欠陥判明で赤羽根が動揺 / とと姉ちゃん 第142話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年9月15日(木)放送
第24週 第142話「常子、小さな幸せを大事にする」

『とと姉ちゃん』第24週 第142話 「常子、小さな幸せを大事にする」あらすじと見どころ解説

怒り心頭の赤羽根は常子たちに激しく抗議しました。「あなたの暮し出版」の商品試験は悪意に満ちたアラ探しに過ぎない。商品を買った後は、すべての責任は消費者の側にあるのだと。しかし、花山の一言が赤羽根を黙らせます。

花山はアカバネ電器の洗濯機が抱える致命的な欠陥をその場で公表しました。アカバネ電器はプラグの中のネジを、鉄にメッキすることで真鍮に見えるように偽装していたのです。その偽装のためにアカバネ電器の洗濯機は発火の危険すらあったのです。

アカバネ電器のネジの偽装は新聞で報道され、赤羽根は謝罪に追い込まれました。一方「あなたの暮し出版」の商品試験は信頼を取り戻すことに成功。洗濯機の商品試験結果を載せた『あなたの暮し』最新号はこれまで以上に売り上げを伸ばしました。

公開試験の騒動が一段落着いた頃。宗吉は大昭に告げました。そろそろ自分は引退して大昭に店を譲りたいと。宗吉は続けます。大昭と美子が一日も早く結婚することを望んでいる。それが自分の幸せでもあるのだと。

<<前回141話 | 次回143話>>

midokoro

「あなたの暮し出版」とアカバネ電器の戦いの物語は今回が最後です。

「あなたの暮し出版」との戦いで勝利をおさめることを確信していた赤羽根は、思いがけない部下の裏切りにより最終的に敗北します。

『とと姉ちゃん』第24週 第142話 「常子、小さな幸せを大事にする」
 事前発表あらすじのレビューと解説

いつぞやアカバネ電器の二人の社員、村山と酒井が自社の洗濯機の欠陥を社長の赤羽根に隠す場面が描かれました。

その後も二人の社員はこの欠陥を赤羽根の眼から隠し続けることに成功していました。

しかし、赤羽根が気づくことが出来なかった洗濯機がかかえている致命的な欠陥を鋭く見抜いていた者がいます。花山です。

花山は洗濯機の持つ大きな欠陥を指摘します。

花山の鋭い指摘は、それまで強気の一辺倒だった赤羽根を黙らせるには十分なインパクトを持っていました。

そしてこの花山の指摘によって、村山と酒井による洗濯機の欠陥隠蔽工作も発覚してしまうのでしょうか。

「あなたの暮し出版」とアカバネ電器の戦いは結末を迎えます。

『とと姉ちゃん』第24週 第142話 「常子、小さな幸せを大事にする」
 朝ドラ観賞後の感想

「安くて何が悪い」

安いものを売るという赤羽根社長のこころざし。

アカバネ電器の商品が抱える問題は安さを追求する中で生じたものですが、安さを追求するというこころざしそのものには問題はなかった。

そのこころざしを実行に移すプロセスでいろいろと問題があったものの、赤羽根社長のこころざしそのものは否定されずに終わったことは納得のゆく締め方であったかと思います。

実際、より安全で使いやすいものをつくろうと励んだ人たちと、より安く商品を提供しようと励んだ人たちの切磋琢磨があったからこそ、生活家電は所得に対してより安価な価格で手に入れることが出来るようになったわかですから。

そして赤羽根社長の、買った後は消費者の責任という価値観。

製造物責任などという考え方も皆無に近ければ、こんな言葉すら存在しなかった(はずの)この時代、赤羽根社長のような価値観を持った製造者は少なからず存在したのだろうと思います。

赤羽根社長もこの価値観はまだ簡単には覆らないような気がします。

しかし、部品の素材偽装は消費者の責任でなく明らかに製造者の責任です。買った後は消費者の責任という赤羽根社長の価値観が仮にゆるがなかったとしても、偽装だけは自社の責任と認めないわけにはゆきません。

ネジの偽装をオチにすることで、製造者の責任と消費者の責任を視聴者の眼にも区別しやすくしたストーリーテリングはみごとでした。

もし、製造者の責任と消費者の責任の境界線があいまいな商品欠陥をオチにしていたら、製造物責任などという考え方がほぼ無かった当時の価値観を、現代の正義で裁くような薄っぺらなキレイ事で終わっていたかも知れません。

