昭和45年日本万国博覧会 / べっぴんさん 第119話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年2月23日(木)放送
第21週 第119話「新世界へ、ようこそ」

『べっぴんさん』第21週 第119話 あらすじと見どころ解説

キアリスの入社試験でさくらと健太郎の二人が提出した課題は非の打ち所がない出来栄えでした。すみれたちは二人の採用を決意。身内を採用することで社員たちが動揺しないよう、すみれはさくらと健太郎の採用理由の説明を怠りませんでした。

昭和45年(1970年)3月。大阪でアジア初となる万国博覧会が開催され、人々の注目はこの一大イベントに集まっていました。その頃、エイスの流行はさらに拡大し、エイスの創業者である栄輔は時の人としてテレビ番組で取り上げられるようになっていました。

同じ頃、定年退職を迎えた勝二は定年後にすべきことを決意します。今は休憩所として使われているキアリスの元の事務所で喫茶店を開業することにしたのです。勝二が歩む第二の人生をキアリスの面々は心から祝福しました。

昭和45年(1970年)4月。新たに採用された新入社員がキアリスに入ってきました。さくらと健太郎も社会人の第一歩を踏み出しました。親子だからと言って甘やかしはしない。新入社員を迎えるすみれはそう心に決めるのでした。

<<前回118話 | 次回120話>>

midokoro

月日は流れ前回より約半年ほどスキップ。

今もなお岡本太郎氏の太陽の塔で知られる大阪府吹田市の万博記念公園。

その公園の名が示す万博(日本万国博覧会)が開催され世間が賑わっていた頃が今回の時代背景です。

そんな活気に満ちた時代の中、栄輔が時代の寵児として登場します。

『べっぴんさん』第21週 第119話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

『べっぴんさん』劇中で、さくらは健太郎と結婚する。だから、さくらと健太郎の実在モデルは坂野光子さんと岡崎晴彦さんである。その前提のもと、さくらと健太郎の実在モデルとファミリアとの関わりをまとめてみます。

今週の『べっぴんさん』劇中でさくらはキアリスに入社しますが、リアルの坂野光子さんはファミリアに入社していません。しかし、ファミリアのあるビジネスに大きく関わっています。あるビジネスとは「スヌーピー」です。

坂野光子さんが米国にホームステイした昭和38年(1963年)頃、現地ではスヌーピーが大流行していました。

その愛くるしい姿に坂野光子さんは魅了され、帰国後すぐにスヌーピーのことを両親に伝え、程なくしてファミリアはスヌーピー関連アイテムの日本販売ライセンスを取得。

スヌーピーはその後数年、ファミリアの大ヒット商品の一つになりました。

一方、健太郎の実在モデル(さくらの夫の実在モデル)岡崎晴彦氏は日本の大学を卒業後に米国の大学にも留学。その後、三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)に入行。

岡崎晴彦氏と坂野光子さんの結婚はその頃のことと言われています。

岡崎晴彦氏は同行を退職後、叔父が経営する東京計器製作所(現、東京計器)を経てファミリアに入社しています。

ちなみに、ファミリア経営者であった義父義母、すなわちすみれ・紀夫の実在モデルはファミリアの同族会社化を嫌い岡崎晴彦氏の入社には反対でした。

しかし岡崎晴彦氏はその後、ファミリアの二代目社長に就任しています。

『べっぴんさん』第21週 第119話 観賞後の感想

戦後四半世紀の総決算。男会の面々が感慨深けに大阪万博開会式のテレビ中継を見守りながら時代の節目を迎えたことを口にしていましたが『べっぴんさん』そのものも結末に向けた節目を迎えた回であったかと思います。

ヒロイン世代初となる「第二の人生」

勝二さんが第二の人生を歩みだす。

勝二さんはキアリスの創業にかかわったヒロインと同世代の面々の中では少しだけ年長者ではありますが、ヒロイン世代が第二の人生を考えはじめたというこの事実。

この勝二さんの一件が物語が結末に近づいていることを強く印象付けました。

すみれちゃんも紀夫くんもまだまだ働き盛りの年齢で、特にこの二人についてはそもそも定年退職がありません。自分で引き際を決めない限りずっと現役です。

でも、紀夫くんはもう50歳。すでに人生はすでに半分以上の時間が経過しています。

さくらちゃん、健ちゃんたち若者たちの採用試験騒動に気を取られうっかり忘れてしまいがちですが、主人公世代は着実に晩年に入り始めている。

そんなことを思い出せてくれる勝二さんの第二の人生宣言でした。

時代の寵児は古門さんの操り人形?

