潔に接触する栄輔と玉井 / べっぴんさん 第101話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年2月2日(木)放送
第18週 第101話「守るべきもの」

『べっぴんさん』第18週 第101話 あらすじと見どころ解説

さくらがジャズ喫茶ヨーソローでアルバイトを始めたことを知った紀夫は様子を見にゆくものの、紀夫が来たことを察してさくらは姿を隠してしまいます。さくらのことは任せて欲しいというすずの言葉を信じ、紀夫はさくらを託すことにしました。

同じ頃、ヨーソローから姿を消した五月が大急百貨店の栄輔のもとに姿をあらわしました。行き場を失った五月はエイスで働かせてもらいたいと栄輔に懇願し、栄輔は五月の頼みを受け入れます。

一方、栄輔は潔にエイスとオライオンの提携を持ちかけました。答えを保留にした潔は逆に栄輔に尋ねました。何故、キアリスを助けてやらないのかと。五十八と潔に背中を押された栄輔はすみれのもとを訪ね、肌着の記事をキアリスに納めることを約束しました。

栄輔の協力により、メリヤスを調達出来ることになったすみれはそのことを近江の五十八に報告します。報告を受けすみれを激励する五十八でしたが、その頃の五十八は病魔に侵されそのことをすみれに隠しているのでした。

<<前回100話 | 次回102話>>

midokoro
栄輔と玉井が怪しい動きを始めます。この記事を投稿した時点では、栄輔と玉井の狙いは不明です。

折り入って話があると潔に近寄る栄輔と玉井。

玉井が一緒というところがいかにも臭い。何か良からぬことをたくらんでいる匂いがプンプンと立ち込めて来ました。

追記:栄輔が潔に持ちかけたのはエイスとオライオンの提携でした。五十八の反対を押し切り全国に拡大したオライオンの店舗網でエイスの商品を取り扱うという提案です。

『べっぴんさん』第18週 第101話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

キアリスを窮地に追い込んだ栄輔が次に向かったのはオライオンです。しかも、玉井まで連れて行って一体何をたくらんでいるのか。

この記事を投稿した時点では、栄輔と玉井がどのような話を潔に持ちかけたのか詳細は不明です。

そこでブログ主なりに予想してみました。おそらくはずれると思いますが・・・

【予想1】オライオンの下請け化

若い女性向けファッションの分野にも手を伸ばしたい栄輔。しかし一朝一夕に新しいビジネスを立ち上げられるわけがありません。

そこでオライオンでデザインから製造まで手がけてもらい、それをエイスの販路を使って販売する。

大急百貨店の中でも若い女性向けファッションジャンルのポジションはすでにエイスが獲得しています。

そのポジションを使って交渉を有利に運ぼうという算段を栄輔がするという予想。

【予想2】オライオンに身売りを迫る

これは交渉を始める前に却下となりそうですが、栄輔がオライオンに身売りを迫る。

当然、潔は断ってくるでしょう。

その段階ではじめて栄輔と組んだ玉井が本領を発揮。

オライオンの取引先を脅してまわり、オライオンとの取り引きを停止にまで追い込む。兵糧攻めで潔が音をあげたところで再び身売りを迫る。

これはさすがに朝から展開するには濃厚過ぎますね。

『べっぴんさん』第18週 第101話 観賞後の感想

再登場を果たして以来、一体全体何を考えているのかよくわからなくなっていたブラック栄輔くんへの評価が大きく変わる回でした。

「人を蹴落とすだけではここまで来られない」

二郎くんの家から飛び出したものの行くあてもない五月ちゃんが足を運んだのは栄輔くんのもとでした。五月ちゃんが栄輔くんに助けを求めたその理由がグッときます。

「人を蹴落とすだけではここまで来られない。きっと助けてもきたはずだ」

この言葉はママの洞察です。ママが言う「人を蹴落とす」はママの憶測でなくママが知っている事実のようです。ブラック栄輔くんは「人を蹴落とす」ようなことをしながらのし上がってきたみたいです。残念ながら。

一方、同じくママの言う「助けてもきたはずだ」。こちらはママの憶測なのでしょう。栄輔くんが人助けをしたなどと言う話は、きっとママはこれまで耳にしたことがない。

しかし、これまで苦労を重ねてきたママの人を見る目は栄輔くんの異なる一面を見抜いたのでしょうか。

「人を蹴落とすだけではここまで来られない。助けてもきたはずだ」

そして、このママの憶測を裏付けるような玉井氏の反応を僕は見逃しませんでした。

五月ちゃんがママの言葉を栄輔くんに伝えた時、玉井氏は心から誇らしげに自分の「親分」を見上げ、五月ちゃんの口にしたママの言葉に深くうなずいていたのが強く印象に残っています。玉井氏、栄輔くんに心から心酔しきっているみたいです。

