すみれの行動に紀夫激怒 / べっぴんさん 第75話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月28日(水)放送
第13週 第75話「いつものように」

『べっぴんさん』第13週 第75話 あらすじと見どころ解説

すみれが陶磁器メーカーに大量の食器を発注しました。しかし、その契約は紀夫には無断の行動でした。紀夫はすみれたちの行動に激怒しました。その発注量はキアリスの経営をおびやかすほどのものだったからです。

紀夫は麻田や潔に意見を求めました。しかし二人の答えは紀夫には意外なものでした。麻田も潔もすみれの勘を信じ、すみれが発案した食器セットは売れるに違いないと確信していたのです。ようやく紀夫はすみれの下した決断を受け入れます。

ほどなくして食器セットの試作品が完成。その数日後、食器セットは売り出され、すみれの読み通りに瞬く間に完売。紀夫もすみれの勘を信じ、すみれたちを見守ることに徹しようと決意。社内の呼び名のルールの撤廃を決めました。

その数ヶ月。潔が約束していたゆりと潔の新居が完成しました。新居の完成からほどなくして慶びごとが重なります。ゆりが無事に男児を出産したのです。五十八たちに祝福される中、男児は正太と名付けられるのでした。

<<前回74話 | 次回76話>>

midokoro

今回の劇中で描かれる、すみれが子供用食器セットの製造委託契約を紀夫に無断で行い、紀夫を激怒させてしまうというエピソードは史実に着想を得たものです。

今回のエピソードのモチーフとなった史実を、劇中のキャラ名・団体名を用いて以下にまとめてみます。

『べっぴんさん』第13週 第75話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

「すみれ」が子供用食器を大量に発注した陶磁器メーカーは実在の日本陶器社。洋食器ブランド【ノリタケ】でよく知られるメーカーです。

「すみれ」は「大急百貨店」で開催される子供向けイベントに出展する教育玩具を探しに名古屋に出張した折に日本陶器社の工場を見学。

素人の目には判別もつかないようなわずかなキズすらも見逃さず、不良品として廃棄してしまう妥協を一切許さない日本陶器社のものづくりへのストイックな姿勢に「すみれ」は感銘を受けます。

日本陶器社に惚れ込んだ「すみれ」は子供用の磁器の皿を2万枚も発注。

この非常識な発注が「紀夫」を激怒させました。

「紀夫」は契約のキャンセルを「すみれ」に強く求めるものの「すみれ」はこれをキッパリと拒否。

品質は自分が保証する。2万枚の皿は必ず完売すると「すみれ」は「紀夫」を説得。

最終的にこの2万枚の皿は完売したのみならず、大ヒット商品となって2万枚が完売した後も増産を続けたのだそうです。

『べっぴんさん』第13週 第75話 観賞後の感想

松島屋デパート?

今回、初登場した「松島屋デパート」の実在モデルは高島屋かと思われます。

史実の中での陶器の大量発注騒動が起きたのは昭和27年(1952年)。劇中では5,000個の発注で騒ぎになっていましたが、リアルでの発注数は20,000個でした。

その二年後の昭和29年(1954年)。ファミリアに東京進出への第一歩となる機会が訪れました。高島屋東京店から子供服展開催のオファーがあったのです。

高島屋は阪急百貨店とは競合関係にありましたが阪急百貨店はファミリアの高島屋での催事出展を認め、子供服展は大盛況のうちに終了。

この催事の成功はさらに二つの機会を呼び寄せました。

高島屋での子供服展の成功を目の当たりにした伊勢丹も、同様のイベント開催をファミリアにオファーしこちらも成功。

また高島屋にはその後、常設店を設置。この取引を機に、ファミリアが皇室御用達となる道が開かれています。

紀夫くんの役割

戦地から戻って以来、ハラハラさせられっぱなしだった紀夫くんが前週あたりから急に男前になり、落ち着きを見せてくれたのもつかの間。

今週に入ってまたしても不穏な空気が立ち込める。

朝礼。名前の呼び方のルール。そして陶器の大量発注。

この問題を引きずったままの年越しが懸念されましたが、不幸中の幸いだったのは今週の放送回が三回しかなかったことです。

短い三回の中で騒動を収める必要からなのか、意外なほど早くしかも素直に紀夫くんはすみれちゃんたちの考えを受け入れました。(朝礼の実施だけは初志貫徹したみたいですが)

そして、今週の騒動を通して紀夫くんはキアリスの中での自分の役割がどこにあるのかを理解出来たのではないかと思います。

一つは、はなさんのナレーションでも語られた通り、ありのままのすみれちゃんたちキアリスの面々を見守って行くこと。

そして忘れてはならないのは、計数感覚にうといキアリスの面々が暴走しないよう、面々の勘を見守りつつも経理マンとして手綱の手をゆるめないこと。

一方、キアリスの面々も名前の呼び名の社内ルール徹底にはかなりの違和感を感じたようでしたが、キアリスの経理状況が苦しいことを力説する紀夫くんの言葉は素直に受け入れていました。

