大急百貨店での夏の催事 / べっぴんさん 第87話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月17日(火)放送
第16週 第87話「届かぬ心」

『べっぴんさん』第16週 第87話 あらすじと見どころ解説

さくらと一緒に過ごす時間が失われていたことに気づかされたすみれは、さくらが深夜に帰宅した翌朝から家族揃って朝食を摂ろうと提案。すみれの提案をさくらも喜んで受け入れ、すみれに対して久しぶりに笑顔を見せました。

一方、キアリスの新入社員の西城と中西は課題として新商品のアイディア提出をすみれから求めらていました。中西は、男性客でも迷わずにお祝いの品を選べるセット商品を提案。その中西のアイディアに真っ先に飛びついたのは悦子でした。

すぐにでもそのセット商品を揃えて欲しいという悦子の声を受け、大急ぎでセット商品の準備が始まります。商品の準備を間に合わせるため、すみれは翌朝の早朝から出勤し神戸の店と大急百貨店の間を奔走し始めます。

そのため、家族揃って朝食を摂ることを楽しみにしていたさくらは深く落胆。すみれには急な仕事が入ってしまったという紀夫の説明を聞き入れはするものの、すみれとさくらの間の気持ちの溝は広がり始めてしまうのでした。

<<前回86話 | 次回88話>>

midokoro

さくらの夜遊び発覚騒動を経て、家族が揃って過ごす時間が失われがちだったことをすみれは深く反省したのでしょう。

せめて朝食の時だけでも家族が揃う時間をもうけよう。

そんな決意を固めるすみれでしたが、その一方ですみれの仕事は日に日に忙しさを増してきます。

『べっぴんさん』第16週 第87話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

さくらの夜遊び騒動は一旦は収束。

しかし、さくらの夜遊びが発覚したのはさくらが夜遅くなって帰宅した現場をすみれと紀夫が目撃したからでした。

つまり今の時点ではすみれと紀夫はさくらがどこで遊んでいたのかは知らないか、知っていたとしてもそれがどんな場所か自分の目で見てはいないはずです。

そして、さくらの夜遊びがどんなことなのか詳しく知らないからこそ夜遊び発覚騒動はすんなりと収束したのかも知れません。

もしさくらの夜遊びの実態がすみれに知れてしまったら・・・

今回描かれる、母と娘の「和解」は嵐の前の静けさなのでしょうか。

すみれのプライベートが波乱の予感に満ちているその一方で、キアリスの二人の新入社員のうちの一人が入社早々に商品企画を提案。

期待の新人・中西、将来はキアリスの要職に就くのでしょうか。

参考までにキアリスに入社した二人の新入社員を演じる役者さんは以下の通りです。

西城:永瀬匡さん
中西:森優作さん

『べっぴんさん』第16週 第87話 観賞後の感想

西城くんと中西くんの形勢が一気に逆転

採用試験の際は、ほぼほぼ満場一致で採用が決まった西城くんに対して採用の可否の議論が真っ二つに割れた中西くん。

全回の描写の中でも西城くんの持ち前の積極姿勢が紀夫くんのハートをわしづかみするその一方で、中西くんの風采の上がらなそうな表情が印象的でした。

ただし、いつの日か中西くんの評価が反転することを暗示するフラグが立ったことも確か。

そしてそのフラグが思いのほか早いタイミングで回収され始めました。中西くんのまさかの形勢逆転劇のはじまりです。

中西くんが提案した新商品企画は、売り場の最前線に立つ悦子さまが明日にでも売りたいと食らいついてくるような秀逸な企画でした。

売り場でお客さんの動きや顔色を観察しながら出て来たアイディアだからこそ、お客さんの課題を知り尽くす悦子さまの心をつかんだのでしょう。

すみれちゃんでもなく、紀夫くんでもなく、売り場に立つ悦子さまの心を動かすことに成功したところに中西くんの商人としての将来性を感じずには入られません。

お客さんを起点にして新商品の企画を考え出す発想法。さすが実家が商売をしていた家で生まれただけのことはあります。

可愛いライオンの絵を見て採用を決めたすみれちゃんの慧眼は確かなものでした。