時代の寵児ともてはやされる栄輔くんが浮き足立って見えてしまうのは僕だけでしょうか。

テレビ出演を果たすなど栄輔くんは一見すると華やかなステージに立てたようにも見えますが、その同じテレビ番組で横に座っていた古門さんの腹黒そうな不敵な笑みが怖い。

栄輔くんが時代の寵児ともてはやされるその仕掛け人にして黒幕は古門さん。自社の利益のために栄輔くんを客寄せパンダに仕立て上げているようにしか思えない。

そのことに栄輔くんが気づいているのか気づいていないのかは定かではありませんが、テレビ出演してみたり、テレビコマーシャルに自ら登場してみたりのこれら一連の行動が古門さんにうまいこと乗せられていると言うのは考えすぎでしょうか。

終戦から四半世紀の歳月が経過し、かつてすみれちゃんたちがバラック暮らしをしていたことなど想像もつかないくらい何もかもが豊かになりました。

人は貧しい時代にはお互いに助け合うものの、世の中が豊かになるほどに欲望が大きくなってゆくのが世の常。

日本が豊かさを取り戻した大阪万博の開会式典の模様を伝える華やかな映像。その直後にブラウン管の画面にあらわれた古門さんのいかにも腹にイチモツを抱えてそうな笑み。

人々が助け合いながら生きてきた貧しい時代が終わり、人を蹴落としてでも自分の利益を追求しようとする豊かな時代がはじまった。

そんな時代の節目を感じずにはいられない万博開会式の映像、そしてそれに続く栄輔くんと古門さんのテレビ共演。

テレビコマーシャルに出演した栄輔くん。古ダヌキの古門さんの手のひらの上で踊らされているだけにしか見えませんでした。

古門さんの利益ただそのためだけに時代の寵児になったとしか思えない栄輔くんの今後が心配でなりません。

新社会人、さくらちゃんと健ちゃん

世の中が豊かになるほどに腹黒い人が増えてくるそんな時代に、さくらちゃんと健ちゃんは新社会人になりました。

ところでキアリスの採用試験の「不正」で非難轟々だったさくらちゃんの、あの手段を選ばず式の行動力(というか破壊力)。

もしかすると腹黒い人々が増えてくる世の中を生き抜いてゆくためにはあれくらいのバイタリティがあってもいいのかな。そのための「不正」だったのかも知れない。

そう自分に言い聞かせて前回までの騒動を僕は自分の中で回収しました。

さくらちゃんや健ちゃんも、あと10年か20年もすれば古門さんのようなタヌキ親父と対決する機会の一つや二つあるかも知れません。

そんな世知辛い世の中で、少なくともさくらちゃんならたくましく生き抜けるはず。

前回はちょっとばかりガッカリしたさくらちゃんの「不正」でしたが、今はその行為がさくらちゃんの将来の安心感に変わっているブログ主でした。

栄輔みたいに安易に乗せられず、したたかに鬼ばかりの世間を渡ってほしいものです。

<<前回118話 | 次回120話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 米粉 より:

    こんばんは。

    昨日のモヤモヤ感の翌日だったので、冷静に見られるのか?と思ったのですが、案外冷静に見られました。不思議なものです。
    冒頭、京大の土田君?のクレームのシーンがそうさせたのかもしれません。
    デザイン部の皆さんへの「根回し」の時、なんだかんだ言って嬉しそうな表情をしていましたが、土田君と面会して、「採用されなかった者の無念」を目の当たりにして、何かに気付かされたのかもしれません。
    結びには「たとえ娘でも、厳しい態度で臨む」。
    そんなすみれさんの決意を感じることができました。

    ところで土田君、辞めてしまった西城君に似たタイプかと思いましたが、意外に素直でした。
    もし採用されたら、案外使える社員になってたかも…?
    現実の企業側だって、あとで「しまったなぁ、採用しとけばよかった」という人材、結構いるかもしれませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 案外使える社員