以下は僕の憶測です。

闇市を追い出されて以来、明美ちゃんに接近するなどしてキアリスのニセモノで一儲けをたくらんだものの玉井氏は商売に大失敗。

窮地に立たされた玉井氏を気の毒に思って助けたのが栄輔くんだった。そんな気がしてきました。

そして栄輔くんに対して感じた恩義が玉井氏のよどんだ心を浄化した。

いつぞや見せた、野球少年を見守る暖かな眼差し。そして今回の五月ちゃんを心から心配している優しい表情。心のこもった五月ちゃんへの言葉。

玉井氏は栄輔くんと出会って変わった。栄輔くんが玉井氏と組んだ理由が見えてきました。憶測ははずれるかも知れませんが。

ところで、五月ちゃんから「助けてもきたはずだ」というママの言葉を告げられて、その場を玉井氏に託してあわてて立ち去ってしまう栄輔くんが気になりました。

あれは照れ隠しだったのか。それとも、自分の中にわずかに残る優しさが、人を蹴落とす今の自分の姿をあぶり出し、いたたまれなくなったのか。

まだまだ謎の多い栄輔くんですが、これほど深い大人キャラとして再登場するとは思いもよりませんでした。

「何のわだかまりもないなら、なんでキアリスの力になれないのか?」

潔くんも言葉たくみに栄輔くんの心の中にわずかに残った優しさに揺さぶりをかけます。

ある日突然姿を消したのは紀夫くんが戻ったからかと実に痛いところを突いた上で、それが理由ではないと栄輔くんから言質を取る。

その上で「あの頃のお前は、いつもすみれちゃんの力になってたじゃないか」とたたみかければ、すみれちゃんの頼みを栄輔くんは断ることが出来なくなる。

もし栄輔くんがすみれちゃんの力にならなければ、それは「わだかまり」があることを認めたことであり、紀夫くんが戻ったことが姿を消した理由だと認めたことになる。

さすが兄貴だけあって弟分の追い詰め方がおみごと!

潔くんにここまで言われてしまったことが理由なのか。それとも心に封印していた生来の優しさがよみがえってきたのか。

すみれちゃんへの協力を申し出にキアリスまで足を運んだ栄輔くんの姿がまぶしい。

その栄輔くんにすみれちゃんが尋ねました。人の心がわからないと言うのは、さくらのことを言っているのかと。

そうだと答える栄輔くん。

謎の言葉「人の心がわからない」は、栄輔くんの返事を信じて間違いなさそうです。

追伸:「あんたを見直したわ」とさりげなくつぶやく明美ちゃん、見直したと言うことは疑ってかかってたんでしょうか。

でも、人を見る目が誰よりも厳しい明美ちゃんが「見直す」ということは、栄輔くんの変化を信じていいのかも知れませんね。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


18 Responses to “潔に接触する栄輔と玉井 / べっぴんさん 第101話”

  1. Morningstar より:

    姿を消してから栄輔さんに何があったのかわかりませんが、今日の回を見て、彼の中にもしかしたら「弱いものを助け、強いもの、あるいは弱いものを見て見ぬふりする者と戦う(たたきのめす)」みたいな主義、というか彼なりの正義があったのかもしれないと思いました。

    ヨーソローにいる行き場のない若者や、経営に苦しんでいたメリヤス工場の社長は前者。玉井氏も前者の立場で助けられたのでは、と。

    栄輔さんが、「ここにいるやつらにはそないに悪いものはいない」と言ったヨーソローの若者たちのことを、信じられない、という目で見たり、メリヤス工場の社長が苦しんでいたことを知らずに呑気に仕事に励んていた(ように見えた)すみれちゃんは、どちらかというと後者グループになってしまっていた、

    でも、自分が社長だけしか見ていなかったメリヤス工場の現場の人(橋詰さん)にとって、キアリスが支えになっていたことを知り、そして、そのキアリスを助けていない自分の立場に気づかされた(ママや五十八さん、潔さんの言葉で)のではないかと思いました。

    栄輔さんの今後に期待したいです。

    栄輔さんの手をポケットにつっこむ姿勢は、戦う姿勢かと思っていましたが、石津謙介さんのスタイルだったんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 彼なりの正義

