが確定か?

劇中ではどちらかと言えばこれまで目立たぬ存在だった松永くんに今回もスポットが当たりました。

洗濯機の商品試験がはじまっても気もそぞろで作業に集中出来ない。そんな松永くんの異変に何かを察したらしい水田くん。

この水田くんの反応で、松永くんへの関心を引くさりげない演出。

一方、赤羽根社長が二人の社員に放った言葉が衝撃的でした。

まさか身内の社員から裏切られることになるとは・・・。身内の社員とは「あなたの暮し出版」の社員の誰かを意味します。

しかも赤羽根社長は金で「あなたの暮し出版」の社員の一人を買収したらしい。

今の段階では買収されたのが誰かは明らかにされていませんが、松永くんは衝動買いのし過ぎてお金に困っているはず。

松永くんの疑惑が確定となる瞬間、これは観ていてつらい場面となりそうです。

要注目キャラに急浮上した国実記者

国実さんは感じは悪いけれど本物か?

食いついたら決して離さない粘着気質の新聞記者・国実さん。今回もまた感じの悪いことこの上ないのはお変わりありませんが、信じて大丈夫な人なのかも知れない。今回の国実さんを観てそう思ったのは僕だけでしょうか。

国実さんは常子ちゃんを厳しく追求しました。

「40万部がどれほどのものかわかってますか?そのことの重みをおわかりですか?」

40万部という数字が持っているその力。恐らくは常子ちゃんとは比べものにならないほど国実さんは理解しているはずです。なにしろ全国紙の記者ですから。

国実さんはさらに一歩踏み込みます。

「本当に正しいかどうか追求されて当然」

この一言を聞いた時、国実さんは信頼に足る人だ。そう確認しました。

常子ちゃんたち「あなたの暮し出版」が様々なジャンルの商品試験を繰り返し、世間で販売されている製品の良否を確かめるのが仕事なら、国実さんの仕事は「あなたの暮し出版」に掲載されている情報の真偽を確かめることも仕事のひとつです。

『あなたの暮し』の商品試験がはたして本物かどうか、商品試験の商品試験を国実さんはしようとしているのでしょうか。

国実さん、今回から要注目キャラに急浮上です。

追記:国実さんが信頼に足る人かも知れないと判断する材料がもう一点。

商品試験の真偽を問うコラムが大東京新聞に掲載されたことを赤羽根社長が「嬉しい誤算」と表現。赤羽根社長と国実さんはグルでないことがこの一言で確定です。

本日の名言ふたつ

火のないところに煙は立たない、と言う国実さんに常子ちゃんが反論しました。

「根がなくとも花は咲く」

はじめて知りました。この言葉。

そしてもう一つの名言は赤羽根社長の口から出ました。

「小さな一歩もそれを繰り返せば大きな一歩になる」

こんな言葉が口から出てくるのはやっぱり赤羽根社長、ワルながらも苦労人。赤羽根社長がますます好きになりました。(怖いですが)

<<前回136話 | 次回138話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ともとも より:

    若者が月賦で衝動買いできるような景気なんですね。
    身の程知らずな買い物をし過ぎて、お金のために社外秘の名簿を売る・・・
    なんだか昨今のカード破産や名簿業のニュースのようです。

    国実さんは裏返しに褒めてくれているような気もします。
    「40万部の世間への影響力、分かってますか?」
    常子さんは、確かに分かっていなかったかもしれません。
    これからその意味を噛みしめて行くことになるのでしょう。

    赤羽根社長のお言葉、本当に名言!額に入れて飾りたい程!
    「小さな一歩でも踏み出すことが大切だ。
     同じように何度も繰り返して行けば、
     いずれ大きな一歩になる」
    でも、やってることは嫌がらせですから~!残念!!

    アカバネの製品はどこかしらに赤い色が使われていて、
    商品試験でも、あれだ!と一目で分かるのも工夫ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > アカバネの製品はどこかしらに赤い色

      コメントではじめて気が付きました。社長室の中も何故かいつも赤い照明。これもアカバネの「赤」を象徴してるんでしょうか。

  2. とん より:

    今回も素晴らしい洞察に感服いたしました。
    「あなたの暮らしという商品」を商品検査する、この考えには思い至りませんでした。
    言われてみれば完全に公平たるには必要なことですよね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今のところは憶測に過ぎないのですが、国実さんの手厳しい追求が常子ちゃんたちの商品試験のクオリティにさらに磨きをかけてほしいものですね。

  3. たこやき より:

    こんにちは。

    「根はなくとも花は咲く」
    私も初めて聞きました。
    常子は、星野さんから教えてもらったのでしょうか?ふと、そんな気がしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 星野さんから教えてもらった

      言われてはじめて気が付きました。植物ネタの格言。星野くんが言いそうなことですね!

  4. もんすけ より:

    いよいよ大きな「山」がきましたね! 常子ちゃんにとっても、アカバネ電機の社長にとっても、大東京新聞の記者にとっても。

    大東京新聞の国実さんがなにゆえ、いやらしいまでの執拗な取材をしていたのか、正直、よくわかりませんでした。
    「40万部の重みを理解していますか?」の言葉。報道の権威、全国紙である天下の【新聞】をも凌駕するほどの影響力をもつ、【雑誌】の「あなたの暮し」に対して、同じ「ペンの力」をもつ者のプライドが許せなかったのでしょうか。
    叩き上げの会社を守る者、報道のプライドを誇る者、人々の暮しと家族を守る者の攻防はいかに…。

    と、考えるに、星野さんとの別れのシーンがあまりにもさっぱりと短かったのは、これからくる大きな荒波の凄さを際立たせていたのでしょうか(別れの悲しみも瞬時に吹っ飛ぶほどの展開にびっくりです)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 別れの悲しみも瞬時に吹っ飛ぶほどの展開

      僕も今回を観て同じ感想を持ちました。常子ちゃんと星野くんの別れを戦前編のごとく濃厚に描いたら、今回の衝撃が薄くなったのかも知れないと。仕事に生きる道を決断した常子ちゃんにとっては今回描かれた衝撃こそがメインのストーリーですからね。