株式会社キアリスが発足 / べっぴんさん 第73話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月26日(月)放送
第13週 第73話「いつものように」

『べっぴんさん』第13週 第73話 あらすじと見どころ解説

すみれを支えるために坂東営業部を辞めた紀夫はキアリスの経理責任者に就任。すみれもキアリスに復帰することが決まりました。そんな中、大急百貨店の社長・大島がキアリスを株式会社にしてはどうかと提案します。

男会の面々も大島の提案に異論はなく、すみれと紀夫はその提案に従うことにしました。しかし二人ともキアリスの社長になることを固辞し、麻田に頼み込んで社長を引き受けてもらうことになりました。

すみれ、君枝、良子、明美、そして紀夫は取締役。勝二と昭一は監査役に就任。株式会社として取り引きすることになる銀行がキアリスの現地調査を行い、株式会社キアリス発足の準備は着々と進んで行きました。

昭和24年(1949年)4月。株式会社キアリスの初日を迎えました。女学生気分で働くキアリスの面々に違和感を感じる紀夫は、初日の朝より朝礼を開始。お互いの呼び名も苗字にするよう指示も出し、紀夫はキアリスの空気を変えようと様々な試みを始めるのでした。

<<前回72話 | 次回74話>>

midokoro
史実でもキアリスの実在モデルのファミリアは法人化(ここでは株式会社になること)されましたが、リアルでは法人化のタイミングが劇中のそれとはやや異なります。

以下に、リアルのファミリアの法人化前後のエピソードを劇中の社名、キャラクター名を用いて解説してみました。

『べっぴんさん』第13週 第73話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

『べっぴんさん』劇中では、すみれたちが靴屋の一角を間借りした商売をやめ独立した店舗に移った後ほどなくして大急百貨店との取り引きを開始。

大急百貨店社長の大島からの提案により、紀夫がキアリスに参加したのを機にキアリスは株式会社となりました。

しかし史実の中で「キアリス」が法人化したのはもっと早いタイミングです。

「すみれ」たちの商売は思いのほか繁盛し「あさや靴店」での商売が手狭になったこと。「あさや靴店」の近所に空き店舗物件が出たことから「すみれ」たちは移転を決意。

「ベビーショップあさや」の独立店舗への移転が決まるのと同じタイミングで店名を「ベビーショップあさや」から「キアリス」に変更。

ここまではほぼ劇中と同じですが、店名を「キアリス」に変更したのと同時に「キアリス」を法人化。「株式会社キアリス」設立に当たっては潔が出資しています。

ところでリアルではこの時点では「紀夫」はまだ「坂東営業部」を辞めてはいません。

「株式会社キアリス」が発足した頃も「紀夫」は「坂東営業部」の社長を目指して「潔」から帝王学を授けられていました。

また「大急百貨店」との取り引き開始は「キアリス」が法人化されてからのことです。

『べっぴんさん』第13週 第73話 観賞後の感想

紀夫が今回も男前

すみれちゃんと紀夫くんがキアリスの社長になることを拒み、候補として武くんの名前が上がった時、良からぬことを考えてしまったのは恐らく僕だけでしょう。

明美ちゃんが社長夫人の座を狙いに行くのではないかと(笑)