その一方で、西城くんの「改善策」も正論ではありますが想定外だった龍一くんの乱入も手伝って気まずい空気を招く結果となってしまいました。

西城くん、間が悪かった・・・

しかも中西くんの新商品企画の準備をこれから始めようとしたその日、西城くんは定時で帰るつもりでした。

西城くん、ここでも間が悪かった・・・

二回続けざまにすべった西城くんが心配です。そしてちょっとネタバレになりますが、今回の滑りが原因になるのか、西城くんは酔った席でちょっとばかり騒ぎを起こすみたいです。

すみれちゃんの順風とさくらちゃんの逆風

中西くんの採用ではその慧眼が存分に生かされ、大急百貨店1階の飾り付けを任されるなど順風満帆のすみれちゃんですが、その順風は仕事にしか吹いて来ません。

というか、仕事に順風が吹けば吹くほど家庭とりわけさくらちゃんとの関係には逆風が吹いて来てしまう悲しすぎるギャップ。

幼い頃はいつもニコニコしていたリトルさくらちゃんでしたが、成長後のジュニアさくらちゃんが母親に屈託のない笑顔を見せたのは今回が初めてかも知れません。

せめて朝食くらいは一緒に食べよう。

すみれちゃんがそう提案した時の、さくらちゃんの嬉しそうな顔が忘れられません。母娘の間に横たわっていた全ての問題が解決した瞬間を見たような気さえしました。

それだけに期待の新人・中西くんが吹かせた順風が痛い。その順風が、さくらの笑顔に逆風となって吹き付けてしまうのが痛すぎる。

すみれちゃんとさくらちゃん、そろそろ再度の衝突の勃発でしょうか。

悦子さまの相談?

今回、相談したいことがあると悦子さまがすみれちゃんに告げました。また、その直後の悦子さまと大急百貨店・小山氏の意味ありげなアイコンタクト。

気になる方は以下の記事をお読みください。少しだけヒントを記しました。

べっぴんさん 第93話

<<前回86話 | 次回88話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キヨコ より:

    夫が、ある人に目配せをした悦子さまを気にしていたので、実は・・・とネタばらしすると、
    「うそだろう~? どうして~? そんなの悦子さまじゃないだろう?」
    と、驚きまくってました。

    息子が他の登場人物も気になり公式HPを見ていたら、健ちゃん(役の人)が実は君ちゃんよりも年上で、スタッフから「奇跡の29歳」と呼ばれている事に更に驚き、意外と夫が朝ドラに、はまっている事に家族一同、大笑いしました。

    先週あたりからヒリヒリする場面が増え、見ていて辛くなることもありましたが、まさかの悦子さまに癒されました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > まさかの悦子さま

      悦子さまはいつも予想を超えた動きをしてくれますね。
      婚約者も「予想を超えた」という点では実に悦子さまらしいです。

  2. えびすこ より:

    今回の冒頭と最後の場面は朝ドラでは異例の演出でしたね。
    今日1月17日はちょうど22年前に阪神淡路大震災が起きた日。
    今朝、この番組を見る前に神戸での追悼式典に参列した被災経験者・震災で家族・親類を亡くした遺族の方々、および特に関西圏ではその生中継をテレビで見ていた人も多いはず。
    今週は「家族の絆」がキーワードになっています。
    1月17日放送回でのあの脚色は主人公が神戸出身ということもあったのでは?
    最初登場人物の誰かが死んだのかと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 異例の演出

      物語の舞台も神戸ですからね。
      祈りを込めた演出だったのかも知れません。

  3. FYL より:

    オープニング、一瞬、間違えて昔の放送流した? 放送事故?とびっくりしましたが、こういうやり方もありなんですね。

    悦子さんと小山さんの目配せ、悦子さんの相談内容のフラグ?

    ファミリアのお祝いセットって、こんな風に商品になったんですね。
    よく利用しました。プレゼントにも自宅用にも。