最後のべっぴん作る決意 / べっぴんさん 第81話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月10日(火)放送
第15週 第81話「さくら」

『べっぴんさん』第15週 第81話 あらすじと見どころ解説

麻田に靴づくりを断られたものの、さくらは麻田がつくった靴を諦めることが出来ませんでした。精魂込めて靴づくりにはげむ麻田の姿をまばたきもせず見守るさくらの姿に心を動かされたすみれも、麻田に靴をつくって欲しいと頼み込みました。

麻田の思いが込もった靴をさくらに履かせたい。そんなすみれの願いを聞き入れ、麻田は靴職人として最後の靴をつくる決意を固めます。数日後、麻田はさくらの靴を仕上げるとすみれに告げました。本物を作ることだけに徹する姿勢が大切だと。

麻田の言葉ですみれの迷いは消え去りました。キアリスの偽物を売る露天商で、キアリスの子供服は高過ぎる。子供服は偽物で十分と言われたことをすみれは気にしていたのです。一方、その露天商には偽物製品への質の悪さにクレームが殺到していました。

季節は春になりました。靴職人の引退を決めた麻田は引き受けていたキアリスの社長も辞めることになりました。自分の役割を終えた麻田に見送られながら、すみれ、紀夫、そしてさくらは小学校の入学式に向かうのでした。

<<前回80話 | 次回82話>>

midokoro

1月3日放送の『お正月だよ!べっぴんさん~キアリス大集合~』で、靴職人・麻田が抱える苦悩が判明しました。

高齢になった麻田は、目がかすみ細かい手作業もこれまでのように出来なくなり靴職人として寿命を感じはじめていたのです。

『べっぴんさん』第15週 第81話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

『べっぴんさん』が始まった当初より、数多く登場したキャラクターの中でも他を圧倒する重厚な存在感を発揮していた麻田がそろそろ劇中から引退するフラグでしょうか。

目がかすみ手元がはっきりと見えなくなる。さらに手の動きすらおぼつかなくなる。麻田の靴職人として身体的な限界が描かれます。

さくらが入学式に履いてゆく靴づくりを断ったのは、大事な人のために渾身の仕事が出来なくなってしまったことが理由でした。

しかし、麻田の仕事ぶりを見つめるさくらの真剣な眼差し。すみれの心からの懇願が麻田の心を動かしたのでしょうか。

麻田が最後の力を振り絞って「別品」づくりに挑みます。

この麻田の働く姿がすみれとさくらに強烈な印象を与え、将来の二人の心の支えになるのかも知れません。

麻田の引退劇、涙腺決壊の準備が必要となりそうです。

そしてあの玉井が再び登場です。キアリスの偽物を大量に安く売ってぼろ儲けしようと明美を誘った玉井は、やはり諦めていませんでした。

心から納得のゆくものを作れなくなったことが理由でものづくりを断念する麻田と、ものづくりへのこだわりは微塵もなくものが生み出す利益だけに執着する玉井。

正反対の男を対比して描写するのは何か狙いがあるのでしょうか。

『べっぴんさん』第15週 第81話 観賞後の感想

すみれちゃんの麻田さんへの恩返し

残念ですが麻田さんの登場はこれが最後となりそうです。

しかしすべきこと=本物をつくることに生涯を捧げ尽くした麻田さんの最後の登場場面にふさわしい、ものづくりへの愛情と尊敬に満ちた心に沁みる回でした。

そして、ものづくりの一番大事なことを教えてくれた麻田さんに対する、すみれちゃんの恩返しの回でもありました。

完璧な靴をつくれなくなり自信を持てなくなったと麻田さんは語りました。

そんな麻田さんの胸の内を、同じものづくりの世界で生きているすみれちゃんは察したのでしょうか。

「麻田さんが想いを込めて作った靴をくらに履かせてあげたい。麻田さんが作ってくれればそれで良い」

すみれちゃんがさくらちゃんに履かせたかったのは、麻田さんの技術の粋を集めた完璧な靴ではなく、麻田さんの想いが込もった靴でした。

求めたのは完成度ではなく麻田さんの想い。欲しいのはそれだけ。

このすみれちゃんの言葉はもしかすると麻田さんへの恩返しの言葉だったのでしょうか。

すみれちゃんがまだ幼い頃のこと。はなさんに刺繍のハンカチを贈りたいリトルすみれちゃんは思うように上手に刺繍が出来ませんでした。

やっと出来た刺繍を五十八さんと忠さんからバカにされ、深く落ち込むリトルすみれちゃんを立ち直らせたのは麻田さんの言葉でした。

「上手につくることよりも想いを込めてつくることの方が大切なんです」

この時の麻田さんがすみれちゃんに告げた言葉。言葉の使い方や選び方は異なるものの、意味するところはまったく同じです。

かつてリトルすみれちゃんを救った麻田さんの言葉。その言葉がすみれちゃんの口を通して自信を失ってしまった麻田さんを救う。

ものづくりの技術はもちろん大切です。しかし技術のその奥にある想いが一番大切なのだという麻田さんの教えに従って今日まで来たすみれちゃん。

完璧な靴をつくるための技術を失いながらも、失われることがなかった想いだけで最後のものづくりにはげむ麻田さんのはたらく姿。

こんな美しい姿をキアリスの面々はもちろん、さくらちゃん、健太郎くん、龍一くんも目にすることが出来ました。

キアリスの面々とその子供たち、七人の心の中に麻田さんの姿はいつまでも生き続けるのでしょう。

そして、今回の最後に描かれた想いの込もった麻田さんの「行ってらっしゃい!」

大事なことのすべてを次世代に伝え終えた麻田さんが、すみれちゃんたちを新しい時代に送り出すかのようでした。

麻田さん、ありがとうございました。

<<前回80話 | 次回82話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. つるびっち より:

    なんかぁ、なんかなぁ

    いい回でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > いい回

      本当に心に沁みる回でした。

  2. tonton より:

    明けましておめでとうございます。結局は初回から欠かさず見ています。

    麻田さんは早速!フジの草薙くん主演の火9へ移籍していきました(笑)。
    明日からは江波さんがジュニア達の女麻田さんとして登場しますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

      > 女麻田

      素敵な表現ですね!江波さん大好きなので出演が嬉しくてなりません。

  3. えびすこ より:

    市村さんは今日放送分をもって最後の登場かな?
    麻田さんは髪があまり白くなっていないので年齢がわかりませんが60代になっているでしょう。
    さて、11日から子供たちの配役が変わります。
    物語の中心がすみれからさくらに移るのかも。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 最後の登場

      市村さん、きっと最後でしょうね。残念ですが。次回は初週と第2週以来の時代スキップで始まりそうです。