      栄輔くんの正義の価値観がもとになった分類、とてもわかりやすく得心のゆくものでした。とりわけすみれちゃんからの頼みを一度は断りながらも最後は引き受けるまでの心の変遷への洞察がとても深くうなずきながら拝読させてもらいました。


      > 石津謙介さんのスタイル

      そういう理由があってのあの格好なのですか!理由がわかってスッキリしました。

  2. もんすけ より:

    「人のきもちがわからない…、それはさくらのことでしょうか」と、栄輔さんに問いかけるすみれちゃん。
    うう~ん、すみれちゃん、なんてこというんでしょうか。

    「朝ドラのヒロインの設定が【鈍感】なのは、気配りでき過ぎると周りの人が助け舟を出すことができなくなり、話が進まないからなのでは?」と、以前、こちらのサイトでも寄せられていたかと思います。
    まさにその言葉を思い出しつつ、潔さんから栄輔さんへの言葉掛けを聞いていました。
    すみれちゃんの、子を想い悩む姿をみる栄輔さんの表情。
    (まだ儚げながらも気持ちが残っているんだな)と思い、また、栄輔さんがメリヤス工場にキアリス用の機械を残すとの言葉に「見直したわ…」とつぶやく明美ちゃんには今後の展開にうっすらとした期待をもつ日となりました(切ない気持ちになる回、大好きです!)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 儚げながらも気持ちが残っている

      潔くんが指摘したように「わだかまり」は残っていたみたいですね。でも、それをズバリと指摘されたことで栄輔くんはわだかまりを克服出来たのかも知れません。栄輔くんに大きな前進がある回だったと思います。

  3. きゅうぽん より:

    五十八さ〜ん!!最期まで(まだだけど)あと少しですが、自分が貫いてきた経営方針というか商売のやり方、志、まだまだ自発的に気づけてはいないところもあるかと思いますが、オライオンやキアリスはコツコツやってきていますね。

    栄輔も、色々なんでこんなことするんや!と言わんばかりの事もありましたが、1つずつ彼らの歩み、大事にしてきたものを色々な方々から教えられて、折れるというか受け入れ?て来ていますね。機械存続良かったです!橋詰さんもホッとしているのでは?

    さくらに、女の一生お披露目での話をしたのも、その変化の一つだったかも。
    人の心が分からん人や…さくらへのすみれが非道に見えたという事は、当時すみれへの恋心もですが、それ以上にさくらが「お父さん」と呼んでいた気持ちを奪って、それで幸せなら納得していたのに…これが嫌がらせ?の根源だったのでしょうか…
    でも本当の父親がいるし、しかも二郎のような酷い父親でもないし(PTSDはありましたが)、そこを割り切れなさがまだあるのかな…???この十数年栄輔もすみれ親子に代わるいい人と触れ合えていたら良かったのに。まぁのし上がる何か大変な思いをしたのでしょうが…。(さくらは今二郎しか見えていませんが(笑))

    私も、栄輔、ポケットに手を突っ込んで挨拶とかそれはアカンやろ!!と毎度思っていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > さくらが「お父さん」と呼んでいた気持ち

      たいがいの親は、自分の子供が傷つけられたら真剣に怒るもの。さくらちゃんを自分の本当のように思っていた栄輔くんは、傷ついたさくらちゃんを見て真剣に怒りを感じていた。深い洞察ですね!深く得心させられる優しさに満ちたレビューをありがとうございます。

  4. よるは去った より:

    「ヨーソロー」のピアノで一人奏でる「ケ・セラセラ」。現在のさくらちゃんの心境と言うか覚悟(?)なのかな?だからこそ二郎君に思い切った告白までできたのでしょうか?それとは別に、玉井「ねえちゃん・・・・出てきてどないすんねん?」 二郎君のもとを飛び出してきた五月ちゃんにあれだけ優しく気遣う姿は闇市の時とはまるで人が違うような。玉井氏も二郎君や五月ちゃんと同じような、いやそれ以上の憂き目を見てきたからでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 優しく気遣う姿は闇市の時とはまるで人が違う

      玉井氏が野球少年に注いだ優しい眼差し。あれは本物だったようですね。玉井氏が大好きなキャラになりそうな予感がしてきました。そして、改心した玉井氏と改心したウルトラマンの再会場面も見たくなってきました。

  5. 流離人 より:

    予想1の逆ですね
    エースの製品をオライオンの販路を使う。

    栄輔さん、優しさが残っていてよかったです。
    玉井氏も栄輔さんに救われてエースにいるように感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 予想1の逆

