キアリスの生地工場廃業 / べっぴんさん 第98話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月30日(月)放送
第18週 第98話「守るべきもの」

『べっぴんさん』第18週 第98話 あらすじと見どころ解説

昭和35年(1960年)。大急百貨店の夏の展示の効果もあり、キアリスの肌着は順調に売り上げを伸ばしていました。その夏、健太郎と龍一が夏休みを利用してキアリスでアルバイトをすることになりました。

一方、五月が行方不明になってしまいました。置き手紙だけを残し、二郎の前から忽然と姿を決してしまったのです。五月が姿を消したことで、さくらは五月に代わってヨーソローの手伝いを始めます。

そんな中、キアリスの肌着に用いる生地の製造をしているメリヤス工場から、すみれに宛てて一通の手紙が届きました。生地の製造を続けてゆくことが難しくなったため廃業することになったとその手紙は告げていました。

そのメリヤス工場がつくる生地でなければ、すみれたちが納得のゆくキアリスの商品をつくることは出来ません。困り果てたすみれは早速五十八に相談。近江から出て来た五十八にうながされ、すみれはメリヤス工場に足を運ぶのでした。

<<前回97話 | 次回99話>>

midokoro
前週まで、すみれのプライベートはさくら問題などで逆風が吹きまくっていましたが、一方で仕事面では新入社員の西城問題を除けば常に順風に吹かれていました。

さて、そんなすみれのビジネスに逆風が吹き始めます。

キアリス商品の生地を供給し続けてきた工場が廃業。この生地が手に入らなければ、キアリスは存続の危機に立たされると行っても過言ではありません。

『べっぴんさん』第18週 第98話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

キアリスに久しぶりに吹く強い逆風です。

キアリスの商品をつくるための生地を手に入れることが出来なくなれば、キアリスにとってこれは死活問題です。

ただでさえキアリスは素材にこだわり抜く会社です。

これまで使っていた生地の代替品を見つけることは容易な技ではありません。これまでのキアリスの品質を守れなければお客さん離れだって起こりかねない。

大急百貨店も品質の劣化を許しはしないでしょう。

それ以上に、すみれをはじめとしたキアリス創業者の面々が、今まで用いて来た生地が手に入らないというそれだけの理由で品質に妥協できるわけがありません。

この難局をどのように乗り越えて行くのか。

株式会社キアリスとなってからほぼほぼ順風満帆で今日までやって来れたキアリスの最大の危機の到来です。

そしてこの危機をどう乗り越えるかが今後の見どころの一つです。

『べっぴんさん』第18週 第98話 観賞後の感想

年が明けてからストーリーの運びがゆったりしたペースで進んで来ましたが、今週は月曜日から五月ちゃんの失踪とメリヤス工場の廃業と二つの大事件が勃発。

さらに健太郎くんと龍一くんのキアリスでのアルバイト。エイスの大急百貨店への正式出店、そして近江から出て来た五十八さんが加わりひと何かと騒がしくなりそうです。

行方不明になった五月ちゃんへの三者三様の反応

五月ちゃんの失踪。関係者それぞれの反応の違いが面白い。

普段のクールな姿からは意外なほどの二郎くんの意気消沈ぶり。自分は見限られたとまで言い切る自信のなさが、二郎くんには悪いけれど新鮮に映りました。

いつもは子供扱いしていたさくらちゃんから励まされるほどの落ち込み方。探す当てもなく五月ちゃんを探しに出る狼狽の仕方。

そしてヤケになってドラムを叩く姿。

かろうじてクールさを保ちながらも、どうしても隠しきれない激しい動揺。二郎くんはやっぱりまだ若いんだなと実感すると同時に、人並みに落ち込みもし動揺もする二郎くんの本当の姿が見れて、ようやく彼に親近感が湧いて来ました。

一方、これまで様々な人間模様を観察して来たママは察しているのでしょうか。

ママが二郎くんに言いました。

「何かあったんやろね」

その「何か」が何かを特定は出来ないけれど、これまでのママの経験から蓄積されて来たいろんな「何か」がママの引き出しの中には詰まっているはず。

ママの引き出しの中の「何か」には、この先で判明する五月ちゃんのまさかの事実も入っているのかも知れません。

それをママは察したのかな?