キアリスの面々もまた、紀夫くんの役割とキアリスにいてくれることの有り難さを理解出来たのではないでしょうか。自分たちだけではキアリスをつぶしかねないと。

年内にキアリスの抱えていた問題はほぼ片付きました。これでようやく安心して年を越すことが出来そうです。

初公開された野上家夫妻のプライベート空間

ゆりちゃんと潔くんの関係もまた、年内にすべてがキレイに回収されました。

ゆりちゃんと潔くんの新居の完成。初公開された野上家夫妻のプライベート空間はいかにも昭和の裕福な家庭のテイスト。

ゆりちゃんと潔くんがちゃんとした家庭を持ったシンボルの新居はまた、世の中が豊かさを本格的に取り戻してきたことを暗示しているようでした。

そして、バラックの中でもなく坂東営業部の事務所の中でもなく、念願の自宅の中で心からくつろいだ様子のゆりちゃんの笑顔に癒される中、本年の放送は終了です。

年末のご挨拶

本年は大変お世話になりました。

みなさんのおかげで『あさが来た』『とと姉ちゃん』、そして『べっぴんさん』の感動をみなさんと共有する豊かな時間を過ごすことが出来ました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

ありがとうございました。

追伸:『ごちそうさん』の再放送レビューは大晦日まで続けます。

<<前回74話 | 次回76話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キヨコ より:

    わが家にもありました。
    ノリタケ製のファミリアベビー食器セット。
    知人から譲り受けたメラミン製ですが、十数年たった今も次男が時々小皿にお菓子をのせています。
    少しくすんでしまいましたが、くまちゃんのイラストもちゃんとありますよ。

    ご飯茶碗などは処分してしまいましたが、小さいすり鉢は離乳食作りに大活躍、現在も時々使っています。

    子どもも大きくなったのでファミリアに触れる事がなくなりましたが、番組を見て子どもが小さかった頃や自分の子育てを思い出して、時折懐かしく思います。

    朝蔵さん、読者のみなさま、素敵なコメント・レビューで楽しませていただきありがとうごさいました。
    明年も楽しい時間が共有できることを祈っています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ファミリアベビー食器セット

      朝ドラで採り上げられたことでますます大事にしたくなりますね。子育ての思い出とともにいつまでも大切にしてください。

      キヨコさんもどうぞ良いお年をお迎えください。

  2. 1013 より:

    とりあえず歯車が噛み合ったようでなによりですね。
    すみれちゃんと紀夫くんはともかく、名字が被ると呼ぶ方は正直面倒臭い(笑)
    明美ちゃん達は夫婦揃っている時にどう呼ぶか結構悩んだんじゃ?と思います。
    さて再放送中の「ごちそうさん」もこちらも正蔵さんの孫が生まれて年内は終了ですね。
    来年も目から鱗のレビューを楽しみにしています。
    朝蔵さんも良いお年をお迎え下さい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 歯車が噛み合った

      噛み合った歯車によってキアリスを成長させる描写が今から楽しみです。1月は成長したさくらちゃんの「反抗期」も描かれるようですが、史実に基づいて話が進めばさくらちゃんもキアリスに関わるはず。新たな展開が楽しみです。

      1013さんもどうぞ良いお年をお迎えください。

  3. えびすこ より:

    ゆりさん夫妻に無事に正太君が生まれてよかったです。
    大きくなったら誰が演じるのかな?
    13週目は週前半の3日間だけでした。
    年明け後の後半に入ると歳月の進行が早まりそうですね。
    あと20年ほど歳月が経過するようです。

    28日の分の視聴率は今日はまだ判明していないですね。
    1月4日にわかるかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 誰が演じるのかな?

      成長後の正太くんについては何も発表されてないですね。2月放送回くらいでようやく青年になって登場でしょうか。

      > 後半に入ると歳月の進行が早まりそう

      昭和30年代にはじまり、最後はどこまで描かれるのか。結末の時代が気になり始めました。

  4. サエモン より:

    今週は三回だから展開早かったですね
    次週は四回と年始の挨拶か

    正太だけ将来がまだ不明ですね
    多分将来の次期社長になるのか
    はたまた別の道か

    大急ですからの担当者さん
    キャラ濃いな

    紀夫さんいい人だ
    個人的に坂東さんは紛らわしいから
    紀夫さんは紀夫さんと呼んでたのか気になる

    松島屋は東京じゃなかったら
    松坂屋に聞こえる(笑)

    来年はどんな話になるかな
    それでは皆さんよいお年を

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 次週は四回と年始の挨拶

      次週から成長したさくらちゃんが登場するみたいですね。子供たちも大きくなってきて楽しみにが増えます。

  5. よるは去った より:

    潔「(石橋を)叩きすぎても壊れる。」確かにあの食器の販売を慎重に構え過ぎていたら、他の人にアイデアを横取りされ先手を打たれるなんて危険がなかったとも言い切れませんからね。紀夫「売上予測です。」 すみれちゃんと紀夫君の長所を生かした「キアリス」の運営のあり方が固まってきたってとこですかね。それはそれで潔くん、ゆりちゃん、ご長男出生おめでとう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > すみれちゃんと紀夫君の長所を生かした

      すみれちゃんの参謀こそが自分の果たすべき役割。そう覚った瞬間の紀夫くんの表情が実に良かったですね。