新人たちが仮店舗の運営 / べっぴんさん 第123話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年2月28日(火)放送
第22週 第123話「母の背中」

『べっぴんさん』第22週 第123話 あらすじと見どころ解説

キアリス本店で雨漏りが発生しました。老朽化のために傷んだ店舗を修理する二週間の間、キアリスは仮店舗での営業をすることになり、紀夫はその運営をさくらや健太郎たち若手社員に任せることにしました。

商品の品揃えを潔に相談しつつ、さくらと健太郎の企画はまとまり仮店舗「ベビーショップあさや」の営業が開始。これまでキアリスで扱ったことがない大人向けの商品を店頭に置くなど、若手社員たちは新しいこころみに挑戦します。

同じ頃、栄輔がすみれと紀夫のもとに訪ねて来ました。栄輔は大阪万博の終盤を飾るファッションショーの演出を任させることになり、その協力をキアリスに求めにきたのです。すみれと紀夫は栄輔の頼みを快諾しました。

一方、キアリスの仮店舗に客はほとんど来ませんでした。集客の努力を怠っていたことを勝二に指摘されたさくらと健太郎はポスターづくりを開始。しかしポスターづくりは深夜にまで及んでしまい、帰宅が遅くなったさくらは紀夫を激怒させてしまうのでした。

<<前回122話 | 次回124話>>

midokoro

さくらと健太郎たちが仮店舗の運営の一切を任せられ、キアリスがこれまで販売したことがないような商品を店頭に置いてみるものの、お店の中は閑古鳥が鳴く。

新人たちが、自分の思い込みと現実とのギャップの大きさに直面します。

しかし、この「売れない」というギャップはかつてすみれたちキアリスの創業メンバーも通った道です。同じ失敗を経験したすみれたちは、その失敗から学んだ知恵を新人たちに伝授するのでしょうか。

『べっぴんさん』第22週 第123話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

キアリス創業メンバーの身内であることを理由に周囲の社員たちから距離を置かれ孤立する健太郎。同じ頃、史実ではどんなことが起こっていたのでしょうか。

本欄では話の流れをわかりやすくするために劇中の登場人物名を使って、史実の中で起きた出来事をまとめてみます。

さくらの夫に当たる人物【健太郎】が米国留学をしていたところまでは、劇中に登場する健太郎のキャラに反映されています。

しかし、劇中の昭和44年(1969年)の二年前に【健太郎】はすでに【さくら】と結婚。

また、【健太郎】は米国留学後に三和銀行を経て東京計器製作所(現、東京計器)に入社。新卒で【キアリス】に入社したわけではありません。

さて、【健太郎】が東京計器製作所に在籍していた頃、会社から米国への異動の内示があ理ました。しかし【昭一】は当時幼かった子供を連れての渡米に反対。

その【昭一】の反対を受けて【健太郎】は東京計器製作所の退職を決意。その後の道として選んだのは【キアリス】でした。

【健太郎】は【さくら】と結婚後、常日頃より【すみれ】と【紀夫】の仕事ぶりや【キアリス】という会社そのものに関心を持ち続けていたのです。

しかし【健太郎】の希望はすぐには叶いませんでした。この続きは次回の本欄にまとめてあります。続けてご笑覧ください。

『べっぴんさん』第22週 第123話 観賞後の感想

紀夫くんの社長とパパのギャップ

紀夫くんの立派な社長ぶり。それが娘のこととなると一瞬にして崩壊するパパぶり。そのギャップがいい味出してます。

仮店舗を任せてほしい。

そう意気込む健ちゃんにすみれちゃんたち女性陣は難色を示しました。まだ早いなどと口々に言いながら。

自分たちも「まだ早い」時期に開業し、お客さんがまるで来ないという手痛い失敗をしていたにもかかわらず、です。

そんな女性たちの心配をよそに、健ちゃんに任せると言い切った紀夫くんは素敵でした。

今回、タケちゃんと中西くんというスパイをキアリス本店の近くに放ったのは、店の状況が心配でならないすみれちゃんたちでしょう。

そして惨憺たる結果を聞かされて深くため息をつく。やっぱりまだ早かったと。

ところで、紀夫くんだって心配なはずです。実際、今回は誰よりも悲痛な表情を浮かべていたような気がします。

自分がやらせたのだから誰よりも心配になるのも無理はありません。

それでもなお「こらえるんや!」と紀夫くんはげきを飛ばす。すみれちゃんたちにというよりは、自分に言い聞かせるようにげきを飛ばす。

「こらえるんや!」

そんなおとこ気を見せてくれた紀夫くんが、さくらちゃんの深夜帰宅で一瞬にして崩壊。すみれちゃんに「こらえるんや!」とブーメラン返しをされても、それとこれとは話が違うとブーメランを投げ返す。