      土田くんの小さい文字でびっちりの履歴書。人並み外れた几帳面さを持っていそうなので、何かですごい働きを発揮していたかも知れませんね。彼は惜しい人材だったと思います。

      > 厳しい態度

      この先は甘えは許されなさそうですね。

  2. ぷん より:

    さくらちゃんを巡って因縁の二人
    かたや 落ち着いたおじさんになって 居間でお菓子をかじり、
    かたやCMで爽やかに林檎をかじり…
    対比が面白かったです^_^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 対比

      わかりやすい対比でしたね。
      まだまだとんがっている中年と普通の中年(笑)

  3. クローバー より:

    昨日は同じ思いをした方が多くいて、ホッとしていました。(笑)

    今日は落ちた人が怒鳴り込んできた、という冒頭の展開に、昨日の抑えきれない抵抗感が緩和された思いです。
    そして、今日すみれが話した言葉が、いちばんの収穫でした。
    京都大学の学生に話したことです。
    「他人への思いやりをもった上で、簡潔明瞭に自分のことを伝える訓練をされたらいいと思います。」という言葉がありました。
    “簡潔明瞭に伝える”これはまさに私のできない、苦手とする点で、いつも話すのに苦労しています。スピーチが苦手で、文章も要領を得ない。
    つい、先日の就職面接も思い出してしまいました。
    聞かれたことに対して、簡潔明瞭に答えることができませんでした。
    履歴書にいたっても、それこそ今日の京大の学生さんのように志望動機の欄いっぱいに小さな字で思いを書き綴ってしまいました。
    そんなの誰も読みませんよね。
    今日のこのやりとりのシーンを見て、「ああ、私の面接も終わってしまったな」と改めて撃沈してしまったのでした。

    朝ドラで登場人物たちが語る一つ一つのセリフには、人の心を突き動かしたり、自分自身を顧みさせたり、もちろん感動させてくれたり・・、本当に大きな力がありますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 簡潔明瞭に伝える

      クローバーさんのスピーチは聞いたことがないので何とも言えませんが、コメントを読むかぎり要領を得ていてとてもわかりやすい文章だと思いますよ。お世辞でなく本気でそう思います。

      > 一つ一つのセリフ

      人生の教科書にしたくなるような珠玉の言葉がいっぱい出て来ますよね。『べっぴんさん』の場合、麻田さんやヨーソローのママの言葉は深く暖かくたくさんのことを学ばせてもらいました。

      • クローバー より:

        うわぁ~ありがとうございます。m(_ _)m
        文章力といい、文章のセンスの高さはさすがプロの朝蔵さんにそう言っていただけるなんて、夢のようです。(〃ノωノ)
        とても嬉しいです。(*^_^*)
        就職のことでもどうしようかと悩んでいたところだったので、朝蔵さんから戴いたお言葉に元気を取り戻せました。

        とはいえ、やっぱり私はまだまだです。表現力も語彙力も貧困です。ここに投稿される方々のコメントもとても勉強になります。これからも皆さんと共に感じたことをコメントし合いながら、朝ドラを楽しんでいきたいと思っています。

        P.S.朝蔵さんの仰るとおり、麻田さんやママだったすずさんの語る言葉は胸に深く響くものばかりでしたね。
        江波杏子さんのすずが懐かしくなりました。演じるときの表情やしぐさからも伝わるものがたくさんあって、さすがでした。
        もう、登場することはないんですよね。寂しいなぁ。
        寂しいといえば、旅に出た忠さんときよさんはもう登場されないのでしょうか。今日の明美の話しではまだ健在のようなのでホッとしましたが。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          量を書けば語彙も表現力も豊かになってきます。このブログを練習の場としておおいに活用してくださいね。

  4. サエモン より:

    いよいよ大阪万博

    採用試験は京大の彼が
    クレームに来ましたね
    納得してくれたからいいが
    さくらちゃん世代の言動は末恐ろしいね♪
    頼もしくもありますが

    古だぬきでラッキード事件の
    関係者エイス凋落の引き金を引く方

    栄輔君は今は操られてるが
    栄輔君はこれからは

    勝二さんのセカンドライフより
    さくらちゃんも気にしていた

    ゆりちゃんはどうするか気になる
    あと大急の小山さんに大島社長は
    (´・ω・`)?