そしてさくらちゃん。

誤解を恐れずにいれば、失恋の失意の中にいたさくらちゃんにチャンスの再到来です。

チャンスが再びめぐって来たことを感じているのか感じていないのか。夢ばかり追う自分は見限られたと嘆く二郎くんを励ますさくらちゃんが妙に頼もしい。

これまで子供扱いされて来たさくらちゃんが、二郎くんよりも大人に見えた瞬間でした。

さくらちゃん、風向きが変わって来ました。

しかし、この先の展開のことを考えるとさくらちゃんにいらぬ期待を持たせるような状況が気になります。

期待させた分だけその先にある失意は大きくなる。

でも、そこまで落ちなければさくらちゃんも今の泥沼から抜け出せないのかも知れません。

メリヤス工場廃業への反応

夏の展示を出す際にキアリス自慢の品を大島社長から問われ、それは肌着だと誇らしげに答えたすみれちゃんは、その肌着を夏の展示のキアリス製品の目玉として出展。

夏の展示への出展の効果は想像していた以上に大きなものでした。

肌着の売り上げはこれまでよりも伸び、店頭でもキアリスの肌着に関心を示すお客さんが増え始める。

キアリスが委託している工場でしか作れない秘伝の製法による赤ちゃん肌着。

ここまで丹念に肌着の価値を強調した上での、肌着の製造工場の廃業宣言。

肌着が売れに売れている時に、その肌着が調達出来なくなるかも知れないという皮肉。仕事面で頭をかかえるすみれちゃんの姿を久しぶりに見たような気がします。

工場との意思の疎通をタケちゃん一人に任せっきりにしていたことを悔やむすみれちゃん。

そのタケちゃんはサボっていたわけではない。工場には足繁く通っていたらしいことは、工場長とタケちゃんとの会話から察しがつきます。

ところでタケちゃんの実家は、このメリヤス工場と同業だったかと思います。

だからこそメリヤス工場の機械の動きにあれほど夢中になっていたのでしょう。そして、そこに夢中になってしまったからこそ見落としていた工場の経営不振。

悔やんでも悔やみきれない凡ミスです。(凡ミスでは済まされませんが)

そんな中、近江から五十八さんが久しぶりにやって来ました。正月の第1週以来、(写真をのぞいて)登場場面がまったくなかった五十八さん。その姿が頼もしい!

すみれちゃんの今回のような窮地をきっと五十八さんも経験しているのでしょう。だからこその余裕なのか、ピンチに対して落ち着き払った五十八さんの背中がまぶし過ぎる。

今週、久しぶりに五十八さんの活躍を観ることが出来るのでしょうか。

<<前回97話 | 次回99話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


10 Responses to “キアリスの生地工場廃業 / べっぴんさん 第98話”

  1. リラックマ子 より:

    こんにちは。

    工場の社長さんですが、ツイッターで知ったのですが、あさが来たの加野屋にいた大きいメガネの方だそうですよ〜。
    杉森大祐さんという方だそうで、調べたらちょくちょく朝ドラに出ているみたいです。
    メガネがないと、全然印象が違いますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 大きいメガネ

      そうなんですか!本当に印象がまるっきり異なりますね。まったく気がつきませんでした。

  2. オカンT より:

    メリヤス工場の社長、陶器工場の社長とは別の方ですよね?
    一瞬「あれ?同じ人じゃないよなぁ」と我が目を疑ってしまいました。
    工場の廃業理由ですが、キアリスの躍進ぶりを見る限り、経営不振などではないような気がします。
    ここ2週間で私の中で栄輔の株がだだ下がりなので、やっぱり栄輔からかなりの圧力(もしくは金を積まれた)のがあったのでは…と穿った見方をしてしまうのは私だけでしょうか。
    もしくは機械の老朽化で、栄輔が出てこなくても近いうちに廃業せざるを得ない状況だったとか。
    31日の放送が待ち遠しいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 別の方

      別の方かと思います。陶器工場の社長さんはもう少し面長だったような・・・


      > 栄輔の株がだだ下がり

      ここまでやるかというくらい株価を下げてるので、どこかのタイミングで思いっきり反転させるかも知れませんね。

  3. よるは去った より:

    五月ちゃんに出ていかれて狼狽する二郎君を複雑さを含んだ眼差しで見ているさくらちゃんの心境は如何に?という心境で見てました。ドラムに人生をかけていた自分を見限ったのかと自分を卑下する二郎君に、さくら「素敵だと思います。」は彼を自分に振り向かせることができないものかという想いもあるのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 自分に振り向かせることができないものか

      そんな気持ちがまったくなかったと言えば嘘になるでしょうね。特に今みたいなタイミングでは。

  4. うこちえす より:

    武ちゃん・・ではなく足立武部長の大分の実家がメリヤス工場を経営してましたよね。
    『武部長大活躍の週』になるのでは・・と期待しております。
    無理かな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 武部長大活躍の週

      同じタケちゃんの活躍を期待してますが、五十八さんに見せ場を持っていかれそうですね。

  5. えびすこ より:

    久々に五十八さん登場。先週は写真で登場しています。
    忠さんも気になります。
    ただ、ここにきて来月・再来月の終盤に向けて展開が読みにくくなりましたね。
    今週で中盤(10~18週目)が終わりますが、正太が終盤のキーマンになるのでは、と見ていますがどうなるかな?

    ところで栄輔がエイスを起業するにあたって資金はどこから出たのか、直接の起業のきっかけが何か(元々は潔との闇市での露店業が最初だと思います)について当人の口から詳しい説明がないと思いますが、実在のVANの場合は実際はどうなんでしょう?
    10年弱でエイスがあんなに急成長するにしてもまとまった資金が必要ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 資金

      今のところ小資本での経営かも知れません。この先、栄輔くんは潔くんにオライオンとの提携を打診する展開になるらしいのですが、それは資金が乏しくて店舗がないから。VANも創業期は街の小さな洋服屋さんレベルだったらしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