上手に終わらせてくれました。

そして赤羽根社長の「謝罪会見」が開かれたことをナレーションで説明することで、赤羽根社長とアカバネ電器の再生が暗示されたのも嬉しい。

どん底からのし上がってきた赤羽根社長のこと。これくらいのことで負けたりはしないでしょう。きっと、これまで以上に安さを追求しつつも嘘偽りのない商品づくりをすすめてくれるものと期待させてくれる赤羽根社長の退場場面でした。

奥の深い悪役を心から楽しませてもらいました。

追記:赤羽根社長の部下の村山氏が開き直りました。

「あの低予算で真鍮のネジは使えない、社長の言うとおりにやった結果がこれだ」

偽装は部下の暴走でした。しかし、自分は知らなかった。部下が勝手にやったことだなどと昨今の組織トップによくありがちな残念な姿を決して見せなかった赤羽根社長、あなたは男の中の男です。

「あなた方の信念を少しは理解出来る」

今回描かれた公開試験で、メーカー側が負けても「あなたの暮し出版」が負けても、国実記者と新聞社は勝利が確定と数回前のレビューで僕は書きました。

しかし、このレビューは改める必要がありそうです。

国実さんの狙いはただ一つ。「あなたの暮し出版」の信頼を失墜させることでした。そのための公開試験でした。

しかし「あなたの暮し出版」の商品試験のクオリティは確かなもので国実さんの目論見は失敗に終わる。

凡庸な作品であれば、常子ちゃんたちの正しさが証明されたところで、国実記者は手のひらを返したように常子ちゃんにいい顔を見せていたところです。

あなた方は正しかったと。

さて、劇中で国実記者は定石どおり自分の敗北を認めました。しかし、敗北を認めはしたものの、悔しさを隠し切れない国実記者の捨てゼリフ。

「あなた方の信念を少しは理解出来る」

安易な降伏を認めない国実記者の職業人としてのプライドが素敵です。

そして最後に見せた悔しさに満ちた表情が、何故かさわやかでした。赤羽根社長とならんで味わい深い悪役を堪能させてもらいました。

戦後最大の謎(笑)

前回に引き続き、今回も赤羽根社長と国実記者にすべてを持って行かれた。そんな印象が残る『とと姉ちゃん』でしたが、ようやく戦後最大の謎(笑)が解明されました。

戦後最大の謎(笑)とは、長谷川くんと富江ちゃんが、宗吉大将と一緒に東京に戻って来なかった理由のことです。

長谷川くんと富江ちゃんはまだ高崎にいる。そして高崎で料理人の修行をし、ようやく店を任されるまでになった。

これでようやくスッキリしました。

話がそれますが、店を譲りたいと宗吉大将に告げられたタイショウの神妙な表情がなかなかの男前で同性ながら惚れてしまうレベルです。

いつの日か、将来の朝ドラヒロインの相手役として登場してほしいものです。

<<前回141話 | 次回143話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もんすけ より:

    遡って上ってのコメント恐縮です。
    私も(なぜ冷蔵庫の例え話?)と思っていたのですが、これは三種の神器家電からきていたのでしょうか。
    白黒テレビに冷蔵庫と洗濯機。
    今回、洗濯機を取り上げた公開試験でしたが、今後も商品試験は続ける、冷蔵庫やテレビも商品試験に取り上げるという暗示であったり、メーカー側へも冷蔵庫やテレビの品質にも手を抜かないで欲しいとの希望だったのかな…と。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 三種の神器家電

      それはあるかも知れません。三種の神器を当時の主婦が必要とする度合いでランク付けしたら1:洗濯機、2:冷蔵庫、3:テレビ、といったところでしょうか。当時のメーカーが三種の神器の開発に躍起になっていた頃でもあり、十分考えられると思います。

  2. エイスケの後輩 より:

    メーカー人として、商品試験のくだりは少しもやもやしたものを感じていました。
    確かに品質は何より大切だけれど、当時の技術では限界があります。
    メーカーの今持てる技術で最高のものをと頑張る気持ちが有ったろうに大して描かず、一方的に主人公側への悪役の様に仕立てている様に見えました。
    だからこそ、国実さんの「少し理解できる」という言葉に私は溜飲が下がりました。
    私の考えとしては、国実さんは、やはりメーカーの気持ちを汲んでいたと思います。
    記者をするなかで、彼らの熱い気持ちを理解していただけに、メーカーを潰すかの様に見えた主人公側を良く思わなかったのではないか、そして、もちろん品質は大切だけれど、それ以外にも大切なことがあると知っていたからこそ、「少しの理解」だったのではないのかと思います。
    朝蔵さんが詳しく書いてくださった様に、とにかく物質的に豊かになることが幸せという時代の価値観も踏まえると、さらに全面的に理解とはならなかったでしょう。
    ここまで複雑な当時の状況を、あえて白黒はっきりさせず、でもちゃんと幕引きさせた、すごい脚本だったと思います。