    新人がさくらちゃんと健ちゃん以外
    1人だけ身内じゃないのが
    なんか可哀想だなと
    女子か男子をあと1人だけ居れてあげてればな

    エイスCMやるなら
    ぜひともオライオン娘のCMも
    見てみたかったな
    何時かはキアリスのCMも

    紀夫さんは亡くなるまでやるかな?
    最終回では亡くなるかもな
    最終回にはぜひとも夢にはなさんとかが出てこないかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > オライオン娘のCM

      これは是非見てみたいです!オライオン娘をはじめとして潔くんの実在モデルは斬新な試みに次々とチャレンジされたそうなので、そのあたりも含めて見せてもらえると嬉しいです。

  5. エイスケの後輩 より:

    万博開会式をキアリスメンバーで見ていたシーンですが、タケちゃんは奥さんを同伴しててもよさそうなものなのにいませんでしたね。
    調べてみたら、開会式は土曜日の昼前だったので、当時はまだ土曜日は午前中は働いていた時代でしょうから、こっそり仕事を抜けて見に来たのかな、だから全く会社と関係ない奥さんはいなったのでしょうかね。

    貴重な本物の開会式映像を見ながら、自分が名古屋で学生をしていたときの愛・地球博を思い出したり、今度子供を連れて大阪の万博記念公園に遊びに行こうかなと思ったりしました。
    万博記念公園付近は、エキスポランドの悲しい事故の後、現在では家族向けの施設に生まれ変わっているので、今週末は朝ドラ効果でお客さん多いかもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 万博開会式をキアリスメンバーで見ていた

      そこまで考えが及びませんでした。百貨店は土曜日は営業していたので出勤の日だったのかも知れませんね。店舗営業に直結する事務員であれば仕事もあるでしょうから。

      万博の開会式の映像はテレビで観たのを記憶しています。父親だけが親戚と万博に行き、自分は連れて行ってもらえず悔しい思いをしたので記憶が鮮明なんです(笑)

  6. きゅうぽん より:

    昨日、ちょうどTVを見たときに、最近の就職活動に親が出てきて、入社式だけでなく、なぜうちの子を落としたとクレームをつけたり、自分が落ちた理由を教えてほしいと言ったりする学生がいたり大変だそうです。当然ある企業は親が出た瞬間でアウトと言っておられました。
    京大の学生さん、すんなり引き下がってくれましたが、最初履歴書3枚!とびっくりしていたら、こういう話で持ってきたのですね。

    昨日の話ですが、二次試験のときに入室する際に、最初数人はきちんとお辞儀をして入ってきましたが、だんだんおざなり、ペコンとあったのはドラマ的な演出だったのか、演技者がなにもなくてやったのか…。さくらと健ちゃんがしっかりするように見せるためかな…とか思ったのですが、二人もそんなめちゃくちゃ丁寧でなかったですね…(^_^;)

    栄輔、久々に出ましたが、踊らされているのを分かっていない、当然痛い目にある前触れですが、何も知らない紀夫たち…もし、ここに潔がいたら、見抜いていたのでしょうか???

    私はまだもう少し生まれていませんが、すみれと同じ親世代は今でも「大阪万博」は興奮して話ができるイベントみたいです。
    どんどん、店の前も賑やかになっていますし、それを意識してか、あの三宮の本社のビルの1階ですが、奇抜なデザインですが、電気が暗いな…と思うのは私だけでしょうか???(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > お辞儀

      そこは僕も気になっていました。お辞儀に加えて挨拶にも覇気がちょっとばかり足りないかなって。

      > 潔がいたら

      潔くんがいたら大きな資本に乗っ取られないように用心した方がいいくらいのことは考えたかも知れませんね。

  7. もんすけ より:

    採用試験の「不正」について、(なんとも、なんともなぁ~)のもやもやとした気持ちは、朝蔵さんやみなさんと同じです。
    ただ、思い起こされるのが、さくらちゃんと健ちゃんの留学です。

    目覚ましい復興の象徴・万博前の留学です。敗戦国の若者達が留学先でどのような目で見られ、どのような生活をし、勉強をしていたのかを想像すると、その大変さが偲ばれます。
    (さくらちゃんと健ちゃん役がふんわりとしたお顔立ちなので、若干想像しにくいところもあるのですが…)。
    希望に溢れる若者でありながら、同等に扱われず、同じスタートラインに立つことすらできない経験もたくさんあったのではないでしょうかね。