さくらちゃんが家に帰って来てもなお、収まらない怒りの矛先を目の前のお茶にぶつけて八つ当たり。

仕事中も自分の子供のことで頭の中がいっぱいのすみれちゃんや君枝ちゃんらに対して、自分の子供のことだけでなく若手社員たちへの配慮も忘れない紀夫くんの社長姿がまぶしかった前回。

そんな社長姿とはあまりにも対照的だった今回の紀夫くんのパパ姿がかいらしくてたまりません。

追記:パパ姿をさらした瞬間、社長姿が崩壊した紀夫くんですが、公私混同だけは徹底して避けたところは、やっぱりさすがの社長さんです。

本日2月28日は芳根京子さんの20歳の誕生日です

ヒロインすみれちゃんを演じている芳根京子さん。実は本日、20歳の誕生日を迎えます。

ところで大阪局の制作による朝ドラのクランクアップは通常2月の20日前後。

・2016年『あさが来た』:2016年3月5日
・2015年『マッサン』2015年2月19日
・2014年『ごちそうさん』2014年2月25日
・2013年『純と愛』2013年2月22日
・2012年『カーネーション』2012年2月24日

『あさが来た』だけが異例のタイミングですが、これらの前例に従えば『べっぴんさん』も間もなくクランクアップを迎える時期です。芳根京子さんの誕生日に合わせて今日あたりクランクアップかも知れませんね。

2018年前期『半分、青い。』

来年の4月スタート!今からだと一年以上も先の話になりますが、2018年前期朝ドラのページを用意しました。

半分、青い。

ところで東京局が制作する朝ドラの新作発表は6月頃。2月中に発表というのは異例の早さです。参考までに直近数作品の制作発表のタイミングをまとめてみました。

・2017年『ひよっこ』:2016年6月29日
・2016年『とと姉ちゃん』:2015年6月26日
・2015年『まれ』:2014年4月24日
・2014年『花子とアン』:2013年6月25日
・2013年『あまちゃん』:2012年6月4日

<<前回122話 | 次回124話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ニコレット より:

    今日がクランクアップだったようで。。
    寂しくなりますね。。
    大阪の街のどこかのご飯屋さんで、会えたら?って思ってましたが。。
    今夜は、オールで打ち上げですかね。。

    今日、菅野さんも来てはったそうで、USJ、みんなで行ったの羨ましかったそうです。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > クランクアップ

      ついにクランクアップのニュースを聞く時期となってしまいましたね。そろそろキアリスの面々との別れの日を覚悟しないとです。

  2. ジャッキー より:

    今夜のうたコンに
    栄輔さんが 出て
    勝手にしやがれを歌って 踊っていました!
    かっこよかったですよ~!
    きょうが 撮影終了だったんですね。さみしいですね(-_-)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 勝手にしやがれ

      ずいぶん古い歌知ってますね(笑)
      この曲大好きなので聞きたかったです。

  3. エイスケの後輩 より:

    今日がクランクアップだったみたいですね。
    夜の「うたコン」に栄輔君役の役者さんが出ていて、その絡みで撮影終了直後の映像が流れていました。
    (その後は、まさかのあさが来たのうめさんでしたが…)
    芳根さんの二十歳の誕生日がクランクアップでしたか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 二十歳の誕生日

      一生涯忘れられない宝物のような誕生日になりましたね。

  4. えびすこ より:

    先週に撮影が終わったようです。つまり撮影期間で言えば芳根さんは10代最後のドラマになりますね。
    「半分、青い。」の次は「沖縄県を除く九州地域」出身者が主人公の作品になるのでは?
    熊本地震の直前あたりから九州が主な舞台の朝ドラもそろそろ、と見ています。
    ところで本番組の健太郎に該当する人は今何歳ですか?

