たまきが常子の会社志望 / とと姉ちゃん 第149話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年9月23日(金)放送
第25週 第149話「常子、大きな家を建てる」

『とと姉ちゃん』第25週 第149話 「常子、大きな家を建てる」あらすじと見どころ解説

ある日、常子は忘れ物をして出社しました。常子の忘れ物を届けに「あなたの暮し出版」編集部までやって来たたまきは、その時行われていたスチーム式アイロンの商品試験を行っている活気に満ちた編集部の様子に心を奪われました。

商品試験の結果、米国製の性能を超える日本製のスチーム式アイロンが登場しはじめたことが判明。日本製の電化製品の性能が米国製品を超える瞬間に立ち会うことが出来た社員たちが沸き立っていたのです。

家に帰ったたまきは鞠子と水田を驚かせます。常子の会社で働きたいと言い出したのです。常子たちの商品試験が日本製の電化製品の進歩を促した現場を目撃したたまきは、大学を卒業後は自分も世の中の役に立つ仕事がしたいと心を固めたのです。

ほどなくしてたまきは「あなたの暮し出版」の入社試験に挑み、一次試験と二次試験に無事に合格。そして迎えた最終試験当日。試験官の常子と花山は、たまきたち受験者に課題を次々と果たします。しかし、一風変わった試験は受験者たちを戸惑わせるのでした。

<<前回148話 | 次回150話>>

midokoro

鞠子と水田の長女・たまきは今週から吉本美優さんが演じています。

今回、たまきは「あなたの暮し出版」への入社を希望。幼い頃のたまきが口にした「お父さんの会社で働きたい」という言葉が現実となります。

『とと姉ちゃん』第25週 第149話 「常子、大きな家を建てる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

たまきの初登場時、たまきは幼い頃の常子に良く似ていると言うセリフが登場。それはまるでたまきの将来を暗示しているかのようでした。

その時に「暗示」された通り、たまきは常子が築き上げた職場に魅了され「あなたの暮し出版」への入社を志望します。

奇しくも前回、常子は時代の変化を察知していました。女性誌に求められるものが変わってきていると。

時代の変化を察しつつ、これまでの歩んできた人生を常子が総括したかのようなタイミングで新しい世代の代表とも言えるようなたまきが「あなたの暮し出版」に入社。

一つの時代が終わり、一つの時代がはじまることを今回のエピソードは表現しているのでしょうか。

『とと姉ちゃん』第25週 第149話 「常子、大きな家を建てる」
 朝ドラ観賞後の感想

たまきちゃんは誰似?

たまきちゃんは幼い頃から君子かかなどから「常子ちゃんに似ている」と言われ続けてきましたが、今回「あなたの暮し出版」への入社志望動機を理路整然と述べるたまきちゃんを見て、たまきちゃんはやっぱり鞠ちゃん似かなと思いました。

戦時中、小橋家のミシンを取り上げようとした組長に食って掛かる鞠ちゃん。あの時の鞠ちゃんの姿を、今回のたまきちゃんの姿を見て思い出さずにはいられませんでした。

将来、どうなりたいのか、どうしたいのかというビジョンがはっきりしているところも鞠ちゃん似かなと思う点です。

今のたまきちゃんと同じ年頃の常子ちゃんが考える将来はお金持ちになることだけだったと記憶しています。お金持ちにどうやってなるのかというところがスッポリ抜け落ちたまま。

一方、鞠ちゃんの夢は作家になることでした。鞠ちゃんもどうやって作家になるのかというところは抜けてましたが、常子ちゃんよりは具体的な夢を持っていたかと思います。

また、画面に一瞬だけ映ったたまきちゃんの履歴書には「帝都女子大学」と記されていました。(眼が悪いので見間違えかも知れません)出来の良さそうな大学で勉強しているところも鞠ちゃん似です。

でも「あなたの暮し出版」入社試験の最終選考会場で、自分で工夫して原稿を書けと言われてとっさに床に座り込む、あの臨機応変なところはやっぱり常子ちゃんに似ているのかも知れません。