    確かに「不正」なのです、人事部長に取次ぎを願うことは。アカンのです。
    今回は伏線の張り方や見る側への説明の工夫が足りなかったように感じ、残念に思いました。ただ、是が非でも「スタートラインに立つ」ために手を尽くす行動に出たのは、留学の地で身に着けたものなのか、それとも戦後のハングリー精神によるものなのか…。
    と、いつの間にか、ついつい甘いおばちゃん目線になってしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ついつい甘い

      甘さと言うよりも、ご経験からくる優しさ、寛容さかと思います。僕もそんな目線でキャラたちの暴走や失敗を見守れるようになりたいと切に願っているのですが、僕の場合はまだまだ甘いです。

  8. まいまい より:

    >古門さんの腹黒そうな不適な笑い

    とと姉ちゃんの終盤に出てきた「赤羽社長」の笑みを
    思い出しました。

    古門さんも、同じように終盤で暴れてくれるのでしょうか?
    そして、雨降って地を固めるのに役立ってくれるのでしょうか?

    最終章の名わき役として期待しています。

    • まいまい より:

      名わき役 はちょっと失礼な表現でした。

      キーパーソン の方が適切かと思います。

      失礼しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 雨降って地を固める

      雨降って、栄輔に「傘のような男」の生き様を思い出せてくれるかも知れませんね。そう考えると腹黒さも世のため人のためになるものですね。

  9. ひるたま より:

    あの入社試験エピソード以来、何故かモヤモヤ感が抜けない…というのが率直な印象です。
    こちらで他の方達のコメントも拝読した限りでも、自分以外にも結構大勢の方達が同じ感想を抱かれている様子ですし。
    ここまで書いたとなると、もはや脚本家の先生の確信犯でしょうか?
    何か目的があってあえてあの展開に持って行ったのか?
    それとも、単なる力量不足なのか?

    個人的には、特にさくらちゃん(加えて健太郎くんもですが)が入社後に「大火傷」(それもすぐに治るレベルでは無い)を負う位の展開が用意されていないと納得出来ません。(…と、こう考える自分も我ながら怖いですが^^;)

    さて、開発宣伝部の女性社員達(この先「お局様」になるのかな?^^;)に対して娘であるさくらちゃんの絵を見せた時のすみれちゃんの表情…何故だか嬉々とした表情に見えてしまいました。
    その時のすみれちゃんの表情、無意識のうちに「親バカ」が出てしまっていた嬉々とした表情だったように私には映りました。
    (「特別扱いしない」と決めていても、やはり親ですし、心の底ではあのような絵を描いた娘が誇らしいでしょうからね)

    そして絵を見た時の女性社員達の表情が、一瞬凍りついたようにも見えましたね。特に明日香さん…歯切れの悪い反応だったような?
    すみれちゃんは意識してなかったでしょうけれど…あの時の3人には、すみれ専務の「親バカ」と映ったのではないか?…というのは考え過ぎでしょうか。
    あの場面の時、以前の栄輔くんのセリフ「やっぱりあんたは、人の心が分からん人や」を思い出してしまいました。
    生まれ持った性格って、やはり容易には変わらないものかもしれませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > モヤモヤ感

      このブログを開始して以来、あれほど長々とどちらかと言えばネガティブなレビューを書いたのはこれが初めてでした。そして書いた後に不安でした。時折見かける感想サイトのように汚い言葉によるネガティブコメントが集まってしまったらどうしようかと。しかし、皆さんとても真面目に受け止められていて、その愛情いっぱいの反応を拝見し僕のモヤモヤ感も癒されました。

      > すみれ専務の「親バカ」

      明らかに親バカでした。そして女性社員達もそれを察したかも知れません。少なくとも健ちゃんは身内ゆえの苦労をするらしいので、この先の波乱のフラグかも知れませんね。

  10. よるは去った より:

    すみれ「ご縁がなかった・・・・・・。」うへ~就活の時によく聞いた言葉ですな。土田君はもう一回くらいドラマに出てきそうなキャラに思えてならないのですが。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ご縁がなかった

      この鉄板表現が発見された記念すべき瞬間だったのかも知れません(笑)