    (白黒はっきりしないと言えば、トラブルを起こしたキャラが再登場しないのは、その方がリアルだという書き込みには納得させられました。)

    しかし私は赤羽根ロスです…(^_^;)
    あっという間でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 国実さんの「少し理解できる」という言葉に私は溜飲が下がりました
      > 国実さんは、やはりメーカーの気持ちを汲んでいたと思います

      メーカーの視点に立った観察、興味深く拝読しました。「少し理解できる」という言葉の重みもあらためて噛みしめることが出来ました。

      > 赤羽根ロスです

      僕も一緒です(笑)

  3. ぽんた より:

     朝蔵さん、いつも的確な情報提供とコメント、楽しく拝読させていただいています。解説には目から鱗のものもあります。いつもありがとうございます。

     国見記者が大東京新聞に書いた記事を、本編を録画し、再生の際に逐次停止させてテレビ画面で読みました。国見の記事はとても客観的なもので、彼の主観的な執念や挫折感によるひねくれた抵抗は全く感じられません。演技はともかく、国見は記事を書くにあたって、本物のジャーナリスト精神と言論の倫理を持っていたのでしょう。このあたりの設定にまで細部にこだわったドラマ作りをしていることは、さすがと言えます。国見に対する見方が大きく変わりました。

     最近の2回は、製品を出荷するメーカーが持つべき倫理と消費者の権利(当時の日本にはそのような考え方もなかったのでしょうが)の大事さが表現されているように思えます。設計部門は常にユーザの利便性とコストの問題に直面します。良い性能を追求すれば高価となり、安価を追求すれば技術的に可能な性能や利便性は失われる。その矛盾をいかに技術で解決するかが開発設計。そして製品のラインナップが生まれる。高価で良質から適度の価格で最低限度の機能の物まで色とりどり。公的基準を満たさなかったり、重大な被害を与えれば、市場から即時レッドカード。社会からポカスカにやられます。軽度な被害や重大な不快を与えればイエローカード、たまれば退場。消費者が期待する、価格に見合う性能を満たすのは当然(これは結構難しいのだが)、そして利便性が勝負どころ。たとえ現在のK誌が製品比較部門から撤退しても、今はインターネットがあるので、利用者の口コミは封じられません。それがなかった1958年当時は、徹底的に消費者目線に立つK誌の奮闘が重要な役割を果たしたのでしょう。

     今は錦の御旗の監視役、消費者庁があります。指摘されると報道されたり、ホームページで情報開示されるので、大きなダメージです(消費者の皆さん、買う前にホームページをチェックしましょう!)。大規模小売店の商品テストも厳しく、流通を押さえる力も強いため、メーカー主導の「売らんかな」だけがまかり通った当時とは、ちょっと状況が違っています。安価でそこそこな製品は今でも流通していますが、日本の製造業として、製品に消費者目線で多数の欠陥をもつアカバネ型商法が現在生き残れるとはちょっと思えません。思えば日本も大きく進歩したものです。当時、消費者の立場に立って情報ギャップを埋めた先覚者としてのK誌の価値は大きかったのだと思います。その「真のジャーナリズム精神」には感服です。

     ドラマに戻れば、赤羽根は徹底的に自己中心的かつナルシスティックな人物です。自分の理想が受け入れられないとき、それを邪魔する奴は徹底的に排除してでも前に進む。「オレが、オレが」の極みです。極端な猪突猛進の「終戦直後的起業家精神」を持った彼が、高度成長期とその挫折を通じて、日本社会の価値観の修正が緩やかながら大きく行われる時代の劈頭にあたって、その剛直さの故に、いの一番に次の世代の社会からレッドカードを突きつけられる。

     こういう人物像は、バブル崩壊の局面でもたくさん見られました。バブル期にマスコミでもてはやされた「剛腕経営の巨人」が経営破綻に瀕してぶざまな姿を晒したことがどれだけあったでしょうか。赤羽根の最後を見ると、その際に醜態をさらした企業家の姿がまぶたに浮かびます。

     赤羽根のような人物は、ひとつの時代を切り開く力を持っています。しかし、時代の転換期には、人間は次世代の風を察し、柔軟に生きていたいものです。

     場にそぐわないかもしれませんが、率直な感想を書き綴りました。長文、大変失礼しました。  ぽんた拝

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      非常に読み応えのあるコメントをありがとうございます。
      劇中に描かれた人物や職業、時代背景への深い洞察に感服しました。