あの時、もし鞠ちゃんが同じ立場に立たされたならどこで書いたらいいのかと試験官に尋ねていたような気がします。

母親の血、叔母の血。小橋家の血筋をたくみに表現しながらもやっぱり他の誰でもないたまきちゃん。

名演でした。

立ち姿も美しく眼力も強い吉本実憂さん、数年うちに朝ドラのヒロインを演じる彼女に再び会えそうな気がますますしてきました。

追記1:自分の将来を賭けて履歴書を書いているたまきちゃんの背後に写り込んでいるのは、幼い頃のよっちゃんが落書きし常子ちゃんが修復しようとした前衛画。

常子ちゃんの創意工夫の精神を将来のたまきちゃんが受け継ぐことを暗示しているかのような映像でした。

追記2:たまきちゃんの「女性の夢が沢山詰まっている」という言葉に心が震えました。前作『あさが来た』のあさちゃんの活躍が、平塚らいてうや東堂先生などを経て、1970年代になってようやく実を結びはじめたのかと。

おまけ:コウカイの社長

日本の家電製品が進歩したのは『あなたの暮し』の商品試験があったからだと「コウカイの社長」が言っていた。

そんなセリフがあったような気がします。

「コウカイ」と聞いて「鴻海」を思い出し、皮肉なセリフだなと思ったのは僕だけでしょうか。ちなみに「鴻海」の北京語読みは「コウカイ」でなく「ホンハイ」ですが。

<<前回148話 | 次回150話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. エイスケの後輩 より:

    スチームアイロンの試験、アカバネに加え、トースターのちとせの名前もありましたね。
    それぞれの会社にとって、昔の商品が過去の過ちの象徴として社内に飾ってたりするのかな~、なんて思ったりしました(^^)

    さて、最近では変わった入社試験は多いようですが、友達の会社も変わっていて、最終試験の日に被験者を二組に分けられ、試験室に通されると、天井から生卵が紐でぶら下げられていて、10分後に卵を吊っている糸を切るから、室内の机の上に置いてある文房具や画用紙を使い、チームで力を合わせて、卵を受け止める装置を作れと言われたそうです。ちなみに、チーム内での行動を見る試験のため、もし卵が割れても問題ないらしいですし、あまりにすっ飛んだ構造で受け止めきれないと判断されたら、糸は切られなかったそうです。
    この会社は、社長面接も社長と教えて貰えず、オフィスのど真ん中にある社長席で面接だったそうで、なかなか変わってました。
    他の会社では、受付から待合室まで案内してくれる受付嬢の方が実は試験官で、部屋まで行く間の振る舞いで判断していたとか…
    どちらも有名な大阪の会社です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 変わった入社試験

      面白い事例のご紹介ありがとうございます。事実は小説よりも奇なりと言いますが劇中で描かれた『あなたの暮し』出版の入社試験よりトンがってますね。

  2. まいもん より:

    皆さんも書かれているように、私もたまきちゃんに釘付けになってしまいました。

    将来有望、追い続けたい女優さんですね。

    ところで昨晩放送になったSONGSスペシャルはご覧になりましたか?

    宇多田ヒカルの特集で「花束を君に」のフルコーラス披露、ナレーションが常子と、見応えがありました。

    さて、明朝の「あの人に会いたい(大橋鎭子さん)」を楽しみに、そろそろ休むとします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > SONGSスペシャル

      観ませんでした(涙)そんな素敵な映像を楽しめたとは・・・

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      まいもん様

      問い合わせフォームから頂いたメッセージに返信したのですが、エラーが出てしまい返信することが出来ませんので、こちらから失礼します。優しい心づかいありがとうございました。SONGSスペシャル、別のところで観ることが出来ました。

  3. えびすこ より:

    吉本さんは一昨年の大河ドラマが女優デビューでした。
    朝ドラで主人公の姪役からヒロインになった人は過去にいますか?
    ちなみに常子の身内のうち2人が私の親類と同じ名前です。

    ところで来年の大河ドラマ「おんな城主直虎」でも浜松を取り上げます。
    同番組はもう撮影が始まったんですが、主演の柴咲さんはまだ撮影には合流していないらしいです(9月20日現在)。主演の撮影合流で記者会見となりそうです。
    撮影開始日に主演が現場にいないのは大河ドラマでは異例?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 朝ドラで主人公の姪役からヒロイン

      これはちょっとわかりませんでした。しかしたまきちゃんは幼い頃から叔母似と言われ続け、叔母の夢と理想を受け継ぐ重要な役どころなので、そんなポジションを得た吉本実憂さん、期待大です。

  4. もんすけ より:

    「先に言ってくれれば…」「音がうるさくて集中できないから消してください」
    おそらく優秀な学生さんばかりなのでしょうが、戸惑うあまり、学生ならではの甘えの言葉がでてしまったのでしょうね。ですが、油断禁物。なんといっても天下の変人(?)・花山編集長のいる出版社なのですから、(入社試験をスーツ姿で受けない程度では…)と、親目線で少々ハラハラしてしまいました。

    入社試験の前、花山さんが語った内容は、あなたの暮し社の真髄を実に丁寧な言葉で表現されていたように感じます。
    そこで(はっ!)とした学生さんが、きっと今後、この会社で活躍されるのでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 天下の変人(?)・花山編集長

      みごとな逸材の探し方。さすが天才編集者だと思いました。床で原稿を書き始めたたまきちゃんを見て、こいつやるなって顔をした花山さんの表情がこれみよがしなところが全くなくて見事でした。

  5. ぱよちゃん より:

    試験内容で一点気になったことがありました。

    何故誰も試食を希望しないんだろう?
    味を確認せずに料理関係の記事なんて書けるものかしら?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 味を確認せずに料理関係の記事なんて・・・

      記者の基本も出来てない学生たちなので気づかなかったのかも知れません。そのあたりを花山さんが突っ込んだらリアルだったかもです。味も確認せずに料理の記事を書けと思うのかって。

  6. さや より:

    見間違いかも知れませんが、たまきちゃんの後方に、元キャンディーズのミキさんの娘さんがいらっしゃいました。さんま御殿で見たきりなので、あまり自信はありませんが(^_^;)

    彼女は女優になりたいと相談したところ、父親から、「お前くらいの時のお母さんは、とっても可愛かったんだぞ」と言われたらしいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ミキさんの娘さん

      蘭ちゃんのお嬢さんもいることだし十分に考えられますね。前回のキャンディーズといい、こだわってますね。

      > お前くらいの時のお母さんは

      ずいぶんなことを言うんですね(苦笑)

  7. 1013 より:

    >「コウカイ」と聞いて「鴻海」を思い出し、皮肉なセリフだなと思ったのは僕だけでしょうか。
    朝蔵さん、目の付け所がシャープですね(笑)
    銃にMADE IN JAPANとペイントしたらたちまち壊れたという小ネタが昔洋画であった記憶があります。
    僅か5〜60年で故障しない車を作るようになるとは諸外国のメーカーも思わなかったでしょうね。

    最終試験で花山さんが流した騒音は、父親の余計な心配や杞憂としか思えない泣き言のそばで履歴書を書いていたたまきちゃんには効かなかったようですね(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 目の付け所がシャープです

      返し方もシャープです!(笑)

      > たまきちゃんには効かなかった

      なるほど!たまきちゃん、この時点ですでに記者合格ですね。

  8. 流離人 より:

    アカバネのアイロンが米国製を超えたと出てくれば涙腺が崩壊したのに残念です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > アカバネ

      最後までには何らかのかたちで回収してほしいものですね。

      • MARMITE より:

        こちらの再放送でアイロン試験のリストをよく見なおしたのですが、アカバネの名前も下の方にありましたね。3.50となっており、アメリカ製に少し劣るくらいの位置でしょうか(?)少なくとも、記者会見で謝罪した後、頑張って市場に残ってスチームアイロンにもたどり着いたんだな、と思ってほっとしました。社長さんにも少しはあなたの暮らしの想いが通じたという事ではないかと、勝手に解釈しました。(微笑)

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          情報提供ありがとうございます。
          赤羽根社長の改心、それは嬉しいこです。

  9. よるは去った より:

    たまき「あの、答案はどこで書けば良いのでしょうか?」 常子「ここです。皆さんそれぞれ工夫してお書きください。」 戸惑いの色を見せながらも誰よりも真っ先に床に座り込んで答案を書き始めるたまきちゃんの姿は、やはり血を受け継いでいるということでしょうか。取り乱してもおかしくないなというぐらいの戸惑いの表情を見せ、視ている者をハラハラさせながら入社試験に立ち向かって行くたまきちゃんを演じて見せてくれた吉本実憂ちゃんgood job です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 吉本実憂ちゃんgood job

      この子は素晴らしいですね!吉本実憂さんがヒロインを演じる朝ドラをどうしても観たい!そう強く思った第149回でした。将来が楽しみな女優さんの登場です。