べっぴんさん 第22週 母の背中

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年2月27日 〜 3月4日放送
第22週「母の背中」

『べっぴんさん』第22週「母の背中」あらすじ

さくらと健太郎が社会の厳しさを学ぶ中、二人の配属先が決定しました。さくらは君枝が部長のデザイン部。健太郎は足立が部長の開発宣伝部です。しかし健太郎はその配属が不満でした。経営に関わる部署を健太郎は望んでいたのです。

そんな中、老朽化が進んだキアリス本店で雨漏りが発生しました。本店を改修する2週間の間、仮店舗で営業が行われることが決定。すみれは仮店舗の運営のすべてを、さくらや健太郎たち新人に任せることにしました。

同じ頃、栄輔がすみれのもとにやって来ました。大阪万博で開かれるファッションショーの演出を一任されることになった栄輔が、子供服制作の協力をすみれに求めて来たのです。すみれは栄輔の頼みを快諾します。

ファッションショーに出品する子供服づくりにかけるすみれたちの妥協を許さない姿勢に、さくらと健太郎は衝撃を受けました。そんな中、さくらと健太郎が告げた言葉にそれぞれの両親は心から驚かされるのでした。

<<前週 第21週 | 次週 第23週>>


『べっぴんさん』第22週 各回あらすじとレビュー

第122話 2月27日(月) さくらと健太郎の配属先 
第123話 2月28日(火) 新人たちが仮店舗の運営 
第124話 3月1日(水) 栄輔がすみれに協力要請 
第125話 3月2日(木) ファッションショー当日
第126話 3月3日(金) 新企画を提案するさくら
第127話 3月4日(土) 心固めるさくらと健太郎 

『べっぴんさん』第22週 事前発表あらすじレビューと歴史・時代背景の解説

第22週のレビューと見どころ

社員たちが自分たちで考案した新製品の企画立案を発表する「商品審議会」で失敗してしまったさくらは、母親の仕事に対する厳しい姿勢をはじめて知ることに。

また、昭和45年(1970年)に開催された大阪万博を物語の中に取り込んだエピソードを通してすなわちすみれの妥協を許さぬ仕事への姿勢。

「母の背中」を見てさくらは何を思うのでしょうか。

また、今週の最後にはさくらと健太郎が親たちを驚かせる「発表」をするとのことです。その発表内容はまだ明らかになっていませんが、もしかすると結婚かも知れませんね。

歴史・時代背景

大阪万博のファッションショー

昭和45年(1970年)3月14日から9月13日までの183日間、大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会、通称・大阪万博。

今週の『べっぴんさん』では、栄輔がその大阪万博会場内で行われるファッションショーの演出を一任されることになりました。

さて、栄輔が演出を手がけることになるこのファッションショーには、はたして実在モデルが存在するのか。

大阪万博会期中に行われたファッションショー情報を集めてみました。

▶︎ピエールカルダンファッションショー
・開催日時:3月21日/22日(土日) 各14:00/16:00
・開催場所:水上ステージ

▶︎グランド・ファッションショー
・開催日時:4月14日(火) 13:00/15:00
・開催場所:お祭り広場

▶︎森英恵のコレクション60点によるファッションショー
・開催日時:5月4日(月) 15:10/19:00
・開催場所:万博ホール

▶︎トルコ・ファッションショー
・開催日時:6月10日(火) 時間帯不明
・開催場所:万国博ホール

ちなみに『べっぴんさん』劇中で栄輔が一任されたファッションショーは、大阪万博の終盤を飾るイベントであるという設定。

記録に残されているファッションショーはいずれも会期中の前半に行われていますので、劇中に登場するファッションショーは創作ストーリーかも知れません。

もし情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらお知らせください。追記させていただきたいと思います。

『べっぴんさん』第22週 一週間のエピソード観賞後の感想

「涙色」だの「ワクワク」だのとつかみどころのない言葉を連発しながら仕事をする、そんなすみれちゃんの仕事の進め方にさくらちゃんは疑問を覚えていました。

こんな仕事への姿勢でいいんだろうかって。

しかし、そのうすぼんやりした言葉のその奥にあるすみれちゃんの想いを知った時、さくらちゃんはようやく気がつきました。

母親は本気だ。商品の品質と、それを着る子供への愛情は人が真似を出来ないほどに真剣なのだと。

さて、さくらちゃんがようやく理解し心から尊敬することが出来たすみれちゃんの本気。

しかし、そのすみれちゃんが苦手とする古門氏と健ちゃんが少しづつ少しづつ歩み寄ってゆくところが不気味なことこの上ない。

しかも、次週の予告映像では古門氏が力説する「スピードが命」みたいな言葉を、健ちゃんがそのまま繰り返す。

おそらく仕事への価値観が正反対のすみれちゃんと古門氏。

その正反対の価値観を持つ二人の一方に対する理解をさくらちゃんが深め、もう一方に健ちゃんが心酔する。

そしてそれぞれ正反対の方向に心を奪われるさくらちゃんと健ちゃんの結婚が決定。

二人の結婚を素直に祝福してもいいものなのか、ちょっとばかり怖さの残る『べっぴんさん』第22週でした。

<<前週 第21週 | 次週 第23週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


4 Responses to “べっぴんさん 第22週 母の背中”

  1. kijitoramama より:

    初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    22週のタイトルは『母の背中』なのですね。
    5週の『お父様の背中』と対の様で感慨深いです。
    『べっぴんさん』は歴代の朝ドラの中では地味な印象がありますが、出演者の演技が光る、ここ最近で一番お気に入りな朝ドラです。
    更新をいつもワクワクしながら、楽しみにしています。
    これからも頑張って更新をお願いします^ – ^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして!コメントありがとうございます。

      > 地味な印象

      暖かなコメントありがとうございます。励みになります。『べっぴんさん』はこれまでの朝ドラにはない控え目な演技、抑制の効いた演出が新鮮ですね。内省的で口数が少ないキャラ設定のヒロインも斬新だなと思います。

  2. サエモン より:

    今撮影してる辺りはすみれちゃんがおばあちゃんになり
    紀夫さんは50代だとか
    さくらちゃんのモデルは
    華麗なる一族のモデルに嫁ぐけど

    さくらちゃんはかなりかけ離れてるし
    べっぴんさんのさくらちゃんの相手は今のところ健ちゃんしかうかばないな
    一応健ちゃん経営目指してるし

    まぁ…昭一さんが確か銀行関係だったから
    没落はしたが健ちゃんの家は
    ある意味華麗なる一族かな?

    まぁ…もしかしたら2人が
    独立して新たな道を模索するかもね

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > さくらちゃんの相手

      残り一ヶ月のタイミングで新キャラ登場というのもつらいものがありますからね。健ちゃんで落ち着くような気がします。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