  4. みゅりえる より:

    先のコメントですが、再放送をよく見たら読者のはがきの中から真っ先に思い出したのが冷蔵庫だった、ってことの様ですね。

    とは言うものの「ささやかな幸せ」っていうこのドラマの核となる言葉の例えをするのであれば今までのエピソードの中から、とりわけ炊飯器で例えてほしかったなと思いました。事故のやけど→いじめ→別れの決定打になった訳ですし何の為の星野さん再登場だったのかなって純粋に思ったのです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > とりわけ炊飯器で例えてほしかった

      実際の話を伝えることで赤羽根社長への説得力も増したかと思います。ささやかな幸せが損なわれ大樹くんは転校を余儀なくされているわけですからね。

  5. ヤジウマン157号 より:

    昨日に引き続き、憎まれ役お二方の演技に魅了されてしまった・・・

    以下、個人的に思うことをつらつらと。
    常子、赤羽根、国実の三人とも、目指しているものの根本は同じなのだろう。

    常子たちは、消費者の視点を大切にして試験にこだわりを持っている。あるメーカー・ある製品に不具合があり、結果としてそれを叩くような記事になってしまっても、メーカーの都合は一切聞かない。

    赤羽根は、戦後復興の中で便利なものをたくさん持つことが消費者の為になると考え、少しでも安く提供したいと考える。安さを追求して多少性能が落ちても、安くて数を売れるものにしたい。

    国実は、何が真実であるのかを消費者に伝えたい。そのためにはあらゆることに疑問を持ち、真実をつかむために相手に喰らいつき、挑発することもいとわない。

    三者とも消費者のニーズを掴み、それに応えることで消費者のため、ひいては自分たちのためになっていくのは同じ。

    赤羽根は、それを部下任せしてしまったこと、あるいは利益を優先することで、道を少し踏み外してしまったのかもしれない。しかし、いくらなんでも自社の製品がここまでひどいとは考えてもみなかったのだろう。

    国実は常子たちと比べ、メーカー側も含めた多面的な視点を持っていると思う。あなたの暮らしが出版され、批判されて売上が落ちたメーカーの状況というのもよく知っているし、あなたの暮らしが週刊誌で疑惑が取りざたされたことで疑問を持つことはむしろ当然のことだろう。
    公開試験の結果はああなったが、国実が最後に言った言葉は負け惜しみでもなんでもなく、常子たちが目指しているものは理解したが、あなた方を全面的に信用するわけにはいかないよ、ということなのではないか。
    国実から見れば、あなたの暮らし出版も雑誌を発行する「メーカー」であることは変わらないから、今後も疑問があったら突っ込むことだろう。
    言ってみれば立場の違いだが、新聞記者らしいことだと思う。

    長くなってしまって申し訳ないことだが、今日もいいもの見られたと思う。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あなた方を全面的に信用するわけにはいかないよ、ということなのではないか。

      なるほど、深い洞察です。メディアの知見の蓄積は新聞社のほうがはるかに上のはず。そんな中で育ってきた国実記者にしてみれば、常子ちゃんたちの姿勢はまだまだ甘く見えるのかも知れません。

  6. みゅりえる より:

    はじめまして。
    朝蔵さんのドラマ愛溢れるこのブログいつも拝見させてもらっています。

    今話の常子のセリフの中に一つだけどうしても納得できない疑問があります。
    なぜ冷蔵庫を例えに出したのでしょう。
    それまでにも不良品にまつわるエピソードはいくらでもあったのに(ミシンやアイロンや炊飯器など)、
    とくに大樹くんの炊飯器でのやけどはかなりインパクトがあったと思ったのですが。

    朝蔵さんはどう思われますか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > なぜ冷蔵庫を例えに出したのでしょう

      「喜ぶあまりに前の晩に眠れなかった」子供と「ケガ」のギャップを強調したかったのかなと思いました。

      僕は別のところに違和感を感じていて、お金を儲ければ幸せになれると私も思います。常子ちゃんが赤羽根社長にそんなふうに言ったところ。そもそも赤羽根社長はお金儲けへの執着はそれほど露わにしてないかと思いました。

  7. ともとも より:

    ある意味、法廷劇のようだった公開試験も終幕しました。
    赤羽根社長の退席で、試験終了が曖昧になってしまったので、
    司会の国実さんのカッコいい締めの言葉が欲しかったです。
    舞台人らしい朗々たる声の演技ながら、繊細な心情も表現した
    赤羽根社長と国実さんの退場はちょっと寂しいですが、
    それぞれの言い分も、とても納得できたし、謝罪会見の記事も
    アカバネのより良い未来を感じさせてくれました。