    君枝さん、息子が本格的に仕事を任されるようになったのに、昨日・今日とうなだれてしまうのはどうしてか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 撮影が終わった

      先週に終わったのはロケのようで、全撮影のクランクアップは本日だったようです。誕生日に最終日を合わせる粋な計らいですね。

  5. サエモン より:

    キアリス本店の仮店舗として
    勝二さんの喫茶店が
    数十年ぶりに
    ベビーショップアサヤとして復活か
    懐かしいな

    商品の相談を潔さんにするとは
    流石だがまた衝突したか

    阿部君の存在が先輩 後輩の
    溝をなんとか埋めてるな

    栄輔君からは大阪万博の
    フィナーレの手伝いの依頼か
    久々の玉井さんみれてよかった

    ベビーショップアサヤは
    昔のベビーショップアサヤみたいに
    売り上げは良くない

    健ちゃんとさくらちゃんが
    朝帰りしようとしたら
    紀夫君はかなり怒ってましたね♪
    娘をもつ父親らしいですね

    君ちゃん すみれちゃんの
    子どもを心配する姿もよかった

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 久々の玉井さん

      玉井さん、健在でしたね。
      僕も安心しました。

  6. きゅうぽん より:

    勝二さんがイキイキ?チョーコミカルおじさんになってきました!!全然言わないで本当なら健ちゃん達にどん底を見させるのが一番だろうけれど、彼らがやっかみになっているのを知っているのかいないのか…助け舟を出したのか、本当に身内だからで言ったのか、抑えたのかな…なんて考えて観ていました♪

    中西くん、そらびっくりですよね…「まぁ頑張り!」その意味は???なんて勘ぐったり(笑)

    阿部くんは本当にいい人材ですね!!すごいです!!
    ふと、五十八さんと潔パパ、五十八さんと潔の主従関係というかそれを健ちゃん達と受け継いでいく感じがしました!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 勝二さん

      引退後の勝二さんが楽しすぎますね。年の功を感じさせてくれます。

      > 五十八さんと潔パパ

      阿部くんは健ちゃんの右腕として活躍しそうですね。中西くんにつぐ逸材です。

  7. 米粉 より:

    こんにちは。

    阿部君は、本当に言霊を大切にする人ですね。
    しかも、時間をかけてかっこいい言葉を選んでいるわけでなく、すっと、相手を傷つけない、一見ありふれた言葉で言えてしまう。
    彼が「3人目の新入社員」でよかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 言霊を大切にする人

      若くしてこれだけ気遣いができるなんて大したものです。
      中西くん以来の期待の新人ですね。

  8. ぷん より:

    上川君の前向きな発言に、島野さんがまぶしいまなざしを向けているように見えたのは気のせいでしょうか?

    それにしても紀夫君の 唇のわなわなっぷりったら(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > わなわなっぷり

      娘を持つ父親を演じる男優賞を贈りたいレベルでした(笑)

  9. ひるたま より:

    今日のラスト。
    さくらちゃんが帰宅した時に紀夫くんが待ち構えていた場面ですが…以前にあった「平手打ち」シーンの再現か!?と一瞬思っちゃいました。
    (大昔、奥さんのすみれちゃんが大急百貨店に閉じ込められて「朝帰り」になってしまったあの時です)
    今日に関しては、妻(母親)であるすみれちゃんが間に入ったのでさくらちゃんへの「平手打ち」は無くて済みましたが。(^^;)
    電話でさくらちゃんに一喝した紀夫くん…明らかに「娘を持つ父親」そのものですね。(永山絢斗くんが好演していると思います。「第一部」パートでは主人公の夫役なのに些か損な役回りかな?と思いながら見ていたのですが)

    「潔さんに相談を…」「潔さん?」「オライオンの社長よ」
    強力なコネクションは、利用の仕方次第では最強の武器となり得ますね。もっとも、タイミング等も含めて使い方にはなかなか高度なテクニックが必要ですが。
    (明日香さん、その事に気づいて欲しいな~と個人的には思ったのですが、わだかまりがある現状では余裕がないかな?^^;)
    それにしても、阿部くんは本当に「大人」ですね。どのような社会人に育って行くのかな?(^^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 娘を持つ父親

      会社では社長としての顔。家庭では娘を持つパパの顔。公私の演じ分けが本当に見事です。特に今回はそれがツボにはまりました。

      > 阿部くん

      阿部くんはいつもすぐれたリーダーシップを発揮してますね。将来の有望株です。これがドラマでなくリアルならさくらちゃんと健ちゃん、のんびりしている場合じゃありません。

  10. よるは去った より:

    さくら「三人前にも四人前にもなれる・・・・・。」 知らぬは親父ばかりなりと思いきや、紀夫「熱すぎるぞ。」すみれ「熱いですか?」が妙に笑えました。薄々は・・・・・でしょうけどね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 熱すぎるぞ

      お茶に八つ当たり。かわいい紀夫くんでした(笑)