しかし、明美ちゃんが社長としてもっとふさわしい「おっちゃん」の存在に気づいたことは救いでした。明美ちゃんに変な下心がないことがわかって。

冗談はさておき、自然な流れで考えたらすみれちゃんが社長に就任したとしても誰も疑問を持ちなどしなかったはずです。

前作『とと姉ちゃん』で出版社を立ち上げると宣言した常子ちゃんがあなたの暮し出版の社長となった時と同様に。

にも関わらずすみれちゃんはキアリスの社長になることを拒み、すみれちゃんの社長就任拒否に紀夫くんも理解を示す。

すみれちゃんが社長になることを拒んだ理由はドラマを見る限りではよくわかりませんでした。本人もよくわからないまま拒んだのかも知れません。

そんなすみれちゃんが社長を拒むべき理由を紀夫くんが言葉に出してくれたところに、前週以来のすみれちゃんを見守る紀夫くんの観察眼を感じずには入られません。

「(社長になったら)やりたいことがやれなくなる」

すれみちゃんが案じていたのはここなんでしょう。そこを鋭く察する紀夫くん、またしても男を上げましたね。

キアリスを株式会社にする理由を説明する紀夫くんの言葉も、すみれちゃんの心を動かすツボをしっかりと抑えたものでした。

「働いている人たちが社員になれる。それは安定した生活が出来るということ」

時子さんや悦子さまの人生を応援したいと切に望むすみれちゃんの願いを、紀夫くんはしっかりと理解していたのでしょうか。

すみれちゃんの前ではすっかり男前になった紀夫くん、願わくば次は男会(「タノシカ」に改名?)の中でリーダーシップを発揮して欲しいもの。

男会はいつも勝二さんか昭一さんが仕切ってますが、そろそろ紀夫くんが仕切って欲しいものです。

すみれちゃんの気持ちを察する紀夫くんが男会をコントロールすれば、男会もキアリスの面々に嫌がられるような施策を打ち出すようなこともしなくなるかと思います。

今回の朝礼の実施や呼び名ルールのように。

あなたの暮し出版の社員間の呼び名ルール

昭和24年4月。株式会社キアリス発足。

朝礼をしお互いの名前は苗字で呼ぶという社内ルールの徹底を呼びかける紀夫くん。紀夫くんにそのように仕向けた男会の面々を見ていて思い出しました。

前作『とと姉ちゃん』のあなたの暮し出版の社員たちは社長を「常子さん」と呼び、三姉妹のお互いの呼び名は職場も家庭も変わらなかったことを。

編集長も役職名では呼ばれず「花山さん」でした。

ちなみに株式会社キアリスの発足初日を迎えた昭和24年頃、あなたの暮し出版は花山さんの退社騒動の直後。花山さん復帰で会社の業績が急回復する直前でした。

ほぼ同時代。しかも常子ちゃんも鞠ちゃんもそして花山さんにも社会人経験があり、とりわけ花山さんに至ってはお堅い役所勤め。

にも関わらず社会人らしさを求める気風がまるでありませんでした。

どちらが正しいあり方なのか僕にはわかりません。しかし、あなたの暮し出版みたいな自由な社風をキアリスには取り入れてもらいたいなと思います。

年明けの放送では、そのあたりが改まっていることを期待しています。

<<前回72話 | 次回74話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


15 Responses to “株式会社キアリスが発足 / べっぴんさん 第73話”

  1. まめ より:

    いつも楽しみに見てます。
    私の横入りですみません。
    こちらは広告でまんがは出ません。

    以前クリックした広告もしくは検索したものが出ます。
    パソコンの履歴等が影響しているのかなと
    思っていたのですが。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。
      関心を持っていただいてとても助かります。

  2. まつも より:

    じつはどちらかというと私も
    キアリスの面々が、お友だち意識が抜けず
    お互いをいつまでも「○○ちゃん」と呼んでいるのが気になっていました。
    何かあるごとに「私やめる!」という騒動になるところや
    仲間があんなに増えて時子さんや悦子さんのお給料もどうなっているのかとか…
    マッサンやあさちゃんや常子さんの時はお商売のきびしさに立ち向かう姿が見どころのひとつでしたが
    キアリスではこの先描かれることがあるのかどうか
    も期待のしどころと思っています。
    ちょっとオトコ目線でしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 商売のきびしさ

      リアルでも、時代の追い風に乗って売れに売れたものの経理不在の商売で月の利益は毛糸玉一つ。厳しさとは無縁の経営をしていた頃があったようですが、そんなテイストを再現しているのかも知れませんね。

  3. ぶん より:

    みんなが頑張っての売り上げから、給料を貰うただの経理なのに変。
    放送を見るのが嫌だなと思いつつ、このあと紀夫が良くなるのかなぁと思いつつ・・・ずっと見てる

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ただの経理

      紀夫くんは『とと姉ちゃん』の水田くん同様に偉大な経理マンだと思いますよ。経理がしっかりしていなければキアリスは一年ともたないかなと。

  4. Alison より:

    「新聞かち思うたら、紀夫さんでした」 には笑ってしまいました。
    紀夫くん、頼りになるし、水を得た魚のように見えます。
    でも、長年続けたお互いの呼び方を変えるのは、難しいことでしょうね。

    >社会人らしさを求める気風…

    『とと姉ちゃん』では、花山さんの服装もスーツではなく個性的でしたし、
    あなたの暮し出版は、独特な社風でしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 紀夫くん、頼りになるし

      同じ経理マンだった『とと姉ちゃん』の水田くんを思い出します。

  5. よるは去った より:

    紀夫「挨拶は声を揃えて・・・・・。」以前、朝蔵さんが書かれた通り、モデルの人は厳格な人だったそうですから、あのくらいの要求はしたでしょうね。自分にとっても再スタートの初日でもあったわけだし。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あのくらいの要求

      リアルの「紀夫くん」の入社時には大改革を行ったみたいです。何かと問題を抱えていたそうです。

  6. りな より:

    いつも楽しく読ませていただいています。
    お願いなのですが、広告でまんがの広告が出るのですが、いつも嫌な映像で困っています。
    ブログの設定で、まんがの広告を省くことができるそうです。
    表示できないよう、ご検討頂ければ幸いです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      広告の設定の件、早速調べてみます。
      ご不便をおかけし申し訳ありません。

      • りな より:

        ご丁寧に、ありがとうございます。

        • たくみ より:

          チョット横入り。
          私(iPhone6s,safari)の場合、「adバスターバスター」というアプリ(無料)を使って、広告を表示しないようにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