      創業間もないエイスには資金力がない。でもオライオンを凌ぐ集客力がある。この手があったか!と思わず膝を打ちました。

  6. エイスケの後輩 より:

    お気づきだったかと思いますが、「栄輔くんはきっとこれまでも人を助けてきたに違いない」というすずママの言葉を五月ちゃんから聞いたときの玉井氏、真っ直ぐな目で、深く頷いていましたね。
    玉井氏は、杖をつくほど足が悪いのに、上司の栄輔くんが座っていても決して座らないので、よほどの関係に設定されていると思っていましたが、玉井氏自身にも、視聴者にとって見ていてほっとできるような過去が用意されているのかなぁと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 決して座らない

      玉井氏のことが気になってなりません。ご指摘の通り、杖をつかなくては歩くのが困難なほどに足が悪いにもかかわらず、栄輔くんの接客中にはずっと立ったままで姿勢も決して崩さない。忠さん並の執事っぷりが、栄輔くんへの忠誠心を見事にあらわしています。

      かつては闇市の親分からも見捨てられ、明美ちゃんを籠絡しようとして失敗し、玉井氏は救いようのない悪役でしたが、もしかすると『べっぴんさん』の中で一番大化けするキャラになるかも知れませんね。

  7. エイスケの後輩 より:

    メリヤス工場の経営不振が、栄輔君絡みではなく本当に元々そうだったのであれば、現存メンバーだけでは救いがたい展開になってしまうので、たけちゃんのご実家に支援して貰う運びになるのではというのは考えすぎでしょうか。
    品質にこだわりすぎると、経営がたち行かなくなる事はありがちで、高品質+経営不振のコンボから、全く違う場所から助け船が入るのかなという印象を受けました。
    とはいえ、たけちゃん自身が実家との折り合いが微妙そうですし、五十八さんが出てきたので、近江エリアで完結させるのかもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 経営不振

      五十八さんが最後の活躍をする展開みたいですね。そして最後ということは・・・

  8. きゅうぽん より:

    本当にえげつない展開になりますね。
    キアリスの新しい工場が見つかったようですが、近江でしょうか?
    今は跡地は大型店舗になっていますが、かつて大きな紡績工場があったので、五十八さんに頼ったとあったので、そこが脚本のヒントになったのか…と思ったり。
    栄輔くんは玉井に騙されて、自分の感情と変にリンクさせてオライオンやキアリスをつぶす気になった…とかそういうのは無いのかな…と、なんで?とずっーと考えてしまいます。しばらく、気分良く見られないので悶々としたドラマ展開ですが、早く抜けてほしいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 栄輔くんは玉井に騙されて

      玉井氏は自分よりずっと年下の栄輔くんを「社長」と呼んで素直に従い、栄輔くんに対して腹黒さを見せる場面もない。もしかしするとこの二人の関係はそれなりに信頼で結ばれているのかなという気がして来ました。やっていること自体はひどくえげつないことですが。

      • きゅうぽん より:

        昨日の玉井の子供への配慮を見ると…、昔悪かった人が10数年で良い人へ。昔良い人だったのが悪い人に…になっている図式なのか…。
        たとえ、栄輔が潔を傘下において、自分が天下取った!と思っても、やっぱりその原因となったのは何かですよね…。
        ラーゲリでの紀夫の精神的に追い詰められた感じと同じような理由なのか、やっぱりすみれ&さくらへの未練と、紀夫さえ帰ってこなければという思いと…なのか、
        考え過ぎではありますが、なにか戦争前、実は坂東営業部の頃に栄輔の両親が営む傘屋さんがなにかトラブル受けて、腹が立つほど憎い事があって、それを隠して敗戦後潔に近づき、復讐の機会を…でも、すみれに惚れてしまった…裏切られた…復讐再燃!なんて2時間ドラマ的なのがあるのか勘ぐってしまいます(笑)
        まぁ、すみれちゃんに比べたら、悦子様も明美ちゃんも色々な生き方を間近で体験してきたので、すずママと話し合えて、そういう自分の世間知らずを知るのは良かったなと思います。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。

          > 昔良い人だったのが悪い人に

          別の記事で頂戴したコメントでなるほど!と思ったものがありました。それは栄輔くんが変わってしまったのは、『ちりとてちん』で、挫折を経験したことで人がすっかり変わってしまったA子ちゃんと同様ではないかという指摘。そんな展開であればこの先で栄輔くんにも救いが用意されているので安心して観ることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