    キッチン森田屋のお二人は高崎へ戻ってしまうんですね。
    でも、お店を血縁でもない一従業員に譲るって、太っ腹!
    大将は、大昭くんも三姉妹も親子同然に思っているんですね。
    あまり繁盛している場面がなかったのが、少々心配ですが(笑)
    長谷川さんと富江ちゃんも、幸せに暮らしているようで、
    戦後最大の謎(!)にもやもやしていた人も安心しましたね♪

    あ!ということは、よっちゃんは退職して女将さんに?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 大昭くんも三姉妹も親子同然

      「お前が身内でなくて誰が身内だ」この大将の言葉が男前過ぎて泣けました。

      > よっちゃんは退職して女将さんに?

      たしかにタイショウ一人で店を切り盛りするのは大変かもです。

  8. たこやき より:

    こんにちは。お昼の回をじっくり観ていました。
    タイショウ、神妙なお顔も、決意したお顔も素敵でした🎵明日のプロポーズのシーンがあるのかな?楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > タイショウ

      タイショウが大将になった時の姿も楽しみですね。

  9. ふかがわ より:

    毎日、こちらのブログを楽しみに拝見しています。
    朝蔵さんのご意見や好みにいつも同感して楽しませていただいております。これからも朝ドラのネタバレブログ楽しみにしています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。とても励みになります。
      今後とも当ブログをよろしくお願いします!

  10. エイスケの後輩 より:

    長谷川夫妻のその後が出てきて喜んだ視聴者は沢山いるでしょうね。
    確かに、照代のお兄さんと宗吉は同世代ですから、宗吉が独立したいとなってもまだ店を譲ってもらうことは出来ない年代で、また引退するなら同じくらいのタイミングになるでしょうしね。
    でも個人的には松吉君見たかったな~(笑)

    同じように、昔お世話になったキャラクターのその後が、残り2週間で語られると嬉しいですが、おじさん以外あるかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > おじさん以外あるかな?

      僕としては清くんの「まいったな~」をもう一回だけ観てみたいと願っています。

      • エイスケの後輩 より:

        私も清くんです!
        役者さんがEテレの天才テレビくんに出演されているので、とと姉ちゃんでの自分の出演した回を見て、清くん風に自画自賛するシーンはありましたが…(^_^;)

  11. もんすけ より:

    「(高度経済成長に)水を差す行為と思っていた」
    私も朝蔵さんと同じく、国実さんの真意を掴みかね、(すんごく嫌な奴?)(いや、記者魂に燃える、いい人かも?)と回を追うごとに揺れていました。
    正しい(と思しき)行動は、受け取る側にとっては耳痛く、不愉快に感じることが多いもの。国実さんにとって、「あなたの暮し」は、同じくペンという武器を取り正義を語る立場として、おそらく鬱陶しい存在だったのですね。

    >安易な降伏を認めない
    >赤羽根社長の『謝罪会見』

    主人公に打破されながらも、脇の登場人物すべてになんらかの彼らの芯骨を残しつつ退場させる展開。脚本家の、人間に対する深い愛を感じずにはいられません。

    「べっぴんさん」のキャラクターアイコン、かわいいですね!
    「べっぴんさん」の記事が増えるつれ、いよいよ「とと姉ちゃん」も大円団へのカウントダウンがまもなく。少し淋しい、秋の風…。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 彼らの芯骨を残しつつ退場
      > 深い愛を感じずにはいられません

      まさにこれを言いたかったのですが言葉に出てきませんでした。的確な言葉を選んで今回のすぐれたポイントを表現してくださってありがとうございます!

      > べっぴんさん

      僕の頭の中では、常子ちゃんとまだ見ぬすみれちゃんが入り乱れてます。

  12. よるは去った より:

    村山「仕方ないじゃないですか!!あの低予算で・・・・・。」 ああいう場面がJ・ギラーミン監督「タワーリングインフェルノ」でもあったなと思い出しました。経費の節約に拘った結果、あの大惨劇と大パニックを招くわけですよね。そして責任者たち(W・ホールデン、R ・チェンバレン)は責任の擦り合い。あの洗濯機が高層マンション、集合住宅等で使われて、花山氏が指摘したような事態がおきたら・・・・・・考えただけでゾッとしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あの洗濯機が高層マンション、集合住宅等で使われて・・・

      マンションの建物そのものが経費節減を追求していたなんていう事例も、ここ十年でずいぶん出てきましたね。